本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

タグ : 下剤常用

下剤依存になるまであっという間でした。

女性 学生 22歳 A型

摂食障害になって食事を楽しく食べることができなくなりました。

もともと、体型にコンプレックスを持っていて、それが顕著になったのは大学生になってからです。
見た目より数値を気にし始めました。野菜は水分が多く重いから食べないけど、ポテトチップスは軽いからいくら食べてもいい、という変食をするようになりました。
だんだん便秘気味になり、初めて下剤を使いました。

初めのうちは下剤によって自然に排出出来なくなるのではないかと不安になり、躊躇しながら使っていました。
しかし、下剤で食べた分がリセットされる、という錯覚に陥るようになりました。

どんなに食べても下剤を使えば太らない、という間違った認識から、あっという間に下剤依存になりました。

家族が寝静まったら食料を漁るようになり、なかなか寝ない家族にイライラするようになりました。
お腹がいっぱいでもなんとなく口が寂しいから食べ続けてしまう。そして下剤を飲むとほっとする。
それでも、食べてしまったという罪悪感はあるので、翌日は断食をして、食べることを我慢する。

食べては下剤を使い、翌日は食べるのを我慢する、という日々が続いた後、私の顔はパンパンにむくみました。
鏡を見るのも嫌になり常にマスクをするようになり、性格も暗くなりました。
友人からの誘いも断りがちになり、孤独と寂しさから過食の頻度は増えました。
そして、ふと、我に返るとき弱い自分に対して涙が止まらなくなります。
少しくらい太ってもご飯を楽しく食べたい。
このまま、摂食障害が続けば人とご飯を食べることが出来なくなると思います。

4月から社会人になります。付き合いも増えていきます。
食事を共にすることはコミュニケーションの一環であると思います。
このままでは人と接することも出来なくなる日も遠くない気がして、ただただ不安です。

1日150錠~200錠。最初は規定量だったのに…

女性 主婦 27歳 AB型 愛知県
下剤を使い始めたのは、大学生のころ。
週末だけ。使用量は守っていた。
就職してから毎日50錠に増えた。
拒食でほとんど食べてないから体内に食べ物なんてないのに、
太るのが怖くて止められなかった。
毎日、トイレの波に怯えながら仕事をしていた。
外出してもいつもトイレの場所を確認していた。
最低体重になってから食べる量は増えていった。
同時に下剤も増えていく。辛い。苦しい。でも太るのが怖くて止められなかった。
結婚が決まってから、痩せてドレスを綺麗に着たくて
また下剤乱用をしてしまった。結婚式当日もトイレを気にしていた。
結婚して、下剤の量は1日150~200錠。
拒食、下剤乱用で生理なんて全くない。
痩せにしがみついている自分が情けない。
子供がほしい。
そう思う私はなんなんだろう。
書いてるだけで泣けてくる。

10ヶ月で3倍~増える下剤

女性 学生 22歳 A型
過食をして下剤を使う回数は最初は週に一回でした。
それも、相当な躊躇いがありながら下剤を使用していました。
しかし、下剤を使うことに対する後ろめたさはすぐになくなりました。
そして、外食した時はどのくらい食べたか
カロリーがわからないから満足するまで食べていいというルールを自分に課すようになりました。
友人と遅くまで遊び、深夜に帰った後は家にある食べ物を手に
テレビを見ながら満足するまで食べ、
下剤を飲んで寝るという生活から過食が進むようになりました。
友達とご飯を食べると太るからと
下剤を使用する前は遊ぶ回数をコントロールしていましたが、
下剤を飲んで無理矢理排出するようになると、
体重が増えないことを良いことに友達と遊ぶ回数が増えていきました。
そうして、週一回であった過食は今では週3回に増えました。
たったの10ヵ月の出来事です。
4年で倍になるという経年増加の傾向がたった10ヵ月で3倍になりました。
経年増加の話を聞いて、
自分が思っている以上のスピードで病気が進んでいることを知り、
今は恐怖がかなり強い状態です。
このスピードで進んでいけば必ず身体を壊します。
自分と向き合うことが出来ている今、
しっかりと治すべきであると感じています。

気付けば過食、下剤、嘔吐、そして増え続ける現実

女性 学生 22歳 B型 兵庫県
去年の4~8月にダイエットをした反動で9月から過食症になりました。
最初は週に1~2日、1日に1回、お腹がパンパンになって
苦しくなるくらい食べ過ぎてしまうことがあるという程度でした。
その時は
「生理前だから食欲が増しているのだろう」
「生理が終われば落ち着くだろう」
「ちょっと増えてしまっても、またダイエットで落とせば大丈夫」と、
全く危機感を覚えませんでした。
しかし、生理など関係なく、日々、食欲は増すばかりで、
食べ過ぎる日が増えていきました。
11月には、衝動的に買い物をすることが増え、
常に頭の中で食べ物のことを考えるようになりました。
「今日は〇〇のスーパーが安売りの日だからいっぱい買える」
「今日は疲れたから甘いもの買おうかな、今日だけ、今日だけ」
と、自分に都合の良い考えばかり頭の中に浮かんできました。
それと同時に衝動的な買い物をした後に
「またこんなにたくさん買ってしまった」
「どうして買い物すら自分で制御できないんだろう」
と不安を覚えました。
この頃は食べ過ぎても嘔吐することはありませんでしたが、
「食べてもすぐに出せばいい」と下剤を乱用していました。
だんだんと下剤が効かなくなってくるので、
12月には規定量の5倍は軽く超えていました。
メーカーを変えることもありました。
12月に入ってから、日々増える体重と変わる自分の容姿に
不安や焦りを覚え、食べ過ぎた時には口の中に手を突っ込み、
無理に吐くことを覚えました。
最初は上手く吐けなくてもどかしかったのですが、
回数を重ねる毎にコツを掴んでいき、たくさん吐けた時は安堵しました。
しかし、その直後に洗面台の鏡で涙や鼻水、
唾液、胃液で汚れた自分を見て衝撃を受けました。
私は何をやっているんだろうと思いました。
そこでやっと自分自身が怖くなりました。
1月には週に3~4日くらい過食嘔吐するようになっており、
もはや自分ではどうにもできないと思い、過食症について調べ、
こちらの無料相談に辿り着きました。
相談に乗ってくださった方によると、中程度の過食症、
5か月でここまで過食嘔吐の頻度が増えているのは
ものすごいスピードだということがわかりました。
このまま、このスピードで症状が重くなると、
使うお金も時間も自分への負担も相当なものになると思います。
普通の食行動がとれるようになりたい、
経年増加を少しでも阻止したい、
と強く思うようになりました。

拒食と過食を繰り返すたびにひどくなる病気

女性 会社員 26歳 B型 福岡県
私は、19歳の時に拒食症になりました。
毎日水しか摂らず、52キロあった体重は38キロまで落ちました。
階段も登れず、学校にも行けず、学校を中退しました。
それから1年くらいは48キロを保ち、過食も出ていなかったのですが、
21歳の時に過食が出始めました。
夜中にコンビニに行き、当時同棲していた彼氏の食料も漁る日々。
体重はあっという間に52キロに戻りました。
それから半年。実家に戻っても過食は増加していき、
夜中にご飯を食べたり冷凍のパンをそのまま食べたりする日々。
体重は58キロになりました。
そして25歳の時。過敏性腸症候群になりました。
そして拒食に戻りました。
体重は46キロまで1ヶ月で落ち、私は幸せでした。
体重が減るなら、お腹が痛くても構いませんでした。
しかし仕事を辞めたらまた過食の症状が出て、
それから短期間で拒食に戻り、
そして今、過食と下剤乱用、チューイングの症状が出ています。
体重は53キロになりました。
正直、このまま増えて行くのが怖くてたまりません。
1日に多い時で職場のロスのパンを10個、食パン一斤、ごはんを丼一杯噛んで吐きます。
二週間前から症状が出始めましたが、量は2倍近くになっていると思います。

4年間で月数回から2日に1回のペースに

女性 自営業 20歳 AB型 東京都
過食の頻度は、4年前は月に数回だったのが、
今では2日に1回ペースにまでなってしまいました。
量も、今のほうが何倍も多いです。
下剤は、指定が2錠なのですが、
4年前は2錠、使用する回数も、食べ過ぎたときに使用するぐらいで
月に2、3回くらいでした。
しかし、今は3~5錠を週2~3のペースで使用し、
ひどいときは一気に10錠使用することもあります。
過食、下剤、どちらも量、頻度が激増しています。
「経年増加」という言葉を教えていただくまでは、
この4年間でこんなにも増えているなんで意識は全くありませんでした。
これがこのまま続くと考えるととても恐ろしいです。
絶対に過食症を克服したいです。
こちらに相談させていただいて、過食も今のところなく、
気持ちもすごく落ち着いています。
親身になって話しをし、聞いてくださり、本当にありがたいです。
こちらに相談して本当に良かったです。

母親が健康でないと…

女性 主婦 50歳 O型 東京都
妊娠、出産で、過食嘔吐は、13年間は、症状が止まりましたが、下剤乱用は、ひどくなっていました。
子供が、幼い頃も、外出先で、お腹が、痛くなり、トイレばかり、行ってました。
過食は、止まっても、普通食でも、下剤で排出していました。
その頃も、子供に対して、イライラしながら、接していたと思います。
学校の父母会なども、痩せていないと、人前に、出られないという、気持ちが強かったと思います。
食事も、身体に良いものと、健康志向なものばかり、食べさせていました。
完璧に育てなければと、いう気持ちが、ストレスになっていました。
幼い頃は、子供も叱れば、親の言うことは聞いていましたが、段々、成長し、小学生高学年から、高校生の今に至るまで、反抗期が、続いているため、誰にも、相談できずに、不安になり、食べたい気持ちが、頭の中で、爆発したように、5年前から、食欲が抑えられず、過食嘔吐が、再発しました。
初めは、美味しいものが、たくさん食べられる嬉しさ、子供に対する怒りも抑えられ、どんどん過食嘔吐が、増えました。
今は、子供も大きくなりましたが、私にだけは、反抗期が、あります。
学校生活も問題なく、外では、とても、良い子です。
母親への反抗は、成長過程で、当然の必要なこととも、言われていますが、高校生に、なってからの偏食は、自分の病気のせいだと、落ち込む毎日です。
段々、私の手作りの料理や、用意した食べ物も、お母さんの用意した食事は、食べたくないと、1人で、外食や、コンビニで、身体に悪いものを食べるようになりました。
これも、自分の病気のせいでは、ないかと、責めてしまい、辛い日々が続いています。
もっと、早く、相談センターに出会えていれば、こんなに苦しまなくても、良かったのではと、思いました。
子育ては、母親が、健康でなければ、なりません。
症状を止めることから、取り組む気持ちが、子供や家族の幸せの第一歩だと、思います。

増えていく症状、蝕まれる身体

女性 会社員 36歳 O型 東京都
はじめて意識して吐いたのは、膵臓の手術で入院しているときでした。
腸閉塞をおこして再手術をした後、
水分を摂取すると胃袋に水が溜まり体調が悪くなります。
水が溜まると腸に落ちていかなくなり、
最終的には自分で吐くか鼻から胃袋にチューブを入れて吸い取ってもらうしか有りません。
この頃から、胃に一度入ったものを吐くという行為が癖になったように思えます。
退院してからも手術の影響で胃袋が小さくなり
以前よりも食べられなくなっていました。
また消化力も落ちている為、胃の中の食べ物がいつまでも胃袋に残っています。
それが気持ち悪いのと、小さくなってしまった胃袋のキャパはすぐにいっぱいになるのとで、
我慢が出来なくなりました。
吐いたら気持ち悪いのが取れる、そこから私の嘔吐が癖になって行きました。
また、退院当初は46kgだった体重は回復とともに段々増加していきました。
それは当たり前のことなのですが、
増え方が急激だったのと50kgを越えたあたりから不安でいっぱいになり、
以前は食べすぎてしまったときにげっぷするとこみ上げてくるものがある程度から、
無理矢理指を突っ込んで吐くようになり、
それが1週間に2,3回くらいから毎晩になっていったのは、2年前くらいからだったと思います。
いったん胃袋に入ったものを下腹を拳で殴りながら指をのどまで突っ込んで嘔吐する。
そんな時ただただ、胃の中をからっぽにしたいという気持ちでいっぱいでした。
そんなふうな状況が続いて、まずはじめに異変に気づいたのは
歯医者でいくら治療しても全然虫歯が治らないこと。
虫歯ではない歯がないくらいで治療が全く追いつきません。
神経をどんどんとられています。治療費も大変な額になっています。
次に気になりだしたのは髪の毛。
昔は1本に結ぶとゴムがはちきれるくらい髪の毛の量は多かったのに、
最近は1本1本が細くなり抜け毛も気になって仕方なく見た目にも髪の毛の量が激減しました。
そして、嘔吐と一緒にずっと続いているのが下剤の乱用。
下剤を飲まないとまったくお通じがありません。
また中途半端な量を飲んでも出ないため、規定値をどんどん越えていってしまいます。
1箱はあっという間になくなり、薬局で大量購入しています。

もっと早く無料相談を受けたかった・・・。

女性 無職 38歳 O型 愛知県
摂食障害初期、約20年前と現在を比べてみました。
過食の回数と、量、下剤の量、確実に増えています。
時が経てば経つほど、早めに手を打っておかないと経年増加してゆき、
身体は疲弊し、同い年の人と比べてはるかに、体力は衰えています。
経済的な面でも、このままでいいとは、決して思いません。
今、一点に込み上げてくる想いは、もっと早くに真剣に病気と向き合い
このセンターの指南を受けたかったということ。
確実に酷くなってしまったんだ。
変えられない過去、現在。
でも未来は変えられると思うんです。
何か一つでも頑張り過ぎない程度に取り組んでいれば、
私も、同じ様に苦しんでいる皆さんも、必ず変えられると信じています。
今日一日、この一瞬、供に同じ空の下、歩いていこう、笑っていよう。
まだまだそんな日が考えられない私も、あなたも、
いつかきっとそんな日が来ることを祈って……。

“今日がこれで最後”と何回思ったでしょうか

女性 主婦 29歳 A型 埼玉県

私が摂食障害になって丸7年が経ちました。

この病気になったきっかけは、精神的なショックがあり、食べたものを戻してしまったこと。
このとき、とてもすっきりした感じと同時に、食べても太らないで済むんだ、ということを覚えました。

始めのうちは少し食べ過ぎたときに吐く程度でした。

年数が経つにつれ、お菓子やパンを大量に買い込み、
家族が寝静まった時に過食し、誰にも気づかれないように嘔吐していました。
過食した日が続くといつものように吐けなくなり、食べたものを外に出せずにパニックになったりもしました。

下剤を使ったこともあります。
幸い、私は規定の量で十分効き目があったので、乱用にはなりませんでしたが、常用してしました。今は少し健康になったのか、下剤を使うことはなくなりました。

最初は好きなだけ食べても後で吐いてしまえば太らない、
この方法で食事を楽しんでいました。

だんだん、こんな自分はおかしいと思うようになりました。

世の中食べられずに飢餓で亡くなる人もいるのに・・・
過食に費やす食べ物・お金・時間がもったいない。
私はなんてバチ当たりなことをしているんだろう、と。

治したい気持ちはずっとあり、

“今日がこれで最後”と何回思ったでしょうか。

これまで何度か症状が止まったことはあり、これで治るかも、と思いましたが、
また自分に裏切られ・・・

そんなことをずっと繰り返しています。

実家を出て一人暮らしをすれば・・・彼氏と一緒に住めば・・・結婚すれば・・・

そういった節目節目で止まることはありましたが、結局また再発してきました。

もうこんな風に自分に裏切られること、家族を裏切ることももうしたくありません。

相談して10日間、なんとか症状はでていませんが、
またいつあの衝動に襲われるのかがとても恐いです。