本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

カテゴリ : 妊娠と出産

自分よりも子供への影響が心配で。

女性 主婦 34歳 A型

摂食障害になって…もう19年目で、どこか自分の一部という感覚もあって。例えば「世の中完璧な人なんかいない、自分のマイナスな部分の1つに摂食障害がある」くらいに考えていました。
それは、幸い打ち明けた友人や恋人が皆肯定的に捉えて親身になって考えてくれた事や、私自身がカウンセラーになる為に自分にずっと向き合って生きてきて、止まる時期も多くあったからかもしれません。

治したいと本気で思った事も何度かあったとは思うけれど、私の人生にとってそこはそんなに重要ではないという感覚でした。この病を抱えて生きていこうという覚悟みたいなものが逆にありましたね。

その考えが変わったのが妊娠・出産。
自分より大切な存在ができた事で、自分の為には本気で治す気になれなかった摂食障害を本気で治さなければならないという気になりました。「いつ死んでもいいや」くらいで生きていたけど、「自分にこの子から親を奪う権利は無い」と感じた時に元気で居なければならない義務感を強く感じました。

妊娠・出産期も一時的なストップだったんだと思います。毎日幸せな気持ちで、自分の過去にも素直に向き合え素直に泣けて、心に澱が溜まっていない、そんな感覚が強かったです。
お腹の子どもを失わない為に、もちろん食べ吐きはほとんどしませんでしたし、胎盤を伝って栄養を吸収する子どもの事を思って、元々料理が好きなのもあるので栄養士さん顔負けくらいの食事を日々心がけていました。

子どもが産まれてからも、授乳があるので食べる物にはとても気を遣っていました。
おっぱいが出なくなって、ずっと我慢していたお酒を飲み始めてから過食嘔吐がかなりのペースで出るようになり、最近では頻度も増えて自分でもちょっと怖くなっています。

「歯止めが効かない」今はこの感覚がとても強いです。そのせいで自信をなくしたり、不安になる事が増えました。
1番思うのは、そんな自分を娘に見せたくないという事です。

私は摂食障害になってから今まで失ってきたものに対しては自己責任だし仕方がないと思っています。完璧に生きていける人なんて居ないんだし。

ただ、これから先の人生で摂食障害によって何かを失うのは嫌だと強く思うようになりました。それは私自身が失うのではなく、娘が未来を失うという事だから。。。

19年で1番、調子乗らないで本気で頑張ります!!

子供をだっこしながら

女性 主婦 31歳 AB型 北海道

相談を受けるまで病気だという認識はなかったが、思い返すと発症したのは12年前。
忙しい仕事のストレスと自分の外見へのコンプレックス、痩せたいけど食べるのが好き、甘いものへの執着から深夜毎晩、家族が寝静まってから甘いものを気持ち悪くなるまで食べていた。

途中やめたいのに歯止めがきかなくなり、口に入れたばかりの飴をすぐにゴミ箱に吐き出してはまた新しい飴を放り込み、また吐き出すなんてことも。泣きながら食べる、甘いものがなくなり気持ちが収まらないときは、夕飯の残りのおかずを鍋から素手でつかんで口に放り込む。お腹がはちきれそうになるまで、スイッチが切れるまで食べていました。

つねに体がだるく、気分も落ち込みがち。着たい服も着られずにいつも同じような服ばかり。やせたい!やせなきゃ!と思えば思うほど、普通の食事を減らし、反動で甘いものを過食してしまうという行動をとってしまい、結局太っていくばかり。
意を決して体重計に乗ってみた時は59キロというみた事ない数字にまでなり、今度は無理なダイエット。

その後好きな人が出来たこと、就職して充実していたことで過食はだいぶおさまっていた。
たまにやってしまう時もあったけど、病気だとは思っていなかった。自分の意志が弱いだけだと思っていた。

結婚して退職し、妊娠、出産。
身体や環境が大きく変わり、専業主婦のため外に出ることが少なくなり、孤独感、虚しさ。
私の生きがいってなんだろう。生きてるのが面倒。なんのために今私はここにいるの?また過食が徐々に再発していった。

夫が帰るまでにお菓子、菓子パンを過食し、夫が帰ってきた時にはだるくてソファに横になって夕飯も作っていない。
夫のためにかった食べ物や、夫が自分で食べようと買っていたお菓子、頂き物のお菓子を一人で全部食べてしまい驚かれることもしばしば。自分が怖い。優しい夫に心配され、自分が情けないと涙を流す。そんなことがなんどもあったような気がする。

出産してからは子供が寝ている隙に、我慢できない時はだっこしながら。
買ってきたお菓子を少し楽しむとかじゃなく、全部食べきってしまわないと気が済まない。
母乳のために甘いものは控えなきゃと分かっているのにやめられない。どうしよう、どうしたらいいのか。気力がなくなり、笑顔のない私に、夫は元気になって欲しいと…

こんなふうになっても病気だとは本当に思ってなく、でも自分でコントロールできなくて。
子供のためにこんな母親じゃだめだ、この先すっとこのままだったらと思うと…どうにかしなきゃ。
ネットで調べ、この無料相談に勇気を出してかけてみました。
今書いていて客観的に見るとほんとに異常。でも気づいていなかった、認めたくなかった。そこが怖い。

止まっていた過食が再発

女性 主婦 31歳 B型 神奈川県

高校1年の時何気なく始めたカロリー制限ダイエットがキッカケでした。
体重が減ると周りから、特に異性からとてもモテる様になりました。体重が目に見えて減るという達成感もあったんだと思います。それからはもうカロリーが気になって気になって常にネットでも調べてしまう毎日が15年続いてます。

専門学生になると忙しく睡眠時間もとれず、常に課題のストレスがあり一気に過食で20Kg近く太ってしまいました。その頃から過食が酷くなり、暇を見つけては何か買って食べてました。電車の中でも、自転車に乗っている時も、外を歩いて移動している時も常にです。

専門学生の時100万もローンを組んでエステにも通っていました。
しかし過食があるので結局は数キロ減量しただけで、莫大なローンだけが残りました。
更には寂しさや虚しさからか誰かにすぐ頼りたくなり、異性とも健全ではない上っ面の関係になってしまいました。

この頃、もともと良くなかった家族関係も悪化、私母妹対、父となり、いつも暴力まではいかないにしても、そういう危機迫ったいざこざで揉めていました。家では全く安らぐ事が出来ませんでした。

就職後、少しは過食が落ち着いたものの、上司のキツさと新社会人としてのストレスで、休憩中トイレで一人過食していた事もあります。

就職してから1年後、今の主人と付き合う様になって、少しだけ過食の頻度は減ったと思います。
その後結婚し仕事をやめ長女出産、ママ友も沢山でき、毎日遊んで過食は時間的にもする余裕もないし、そういう過食を考える暇もないくらい楽しく過ごしていました。

しかし去年引越し、知らない土地へ…
今1年経ち、引越し先で二人目を出産。産後3カ月たちますが、一人目の時と違い、思うように産後の体重が落ちないのと、慣れない二児の育児から過食に走ってしまう日が少し増えてきてしまいました。
今はとにかく産後の体重が落ちない事に焦り、数百g増えては自暴自棄になり過食に走ってしまう毎日です。
起伏の激しさに伴い過食してしまう事に疲れてしまいました。

43年間の過食嘔吐、人の人生も奪ってしまった

女性 無職 62歳 A型 東京都

18歳から過食嘔吐になった。最初は、食べても痩せられる!と、喜んで自分から意識してやっていたが、止めようとしても止められなくなっていた。

家の事情で結婚、一男をもうけた。
しかし、酒と食べ吐きで毎日が地獄の日々が続いた。
妊娠中は、飲まなかったし吐かなかったのを思い出し、再度の妊娠を計画し、すがる思いで病院に薬を注射する為に毎日通った。
薬代は高く生活は大変だった。
しかし、もう過食嘔吐はしたくなかった。10ヶ月でもいい、過食嘔吐を止めたかった。
考えてみれば冷めた夫婦間で、妊娠なんて出来る訳がなかった。
私の酒と食べ吐きに、耐えきれなくなった夫は、借金を残して蒸発した。

私24歳子供と2人の生活が始まったが、このころから、考え方がおかしくなっていった。
子供への虐待が始まった。
酒や食べ吐きと同様に、虐待も止めようとしたが、止められなかった。
子供を殺さないだけ良かった。
酒と食べ物を買うお金をどんな事をしても作ろうとして、危ない事もやった。
酒を飲んで、食べ吐きして、子供を虐待する15年余りつづいた。
子供が大きくなり、家を出てからが大変だった。
酷い酒と嘔吐の毎日が続いた。
立つことも出来ないぐらいに、吐きまくった。
食べて吐かずにいられなかった。
そのうちに、吐く為に食べるようになった。
頭は狂っていった。
善悪もつかなくなった。
酒は、止まる事が出来たが食べ吐きは止まらず入退院も繰り返したが、食べ吐きはどうすることも出来なかった。
そして、地獄の43年が経ち嘔吐が止まって1年経った。
よく今まで生きていたと思う。
私人生は、酒と食べ吐きに始まり、青春、育児、結婚生活、などお金で買えないものを失った。
子供は、今どこでどうしているのか分からない。
酒と食べ吐きの為に自分の物を失うのはいいが、人(夫、子供)の人生を奪った事は、立派な罪になると思う。

私には、生きて行くのに、過食嘔吐が必要だったのかもしれない…
それを手放す時、新しい生き方が出来ると思う。

体重や食事に支配される出産・育児

女性 主婦 32歳 A型 東京都

私は15歳の時に過食症(嘔吐なし、下剤乱用)になり17年目です。
1ヶ月半前(7月末)に出産しました。
過食症での妊娠、出産、育児について書き込みます。

まず、妊娠が分かった時、単純に嬉しい気持ちと別に不安がありました。
病院で体重増加は7キロから10キロくらいと言われ、やせ願望が異常に強い私は今から7キロも増えるなんて有り得ないと思いました。
既に太っているのだから、出産まで1キロも増やすまいと思いました。今ある脂肪で胎児に栄養が行くはずだと勝手に思いました。
しかし、つわりが終わると徐々に体重が増えてゆき焦り始めました。食生活は妊娠前と変わらず、食べないか甘いものをたくさん食べるかの2パターンを繰り返していました。
ただ下剤だけは飲むのを止めました。流産するのではと思ったからです。

臨月のときの血液検査でに妊娠糖尿病の可能性があると言われ非常に焦り、そこから出産までの1ヶ月はほぼ過食症状は出ませんでした。結果、臨月までに増えた体重は6キロくらいで、赤ちゃんは3000グラムと標準でしたが食事内容はめちゃくちゃでした。
無事、出産を終えれたことは、本当に良かったですが、自分の体重や食事に対する歪んだ考えはそのままです。
まず、産婦人科で同じ年齢の赤ちゃをん見て自分の赤ちゃんのほうが大きいと心配になります。赤ちゃんは普通ぷくぷくしているものだし、体重が増加するのは良いことなのに凄く気になります。
もちろん自分の体型も気になり、出産後も細いママを見るととても羨ましく思います。

育児に関してはまだ1ヶ月半なのですが、家にこもっているせいか過食症状が頻繁に出てきました。このままではまた太ってしまうと恐怖です。世代間連鎖も怖いです。娘には摂食障害になってほしくありません。

14歳の娘を妊娠してから今でも止まらない過食嘔吐

女性 会社員 44歳 O型 静岡県

18歳から摂食障害で生理不順でしたが出産することができ、今14歳になる娘がいます。

妊娠から今に至るまで過食嘔吐を続けています。
摂食障害や依存性は子供に影響する事を知り、止めなければ、治さなければという焦りと、頑張っても自分でコントロールできない染み付いた食への異常な依存に恐怖を感じています。

考えるほど不安になり気が沈みますが、センターとの電話、皆さまと繋がれた事を励みにし、病気と向かい合い、諦めないようにしたいです。
初めて治したいと思ったこと、「過食嘔吐」で検索し、センターへの無料相談を始めたことを無駄にしたくない、子供の将来を明るいものにしたいと願います。

会った事もない他人の私の相談を 親身に聞いてくださり感謝します。
初めて人に打ち明けました、そして沢山の人が同じ苦しみを抱えている事を知りました。

これはチャンスなんだと前向きに考えようと思います。

過食嘔吐で子供の未来が大きく変わる

女性 主婦 30歳 B型 茨城県
去年初めての子供を授かりました。
この病気をして、体にはかなりの負担をかけてきたのに、私の元にきてくれた赤ちゃん。
妊娠中はつわりの症状がひどく、食べることができなかったので、過食嘔吐の症状は止まっていました。
というより、吐きつわりで自分で嘔吐しなくても出ていたからだったと思います。
おなかも大きくなり、臨月に近づくにつれ、食欲も出てくると、また症状が出始めました。
おなかの子にごめんねをしながら過食嘔吐を続ける自分にとても嫌気が差しました。
それでも一時の快楽のために私は止めることができませんでした。
幸い、とても健康的な赤ちゃんを授かりました。
しかし、3回目の相談で、”世代間連鎖”という怖い話を聞きました。
私がしていることが、子供の将来を大きく変えてしまうかもしれない。
話を聞いてから振り返ってみると、子育てをしていても、頭の片隅では、
次の食事でまた過食をしてしまう自分がいるんだろうな、これを食べたら太るから出してしまおうと考えていて、子供に不安な気持ちが伝わっていたんだろうなと思うと、親として情けなくなりました。
この病気を治して、たくさん子供に愛情を注いだ子育てがしたいです。

過食嘔吐の母、子どもが吐くことを真似するように

女性 主婦 35歳 A型 東京都
18歳くらいからずっと生理不順でした。
20歳の頃婦人科を受診し、自発的に排卵できない体質、自然妊娠は難しいと言われました。
それからホルモン剤やピルを使った治療をしましたが、薬によって体重が増えることやむくむことが嫌で、過度な食事制限をしました。
それがストレスになり過食もしました。
生理不順の原因が、もともとの体質なのかダイエットが原因なのかはわかりませんが、ダイエットが生理不順を招くと分かっていても、体重が増えることの方が嫌でした。
結婚し、子どもが欲しいと思った時に、自然にできないと分かっていたので不妊治療を始めました。まず体重を増やすことと言われましたがとても抵抗がありました。
夜はほとんど食べなくても、薬で体重は増えました。
1度流産を経験し、1年半後妊娠しました。
その頃は喜びの方が大きく、身体のために夜ご飯も食べれるようになりました。
産後、思うようにいかない育児や自分の時間が持てないことで過食が再発しました。
子どもが1歳を過ぎ、仕事復帰してから、過食嘔吐するようになりました。
過食が翌日に響かないようにです。
吐きすぎてのどが痛くても、仕事をしていると嘔吐している自分を忘れることができました。
何事もなかったかのように過ごすことができました。
しかし、子どもが吐くことを真似するようになりました。
そのとき初めて自分は病気かもしれないと思いました。
心療内科を受診しようと思いましたが、仕事と育児で時間がとれないことを言い訳に行きませんでした。
その後双子を妊娠し、1年おさまっていた過食嘔吐がこの夏再発しました。
頻度が増えて怖くなり、ここにたどり着きました。

やめたくてやめようと決意するのに止まらない過食

女性 主婦 41歳 B型 福岡県
【妊娠】
初潮からの生理不順だったので、子供ができるのには時間がかかるとは思っていました。
仕事、恋愛、家族問題などのストレスで過食→生理不順の図。
生理が順調だった期間もあるのですが、今思えばそれは疑似停止期間だった時です。
夫とのお付き合い中は過食もほぼなく、生理も順調。
運よく排卵もしていたのでしょうね、割と早く自然妊娠でした。
妊娠中はひどい過食はしなかったのですが、何かの拍子に疑似停止が終わり、数回大食したことがあります。
子供が大きくて胃が圧迫されるので、すぐにおなかいっぱいなのでひどくは食べられませんでした。
でも、つわり後の体重がひと月に4キロ増えたので、気を付けながら結局プラス10キロで出産しました。
【出産】
子供は4000g近い大きい子供でした。
でも、私自身も同じくらいで生まれたので遺伝かな、と思います。
それとも過食が遺伝しているのでしょうか!?医学的にはわかりませんが。
子供は無事健康に生まれましたが、乳児湿疹がひどかったです。
ほかの赤ちゃんと違い白いニキビのような湿疹・・・妊娠中の過食時の油の取りすぎでしょうか。
子供は大きく生まれたのに、私の母乳はとっても少なく、母乳で育てたいのに出ないので情けなくて泣きました
。今まで油や砂糖を取りすぎてミネラル不足、血液の質が悪かったのです。
産後の肥立ちも悪く、血液を母乳に回せません。
体が思うように動けないので苛立ち、ごはんをよく食べていました。
大きく生まれた赤ちゃんは痩せたのに、お母さんはごはんで太って、かわいそうですよね。
主人も母乳の出ない私に「はやくミルクを足せ」とどんなにか言いたかったでしょう。
--------------------------------
子供が小さいうちはさほどひどい過食はありませんでした。
子供が断乳して、少し職場復帰した時からです。
過食が再発し、まさに経年増加でひどくなりました。
断乳後復活して順調だった生理が、過食が止まらなくなると同時に間遠くなり、今では自力では来ません。
あれから2年半、過食をやめたくてやめようと決意するのに止まりませんでした。
夫も私も第二子を望んでいるのに、私のせいで子供を授かることができません。
夫に申し訳ない気持ちでいっぱいなのに、止められませんでした。
イライラするときは早く子供を寝かしつけたくて、すぐに片づけたりお風呂に入ったりできない子供にガミガミ叱る。
毎晩子供を寝かしつけた後にほっと一息つきたくて、旦那が帰るまでに過食。
翌朝はおなか一杯、だるくて家族と一緒に朝食を食べられない。
その後昼食を軽く済ませられればすっきりと子供にもにこにこしていられるけど、
食べすぎてて体がだるければ子供を叱責してしまう。
食べたい衝動の時に夫が家にいると食べられずにいらいら。
(現時点まだ夫には告知していません)
あんまり過食が続いて免疫が落ち、今風邪で寝込んでいます。
これは1年前の今もそうでした。
あの時も止めようと誓ったのに。
せっかくの連休と家族の誕生日、家族で楽しく過ごしたいのに
出かけられず家族に迷惑かけています。
いま、電話相談で過食が6日止まっています。
穏やかに子供と夫と過ごせています。
絶対この穏やかな生活を続けたい。
第2子も望みを捨てずに頑張りたい。
私が治ればいいことだから。
「仕事って大変、育児って大変」
なんていうのをストレスの原因にしているけど、これから自分のマグマを探す旅です。
もしかしたら自分の母、祖母にまでさかのぼって探っていく必要もあるのかもしれません。
実際、家庭環境はよくなかった方だと思うので。
となると、世代間連鎖を止めるべく、真剣に治療を続けなければ。
ところで、こんなアルコールや麻薬などの依存症は世間には知られているのに、
過食症が難病だなんて、どうして知られていないのでしょうか。
私のような苦しい体験をしている人はたくさんいるんですね。
みなさん、ともに頑張りましょう。

子どもに恵まれ幸せなのに止まらない過食嘔吐

女性 会社員 33歳 O型 千葉県
体重が過去に29キロ以下まで落ちたこともあり、生理はもちろんなかったし、医師に子宮が小さくなり機能していないと言われ、こどもは諦めていた中、奇跡的に妊娠することができた。
つわりが起きて嘔吐した時から、過食嘔吐の感覚を思い出してしまった。
太りたくないという気持ちもあり、つわりと言ってよく吐いていた。
赤ちゃんがすごく心配なのにやめられず、精神的に落ち込んだ。
赤ちゃんは、無事に五体満足で自然分娩で産まれてきてくれた。
3ヶ月までは嘔吐することはなかったが、今また症状が出てしまっている。
赤ちゃんは、大人しい方だと思う。
すごくよい子だと思う。
すでに世帯連鎖が始まっているとしたら、つらい。
早く治したいと思う。
奇跡的に子どもに恵まれ、こんなに幸せなことはないのに、自分は何が不満で過食嘔吐をしたいのか。
自分が嫌いになる。
でもそんなこと思っていても治らなそうだから、前向きに、前向きに、一歩ずつがんばりたい。