本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

カテゴリ : 治療の体験談

カロリーと体重に縛られ続けた半生

女性 会社員 27歳 AB型 愛媛県

13歳、身長151㎝体重45㎏、痩せたい願望は、小学生の時からずっとあったが、その時は普通に食事ができていた。
14歳、中学2年の春、所属していたバレーボール部を辞めたことをきっかけにダイエットを始めた。
中学2年の5月には49㎏あった体重が、中学2年の2月には36㎏まで落ちた。
その時の食事は、お菓子は一切食べないのは当たり前。

朝→昨日の夕食、昼→給食の小さいおかず+大きいおかず少し(牛乳は飲まない)、夜→夕食のおかず少し。
停滞期になるとさらに食事量を減らしていき、最終的には一日700kcal目安の食事を半年は続けていた。
中学2年の2月、バレンタインでクラスの仲良し6人でお菓子を交換し合った。

私は、自分でクッキーを作ったが試食もしなかった。
友人にクッキーやチョコをもらったが、太りたくなくて全部捨てた。
私は、他の人と違って太りやすいんだから、普通の人と同じ食事をしたらダメだと思い込んでいた。
私は、元々恵まれていない体型なんだから、人一倍努力しないと皆と同じ体型にならないと思っていた。

中学3年になると、担任の先生が変わった。最悪なことに給食を残してはいけない先生だった。
給食は800kcalあるから、朝と夕食をほとんど食べないようになければならなかった。
自分で食事を決められないのが苦痛だった。このころから過食が始まった。

給食は、中学3年の夏ごろまではよく残した。「好きじゃないから。体調が悪いから。」と嘘をついた。
毎日言い訳を考えたり、先生にわがままだと思われるのが嫌だったから、給食を口に詰め込んだ後すぐにトイレに行き、出すようになった。
授業が終わり、15時ごろ家に帰ると、過食衝動が爆発した。
一度食べ始めると止められない。美味しいというより、カロリーを食べている感覚。すごい勢いで、よく噛まずに食べる。自分じゃないみたいに、家にあるもの全部食べる。夕食がいつも18時ごろ。帰宅してから18時の夕食が終わるまで過食衝動が続いた。
どうせ家に帰って食べてしまうなら、給食をちゃんと食べた方がよかったと後悔。
衝動が落ち着いたらうつになり後悔。過食した翌日は、絶食して体重を減らした。

過食と絶食を繰り返すのも辛かったため、過食した後、外を1、2時間ジョギングするようになった。
そうして中学3年の夏までは過食しても体重38㎏をキープできた。中学3年は受験勉強をしないといけないのに過食で時間を取られて勉強に集中できなかった。
受験勉強のせいで運動する時間もなくなり、秋ごろから体重がどんどん増えた。すると、もうどうでもよくなり、毎日家に帰ったら過食。行き詰った。そして42㎏の時、心療内科に行くと、「そんな痩せてないよ、そんなに食べてたら太るよ。」と言われた。
「そんなの分かってる。」と思った。薬をもらった。薬を飲んでも全く効かなかった。
これ以上痩せたいとは思っていなかった。少しダイエットを休憩したかった。
少しくらい体重が増えてもいいから普通に食べたい。
例えば、クッキー10枚あるうちの2枚だけ食べようと思ってもそれができなくて、全部食べるか全く食べないかになる。
過食衝動が怖い。拒食症の時の方が良かった。辛いのは過食。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

過食嘔吐の治療

女性 無職 35歳 B型 東京都

大学病院(2ヵ所)心療内科にて通院治療及び入院治療
精神病院閉鎖病棟にて過食おう吐を無理矢理止める治療
内観療法
催眠療法
カウンセラーによる心理療法
精神病院にてデイナイトケアー
心療内科クリニック通院
一般病院心療内科通院
自助グループ参加
カウンセラーによるサイコセラピー

これでも過食おう吐は治りませんでした。情けないです。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

閉鎖病棟での治療体験

女性 会社員 35歳 O型 埼玉県

心療内科、精神科。地元の病院はもちろん、良いと言われる病院にあちこち足を運びました。
過食が原因で救急車で運ばれる事が続くと、受け入れを断られる事もありました。
どこへ行っても軽視か軽蔑か…薬を処方されて効いた試しはありません。
意識が朦朧としたり吐き気がしたり、眠くなったり。薬の量ばかりが増えていきました。

私が入院施設に入ったのは、家族や親戚からも見放され、行く場所がなくなった時でした。
鉄格子、オートロック。夜には奇声を上げる声が聞こえました。
ただ朝ごはんを食べて、昼ご飯を食べ、夕飯を食べて寝る。
何のために生きているのか…という生活が数日続きました。

過食衝動が止まることはなく、人の残したものを書かれて拾い食いしました。
温かいお茶を飲んで、たくさん飲んでお腹を満たそうとしました。
それでも足りず、鉄格子の中から通りかかる人に声を掛け、何か買ってきてもらおうとさえしていました。
そしてとうとう…私は夜中に冷蔵庫にあった他人の食べ物に手を出してしまいました。
少しならバレないかな、そんな甘い考えでした。

翌日、医者との面談がありました。その事について問われ、気が動転しました。
両親には言わないで欲しいと必死で頼みました。お医者様の計らいもあり、警察沙汰にはならずに済みましたが、その日で強制退院と言うことになりました。
行き場を失った私は、知人の男性宅に身を寄せるしかありませんでした。
入院してもダメなんだ…一体どうすれば私の病気は治るの?そこから私の諦めが始まった気がします。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

過食症の治療体験

女性 会社員 25歳 B型 長野

・都内で有名な精神科に一度。
予約をとるのも大変な病院だった為、医者は診療時間を気にして心は患者に向いていないようでした。ただでさえ、親しいはずの友人にだって自分の本心を打ち明けられない私が、初対面の他人である医者に心を開けるわけもなく、ただただ悲しく虚しい思いをしただけでした。この頃はまだカウンセリングが必要だったのだと思います。

・市の保健師に相談するような制度があると聞き、一度だけ話をしに行った覚えがあります。
摂食障害の知識がある方だったので話しやすかった気がします。

・1、2年後、自ら治そうと前向きに病院を探し、摂食障害に特化したクリニックへ何度か通いました。
その頃はもう気持ちが落ち着いていたのでカウンセリングの必要はなく、薬で治そうと思っていました。
けれども薬は根本的な問題があります。
食前に飲めばその後の過食嘔吐で吐いてしまうし、私にとっての食後とは、過食嘔吐で空っぽになった後のことでした。
薬がきちんと飲めていない状況で医者に会うのが辛くなり、結局途中で諦めてしまいました。
もう、何をしたら治るのか全くわからなくなってしまい、病気なことを意識しないで生きていこうというスタンスに切り替えてしまいました。

それではずっと治らないことに気付き、今ここにいるという感じです。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

精神科の薬は過食症に効いたのか…今もわからない

女性 主婦 33歳 A型 埼玉県

過食症になって数年経ち、一番酷かった頃、精神科に行ってみたことがありました。

普通の病院と同じような診察を受け、ルボックスと言う薬を処方されましたが、
薬を飲むとボーッとなってしまうのが怖くて最後まで飲めませんでした。
走ったり運動して少しでもカロリーを消費しようとしていた私には動けなくなることが怖かったのです。

そして今の夫が病院に付き添ってくれたのですが、その診察をみて、診察の際に体裁を気にしすぎていることを私に指摘しました。
無意識のように大したことがないように取り繕ってしまうようでした。

通院の意味が見出せなくなってしまったので私は病院に行くことをやめてしまいましたが、適切な病院に行き適切な治療を受けたら有効だったのか?
と今も分からないままです。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

精神科に行っても良くならない過食嘔吐は発症して21年目

会社員 35歳 A型 神奈川県

幼い頃から高校まで家族との思い出では悲しく苦しいものがほとんどで、人と比べるとあまりに幼少期の記憶に乏しく自分で驚きました。
悲しい記憶は心の奥底で眠っているのでしょうか。
唯一嬉しかったのが、幼い私がこたつの上に乗り、父と母が笑顔で掃除機をかけている記憶です。

今は亡き父に肩車をしてもらっている写真を見るのも好きでした。

中学2~3年からダイエットで過食嘔吐が始まり、母には
「汚い」
「あほ食いするな」
「あんたが入った風呂は汚い」
等々罵倒されますます孤独になりました。

勉強がままならず専門学校を一浪しました。
過食嘔吐しながらの専門学校は非常に過酷で、涙を流し取り組みましたが留年し同級生とは一緒に卒業できませんでした。

就職してからは更に毎日涙・涙。
どこの精神科に行っても良くならない。

もし母が摂食障害を理解して、スプーンひとさじずつお粥を口に入れてくれたら良くなるかなあ…と妄想して涙して。
自分がうつ病なのか発達障害なのかなんなのか、生きてて意味があるのか葛藤し、自暴自棄になり、金のためならどんなバイトでもいくつも掛け持ちし、いつ死んでもいいと自分を粗末に扱っていました。
血が出るまで吐いてました。
今は、天から授かった命をこんなに乱暴にしてきて申し訳ない気持ちです。

発症して21年…情けないと自分を責めた年月もありましたが、家族ができた今は過去にとらわれたままではいられません。
トラウマを理由に現実から逃げず、これからの人生が笑顔いっぱいになるように一歩一歩進みます。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

食欲を抑える薬を服用したが、頭から食のことは離れないし治らなかった

女性 主婦 22歳 AB型 大阪府

こんにちは。
今日は3回目の相談が終わり5日経過しています。
5日過食嘔吐は止まって身体も気持ちも凄く楽です。

私は七年前のダイエットがキッカケで過食嘔吐がスタートしました。
年々増えて経年増加しました。

一人暮らしをはじめたとき、1日3回くらいに増えたので精神内科に行きました。
食欲を抑える薬を服用しましたが、毎日食のことを考える日々は続き全く治らずまた1人で悩みました。

友達と会っても、親といても、会社でも、彼氏といても、食べては吐きバレないように涙と鼻水を拭いました。

自然と病院にはいかず、自分の意思の弱さを責めて、身体が病気に蝕まれていたころ、この無料電話に出会いました。

今までの過食嘔吐がうそみたいにピタッと止まっています。
ただ今は蓋をしているだけ。
ちゃんと完治させたいです。

これから産まれるかもしれない子供や家族、自分の健康の為に…

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

食べ始めると止まらない、止めたいのに止まらない

女性 主婦 48歳 B型 大阪府

先月12月半ばに過食を発症。
それから毎日、午前から夕方までだらだらと食べ続ける日が始まった。

食べ始めると止まらない。
止めたいのに止まらない。

食べてはダメだと分かったいても食べてしまう自分に自己嫌悪。
そして自分を責めてしまう。

しんどくなるのが分かっているのに胃がパンパンになるまで食べてしまう。
体重も増えてきたのが嫌だし、胃が苦しくなるのも辛い。
さらにゲップも止まらず、便秘状態。

通っているクリニックの先生からは摂食障害のため下剤を出してもらえず、
別の薬を処方された。

とにかく過食で精神的にも身体的にも苦しいし辛い。
外出のタイミングが分からなくなってくるし、
食事の献立を考えるのもイヤになってきた。
過食が始まったことで人に会うのも避けるようになってきた。

生きている意味が分からなくなってくる。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

病院に入院しても過食嘔吐は止まらなかった

女性 20歳 O型 神奈川県

毎日食事のことを考えて疲れます。

外食も楽しめません。
むしろ不安しかありません。
食べだしたら止まらず、外食してもトイレで吐いたこともあります。

死ぬ夢を見ました。
家族に嘘ばかりついていた為、とても怖かったです。
「いつかこうなると思ってたよ」
と夢で言われました。
死にたくなかったです。
その内容は今でも鮮明に覚えています。
目が覚めて、親を呼んで何時間も号泣しました。

それでも治らず、筋肉がなくなり自分では立ち上がれなくなりました。
首も上がりません。

そこで栄養不足で意識を失い、救急車で運ばれました。
救急病棟後、精神科へ。
閉鎖病棟は窓もなく地獄でした。
体力が少し戻っても自分ではトイレへも行かせてもらえませんでした。
面会は先生付きで10分です。
とてつもなくつらかったです。
二度と入りたくはありません。
開放へ移ると、体重が上がるたびに少しずつ制限が減っていきました。

体重が戻り退院。
今まで我慢していた分が爆発し、過食嘔吐が悪化しました。
再び体はボロボロに。
その時に肺炎にかかり病院へ。
同じ病院へは死んでも行きたくなく、泣きながら訴えて違う病院の内科へ。
そこではたくさんの素敵な患者さん、看護師さんに救われました。

退院後、午後のみの高校へ。
そこで出会った友達のおかげで大分回復しました。
なにを見ても、何をしても笑えなかったのですが自然に笑えるようになりました。しかし、過食嘔吐、食べ物のことをずっと考えてしまうのは治らず。

卒業後、大学へ進学しましたが半年で中退。
行くのがつらかったです。
その後、バイトを2つやり、今は3つ目です。
今のバイトは1年以上続いています。
バイト先で恋人もできました。

その時に一時過食嘔吐は止まりましたが、再び出てきました。
1日1回です。

朝、昼は食べたいものを我慢して少しの量を食べています。
夜に爆発し、過食嘔吐をしています。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

「過食症は年を重ねれば自然と治るよ」そう医師から言われても治らず2年

女性 会社員 27歳 A型 北海道

 
札幌市大通の病院
院名と医師名は忘れました。

2年前に受診し、自分は過食症だと思うと相談しに行きました。
 
医師との短い診察時間では、医師からの問診もなく、
年を重ねれば自然に治ってくるよ、不安なら薬をだすけど
と言われ、薬を貰って帰ってきました。

 
薬を1度飲んで、その日は過食嘔吐は止まりましたが、
薬を飲んだから止まったのか我慢しているから止まっているのか
自分ではわからず、薬について調べました

 
すると、その薬の副作用の中に食欲増進、体重増加があり、
医師に不信感を抱き、薬の服用は止め、病院も止めました。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。