本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

カテゴリ : 20代

過酷な職場で過食嘔吐が悪化

女性 主婦 25歳 A型

摂食障害になって10年ぐらいたちました。
初めて出たのは高校生の頃、親元を離れて一時的に止まりました。

働き始めて4年目、環境にも恵まれ、責任のある仕事も任せてもらいました。
充実した毎日を送っていた矢先、刑事事件の被害者になり、尊敬していた職場の方にも迷惑をかけ、白い目で見られ、煙たがれるようになりました。

仕事が終わったあと上司に辞職したいと泣いて訴えたけど、上司の意向(噂では上司の評価が下がるから)で辞職できませんでした。仕事だけでもしっかりしなければと思い 前向きな気持ちを持っていたつもりでしたが、ストレスが身体に出てきて、前髪がはげて、人間不信、血尿、食欲不振、拒食、過食嘔吐になりました。

周りの人は私が過食嘔吐している事知らず、ふさぎ込んで、痩せて、目付きがキツくてなっている私を職場の方達は同情していたと思います。

そんな中、夫からプロポーズされ、寿退社という形でその職場から離れることが出来ました。

当時、そんな自分が嫌いで、強がって平気なふりをしていましたが、辛くて悔しい気持ちでいっぱいだったと思います。
結果、もっと注目されたいから病的な身体になろう、辛い気持ちを過食嘔吐でなんとかしようと思っていたかもしれません。

結婚したあとも、妊娠、出産、子育て中も過食嘔吐が一時的に治ったと思ったら再発、前は過食嘔吐してもなんとかなるだろうと思っていましたが、ここに相談して日に日に過食嘔吐が恐ろしいという認識が強くなってきました。

今は過食嘔吐を止めたい、過食衝動をどうにかして無くしたいですが、また再発したらどうしよう、もうあの時の気持ちは思い出したく無いという弱い気持ちも持っています。

発症して1年。失ったものは、自信と意欲と貴重な時間

女性 会社員 26歳 O型 東京都

ダイエットをきっかけに吐かない過食症を患って1年が経ちました。
初めの方の過食は週に1回程度だったのが、回数はどんどん増え、気づけばほぼ毎日。太っていくのが恐くて毎日が不安で、自分はなんて意志が弱いんだろう、痩せている人は食欲なんて理性で押さえ込んでいるはずだ、と自分を責めました。後に自分が過食症という病気であることに気づき、その考えは改めましたが…。

摂食障害になってわたしが失ったものは、自信と物事に対しての意欲、貴重な時間です。
我を忘れて片っぱしからものを食べていく自分の姿は絶対に誰にも見られたくないし、その度に自分が後ろめたいことをしているような気持ちになります。仲の良い友人と表面上は楽しく話していても、誰もわたしが過食していることは知りません。まるで自分が隠れていけないことをしているようで、自信がなくなり、孤独感は増していきました。
また、たくさん食べた後は束の間の幸福感で何もかも忘れられます。同時に食べること以外に対して意欲がなくなり、好きな趣味ですらやる気が起こらず、その日1日を無駄に過ごしてしまいます。そんな日は誰かと会っても明るく振る舞うのすら億劫に感じてしまうのです。
思考力や判断力もにぶり、ぼうっと過ごすことが増えました。

もし過食症を患っていなければ、食べていた時間、無気力でいた時間をもっと他のことに回せていたのではないか。色々な場所に行ったり誰かと新しい物事に取り組んだり、充実した日々を過ごせていたのではないか。相談を受けて自分を客観視したことで、そんな風に考えるようになりました。

何度も抜け出そうとしたけれど、ふとした拍子に出てきてしまう過食衝動。時間がかかったとしても絶対に治して、失ったものを取り戻したいです。

摂食障害の私が母親になって良かったのだろうか。

女性 主婦 27歳 A型 東京都

結婚出産を経て現在に至りますが、一旦軽減していた症状も、妊娠期の悪阻をきっかけに嘔吐することが増え、産後も授乳にともなって食欲が増して過食嘔吐に拍車がかかりました。娘はどんどん大きくなってだんだん物事がわかり始めていると思います。
摂食障害になって周りの友達が経験する辛さや大変さ以上に、自分が大変だったことを客観しした今通感しています。お腹の中の赤ちゃんに対する罪悪感。増え続ける体重と大きくなるお腹への恐怖感。命に対する責任。出産後の子育てに対する恐怖感(世代間連鎖ということを私は知っていました)。

周りの妊婦友達は命に対する喜びばかり実感しているのを横目に、なぜ自分は素直にこの子の命にたいして喜べないのだろう。なんてひどい母親なのだろう。生まれてからも、普通の子に、ちゃんと育てていけるのだろうか。私なんかが母親になって大丈夫なのだろうか。それしか頭にありませんでした。今も、その恐怖と隣り合わせで毎日過ごしています。
治療も今まで受けてきましたが、誰も助けてはくれません。医療従事者であっても、適切な対応をしてくれる信頼できる大人に出会えなかった、と当時の私は思っていました。誰も助けてくれないなら、自分がなんとかするしかない。
でも、本来そうなのかもしれません。自分自身が本気で治りたいと思わない限り、誰も治してくれはしないし、治らないのかな。と最近思っています。

ただ、一人の力では絶対に治せないことだけは明らかです。
時間。お金。人生。大切な人。失ってきたものが多すぎて、私の人生はいったい何だったんだろう。摂食障害にならなければ180度違う未来があったのかもしれない。と何度思ったことか。
でもそんな私の周りには素敵な家族や友人がいます。これからその人たちを失いたくないし、大事にしていきたい。失ってはいけないと思います。
負けずに戦いたいです。
そしてこれから先の未来は、明るいものだと信じて進みたいです。

誰にも幻滅されたくない

女性 会社員 23歳 O型 愛知県

過食嘔吐になって、失ったものは外見、交友関係です。顔も目も腫れて、体重は増え続け、過食嘔吐になる前より明らかに醜い姿になりました。鏡の前に立つのも嫌になります。仕事で着なければいけない制服がきつくなり、働いている最中は服に締め付けられてすごくストレスを感じます。こんな風になりたくなかった。痩せて少しは綺麗になったはずなのに、何もかもが水の泡。
遠距離の彼氏に相談をしたら、どんな姿でも俺は大丈夫だよと言ってくれました。でも、過食嘔吐になって外見が変わってしまってから彼と会っていません。だから、実際に会ったら幻滅されるんじゃないか、捨てられるんじゃないか、恐怖心に苛まれ、涙が止まらないです。
友達とのご飯も、いっぱい食べてしまうのではないか、こんなに食べる自分を見てみんなどう思うだろうと怖くなり、約束を断ってしまいます。また、友達と外食してもその時だけのご飯では足りず、家に帰る途中にコンビニへ行き、過食してしまいます。食べている間は何も感じません。でも食べ終わってから、何をしてるんだろう、またやってしまった、と罪悪感に駆られ吐き出します。
もうこんな人生が嫌です。普通に楽しくみんなと食事がしたい。彼氏に綺麗だねと言われたい。誰にも幻滅されたくないです。

拒食症に戻りたい

女性 自由業 24歳 O型 東京都

拒食症と過食症を何度も繰り返していますが、私は過食のほうが辛いです。過食は自己嫌悪になり、身体はむくみ、人前に出られない。自意識過剰になり常に人に見られている気がして外に出るのが怖くなります。お金はなくなる、何も良いことがありません。両親に勇気を出して言っても、金の無駄だ辞めろとしか言われない。自分でも辞めたいと思っているのに辞めることができない。そのイライラでまた過食をする。繰り返してばかりです。
拒食症の時期は生き生きしています。身体も軽いし、活発に動けます。しかし、人前でご飯が食べれないので外食もできなく、友達付き合いが悪くなりました。病的に痩せて周りから指摘されたことにイライラしてますます食べなくなります。でも自分の気持ちとしては拒食症のほうが楽です。戻りたいとも思ってます。摂食障害を治すのが怖いとも思ってます。過食症は治したい。拒食症に戻りたい。こんな気持ちで病気と向き合うことができるのだろうか。

被害妄想で人間関係が希薄に。

女性 会社員 25歳 A型 神奈川県

非嘔吐過食を発症し、多くのものを失いました。
食べ物に費やすお金や、寝る間を惜しんでまで過食するための時間、そして体形のせいで出来なくなったオシャレに、精神的なダメージ。逆に得たものは一つもありません。

実家暮らしのため、家族の目を盗んでこっそりと冷蔵庫や戸棚を漁り家中のものを食べつくし、仕事や外出の帰り道には家に着くまでコンビニをはしごして食べ歩きます。
食べたい、でも食べちゃ駄目だ。そんな葛藤から商品を手にとっては戻し、お店の中を何往復ももウロウロ。結局は欲求に負け、お菓子やパンを大量に買い込みます。はたからは見れば変な人。同じ病を患っている人からすればすぐに摂食障害だと気付かれるでしょう。

休日は特に過食欲が強く出ます。家に誰もいなくなると歯止めがきかなくなるため、一人にしないでほしい…でもいざ家族が家にいたりすると、「過食したい。一人にして。」と、矛盾した感情で段々とイライラが増し、結局は家族に当たって必ず後から後悔します。

過食症を発症する前まではオシャレをして家族や友人と出かること、旅行に行ったりすることが生きがいだったと言っても過言ではありません。
ですが今となっては「こんな醜い自分を見せたくない。影で太ったと言われているんじゃないか。」という被害妄想でせっかくの友人の誘いをドタキャンしたり、家にいる時間が長くなりました。

失ったものを挙げはじめるとキリがありません。こんな生活が続けば友人や職場との信頼関係も崩れ、自分には何もなくなってしまうことが容易に想像つきます。
それなのにやめられない過食。もしかしたらやめたくないのかもしれないとまで思い始めました。
今まで、誰か助けてほしいなんて他力本願してばかりでした。でも結局は自分自身の本気で病気を治したいという意志が無ければどうにもならないことに気付きました。
こちらでの相談をきっかけに、少しでも改善できたならと強く願っています。

太っている自分が本当に嫌です

女性 会社員 27歳 A型 神奈川県

私は昔から太っていて、いじめられたこと、陰口を叩かれたことが沢山あり、人に気を使い、嫌われないように嫌われないように生きてきました。嫌われるのが怖くて不安で仕方なくてどんどん過食は増加していきました。

ある日、過食した後に吐くということを覚えました。煙草を覚えました。お酒も覚えました。人にも依存しました。
嫌われないように嫌われないないように、すればするほど止まらない。太っている自分が本当に嫌。全部太っているせい。

訳がわからないまま今も過ごしています。

過食で太った醜い自分が嫌で仕方ない

女性 学生 22歳 AB型 福岡県

過食症状が出始めてから、自分が醜くて嫌で仕方がないです。
過食中の自分は本当に気持ち悪いです。それでも止まらない。
過食の後は心臓がばくばくして、なんでまたやってしまったんだろうって自分を責めて、とても辛いです。
太るのが怖くて、次の日極端に食事を気にして、またその衝動で過食して…
一日中本当に食べ物のことと体重、体型のことばかり考えてしまいます。
過食のせいで次の日学校をズル休みしてしまったり、友達とご飯に行く予定をドタキャンしてしまったり、本当に自分が嫌になります。
過食が始まってから今まで、普通の生活が送れませんでした。周りに変に思われたこともたくさんありました。
もうこれ以上大事な時間、お金、信頼を失いたくない。

過食症でいる限り、心休まる時はない

女性 会社員 27歳 A型 東京都

摂食障害の合併症として思い当たる事がいくつかあります。

ますば体力の減退。日常のなんでもない事でもしんどくなります。
そして体調はいつも悪くなり、一日中グロッキーな状態が続きます。

次に体型の変動。
太って痩せて太って痩せてを繰り返し、最終的には疲労と睡眠不足で常に顔色悪く、むくんでパンパンの酷い姿に落ち着きます。

また、自己嫌悪からうつ病を発症し、仕事や人間関係にも支障が出ました。
仕事は能率が落ちて全然進捗しなくなり、職場での信用を失いました。
仕事場では孤立して、いつも独りぼっち。毎日泣いてばかりいました。
健常者から見ると、私のように物を食べるのも食べないのも極端な行動を取る者は、物凄く異様に見えるようで、端から見ても正常でない人間だと思われていたようです。

私は日々の辛さから自傷行為を繰り返し、遂には自殺未遂まで至りました。
後遺症を残さずに仕事に復帰できた事が幸福だったのか不幸だったのかは分かりません。

摂食障害を患って、失うものはあっても得るものは何もありません。
お金も時間も無駄にして、遂には命まで絶ってしまうところでした。
私はとりあえず生きていますが、この病気をしている限り、決して心休まる時はないのだと思っています。

カロリーと体重に縛られ続けた半生

女性 会社員 27歳 AB型 愛媛県

13歳、身長151㎝体重45㎏、痩せたい願望は、小学生の時からずっとあったが、その時は普通に食事ができていた。
14歳、中学2年の春、所属していたバレーボール部を辞めたことをきっかけにダイエットを始めた。
中学2年の5月には49㎏あった体重が、中学2年の2月には36㎏まで落ちた。
その時の食事は、お菓子は一切食べないのは当たり前。

朝→昨日の夕食、昼→給食の小さいおかず+大きいおかず少し(牛乳は飲まない)、夜→夕食のおかず少し。
停滞期になるとさらに食事量を減らしていき、最終的には一日700kcal目安の食事を半年は続けていた。
中学2年の2月、バレンタインでクラスの仲良し6人でお菓子を交換し合った。

私は、自分でクッキーを作ったが試食もしなかった。
友人にクッキーやチョコをもらったが、太りたくなくて全部捨てた。
私は、他の人と違って太りやすいんだから、普通の人と同じ食事をしたらダメだと思い込んでいた。
私は、元々恵まれていない体型なんだから、人一倍努力しないと皆と同じ体型にならないと思っていた。

中学3年になると、担任の先生が変わった。最悪なことに給食を残してはいけない先生だった。
給食は800kcalあるから、朝と夕食をほとんど食べないようになければならなかった。
自分で食事を決められないのが苦痛だった。このころから過食が始まった。

給食は、中学3年の夏ごろまではよく残した。「好きじゃないから。体調が悪いから。」と嘘をついた。
毎日言い訳を考えたり、先生にわがままだと思われるのが嫌だったから、給食を口に詰め込んだ後すぐにトイレに行き、出すようになった。
授業が終わり、15時ごろ家に帰ると、過食衝動が爆発した。
一度食べ始めると止められない。美味しいというより、カロリーを食べている感覚。すごい勢いで、よく噛まずに食べる。自分じゃないみたいに、家にあるもの全部食べる。夕食がいつも18時ごろ。帰宅してから18時の夕食が終わるまで過食衝動が続いた。
どうせ家に帰って食べてしまうなら、給食をちゃんと食べた方がよかったと後悔。
衝動が落ち着いたらうつになり後悔。過食した翌日は、絶食して体重を減らした。

過食と絶食を繰り返すのも辛かったため、過食した後、外を1、2時間ジョギングするようになった。
そうして中学3年の夏までは過食しても体重38㎏をキープできた。中学3年は受験勉強をしないといけないのに過食で時間を取られて勉強に集中できなかった。
受験勉強のせいで運動する時間もなくなり、秋ごろから体重がどんどん増えた。すると、もうどうでもよくなり、毎日家に帰ったら過食。行き詰った。そして42㎏の時、心療内科に行くと、「そんな痩せてないよ、そんなに食べてたら太るよ。」と言われた。
「そんなの分かってる。」と思った。薬をもらった。薬を飲んでも全く効かなかった。
これ以上痩せたいとは思っていなかった。少しダイエットを休憩したかった。
少しくらい体重が増えてもいいから普通に食べたい。
例えば、クッキー10枚あるうちの2枚だけ食べようと思ってもそれができなくて、全部食べるか全く食べないかになる。
過食衝動が怖い。拒食症の時の方が良かった。辛いのは過食。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。