本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

カテゴリ : 過食症の怖さ

今治さなければ・・・今度こそ・・・

過食嘔吐になり、悲しかったことは、子供に対する自分の気持ちです。症状がでたときの、今すぐにどうにかしたい!!という時に、それができない原因が子供の存在だったりすると、イライラしてしまう。
言い方もきつくなったり、早く寝させようと怖い母親になっていたり。
過食嘔吐が気が済むまで、し終わった後の罪悪感と、その時に思いだす子供の悲しい表情。
翌日の顔の浮腫みを見たときに、何をやっているんだろうと悲しくなります。
今治さなければ、治さなければ。。
治せると思っていたのに治らなかった。

だから今回は本当に治したい。これが最後のチャンスかもしれない。治らなかったら、有名女優さんにもいるように自傷行為とか万引きとか、なぜあの人が?と思うように、何か表にでるようなことをしでかしてしまうのかもしれない。。。

発症して1年。失ったものは、自信と意欲と貴重な時間

女性 会社員 26歳 O型 東京都

ダイエットをきっかけに吐かない過食症を患って1年が経ちました。
初めの方の過食は週に1回程度だったのが、回数はどんどん増え、気づけばほぼ毎日。太っていくのが恐くて毎日が不安で、自分はなんて意志が弱いんだろう、痩せている人は食欲なんて理性で押さえ込んでいるはずだ、と自分を責めました。後に自分が過食症という病気であることに気づき、その考えは改めましたが…。

摂食障害になってわたしが失ったものは、自信と物事に対しての意欲、貴重な時間です。
我を忘れて片っぱしからものを食べていく自分の姿は絶対に誰にも見られたくないし、その度に自分が後ろめたいことをしているような気持ちになります。仲の良い友人と表面上は楽しく話していても、誰もわたしが過食していることは知りません。まるで自分が隠れていけないことをしているようで、自信がなくなり、孤独感は増していきました。
また、たくさん食べた後は束の間の幸福感で何もかも忘れられます。同時に食べること以外に対して意欲がなくなり、好きな趣味ですらやる気が起こらず、その日1日を無駄に過ごしてしまいます。そんな日は誰かと会っても明るく振る舞うのすら億劫に感じてしまうのです。
思考力や判断力もにぶり、ぼうっと過ごすことが増えました。

もし過食症を患っていなければ、食べていた時間、無気力でいた時間をもっと他のことに回せていたのではないか。色々な場所に行ったり誰かと新しい物事に取り組んだり、充実した日々を過ごせていたのではないか。相談を受けて自分を客観視したことで、そんな風に考えるようになりました。

何度も抜け出そうとしたけれど、ふとした拍子に出てきてしまう過食衝動。時間がかかったとしても絶対に治して、失ったものを取り戻したいです。

今気づいた「これは病気だ」

女性 主婦 45歳 B型 奈良県

摂食障害になっているということ、最近自覚した。
そして相談をしている中で、さらに恐ろしくなってきた。
食べて、吐いて。
吐いているときには、「なんで食べたのだろう?」といつも思う。
なんで食べるのか。
ただ口に入れるだけ、そして胃にいれるだけ。
それだけのために食べるという事は、「病」以外に意味を見いだせない。
本来であれば人間は、体が欲して「食べる」のであろう。
しかし私は、ただ口に入れたい、何かの衝動におされ食べ物を詰め込む。
そして吐く。
無意味な、しかし収まらない事。これは「病」だ。
摂食障害は病であること、これを自覚したのは、つい最近だ。
怖くてたまらない。
これは治っていくのだろうか。

誰にも幻滅されたくない

女性 会社員 23歳 O型 愛知県

過食嘔吐になって、失ったものは外見、交友関係です。顔も目も腫れて、体重は増え続け、過食嘔吐になる前より明らかに醜い姿になりました。鏡の前に立つのも嫌になります。仕事で着なければいけない制服がきつくなり、働いている最中は服に締め付けられてすごくストレスを感じます。こんな風になりたくなかった。痩せて少しは綺麗になったはずなのに、何もかもが水の泡。
遠距離の彼氏に相談をしたら、どんな姿でも俺は大丈夫だよと言ってくれました。でも、過食嘔吐になって外見が変わってしまってから彼と会っていません。だから、実際に会ったら幻滅されるんじゃないか、捨てられるんじゃないか、恐怖心に苛まれ、涙が止まらないです。
友達とのご飯も、いっぱい食べてしまうのではないか、こんなに食べる自分を見てみんなどう思うだろうと怖くなり、約束を断ってしまいます。また、友達と外食してもその時だけのご飯では足りず、家に帰る途中にコンビニへ行き、過食してしまいます。食べている間は何も感じません。でも食べ終わってから、何をしてるんだろう、またやってしまった、と罪悪感に駆られ吐き出します。
もうこんな人生が嫌です。普通に楽しくみんなと食事がしたい。彼氏に綺麗だねと言われたい。誰にも幻滅されたくないです。

19歳の私が一番失うのに怖いもの

女性 学生 19歳 O型 栃木県

摂食障害になって失ったものは挙げればきりがない。このまま摂食障害をつづけて一番失うのが怖いものは自分の将来だ。
友達といる時、家族と食事をしている時でも、わたしは嘔吐をしてしまう。バレていないかなといつも不安になるし、一緒に食べている人、作ってくれた人に申し訳ない気持ちになり、罪悪感にかられる。

家族にバレてしまった時も、何をしているんだと怒られ呆れられるばかりで、周りに心配をかけいろんな人からの信頼を失ってしまったと思う。
わたしの知らないうちに友達よりも家族よりも優先されていた過食嘔吐、このまま歳を重ねたらわたしは本当に1人になってしまうと考えると、おそろしい。

被害妄想で人間関係が希薄に。

女性 会社員 25歳 A型 神奈川県

非嘔吐過食を発症し、多くのものを失いました。
食べ物に費やすお金や、寝る間を惜しんでまで過食するための時間、そして体形のせいで出来なくなったオシャレに、精神的なダメージ。逆に得たものは一つもありません。

実家暮らしのため、家族の目を盗んでこっそりと冷蔵庫や戸棚を漁り家中のものを食べつくし、仕事や外出の帰り道には家に着くまでコンビニをはしごして食べ歩きます。
食べたい、でも食べちゃ駄目だ。そんな葛藤から商品を手にとっては戻し、お店の中を何往復ももウロウロ。結局は欲求に負け、お菓子やパンを大量に買い込みます。はたからは見れば変な人。同じ病を患っている人からすればすぐに摂食障害だと気付かれるでしょう。

休日は特に過食欲が強く出ます。家に誰もいなくなると歯止めがきかなくなるため、一人にしないでほしい…でもいざ家族が家にいたりすると、「過食したい。一人にして。」と、矛盾した感情で段々とイライラが増し、結局は家族に当たって必ず後から後悔します。

過食症を発症する前まではオシャレをして家族や友人と出かること、旅行に行ったりすることが生きがいだったと言っても過言ではありません。
ですが今となっては「こんな醜い自分を見せたくない。影で太ったと言われているんじゃないか。」という被害妄想でせっかくの友人の誘いをドタキャンしたり、家にいる時間が長くなりました。

失ったものを挙げはじめるとキリがありません。こんな生活が続けば友人や職場との信頼関係も崩れ、自分には何もなくなってしまうことが容易に想像つきます。
それなのにやめられない過食。もしかしたらやめたくないのかもしれないとまで思い始めました。
今まで、誰か助けてほしいなんて他力本願してばかりでした。でも結局は自分自身の本気で病気を治したいという意志が無ければどうにもならないことに気付きました。
こちらでの相談をきっかけに、少しでも改善できたならと強く願っています。

過食症でいる限り、心休まる時はない

女性 会社員 27歳 A型 東京都

摂食障害の合併症として思い当たる事がいくつかあります。

ますば体力の減退。日常のなんでもない事でもしんどくなります。
そして体調はいつも悪くなり、一日中グロッキーな状態が続きます。

次に体型の変動。
太って痩せて太って痩せてを繰り返し、最終的には疲労と睡眠不足で常に顔色悪く、むくんでパンパンの酷い姿に落ち着きます。

また、自己嫌悪からうつ病を発症し、仕事や人間関係にも支障が出ました。
仕事は能率が落ちて全然進捗しなくなり、職場での信用を失いました。
仕事場では孤立して、いつも独りぼっち。毎日泣いてばかりいました。
健常者から見ると、私のように物を食べるのも食べないのも極端な行動を取る者は、物凄く異様に見えるようで、端から見ても正常でない人間だと思われていたようです。

私は日々の辛さから自傷行為を繰り返し、遂には自殺未遂まで至りました。
後遺症を残さずに仕事に復帰できた事が幸福だったのか不幸だったのかは分かりません。

摂食障害を患って、失うものはあっても得るものは何もありません。
お金も時間も無駄にして、遂には命まで絶ってしまうところでした。
私はとりあえず生きていますが、この病気をしている限り、決して心休まる時はないのだと思っています。

たくさんの大切なものを失ってしまう過食症

女性 会社員 35歳 O型 埼玉県

18歳の頃、初めて彼氏が出来ました。恐らくその頃からだったと思います。
今まで成功したことのなかったダイエットが成功したかな見えたのは…

幼い頃から太っていることでいじめられたりすることも少なくなかった私ですが、はたから見れば、何を言っても傷付かないような明るい子供だった、そう装ってた自分がいました。本当は人から言われること、人の思っていること…普通の子より敏感に感じ取っていたはずでした。それは愛されたい、ただその一心だったように思えます。嫌われたくない、そんな気持ちから自分の本当の気持ちを表に出すのが怖くなっていたのだと思います。

中学生の頃から、心に問題は抱えていました。リストカットもその頃からしていました。嘔吐はなかったにしても、過食の症状は少なからずありました。
18歳、痩せると色々なことが変わりました。
好きな服が着れる、褒められる、彼氏ができる…プラスなことがたくさんありました。
太ることは今後あり得ないと思いました。

痩せて、まずは脈が少なくなりました。
やる気や気力がなくなり、ぼーっとすることも多くなりました。

母が心配し、循環器内科や色々な病院へ行き、色々な検査をしました。しかし、どこへ行っても原因不明。
症状が酷くなるにつれ、最初は心配していた母も、軽蔑するようになりました。
意志が弱いだけと…父や兄には理解はなく、居場所がなくなった私は家を出ました。それから水商売を始めました。痩せているからお客さんからチヤホヤされ、それが心地よかったのかもしれません。そこでお酒を覚えました。男に依存するような時期もありました。

幸い数人の親友とは今でも付き合いはありますが、人との関わりを絶った時期があり、多くの友達を失いました。それと同時に、人を大事にする心も失った気がします。人を信用したら頼ったり…それが今も出来ずにいます。仕事もながく続かず、それが仇になり、今も転職活動がうまくいきません。何より自信がありません。自分に何ができるのか、また過食に翻弄され、逃げ出したくなるのではないか怖くてたまりません。

失ったものは、友達や大切な時間、青春、親や親戚との関係。一番リアルなのはお金です。1日1万円使うことも少なくありません。それが18年…考えただけで恐ろしいです。万引きこそ経験はありませんが、それに近い感情がないわけではありません。むしろあって抑えるのがやっとなくらいです。お金を稼ぐために風俗でも働きました。この病気になって、失ったものしかありません。自分の本当の気持ちすらもうよくわからなくなってしまっています。これが最後のチャンスという気持ちで、今回は本気で治したいと強く思っています。

同じ経験ありませんか?過食嘔吐の影響

女性 主婦 29歳 B型 岡山県

体重が減る一方で,顔がむくんでパンパンに。
胃の中を空っぽにしようと,ひたすら吐き,苦しくても吐き,なかなか出てこないせいで力を入れてしまい,目の血管が切れてとても痛かった。
休みの日は,1日中食べては吐いての繰り返し。
食べ物を買わなかったら服など好きなものをもっと買えるだろうにと思いながらも食べ物に消費されていくお金。
吐き終わったらやってくる倦怠感。
それでも食べずにはいられない。
自分が嫌になる。
誰か助けてと叫びたい。
でも,できない。
痩せたい が支配していく。
いったい自分のベスト体重は何キロなんだろう。
いったいどれだけ食べるのが普通なんだろう。
わからない。
なにもかもわからなくて,ぐるぐるぐるぐる。
太るぐらいなら死んでしまいたいと思った。
全然幸せじゃない毎日を過ごしていた。

食べ物が頭に染み付く様になった。食べ物にずっと支配されるようになった。

女性 会社員 25歳 A型 神奈川県

彼氏や家族の見ていないところで、ここぞとばかりに食べるようになった。
彼氏と一緒にいると食べられないので、一緒じゃないときにその反動でたくさん食べてしまう。
今まで、生理前だけ症状が出ていると思っていたが、無料相談を受けたりこのサイトをくまなく読んで症状を知れば知るほど、ずっと症状は多かれ少なかれ出ている状態だったことに気づいた。
思い返せば、気づくと食べ物のことを考えている。
帰りにスーパーで何を買うか。夕飯は何を食べるか。
チラシで特売の食材があると全て買わないといけないという焦燥感に駆られ、必要ない食材も買い込み、消費してしまう。
帰り道スーパーに寄れば、ずっと考えていた買うものリストに必ずプラスαで食材を買っていた。
家について夕飯をつくり完成するまでの繋ぎとしてのお菓子を買って食べていた。
料理は趣味だが、それを差し引いても常に食べ物やメニュー、食材調達について考えすぎていると思う。

友人と食事に行っても、他に頼みたいもの、食べてみたいものが出てきてしまい、別れてすぐに似たものを買うか、自分で作れそうなら食材を買って帰り一食食べたあとなのにまたさらに食べてしまうこともある。
彼氏と外食に行っても、居酒屋や回転寿しだと最初に気持ちの向くままに一度に食べきれなそうな量を一気に注文してしまう。それを食べたあとも更にお菓子など食べたい衝動に駆られる。
痩せたい気持ちが大きいのにそれに反する行動をとってしまう自分に嫌気がさす。

最近は自分の稼ぎで賄えない間食の費用を、親が「いざという時に使うように」と渡してくれた、普段なら保険として持っているだけのクレジットカードを使い一回で5000円近く支払ってしまった。
今までいくら衝動が強くてもそういうことはしなかったのに、親の優しさを無下にするような使い方をしてしまった自分に罪悪感しか湧かない。

また過食衝動がくることが不安でたまらない。
そのとき自分がどう行動すれば良いのかとても悩むし不安になる。