本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

タグ : 下剤常用

たとえ病気になっても太らなければいいと思っていた

女性 会社員 38歳 AB型 東京都

19歳~21歳 拒食 体重20キロ台になる
このままでは死んでしまうかもと思い病院受診をした 食べることを始めると今度は止まらなくなりリバウンド 仕事をかわるなど忙ししているうちに症状は落ち着いて体型についても諦めもあり気にならなくなっていった

24歳 付き合っていただき人から痩せろと言われ 拒食再発
チューイングと痩せ薬を乱用し10キロ減量した 結婚してからも体型について言われ続け 食べではいけない 悪いことだと思うようになった 体重は少しずつ増えていた 結婚5年で離婚 相手から離婚の申し出があった
痩せた体でいられなかったことが原因だと思った 離婚してからも太らないようにチューイングと下剤乱用を続けるていた
固形のものは食べずアルコールや水分でごまかして たまに過食嘔吐をしていた
生活環境が変わり忙しくなると前ほど体型が気にならなくなり症状は少なくなったが
太らない食べ方を考えて基本あまり食べないように気をつけて病気になってでも太らなければいいと思っていた

19歳の頃の状況に比べると良くはなったけど 食べることには罪悪感があり ひとりになるとチューイングや過食嘔吐をする生活になった
太るくらいならこのままでもいいと思っていた
痩せて周りに心配されても自分が良ければそれで良かった
人の話を聞かないようになっていった
自分のルールの中でしか生活できなくなってしまっていた
センターに相談する前までこんなことの繰り返しです

若い時は、痩せたいから治したかった。年を重ねた今は違う。

女性 会社員 35歳 A型 海外

浮腫みは常にあり、血流が悪く、血流が悪いという事は体の全てに影響がでます。
短期間で大幅に、増減する体重のせいで腰痛。痩せるために極端な食事制限をするとピルを飲んでいるにもかかわらず生理が止まります、原因不明の不正出血、婦人科の病気にもかかるリスクがあがります。

また下剤乱用のせいで 自然排便ができなくなりました、いつか大腸ガンなどになるかもしれません。夜中に無意識で過食をした後は歯磨きは当然していないので、歯は虫歯が出来やすく黄ばみやすい。いつも体がだるく動くことがしんどいです。糖尿病にもなるんじゃないかなど、若い時はとにかく痩せたい、だから過食を治したいというのが一番でしたが、年を重ねるにつれてこのままだと病気の危険性がある という更にストレスの原因が増えてしまいました。

早く過食から抜け出したいです。もうこれで終わりにしたい、この先の人生は過食なしで生きていきたい。
そのために今やれる事をやれる範囲で頑張るしかないです。

下半身の脂肪吸引、海外への渡航、それでも過食は止まらない

女性 会社員 35歳 A型 海外

私の過食衝動の始まりは14歳中学二年生の時でした。信頼していた友人たちからある日突然イジメをうけたことが恐らくきっかけだと思います。登校拒否が始まり、その頃から食べる事が始まりました。

暫く経って登校を始めましたが、そこに待っていたのは同級生達からの太った私に対する心無い言葉たちでした。太ったな、デブ、別人、などです。

そこからは太っている私がいけない、太っている人間に価値はない、とにかく嫌われないように、日に日に自分を抑えて生活するようになりました。そして、そのストレスを埋める為に過食を繰り返しました。

高校へ進学してからも一向に良くなる気配はなく、むしろひどくなっていくばかりでした、
下剤の服用は毎日になり市販の下剤は麻痺して効かなくなり、病院の下剤なども処方してもらい飲み続けるようになりました、体重も今までで最高で70キロを超えました。

私の場合は大体8キロから10キロを行ったりきたりします、
食べては太り 服が着られなくなったり鏡に映る自分の体型が醜すぎて、しばらく絶食と毎日3~4時間の運動(水泳、縄跳び、走る)をして、無理やり落とします。

同じ摂食障害でも拒食症のように、痩せていけばみんなから心配もされるだろうし、太っているよりはマシ、過食でも、嘔吐できれば少なくとも太らずには済むのに、どうして私は吐けない過食なんだろうと、辛く、悲しく、虚しく、ただただ情けない、そんな感情が毎日毎日続きました。

24歳になった私は痩せ続けなければいけない場所にいればいいんだと無謀にもエステの会社に入社しました。同僚や先輩はみんな細い、また太っていては、お客様に説得力がない これで痩せられると思いました。
しかし、現実は厳しく始めの数ヶ月はダイエットに励んだもののストレスは日に日に大きくなり、でも太るわけにはいかない私は、とうとう休みの日に美容整形外科にきていました。下半身の脂肪吸引をする為です、

痩せなければ続けられないエステの仕事、でも過食は止められない 手術するしか方法がないと思いました。
半日の入院で帰宅できる、2~3日は筋肉痛のような痛みがでるが普通に生活はできると言われ、決意しました。
ローンを組んで140万くらいでした。

心の病や摂食障害はあるものの、体はいたって健康な自分でした初めての手術、初めての麻酔、しかも健康な体に自分で決意してメスをいれる。でもそこまでしてでも過食で太った自分が許せません。
手術台に乗った時涙が止まりませんでした、でもこれしか方法がありませんでした。

結果ほぼ寝たきりが2週間は続き、脂肪を取った下半身の腫れや激痛は1ヶ月続きました。会社は退職せざるをえませんでした。そこから1年は自宅でひきこもりました。

再就職した、脱毛やフェイシャルのエステの仕事の管理職を任されることになり
ストレスのはけ口がないこと、管理職になったプレッシャーと自尊心の低さ 2年経った30歳の頃、頭が再度パンクしました。躁鬱病になってしまい、退社。結婚を考えていた彼氏とも別れ 私には何もなくなりました。

鬱だけではなく躁の状態も続いた為、もうこのままでは自分で自分を殺してしまうと思い始めました。また家族も私の介護に付きっ切りの為 疲労がきているのは目で見ていてもわかりました。家族にもそろそろ愛想を尽かされ、こんな娘はいらないと夜中に刺しにくるんじゃないか、殺されるんじゃないかと思うようになりました。

それからODをまた2度ほどし、入退院を繰り返した頃、死にたいけど死ねない、でも居場所がないと思った私は躁状態のままチケットを購入し海外に逃げました。

結局場所や環境を変えてもそこに慣れてしまうとストレスや根本の自分を認められない、という部分は変えられないので過食が止まることはありませんでした。半年前勇気を出してストレスを減らそうと彼と別れを決意、しかしそこからの半年(現在)は埋められない部分をやはり過食で満たしています。

もう自分ではどうすることもできない、でもそれでも生きてかなくちゃならない、過食が止まれば痩せられればそれだけでも心のストレスは減らせる、少しなら自分に自信がつくかもしれない、そんな時ここのセンターを見つけました。20年と長い月日、もう生きている人生の半分以上を過食の苦しさで支配されてきました、また年齢が重なってきたことにより体にどんどん無理がきかなくなってきました。まだ体の動くうち、やり直しがきくうちに治したいです。やれるところまで試したいと思っています。

体重や食べ物に振り回され、絶望を生きる毎日

女性 自由業 41歳 A型 東京都

毎日毎日、デブになりたくない。デブは醜い。
どんなに何を装っても本性は結局だらしない。雑。適当。汚い。臭い。嫌だ嫌だ。自分にも人にもそう感じる。見たくない。近寄りたくもない。こんな状態でいる自分が我慢できない。許せない。本来の姿になりたい。痩せたい。綺麗な時に戻りたい。
そうやってずっとムチを打ち続け、吐いて、辛い下剤を飲んで、痩せて。
でも、自然体には戻れない。自然に健やかな元気で明るい美人にはなれない。チヤホヤしてくる人は見た目が好きだから来てるだけだとつまらなく思っているので話は決まり切った展開だけ。勇敢で健全な人には何話してイイか判らない。そのままコミュニケーションが判らない不完全な大人になってしまった。
家を建て貯金して子育てしている安定した穏やかな家族が別世界の人達の様だ。毎日ダイエットできないのを焦り食べ物我慢しているので、失恋や環境の変化が怖い。ストレスを感じた瞬間食べずにはいられないだろうから。
友達や人と食べると食べた気がしないから、一人でいる。さみしい時は、食べ物とダイエットを考えたら吹っ飛んでしまうので安心だ。そうなると人といることすらもストレスになっていった。食べないで生きていけることばかり考えてそういう本を読む。食べ物にとらわれてるから自然になんて続かない。絶望を生きる。常に絶望の潜む毎日。

過食による心身へのダメージで、普通の生活ができなくなった

女性 会社員 36歳 O型 山梨県

18年前、ほんのつかの間の暴食から始まった過食症…。
私の場合は嘔吐ではなく、下剤の大量服用という手段で打ち消し行為を行うようになりました。
当然ですが膨大な量の食べ物を摂取する日が数日間も続けばみるみる体重は増加して行きました。
これまでに7、8㎏の増減を幾度となく繰り返して来ました。
下剤を飲んだところで過食して身についた脂肪がとれる訳ではない事は分かっていても、過食によって胃の中に送られた食べ物をそのままにしておく事が許せなかったんです。

当初2錠から始まった下剤も今では12錠~15錠程にまで増えてしまいました。当然ながら過食がストップしている期間でも自然にお通じが出る事はもうなく、副作用の少ないマグネシウム系下剤と浣腸で排出するのがやっとの状態です。
過食→下剤乱用後の状態は
お腹の激痛、吐き気、全身(特に顔)のむくみ、めまい、皮膚の乾燥、虚脈、倦怠感などの症状に襲われます。
精神面のダメージは言い表せない程の罪悪感、絶望感で打ち砕かれそうになります。外へ出る事はもちろん人と話す事、カーテンを開けて日を浴びる事、家事をする事など日常当たり前にしているすべての行動ができなくなってしまいます。
こんなに苦しくなる事が分かっているのに過食を止める事ができずにこれまで来てしまいました。

症状のない平穏な日の自分と過食が数日間にも及び心と体がボロボロな時の自分。外見も内面もまるで別人のようになってしまいます。

過食、下剤乱用を断ち切れずこれまで来てしまった代償はとても大きすぎます。
痛めつける事しかして来なかった自分にこれからはもっと優しくしてあげたい、いたわってあげたい…
今そう強く願っています。

買い出しと過食が中心で普通の生活ができなくなった

女性 会社員 28歳 O型 東京都

過食症になって、朝・帰りにコンビニやドラッグストアに立ち寄っては、栄養補助食品コーナーやお菓子コーナー前で立ち止まり、商品とにらめっこしながら「買いたい」気持ちと「お腹すいてない・食べたくない」気持ちとを闘わせるのが当たり前のようになりました。そのくせ、商品を手にしては成分表示を見てカロリーや炭水化物量を気にして棚に戻したり、それでも気になってまた手に取ってみたり…を何度も繰り返しています。
チョコレートを数種類買ってちょこちょこ仕事の合間に食べようと思っていたのが、気付いたら仕事しながらずっと食べ続け、気持ち悪くなりながら仕事をしていたのも1度や2度ではありません。それなのに、「あれ食べたい、これ食べたい」が止まりません。

健康診断で「低体重(私はそうは思ってないですが)」も「高尿酸血症の疑いあり」と診断されたにも関わらず、健診に向け無理なダイエットをしたせいで過食衝動の反動がさらに大きく、毎日のようにドーナツやらワッフルやら、糖分・カロリーの高いものを食べる始末。せっかく落とした体重も2日で戻ってしまいました。いまや痛風の自覚症状がうっすら出ているのではと思いつつも、再検査したら数値が更に悪化しているのでは…と思うと怖くて病院に行けていません。将来のために生命保険加入も考えているものの、そもそも保険加入できるのか、できても保険料が高いのではないか、と心配するだけで行動に移せていないです。

また、栄養補助食品やお菓子を毎日のように食べ続けたせいかグルテン依存になり、食べたら食べすぎて気持ち悪いし頭はぼーっとするし体中浮腫むし、なにより自己嫌悪が激しくつらいです。頭が働かない勢いで下剤を使用してしまうこともあります。翌日、仕事中下剤が効き始め何度もトイレへと席を外すこともしばしば。時には会議中に下剤が効いてきて、冷や汗かきながら我慢して会議に集中できず…なんてこともあります。

ドラッグストアやコンビニでの買い物が増えたせいで、月の出費の多くが食品です。このお金で服や靴、下手したら日帰り旅行も出来ただろうに…と家計簿をつける度思います。最近一人暮らしを始めた為、過食症のせいで生活できなくなったら…と思うと怖いです。
何度か、過食している自分が情けなさすぎて、お菓子の残りをゴミ袋に入れましたが、気付けば「個包装だから汚くない」と自分に言い訳して拾って食べていました。自分がしたことに我ながら引きましたし、情けなくてたまりませんでした。

一人暮らし準備中、炊飯器を購入しましたが全く使っておらず、節約・料理の為にいい加減使おうとしたら、白米を食べることが急に怖くなって(米少量をおかゆにしてなら食べていましたが、白米としては久しく食べていませんでした)、買ったままの炊飯器の梱包を解きながら「お米は怖くない、大丈夫」と泣きながら自分に言い聞かせていました。つい先月のことです。
まさか自分がお米を怖いと感じ、更に泣くと思いませんでした。それに、過食症になる前は好きな食べ物を素直に食べたいと思っていたのに、今は好きな食べ物あるけどカロリー高いし…と思ってあまり食べたいと思えなくなってしまいました。さらに言えば、「美味しい」ってなんだっけ…?とまで思うこともあります。

それに、会社のトイレや外出中お店やビルのガラスに反射して映る自分を見るたび「あのときはもっと痩せてたのに、今はなんてだらしのないデブなんだろう」と自己嫌悪しています。それなのに、買い食い・食べ歩きは当たり前になってしまっています。

過食症になって、益々自分に対して自信がもてていません。人には悟られないようにしているつもりですが、内心は常に自分が情けなくて、みじめで悔しいです。

体重や食事に支配される出産・育児

女性 主婦 32歳 A型 東京都

私は15歳の時に過食症(嘔吐なし、下剤乱用)になり17年目です。
1ヶ月半前(7月末)に出産しました。
過食症での妊娠、出産、育児について書き込みます。

まず、妊娠が分かった時、単純に嬉しい気持ちと別に不安がありました。
病院で体重増加は7キロから10キロくらいと言われ、やせ願望が異常に強い私は今から7キロも増えるなんて有り得ないと思いました。
既に太っているのだから、出産まで1キロも増やすまいと思いました。今ある脂肪で胎児に栄養が行くはずだと勝手に思いました。
しかし、つわりが終わると徐々に体重が増えてゆき焦り始めました。食生活は妊娠前と変わらず、食べないか甘いものをたくさん食べるかの2パターンを繰り返していました。
ただ下剤だけは飲むのを止めました。流産するのではと思ったからです。

臨月のときの血液検査でに妊娠糖尿病の可能性があると言われ非常に焦り、そこから出産までの1ヶ月はほぼ過食症状は出ませんでした。結果、臨月までに増えた体重は6キロくらいで、赤ちゃんは3000グラムと標準でしたが食事内容はめちゃくちゃでした。
無事、出産を終えれたことは、本当に良かったですが、自分の体重や食事に対する歪んだ考えはそのままです。
まず、産婦人科で同じ年齢の赤ちゃをん見て自分の赤ちゃんのほうが大きいと心配になります。赤ちゃんは普通ぷくぷくしているものだし、体重が増加するのは良いことなのに凄く気になります。
もちろん自分の体型も気になり、出産後も細いママを見るととても羨ましく思います。

育児に関してはまだ1ヶ月半なのですが、家にこもっているせいか過食症状が頻繁に出てきました。このままではまた太ってしまうと恐怖です。世代間連鎖も怖いです。娘には摂食障害になってほしくありません。

吐くために食べるようになった

女性 会社員 44歳 O型 愛媛県

27歳の時、友人の結婚式のためダイエットをしようと思い、運動と食事制限を行った。
炭水化物やたんぱく質、脂肪を極端に減らしてカロリーの少ないものばかり食べていた。
途中で制御できない食欲に負け、我慢していたお菓子や菓子パンなどを大量に食べるようになり、誰に教わったのでもなかったが、そのうち吐くようになった。
それが過食嘔吐の始まりだった。

最初のころは、食べても吐けばリセットできると軽く考えていたが、そのうち吐くために食べるようになっていた。
満腹感もなくおいしいという味も感じない。
いったんスイッチが入ると、冷蔵庫や家の中の食糧庫の中をあさり、手あたり次第食べ吐いていた。

30代のころはほとんど毎日、ひどい時は1日2~3回していた。
これではいけないと吐かないように我慢しても、いただきもののお菓子や、食事会でのカロリーのある料理、揚げ物のおかずなど自分が食べては太ってしまうと思うものは食べたら吐いてしまう。

吐こうと思うと冷蔵庫などからいろいろなものをあさって食べてしまう。
仕事などでストレスがたまっているときにもスイッチが入ってしまう。
甘いもの(チョコレートやアイス、ケーキなど)への強い執着があり食べだしたら止まらない。

多量の下剤を服用した時期もあった。
無理なダイエットで筋肉が削げ落ち、30歳で腰椎間板ヘルニアを発症、手術もしたが経過が悪く2年ほどは入退院を繰り返し、ほとんど寝たきりの状態だった。
その頃は生理も止まっていた。

失業し、鬱症状、被害妄想から友達も離れていった。
その後も何度かやめようとしたがしばらくすると再発してしまった。
恥ずかしくて過食嘔吐のことは誰にも相談できなかった。

心療内科でうつ病と診断され投薬治療を受けるが、症状が改善することはなく年々悪くなっていった。

30代半ばから頭痛、めまい、体が重くて起きていられない、集中力の低下、考えがまとまらない、好きだった読書、映画鑑賞も頭に入っていかなくなった、極度の体の冷え、被害妄想、鬱症状、死にたいという願望、感情が制御できないなどの症状が出てきた。

現在は、胃潰瘍を発症しており嘔吐後のめまい、頭痛が特にひどい。
嘔吐時の痰に血が混じることもあり、嘔吐後数日は喉が詰まったような感じがして息が苦しく、頭痛、めまいのため起き上がれなくなる。

このままではいけないとセンターの無料相談を受け現在は2週間ほど嘔吐をしていない。
頭痛、めまいは軽減してきており、相談で気持ちも少しずつ軽くなっていると思う。

心配をかけた家族のためにもこの機会を生かして回復につなげたい。

難病は、全てを蝕む

女性 主婦 41歳 O型 岐阜県

18年間、過食嘔吐。下剤使用。
今年で8歳になる1人息子について書きます。

今回、このタイトル、なかなか書くことが出来なかった
自分の中で色々な感情が溢れ
憤り、後悔、不安などがいっぱいになったからだ、でもありのままを書くことにします

妊娠中も、もちろん毎日のように過食嘔吐。
3700g、よく無事に産まれてきてくれた
奇跡だと思う。
私は、その後、2回自然妊娠し、早期流産している。
もちろん、原因は私の生活にある。

1人産まれたから、別に過食嘔吐ぐらい大したことない。
ちゃんと、産まれたくれるから大丈夫だと、たかをくくり、過食嘔吐しまくり、下剤も増やしていた。
流産して当たり前。

息子が産まれた時、難産で疲れた。可愛いとすぐに思えなかった。
幸い丈夫な子ではあったが、ひどく神経質、抱っこしてないと泣く、夜泣きは7歳まで続いた。

子育て…
私が彼にしてきたこと
叩く、蹴る、部屋に閉じ込める、水を頭からかける、
泣いても、わめいても止めない、
泣いて追いかけてくる子をひっぱたく、
小さい時は布団の上に投げ飛ばした、
子に向かってクッションなどを投げつける、
羽交い締めにして
「文句あるなら言え!」
と怒鳴りちらす
「あなたは、私を苦しめるためにいる!」
もう嫌だ、なにもかも終わりにしたい、
子なんて居なくなればいい。
何度叫んだことか。

私は、過食嘔吐で常にイライラ。
怒りのマグマが噴き出す
それを全て、子にぶつける
尚も収まらず、執拗に責め立てた

私は正しい育児の本を買いあさり、自分の間違いを
直そうとした
自己啓発、スピリチャル、何でもセミナーに通い出口を探した、変わらない自己

マクロビ、菜食に没頭して、食べものは調味料からこだわり、全手作り。
市販のものは、添加物が怖くて与えられない。
オヤツも手作り。
その影で、私はジャンクフードを過食嘔吐。

テレビは悪影響だから無し、砂糖無し、肉無し、無し無し、色々な物を必死に排除してきた

それが子供のためと信じている

その結果、
今子供は、イライラ、怒りっぽく、気に入らないと暴れ、物を投げつける
ヒステリーは、私と同じことをして、しっかり真似している
染み付いてしまった

まだ、間に合うのか?
8歳、この期間を取り戻したい
私の中にも、少しは存在する母性を
愛を与えたい

難病は、全てを蝕む
こんなはずではなかった

完治して、本来の私でいたいと思います

過食嘔吐で顔がむくむから人と会いたくなくなった

女性 学生 21歳 A型 岡山県

私は三年前から過食症です。

習慣的になり週2~3回するようになったのはここ4ヶ月なのですが、
明らかに顔が大きくなり、
お腹だけがぽっこり出るようになりました。

バイトの服が着物なのでお腹が出ると見た目で
すぐに分かってしまい、
好きだったバイトも行くのが嫌になるようになりました。

バイトの前日はなんとか過食しないようにしていたのですが、
してしまった時は下剤を飲んで無理やり
出すようにしていました。

友達と予定を入れても前の日に過食してしまうと
嘔吐したせいで顔がむくみ、またお腹が出ているので、
会うのが怖くて、嫌になりドタキャンするようになりました。

人と関わるのが好きで遊んだり、バイトは接客業
を選んだのに、今では過食してしまうと、
自分に自信が持てなくて、人前に出るのがつらくなったことが、本当につらいです。