過食症と過食嘔吐 心の声を聞いて

食べたいけど食べたくない。普通に食べられない。
過食症になってからのみなさんの体験談をまとめました。

カテゴリ : 10代

学校生活がもっと楽しくなったはずなのに

私が摂食障害になったのは、今思えば2年前からだったのかなと思います。
人から何か言われた訳では無いのですが、女の子は細くて可愛くないといけないんだと思いダイエットをはじめました。
自分の意思とは関係なく拒食の期間と過食の期間があり、拒食時は今まで拒食とは気づいておらず、やっとダイエットできる期間が来たんだと落ち着いた気持ちでした。
でも過食の期間は突然きて、自分の意志が弱いせいなのかとか太ってしまう、ととても不安です。
拒食と過食の期間はどちらも体重のことや食べてしまわないかなど、常に考えています。

私はもともと自分の見た目にすごく執着していて、このままでは人の横に並べないと思っているのに、今回は過食の期間が長くこれ以上太ってしまうのが恐怖で仕方ありません。
摂食障害でなければもっと楽しい高校生活が送れたのかなとか、色々考えてしまいます。
早く過食症を治して痩せて自分の好きな体型になりたいです。

母親は家族の中で一番の理解者で私が食べすぎてしまうことも相談しましたが、過食症であると言っても実際そんな食べていないから大丈夫だと言います。
自分自身もう過食症だと理解しているので、克服できるようできることはしたいと思っています。
過食が病気の症状だからと言われた時はすごく安心しました。
人からもらったお菓子やご飯が素直に美味しいと思えるようになりたいです。