過食症と過食嘔吐 心の声を聞いて

食べたいけど食べたくない。普通に食べられない。
過食症になってからのみなさんの体験談をまとめました。

カテゴリ : 治療の体験談

受けたいと思える治療法を探して

 仕事に行けず「抑うつ状態」「うつ」という診断を受けたことがあった。ただそれだけ。
 薬物療法を提案してくれたが誰も信じることができない私は到底服用などできるはずもなくお断りした。


 また、試しに診断書がなくてもいけるクリニック併設のカウンセリングに行ってみた。
「カウンセリングってどんなとこか知ってますか?どう捉えてますか?」との質問にしんどさを感じた。相手が求めることを答えなければいけないとプレッシャーを感じた。
 そのため、思ってもないこと「一緒に考えてもらいながらも自分自身で気づいていくところ」と答えた。「そうですね」と言われ、目の前の人との関わりに寄り添ってくれる人ではないと思い込み?判断し心を閉ざしてしまった。


 アロママッサージのアロマの香りが大好きでマッサージを受けた。いい香りにホッとした。でも、何か違う。
気持ちのいい人の時もあった。でも、むしろ痛い乱暴にしないで、皮膚がちぎれる、切れる、爪くらい整えて!もういい、帰りたいそぉ思ってしまった。
 わざとじゃないのはわかる。だけど、お金を払ってまた受けたいものではなかった。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。