本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

タグ : アルコール

たとえ病気になっても太らなければいいと思っていた

女性 会社員 38歳 AB型 東京都

19歳~21歳 拒食 体重20キロ台になる
このままでは死んでしまうかもと思い病院受診をした 食べることを始めると今度は止まらなくなりリバウンド 仕事をかわるなど忙ししているうちに症状は落ち着いて体型についても諦めもあり気にならなくなっていった

24歳 付き合っていただき人から痩せろと言われ 拒食再発
チューイングと痩せ薬を乱用し10キロ減量した 結婚してからも体型について言われ続け 食べではいけない 悪いことだと思うようになった 体重は少しずつ増えていた 結婚5年で離婚 相手から離婚の申し出があった
痩せた体でいられなかったことが原因だと思った 離婚してからも太らないようにチューイングと下剤乱用を続けるていた
固形のものは食べずアルコールや水分でごまかして たまに過食嘔吐をしていた
生活環境が変わり忙しくなると前ほど体型が気にならなくなり症状は少なくなったが
太らない食べ方を考えて基本あまり食べないように気をつけて病気になってでも太らなければいいと思っていた

19歳の頃の状況に比べると良くはなったけど 食べることには罪悪感があり ひとりになるとチューイングや過食嘔吐をする生活になった
太るくらいならこのままでもいいと思っていた
痩せて周りに心配されても自分が良ければそれで良かった
人の話を聞かないようになっていった
自分のルールの中でしか生活できなくなってしまっていた
センターに相談する前までこんなことの繰り返しです

アルコールで気が大きくなり過食嘔吐も悪化。

女性 主婦 40歳 A型 沖縄県

高校3年生の夏休み最後の日。塾から帰宅後無性に食べたくなった。
その日以来、食べ物のことが頭から離れない。朝から晩まで食べ物で頭の中はいっぱい。登校する自転車を運転しながら食べていた。
3ヵ月で体重が8kg増えていた。そのうち嘔吐することを覚えた。

高校卒業後から親元を離れた。仕送り、バイト代全て食べ物に消えていった。
20代殆ど過食嘔吐とお酒に注ぎ込んだ。お金も時間も。

20代後半から30代は結婚、出産、育児で二人の子供を育てることになる。常に食べる時間の確保の心配。子供の小さいうちは隠れて食べ吐きしたり、早く寝かせてお酒を飲めたが、徐々に出来なくたってきた。

34歳頃に、毎日飲酒が欠かせないことに気がついた。恐らくもっと前からだろう。
今では毎日夕方からお酒を飲む。その姿をみて子供が嫌な顔をする。お酒を飲むと気が大きくなり、過食嘔吐することをためらう気持ちが無くなり、また隠れて吐く。本当に悪い連鎖ばかりが続く。

今年、初期の乳癌がみつかり入院手術。
心身ボロボロ。でも依存症行動は抑えられない。
23年もの日々が、身体が、心が、摂食障害に奪われた。

最近、こちらのセンターに巡り合えた。
もうこれ以上、自分も家族も傷つけたくない。
依存症に苦しんでいる人みんな一緒に開放されたい。
もう誰も依存症の犠牲になって欲しくない。

前向きに取り組んでいこうと思っています。

ここでやめなければ未来はない

女性 会社員 34歳 B型 愛知県
過食嘔吐しはじめて6年目
最初は月に2位だったのにここ最近は
週に5~6回 30倍に増えている
アルコール依存もあり飲んだあとに
必ず過食嘔吐している
最近は体力も低下し仕事にいくのが
だんだんつらくなってきてさらに
集中力もなくイライラしたり不安な気持ちに
なることが多くなってきている
このまま進めば週に7000円の過食費用が
30倍で21万円 仕事もできず確実に
まわりに迷惑をかけることになる
さらに家族友達にも普通にふるまえない
孤独になっていて
見た目も恐ろしく太りすべてがボロボロに
もうなにもする気力もなくなっている
ここで止めなければ未来はないと思う

アルコール依存症に近い父、厳格な祖母

女性 会社員 31歳 A型 東京都
過食の始めたきっかけは大学生の時のダイエットだったと思います。
カロリーを抑えることで体重が減ることに喜びを感じ、栄養を全く考えず、ただ毎日カロリー計算ばかりしていました。
私はダイエットで過食がやめられなくなったと思っていたのですが、相談で世代間連鎖の話を聞き、思い当たることが沢山ありました。
実家は田舎で、父はアルコール依存症に近い状態です。
昔から父の楽観的で、責任感のない、子供のような言動に嫌悪していました。
母とは仲良しで、実家にはたまに帰りますが、父とはあまり接したくありませんでした。
更に祖母は厳格で、自分の考えが一番と言う感じで、高校生まではとても窮屈で、早く家を出たいと思っていました。
幼い頃は、祖母と母は、私にお互いの悪口を言っていました。
いい子にしていなければと思ったことは特にありませんでしたが、昔から自分の考えや思いをハッキリいうのが苦手で、相手から嫌われたくないと思うようになっていました。
もしかしたらこれらが過食に繋がる出来事だったのかもしれません。
世代間連鎖は自分で断ち切りたいです。

身体も心の辛さも150倍に増加

女性 会社員 36歳 B型 東京都
14年前→月2.3回
今(相談直前)→平日2回 休日4.5回 量も5倍
回数は約30倍に、量も合わせると150倍になっている。
アルコールの量も増えて、朝の浮腫と怠さはハンパない。
朝シャワー浴びてヨガをしたりしても、口と手の臭いが気になって仕方ない。
「嫌い、誰も来ないで」が、駅や電車や会社で、ひとりの時の口癖になっていた。
怠い午前中をやり過ごし、最近は朝もお昼も何も食べず、
夜スーパーで半額商品を買って帰宅して過食嘔吐。
こんな自分が嫌いで嫌いで、それを現実逃避するためにアルコール。
飲んでわざと自分を蔑んで嘲笑って、コンビニ前でバカみたいに高笑いしてる時もありました。
「身体も心の辛さも150倍」
(お金も150倍かかってる。。)
このまま行ったら、多分10年後なんてない。
仕事なんてできない。家族なんていない。
無料相談を受けて、確実に過食嘔吐の回数は減っている。止まっている日もある。
今日は久々に元職場の身重の先輩とランチ。
ハーフ&ハーフのパエリアランチを食べて(もちろん吐かず!)喋り続けて3時間。楽しかった。
幸せは引き寄せるものだって、言ってました。
今日は飲まずに過食嘔吐もせずに眠れそう。眠れるといいな。

私の経年増加

女性 40歳 O型 北海道
経年増加という言葉はここに来て初めて知りました。
私の場合を振り返ってみます。
発症(18歳)から3年間:週2~4日、平均3回くらい。過食費1回千円弱。
その後3年間(22歳~25歳):恋愛・研究に忙しく、しばらく止まる。
新婚時代(25歳~28歳頃):平均週1回。過食費1回千円弱。
(田舎に住んでいたので、過食用食材を買いにくかったため、というのが大きい)
妊娠中(29歳):平均週5回(夫が休みの土日以外毎日)。過食費1回千円弱。
(7kgまでしか増やしてはいけないといわれ、我慢できず食べて吐いていた)
出産後(30歳~34歳):平均週3回。過食費1回千円弱。
アルコール依存中(35歳~38歳):依存対象が代わったので、しばらく止まる。
アルコール離脱後しばらく(38歳~39歳):平均週4回。過食費1回千円強。
(アルコールを手放したので、また食べ物に依存するようになった)
相談直前まで(40歳):1日1~2回。平均週9回。過食費1回千円強。
(夫や子供にたいするイライラを過食嘔吐で解消?していた)
こうしてみると、約20年間で頻度は3倍に、費用は約1.5倍に増加しています。
あと20年間でもしも同様のペースで過食嘔吐が続いたら、
60歳:1日3~6回、平均週27回。過食費1回2千円強。となります。
これは過去20年と同じペースでの増加を考えた計算ですから、楽観的な数字ですね。
さらなる経年増加で、実際にはもっと回数・費用が増えている可能性が高い。
・・・経年増加、怖いです。このことを直視したいと思います。

20年で3倍に増えた過食

女性 自由業 40歳 O型
経年増加という言葉はここに来て初めて知りました。
私の場合を振り返ってみます。
発症(18歳)から3年間:週2~4回、平均3回くらい。過食費1回千円弱。
その後3年間(22歳~25歳):恋愛・研究に忙しく、しばらく止まる。
新婚時代(25歳~28歳頃):平均週1回。過食費1回千円弱。
(田舎に住んでいたので、過食用食材を買いにくかったため、というのが大きい)
妊娠中(29歳):平均週5回(夫が休みの土日以外毎日)。過食費1回千円弱。
(7kgまでしか増やしてはいけないといわれ、我慢できず食べて吐いていた)
出産後(30歳~34歳):平均週3回。過食費1回千円弱。
(不経済だと思い始める)
アルコール依存中(35歳~38歳):依存対象が代わったので、しばらく止まる。
アルコール離脱後しばらく(38歳~39歳):平均週4回。過食費1回千円強。
(アルコールを手放したので、また食べ物に依存するようになった)
相談直前まで(40歳):1日1~2回。平均週9回。過食費1回千円強。
(夫や子供にたいするイライラを過食嘔吐で解消?していた)
こうしてみると、約20年間で頻度は3倍に、費用は約1.5倍に増加しています。
あと20年間でもしも同様のペースで過食嘔吐が続いたら、
60歳:1日3~6回、平均週27回。過食費1回2千円強。
となります。
これは過去20年と同じペースでの増加を考えた計算ですから、楽観的な数字ですね。
さらなる経年増加で、実際にはもっと回数・費用が増えている可能性が高い。
・・・経年増加、怖いです。このことを直視したいと思います。

依存症

女性 自由業 40歳 O型 北海道

「治ったと思ったのに再発した」という体験について書かせてください。

18歳(一人暮らしの大学1年):発症。

22歳~25歳(大学4年~大学院修了まで):いったん止まる。
恋人(現在の夫とは別の人)に過食嘔吐のことを打ち明けることができ、それを受け入れてもらえた。
うつ病・パニック障害の症状が強く、そちらの治療で頭が一杯だった 

25歳~28歳(新婚時代):再発するが回数は週1回程度と少なかった。再発のきっかけは思い出せない。
当時田舎(というより、僻地)に住んでいたので、商店も少なく、過食用食材を買いにくい環境だったので回数が抑えられていたのだと思う。

29歳(妊娠中):本格的に再発する。
望んでの妊娠ではあったが、自分のキャリア形成の見通しがまだ立っておらず、出産後本当に仕事ができるか不安だった。
子供が邪魔に思えて虐待してしまったらどうしよう???と思っていた。
妊娠判明時の体重は63kg。
医師から「そんなにあるの!?」と驚かれ、「70kgまで(+7kg以内:1ヶ月につき1kg)に抑えること」と申し渡されるが、食欲に負けて食べてしまった→太ってはいけない!と嘔吐するようになった。
結果はぴったり7kg増で、ほめられた。

35歳~38歳:アルコールに依存したため、いったん過食嘔吐は止まる。

38歳:アルコールを絶ったら、依存対象が食べ物に戻ってしまい、再発。

このセンターのどこかのページに書いてありましたが、過食症・過食嘔吐って、アルコール依存や薬物依存と同じで、食べ物への依存なんですね。
合法だし、アルコールや覚せい剤みたいな薬理作用はないのでしょうが、同根のものだと思います。
アルコール依存症回復の自助グループの会合に出ると、「私は摂食障害ももっていて・・・」という仲間(女性)にしばしば出くわします。
私はどうしてこんなにも何かに依存しなければ生きてこられなかったのか、これからよくよく内省してみようと思います。

やりたいことも出来なくなる摂食障害

女性 会社員 36歳 A型 東京都
長くなるけど、摂食障害の始めまでさかのぼって書こうと思う。
16歳の拒食から摂食障害がスタートした。
受験勉強のため運動を休み少し体重が増加し、それが気になってダイエット。
食べないと親が心配してくれるのがうれしかった。
高校時代はずっと拒食。
食べないと頭が冴えて勉強がはかどり、親が心配してくれるのも心地よく常にテンション高め。
大学に入り、一人暮らしが始まる。
はじめは、ちゃんと食べようと3食自炊していた。
それが、だんだん食べても食べても止まらなくなり、あっという間に38kgだった体重が60kgに。
痩せたい一心で吐くことを覚え、よけいに食べたい衝動が強くなり、講義中も食べ物のことばかり考えて勉強どころではなくなって結局、中退。
実家に戻ってからは、ひきこもって一日中過食嘔吐。
過食費が欲しくてバイトをしたが、それでは足りず親の財布からお金を盗んだ。
絶対バレるような盗み方だったが何も言われなかった。
自分がイヤでリストカットもし、親のことも責めて暴れた。地獄だった。
何かしなきゃと思い自動車の教習所に通い始めたが、そのストレスかアルコールも飲みはじめ過食嘔吐とセットになった。
なんとか治したくて摂食障害についての本を読みあさった。
そして自助グループにつながり、自助グループに行くため上京したが結局、症状はと止まらなかった。
けれど気持ちは楽になり、自分を認められるようになった。
地元に戻り、地方版自助グループを開催。
あるときは、ダンスグループに参加し、症状をかかえながらも楽しくて久しぶりに人と深く関われた。
そのおかげか、だんだんと外にも出られるようになり就職した。
それでも症状は毎日、深夜まで過食嘔吐して仕事にいく日々だった。
ダンスグループの2回目の公演に向けての稽古途中、急に吐き気がして自然に吐いてしまった。
それから2~3日寝込み、症状のない生活を送った。
親が作ってくれたうどんを食べようと思ったら顎がガクガクして噛むこともままならなかった。
それまで、吐くことしかしていなかった顎が反応を起こしたのだろう。
そのとき、もういいやって思った。
それから過食嘔吐のない生活が続いた。
でも今から思うと、食べることは普通にはできていなかった。
カロリーを気にして、水分を大量に飲み、お腹いっぱいにしたりしていた。
それでも、だんだんと食べられる量は増えていった。
もともと料理が好きだったから、家族の料理の支度をして一緒に食べて幸せも感じた。
外食も多少はカロリーを気にするけど普通にできるようになっていた。
それがあるとき、ふと過食嘔吐をしたくなり、単なる気晴らしとして週末だけ楽しんでするようになった。
きっかけは何だったんだろう・・・不倫のせいかな。
会社内で二人と不倫してた。いい子いい子してくれるのがうれしくて。
そんな自分がイヤだったのかな。わかんないや。
あっという間に週末だけの楽しみもそれでは終わらず、平日仕事終わりに車の中で過食しながら過食嘔吐のための買い物。平日2~3回だったのが、ほぼ毎日になった。
2~3か月そんな生活が続いた時に友達の誘いで劇団に入り、そこで知り合った人と結婚。
知り合って3か月くらいのスピード婚。気が付けば、症状は止まっていた。アルコールも一切止めた。
結婚生活の間、数回過食嘔吐の衝動はあったが、すぐに立て直すことができたから再発だとは認めていなかった。
いろいろあって3年で離婚。そのときは好きな料理教室に通ったり充実していたので、自由にできると思って離婚がうれしかった。
好きな料理のことをしたくて上京。夢いっぱいだった。
それが・・・あなたなら料理の道で成功するよ、という周りからの期待、優等生と見られている自分の立場、生活への不安、付き合いのため始めてしまったアルコール、そんなことが重なって過食嘔吐が再発。
はじめは飲み会のときだけだったのが、週1回それが週2~3回、ついには毎日になった。
半年間でのことだった。
引っ越しで少なくなっていた貯金があっという間にギリギリに。
過食嘔吐するお金が必要で実家に置いてきた車を売った。
過食嘔吐のために愛車を手放した。
やらなくてはいけないことがいっぱいあるのに…好きな料理のこともできなくなった。
これを最後に止めようと何度思ったか。
年末年始で帰省した時も、これを機会に止めようと思った。
それなのに、親に隠れてこっそり過食嘔吐し、もうダメだと思った。
車を手放したのも大きな罪悪感として重くのしかかっていて、辛くて辛くて。
そんなときここにたどり着いた。
今度こそ疑似停止ではなく完治したい。
普通に食べて、おいしいねって笑いたい。

繰り返されるあらゆる症状

女性 主婦 36歳 A型 神奈川県
私は、過食→過食嘔吐+拒食症→過食嘔吐+下剤乱用→過食嘔吐にアルコールが加わり悪化→
妊娠で二度ストップ(授乳後期に復活)→三度目妊娠は、酷いつわりに誘発され、
妊娠発覚後ストップしていたのに多めの普通食嘔吐再発→出産後身体の回復と共にまた過食嘔吐再発と繰り返してきました。