本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

カテゴリ : 40代

過食症、誰のために治すのか

女性 自営業 45歳 A型 大阪府

21歳のとき、彼氏と上手くいかなくなり、ダイエット。58キロ→45キロ。結局、彼氏には、ふられました。1年くらい生理もとまり、病院に行きました。
両親にたくさん心配を、かけました。
色々あって、27歳のとき、その彼氏と結婚しましたが、過食嘔吐は、止まりませんでした。2人の子供に恵まれ、子供が小さい間は、症状も軽くなり、半年くらいでなかったこともあります。
でも、なにかストレスが貯まると、過食嘔吐していました。

子供に手がかからなくなった今、又、症状が悪化して、2年前くらいから、心療内科に行ったり、行かなかったりを繰り返しています。髪の毛が薄くなり、歯がボロボロ。これ、自傷行為っていうんですよね。40を超えてから、目に見えて身体を痛めつけてるのを実感しています。いつも、これが最後!と決心しては、又、過食嘔吐。なんて意思が弱いんだろう!と自己嫌悪。
でも、子供のためでも旦那なためでもなく、自分のために治さないといけないと治らないことに気付きました。

今気づいた「これは病気だ」

女性 主婦 45歳 B型 奈良県

摂食障害になっているということ、最近自覚した。
そして相談をしている中で、さらに恐ろしくなってきた。
食べて、吐いて。
吐いているときには、「なんで食べたのだろう?」といつも思う。
なんで食べるのか。
ただ口に入れるだけ、そして胃にいれるだけ。
それだけのために食べるという事は、「病」以外に意味を見いだせない。
本来であれば人間は、体が欲して「食べる」のであろう。
しかし私は、ただ口に入れたい、何かの衝動におされ食べ物を詰め込む。
そして吐く。
無意味な、しかし収まらない事。これは「病」だ。
摂食障害は病であること、これを自覚したのは、つい最近だ。
怖くてたまらない。
これは治っていくのだろうか。

過食嘔吐で人生がめちゃくちゃに。

女性 会社員 43歳 AB型 香川県

20歳の時の恋愛で自分の容姿に自信を無くしダイエットを始めました。食べた物を吐くと体重が落ちていく事を知り、過食嘔吐が始まりました。体重が増えるのが不安で過食嘔吐は続いていました。

結婚を期に夫の両親と同居する事で吐けない環境になり、一時的に症状は出なくなりました。出産と育児の為、仕事をセーブしていたのですが、育児も一段落したのでフルで働き始めました。生活のリズムが変わったせいか、夫の両親との関係が悪化。そのストレスから過食嘔吐が再発。久しぶりの嘔吐は上手く出来ず、体重は増加。太った容姿と夫の両親と上手くやっていけない自分に自信を無くし、毎日死にたいと思っていました。結局、関係は修復出来ず、夫と娘の3人で家を出ました。

その頃、人事異動があり、異動した部署に馴染めずに居ました。仕事が上手くいかない事で自信を無くす一方でした。痩せれば自信を取り戻せると思って下剤を飲むようになりました。過食嘔吐と下剤乱用で体重は落ちましたが、仕事中も食べ物の事ばかり考えていました。ミスも増え、仕事に行くのが怖くなり、夜も眠れなくなりました。
心療内科で安定剤と向精神薬、睡眠導入剤の処方をして貰いましたが症状は悪くなるばかりでした。
仕事を辞め自宅療養を始めました。

収入が無くなった事で過食嘔吐が出来ない不安から再就職をしました。今の職場は人間関係も良いのですが、食事に誘われても過食嘔吐が不安で参加出来ません。
家族は私が過食嘔吐している事を知っています。食べ物の事ばかり考えて育児を疎かにしている私に、娘はいつも「大丈夫?」と声をかけてくれます。後悔と罪悪感でいっぱいになります。夫は何も言いません。
過食嘔吐をしたくない気持ちから、食べ始めると過食のスイッチが入るので食事を一緒に摂る事が出来ません。
心配してくれる娘と一緒に普通にご飯を食べたい。過食嘔吐に費やす時間を家族と一緒に過ごす時間にしたい。普通の生活を送れるようになりたいです。

過食の苦しみの中、誰も聞いていないのに「助けて」と何度も言った。

女性 主婦 42歳 O型 千葉県

辛いこと悲しいこといっぱいで書ききれませんが、今思い出したことを。

過食で太った私。
外出先で鏡にうつった自分の姿を見て、その醜さに恥ずかしくなってすぐに家に帰った。

過食した翌日は
むくんだ体と荒れた胃による口臭を気にしつつ、むかむかする胃を抱えて仕事へ行くのが辛かった。

過食のためにスーパーへ行ったけれど
食べたいものが分からない。どれを選べば良いか分からない、本当に食べたいものはないが全部食べたい、と混乱するばかりだった。
ものすごく時間をかけて買い物をして、家に帰ってわずかな時間で体に詰め込んだ。
食べたかったはずなのに全く満たされない。
全然おいしくない。虚しい。
過食した後、胃のむかつきや痛みに苦しんで床に転がる。助けて、と何度も言った。誰も聞いていないのに。

時間もお金も健康も無駄にしました。
24年間もこんなことを繰り返してしまった。
過食していなければ、もっと楽しく有意義に過ごせたはずなのに。

普通の生活を失ってしまった

女性 会社員 40歳 O型

食べる事を普通にできないので、友達と外食したい気持ちがなくなりました。会っていても、食べ始めると吐く事で頭がいっぱいになり、楽しめないのです。
子供が小さい時は、寝てる間に吐いていましたが、起きてしまって中断されるとイライラしました。テレビをつけ、食べ物を与えている間に吐きました。
過食費が生活を圧迫し、見切り品を買いあさります。
吐くために食べている自分を棚に上げ、子供がご飯を残すと、腹立たしい気持ちになります。
子供に親として、注意した後は1番ダメなのは私だけどと後ろめたい気持ちになります。

普通の生活を、失ってしまいました。
もっとどこかに連れて行ったり一緒に、あそんだりできたのに。
手作りのご飯を一緒に食べて、今日あったたわいもない話をすることも。当たり前のことができなくなりました。

これをこのさきも続けていたら、わたしはきっと罪悪感、自己嫌悪にたえられず、最悪の結果になる可能性がたかいと思います。
この病気は怖い。自分だけじゃなく、家族にとっても。

無償の愛でわたしを見つめる我が子のために、この病気と向き合いおだやかで平凡であったかい家庭を育てていきたい。

生きている以外 何もない

女性 44歳 O型 東京都

摂食障害になって失ったもの
辛うじて生きているだけ以外は…全て失ってます

摂食障害で辛かったこと
何もしてあげられない、笑ってもあげられない
トイレが詰まったこと

何が楽しくて、外に出るのすら楽しくなくって
食べるの我慢すれば買い物ばかりしてしまい

心から楽しく思えるものが、何もない

治さなければ何もない

ただ普通の生活が欲しいだけ

女性 自由業 41歳 O型 埼玉県

体重が増え続けることに落ち込んでしまい、無気力になった
痩せればうそのように心も軽くなって活動的になれるのに、体重増加の事実を知った瞬間から活動スイッチがOFFになってしまう やせ願望が無ければただの大食いで笑って入られたのに…

やせたいのに食べたい願望に思考をハイジャックされ続けてもうかれこれ20年以上。
休日ゆっくり家にいたり、掃除したり衣類を片付けたり、それすら出来なくなった。
別にすごいことをしたいわけじゃない ただ普通 の衣食住が欲しい。

過食症で失くしたもの、、お金、時間、何よりも自分自身。

女性 主婦 45歳 B型 滋賀県

摂食障害になって、、、、私は、どうだっただろう

どんな思いをしてきただろう

何を失くし、何を得てきただろう

今ある私の状況。私の周りには嫌いな人はいない。

私を責めてる人もいない。(私が摂食障害であり、借金をしてまで、過食嘔吐をしていることを打ち明けていない家族以外)

でも、家族以外は、所詮他人でもあり、密に関わることはない分、責めることはないだろう

私が摂食障害になって、得たものは、今の関わっている人でもある

でも、失くしたもの、、お金、時間、何よりも自分自身。

食べ物に振り回され、自分の感情、思い、行動を思うようには出来なかった

公衆トイレに、食べ物を持ち込んで、過食嘔吐していた時は物凄く情けなくて、悲しかった

嘔吐出来る公衆トイレをチェックする自分が嫌で、悲しかった

夫や子達が心を込めて作ってくれた料理さえも辛かった

友達の為、家族の為にと思って焼いたケーキやスイーツも過食嘔吐に消えてしまったことも辛かった

もともと、美味しく食べることが大好きなのに、料理も、好きなのに、過食嘔吐のために

作ってる料理が悲しかった

もう、、、金輪際終わりにしたい

衝動に振り回される生活は、終わりにしたい

繋がりたい人、やってみたいこと、たくさんある

たくさんある

その為に、時間も、お金も、自分の労力も使いたい

何よりも、自分を大切にしたい

そう思います

自分の中に、治す力は備わっているはず

もう、自分で、自分を壊したくないです。

明日は止めようと毎晩何度誓って眠りについたか…ずっとこんな事の繰り返しです。

女性 主婦 49歳 A型 神奈川県

摂食障害になって早30年近くなります。長い付き合いです。
その間鬱も煩い何度自暴自棄になり死を考えたか…
鬱の症状は無くなりましたが相変わらず過食嘔吐は止まりません。
この状態を続けていったら人生の半分以上を過食に費やして終わることになってしまうでしょう。
難病とはつゆ知らず只の自分への甘えと意思の弱さから抜け出せないと思ってました。
明日は止めようと毎晩何度誓って眠りについたか…ずっとこんな事の繰り返しです。
最近ではその気持ちも次第に麻痺してきて儀式の如くなくてはならない日常の一部になってしまいました。
家族をも巻き込んで自分の居場所を自分から無くしてます。
注ぎ込んだお金も何千万円ともなるでしょうに。
家が一件買えてしまう金額です。
夢は有りました。今も有ります。夢の実現の為にどうしても決別しなくては…皆の幸せの為にも。
現実から目を反らさず向き合う勇気が今の私の課題です。
失敗しても負けません。
何度でも挑戦してきちんと私を受け止めてみたいと思います。

アルコールで気が大きくなり過食嘔吐も悪化。

女性 主婦 40歳 A型 沖縄県

高校3年生の夏休み最後の日。塾から帰宅後無性に食べたくなった。
その日以来、食べ物のことが頭から離れない。朝から晩まで食べ物で頭の中はいっぱい。登校する自転車を運転しながら食べていた。
3ヵ月で体重が8kg増えていた。そのうち嘔吐することを覚えた。

高校卒業後から親元を離れた。仕送り、バイト代全て食べ物に消えていった。
20代殆ど過食嘔吐とお酒に注ぎ込んだ。お金も時間も。

20代後半から30代は結婚、出産、育児で二人の子供を育てることになる。常に食べる時間の確保の心配。子供の小さいうちは隠れて食べ吐きしたり、早く寝かせてお酒を飲めたが、徐々に出来なくたってきた。

34歳頃に、毎日飲酒が欠かせないことに気がついた。恐らくもっと前からだろう。
今では毎日夕方からお酒を飲む。その姿をみて子供が嫌な顔をする。お酒を飲むと気が大きくなり、過食嘔吐することをためらう気持ちが無くなり、また隠れて吐く。本当に悪い連鎖ばかりが続く。

今年、初期の乳癌がみつかり入院手術。
心身ボロボロ。でも依存症行動は抑えられない。
23年もの日々が、身体が、心が、摂食障害に奪われた。

最近、こちらのセンターに巡り合えた。
もうこれ以上、自分も家族も傷つけたくない。
依存症に苦しんでいる人みんな一緒に開放されたい。
もう誰も依存症の犠牲になって欲しくない。

前向きに取り組んでいこうと思っています。