本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

タグ : 下剤常用

食べ始めると止まらない、止めたいのに止まらない

女性 主婦 48歳 B型 大阪府

先月12月半ばに過食を発症。
それから毎日、午前から夕方までだらだらと食べ続ける日が始まった。

食べ始めると止まらない。
止めたいのに止まらない。

食べてはダメだと分かったいても食べてしまう自分に自己嫌悪。
そして自分を責めてしまう。

しんどくなるのが分かっているのに胃がパンパンになるまで食べてしまう。
体重も増えてきたのが嫌だし、胃が苦しくなるのも辛い。
さらにゲップも止まらず、便秘状態。

通っているクリニックの先生からは摂食障害のため下剤を出してもらえず、
別の薬を処方された。

とにかく過食で精神的にも身体的にも苦しいし辛い。
外出のタイミングが分からなくなってくるし、
食事の献立を考えるのもイヤになってきた。
過食が始まったことで人に会うのも避けるようになってきた。

生きている意味が分からなくなってくる。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

吐くなら食べなきゃいいのにと思ってもやめられない

女性 会社員 40歳 B型 広島県

摂食障害になって、12年。

28歳の時に前夫が直ぐに仕事を辞め3人の小さな息子をを育てながら、働きに出ることもできず、前夫のDVもあり、かなりストレスを抱えていたのだと思います。
だいたい産後太っていた私はちょっとしたことからダイエットを始め
半年で25キロ体重が減り、最初は拒食だったのが、ある日食べたい衝動に駆られ普通では考えられない量を一気に食べ苦しくて吐いた事から過食嘔吐になりました。

その後過食嘔吐、過食がとまらず、身体的にも辛く、何よりも精神的に鬱っぽくなり、子供には当り散らしイライラして自分でも感情がコントロールできなくなりました。

それから精神科にかかり入院その後前夫と離婚をしました。

それから3人の子供を引き取り病気もよくなるかと思いましたが、過食嘔吐はかわらず、ひどい時には1日中起きては食べ寝るまで続きました。

この時は自分で生活費を稼ぐ事もできず、親に過食するためにお金を出してもらっていました。
親もあまりのお金を使うのでよく怒られていましたが、それを言われると逆に腹が立ちお金を出してもらっていました。

その度に後で後悔し、自分が悪い親にも迷惑をかけ申し訳ないといつも自分を責めていました。
そんな自分が許せず過食嘔吐、過食が止められない、悩み続けるのが辛く自ら命を絶とうと思いました。

その結果また入院、幼い子供は施設に預けられることになりました。
それからは早く子供を引き取りたいとなんとか頑張り、親、いろんな方の支えもあり子供を引き取ることが出来ました。

それからは太っている自分は醜いとダイエットをしては痩せた自分が嬉しくて借金しても洋服を着れないぐらい買い、また1年ぐらいすると過食の時期がきて毎年体重が10キロ以上変わる生活をしています。

最近ではまた過食嘔吐に下剤乱用の症状が出ています。
それまでもいろんな精神的な合併症として病気になり、入院したり、また自傷行為もありました。

今は子供たちも大きくなり食べては吐いている私の事は分かっています。
その分辛く、このままではいけないと思うのですが、どうしても自分でコントロールできません。

過食費もかなり毎日使っています。
吐くぐらいなら食べなきゃいいのにとも思いますし、勿体無いとも思うのですが、止めれません。

母も歳を取り心臓が悪く入院しています。
心配かけれないので何も言ってはないです。

ただ、こんな私の事を知ったら心配をかけると思います。

子供たちにも影響はよくないと思います。
なんとかこの病気と向き合って、治したいと思っています。
なんとか乗り越えたい、そんな気持ちでいます。

気付けば1日中過食をしているわたし

女性 学生 21歳 A型 東京都

17歳の頃はひどい時で週の半分に普通の食事以外に500円位の過食をしていた。

過食の引き金になるのは主に勉強で、
毎日の予習復習の時はそんなに酷くなかったが、
テスト週間には酷くなっていた。

初めは代償行為を知らなかったし、
知ってからも恐怖が勝って代償行為は行っていなかった。

しかし、チューイングに手を出してしまったりするようになった。
現在は行っていない。

現在21歳でひどい時は週の半分以上に普通の食事以外に
1000円位の過食をしてしまうことがある。

過食の引き金は勉強や人間関係、就職活動の焦りなどである。
コンビニに立ち寄る回数も増え毎日行ってしまう。

以前は過食の引き金に人間関係はあまり関与していなかったし
勉強もテスト前だけであったが、
現在は勉強する前はいつも、ちょっとした人間関係さえも
過食の引き金になってしまうようになった。

さらに同じ環境で比べるとすると実家での過食症状となるが、
現在では実家に帰った時には毎日1日中過食していることが多い。

また過食嘔吐もゼロだったのが最近2回程してしまったし、
下剤も使用していなかったが最近4.5回飲んでしまった。

最初は少しお菓子を食べる程度だったのに・・・

女性 学生 16歳 A型 山口県

私が過食し始めた頃は、
夕食のあとに家にあるお菓子を食べる程度でした。
金額でいうと100~200円くらいでしょうか。

3ヶ月目からは週末に部活から帰ったあと、だらだらと食べるようになりました。
この頃から、気持ち悪くなるまで食べて、太るのが怖くて下剤を飲むようになりました。

6ヶ月目からは夜中に過食をすることがあるようになりました。
月に2~3回です。

9ヶ月目からは一人分の食事量が分からなくなりました。
精神的にも辛くなってきました。
一人になると、涙が止まりません。

10ヶ月目からは夜中の過食がひどくなりました。
ほぼ毎日、過食をするようになりました。
金額は1000円くらいです。
下剤も飲んでいます。

夜中の過食をした次の日は、
寝不足と罪悪感でみんなから「体調悪いの?大丈夫?」と心配されました。

気付けば1日中過食をしているわたし

女性 学生 21歳 A型 東京都
17歳の頃はひどい時で週の半分に普通の食事以外に500円位の過食をしていた。
過食の引き金になるのは主に勉強で、
毎日の予習復習の時はそんなに酷くなかったが、
テスト週間には酷くなっていた。
初めは代償行為を知らなかったし、
知ってからも恐怖が勝って代償行為は行っていなかった。
しかし、チューイングに手を出してしまったりするようになった。
現在は行っていない。
現在21歳でひどい時は週の半分以上に普通の食事以外に
1000円位の過食をしてしまうことがある。
過食の引き金は勉強や人間関係、就職活動の焦りなどである。
コンビニに立ち寄る回数も増え毎日行ってしまう。
以前は過食の引き金に人間関係はあまり関与していなかったし
勉強もテスト前だけであったが、
現在は勉強する前はいつも、ちょっとした人間関係さえも
過食の引き金になってしまうようになった。
さらに同じ環境で比べるとすると実家での過食症状となるが、
現在では実家に帰った時には毎日1日中過食していることが多い。
また過食嘔吐もゼロだったのが最近2回程してしまったし、
下剤も使用していなかったが最近4.5回飲んでしまった。

トイレまで子供が追っかけてきて過食嘔吐を見ている

女性 主婦 32歳 埼玉県
昨日世代間連鎖について話をした。
娘は今1歳になったばかり。
妊娠中、体重管理されている事から増やしてはいけないという思いが強くなった。
毎日何回も測り、食べ悪阻で食べたあとは嘔吐、下剤を使い続けた。
出産時は妊娠時より5キロマイナスで出産。
38週に運動により破水だったが産まれた子供は2300g台で産まれた。
特に異常はなかったがやはり細いのは見て分かった。
産後体重が減ると思ってたが産後すぐ2キロしか減っておらずその後も減らず焦る。
そして醜い自分と体重が減らない事母乳の出が悪い事寝られない事などが重なりストレスやイライラが募り、過食。
そこからまた過食嘔吐、下剤の日々が始まった。
子供の成長につれ過食はもちろん嘔吐もタイミングが取れなくなり余計イライラ。
しまいにはトイレまで子供が追っかけてきて見ている状態。
既に離乳食完了でよく食べる子なのだが影響が出ていると感じる様になってきた。
それはイライラしてる時のキツイ態度で親子関係が上手くいかなくなってるのでは?という思い。
イライラからくる旦那とのやりとりを見ているから、最近大きな声を出すのでは?という事。
おもちゃなどの扱いが雑なのも影響?と思う事。
そしてキッチンにいる時間が長いと子供も一緒に欲しがりあげないとなくからと時間を取るためあげてしまう事によりキッチンイコールそこで食べる癖がついてきてる事。
最近真似をよくする様になりトイレシーンを見て同じ事をしてしまうんではないかという思い。
私が精神的にも落ち着いて、過食嘔吐下剤がなければ普通のお家にはない行動を覚える事もないのだと思うと子供に申し訳なさとやはり子供のためにもやめなければいけないと思うのでした。

増える過食症状

女性 会社員 23歳 A型 香川県
過食症再発。
私は三ヶ月おきくらいに、過食が再発します。
去年は6月くらいから11月くらいまで過食が続いていました。
チューイングはなく過食のみでしたが
1日3000円程度を食べ、気持ち悪くなり寝る。という状態で
仕事も2日休んだことがあります。
食べて太った自分が醜く家から出れずに
食べては寝てを繰り返しました。
その頃は、食べた次の日は一口も食べずに
また次の日たくさん食べてと繰り返していました。
それから、3ヶ月は好きな人と連絡を再開したこともあり、
症状は収まり、綺麗にならなくては。という気持ちや
連絡を取れることへの嬉しさから過食は自然と止まり、
昔のように運動をしたり休みの日は化粧をしたり買い物に行ったり、
活発に動けるようになりました。
しかし、今年の1月の末から、連絡が途絶え始め
また前のような症状が起こるようになりました。
食べ物のことしか考えられず、何かで満たされたい。
何もしたくない。何も考えたくない。
食べるしかできない。食べなきゃいけない。
そんな気持ちで食べました。
今回から噛み砕いて飲み込まなければ太らないで
たくさんのものが食べれると思い、噛み砕いては捨てを繰り返すと、
自然と食べる量が増えました。
また、時間も増え、
以前は食パン一斤で満足していたところが、
4斤が普通になってきました。
下剤も以前は3日に一回であったのが、
今は1日に二回飲むこともあるようになりました。
量は以前同様に一回7錠です。

命にかかわる合併症を患っても、過食嘔吐は止まりませんでした。

女性 主婦 50歳 O型

過食嘔吐による身体への負担は、大変なものです。
過食嘔吐の行為が辛く苦しいことがわかっていてもやめられません。食べたい欲求、嘔吐しないといられない気持ちは、矛盾していると思われるかもしれませんが、やめられません。
胃酸の影響で、虫歯も増え、奥歯は殆どの歯の神経をとり、折れた歯はブリッジという状態で治療しています。
前歯の差し歯もよく取れてしまい、治してもらう時も自己嫌悪に陥ります。
現在は、背中や腰など身体中が痛く、食事の飲み込む時の違和感は、逆流性食道炎の影響でもあります。
咽頭部を嘔吐する時に傷つけて大量出血したことも、何回もあります。
痛くても食べたい欲求が抑えられず、胃薬や炎症剤、鎮痛剤などに頼りながらも、過食嘔吐がやめられません。
肺にも負担がかかって気胸にもなりました。肺に直接管を通す治療は、とても辛いものです。
下剤の大量服用も、胃腸にはもちろんダメージが大きく、胃炎の症状や、大腸ポリープでは手術と入院が必要となりました。

センターの存在を知り、自分と同じように苦しんでいる人がこんなにたくさんいるのだと知りました。
多い時は、1日10回も嘔吐してしまい、上手く吐けた時にはスッキリしますが、必ず鬱々とした気分ですごしています。
身体はとても疲れているのに、夜寝る前には安定剤を服用しないと眠れない状態です。

このように、過食嘔吐の合併症によって命を落とす危険がかなり高いことがわかっていてもやめられず、自分を責めます。

今は、家事も疎かで食事も作れなくなり、家族にも出来合いの惣菜を購入してきたり、まともな生活を送ることができていません。
家族の幸せを思うと、一刻も早く治したいです。

センターに出会い、このような自分にも未来の生活の希望が湧いてきました。
少しずつですが、前向きな自分がいることに気づくことができました。

2,3か月に1回から毎日過食へ

女性 無職 23歳 A型 富山県
過食のみ。約10年ほど。
最初は2、3ヶ月に1回ペース。
1年前くらいから月1、2回程にどんどん増えてきました。
稀に嘔吐あり。その頃はたまに下剤も使っていました。
現在無職でほぼ毎日過食。
以前も無職、短時間労働をしている時期がありましたが、
その時もほぼ毎日過食をしていました。
フルタイムで働いているときは、毎日の過食はあまりしません。
でも確実に回数は増えています。
仮に明日から仕事を始めたとしても、昔のような頻度に戻らず、
いずれ一番最近の在職時過食頻度を更新してしまうんだろうと思います。
「経年増加」という言葉を知ってから、うすうす気が付いてはいましたが
そういえばここ1年くらい確かに過食の頻度が増えてるな………と、改めて実感しました。
過食の頻度が増えるということは、単純に考えて
伴う嘔吐、下剤の使用回数も増えるのだろうと思います。
身体に負担がかかるだけ、お金をトイレに流すだけの行為を
頻繁に行う未来が待っています。
身体は浮腫み、重くていつも怠いです。
今変わらなければ約束された未来です。
もっとペースが上がるかもしれません。
他にやりたいことも、欲しい物も買えない。
着てみたい服、挑戦してみたい髪型、憧れてるスタイルが
どんどん遠のいていきます。
きっとストレスもどんどん増え、過食ももっと増加して
自分に自信がもてないまま死ぬんだと思います。
でもそんなの絶対に嫌です。
なので、わたしにできることをひとつづつ実行して絶対に変わります。
せっかく見つけたこの機会を無駄にしたくないです。

最初は少しお菓子を食べる程度だったのに・・・

女性 学生 16歳 A型 山口県
私が過食し始めた頃は、
夕食のあとに家にあるお菓子を食べる程度でした。
金額でいうと100~200円くらいでしょうか。
3ヶ月目からは週末に部活から帰ったあと、だらだらと食べるようになりました。
この頃から、気持ち悪くなるまで食べて、太るのが怖くて下剤を飲むようになりました。
6ヶ月目からは夜中に過食をすることがあるようになりました。
月に2~3回です。
9ヶ月目からは一人分の食事量が分からなくなりました。
精神的にも辛くなってきました。
一人になると、涙が止まりません。
10ヶ月目からは夜中の過食がひどくなりました。
ほぼ毎日、過食をするようになりました。
金額は1000円くらいです。
下剤も飲んでいます。
夜中の過食をした次の日は、
寝不足と罪悪感でみんなから「体調悪いの?大丈夫?」と心配されました。