本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

過食嘔吐で人生がめちゃくちゃに。

女性 会社員 43歳 AB型 香川県

20歳の時の恋愛で自分の容姿に自信を無くしダイエットを始めました。食べた物を吐くと体重が落ちていく事を知り、過食嘔吐が始まりました。体重が増えるのが不安で過食嘔吐は続いていました。

結婚を期に夫の両親と同居する事で吐けない環境になり、一時的に症状は出なくなりました。出産と育児の為、仕事をセーブしていたのですが、育児も一段落したのでフルで働き始めました。生活のリズムが変わったせいか、夫の両親との関係が悪化。そのストレスから過食嘔吐が再発。久しぶりの嘔吐は上手く出来ず、体重は増加。太った容姿と夫の両親と上手くやっていけない自分に自信を無くし、毎日死にたいと思っていました。結局、関係は修復出来ず、夫と娘の3人で家を出ました。

その頃、人事異動があり、異動した部署に馴染めずに居ました。仕事が上手くいかない事で自信を無くす一方でした。痩せれば自信を取り戻せると思って下剤を飲むようになりました。過食嘔吐と下剤乱用で体重は落ちましたが、仕事中も食べ物の事ばかり考えていました。ミスも増え、仕事に行くのが怖くなり、夜も眠れなくなりました。
心療内科で安定剤と向精神薬、睡眠導入剤の処方をして貰いましたが症状は悪くなるばかりでした。
仕事を辞め自宅療養を始めました。

収入が無くなった事で過食嘔吐が出来ない不安から再就職をしました。今の職場は人間関係も良いのですが、食事に誘われても過食嘔吐が不安で参加出来ません。
家族は私が過食嘔吐している事を知っています。食べ物の事ばかり考えて育児を疎かにしている私に、娘はいつも「大丈夫?」と声をかけてくれます。後悔と罪悪感でいっぱいになります。夫は何も言いません。
過食嘔吐をしたくない気持ちから、食べ始めると過食のスイッチが入るので食事を一緒に摂る事が出来ません。
心配してくれる娘と一緒に普通にご飯を食べたい。過食嘔吐に費やす時間を家族と一緒に過ごす時間にしたい。普通の生活を送れるようになりたいです。

チューイングの弊害

女性 会社員 23歳 B型 東京都

私は17歳からチューイング症になり、およそ6年が経ちました。14歳の時から体型がコンプレックスで、摂食障害になってからもありとあらゆるダイエットを続け、10キロの増減を繰り返していました。
チューイングの症状はひどくなっているのに、それ以上に痩せようと酷な運動やサプリメントの摂取、胃の中に入れるのはひどい時は水だけの生活を送っていました。間違ったことをしているという意識も忘れ、一日中そのことに囚われていて、ただ放心状態になってしまっていたことがとても辛かったです。
また、仕事をしている時、勉強をしている時、友達と遊んでいる時、チューイングができないと頭がぼーっとしてきて何にも機能しない中毒状態もとても苦しかったです。
歯もボロボロになり虫歯だらけ、かるい歯周病にもなり、気づけば口臭もきつくなり顔の表情もくすんできて、今考えると私の身体の不調もほとんどが過食症のせいでした。

拒食症に戻りたい

女性 自由業 24歳 O型 東京都

拒食症と過食症を何度も繰り返していますが、私は過食のほうが辛いです。過食は自己嫌悪になり、身体はむくみ、人前に出られない。自意識過剰になり常に人に見られている気がして外に出るのが怖くなります。お金はなくなる、何も良いことがありません。両親に勇気を出して言っても、金の無駄だ辞めろとしか言われない。自分でも辞めたいと思っているのに辞めることができない。そのイライラでまた過食をする。繰り返してばかりです。
拒食症の時期は生き生きしています。身体も軽いし、活発に動けます。しかし、人前でご飯が食べれないので外食もできなく、友達付き合いが悪くなりました。病的に痩せて周りから指摘されたことにイライラしてますます食べなくなります。でも自分の気持ちとしては拒食症のほうが楽です。戻りたいとも思ってます。摂食障害を治すのが怖いとも思ってます。過食症は治したい。拒食症に戻りたい。こんな気持ちで病気と向き合うことができるのだろうか。

被害妄想で人間関係が希薄に。

女性 会社員 25歳 A型 神奈川県

非嘔吐過食を発症し、多くのものを失いました。
食べ物に費やすお金や、寝る間を惜しんでまで過食するための時間、そして体形のせいで出来なくなったオシャレに、精神的なダメージ。逆に得たものは一つもありません。

実家暮らしのため、家族の目を盗んでこっそりと冷蔵庫や戸棚を漁り家中のものを食べつくし、仕事や外出の帰り道には家に着くまでコンビニをはしごして食べ歩きます。
食べたい、でも食べちゃ駄目だ。そんな葛藤から商品を手にとっては戻し、お店の中を何往復ももウロウロ。結局は欲求に負け、お菓子やパンを大量に買い込みます。はたからは見れば変な人。同じ病を患っている人からすればすぐに摂食障害だと気付かれるでしょう。

休日は特に過食欲が強く出ます。家に誰もいなくなると歯止めがきかなくなるため、一人にしないでほしい…でもいざ家族が家にいたりすると、「過食したい。一人にして。」と、矛盾した感情で段々とイライラが増し、結局は家族に当たって必ず後から後悔します。

過食症を発症する前まではオシャレをして家族や友人と出かること、旅行に行ったりすることが生きがいだったと言っても過言ではありません。
ですが今となっては「こんな醜い自分を見せたくない。影で太ったと言われているんじゃないか。」という被害妄想でせっかくの友人の誘いをドタキャンしたり、家にいる時間が長くなりました。

失ったものを挙げはじめるとキリがありません。こんな生活が続けば友人や職場との信頼関係も崩れ、自分には何もなくなってしまうことが容易に想像つきます。
それなのにやめられない過食。もしかしたらやめたくないのかもしれないとまで思い始めました。
今まで、誰か助けてほしいなんて他力本願してばかりでした。でも結局は自分自身の本気で病気を治したいという意志が無ければどうにもならないことに気付きました。
こちらでの相談をきっかけに、少しでも改善できたならと強く願っています。

脂肪に苛立ち、子供に八つ当たり

女性 会社員 34歳 A型 広島県

摂食障害になって、色々変わりました。
友達と遊ぶ事がなくなった。体のラインを見られたくなくてオシャレをする事もなくなった。頭の中は常に食の事ばかりで他の事はどうでも良くなり、掃除すらしなくなった。食の事ばかりだから、何も楽しめなくなった。仕事をしていても子供といても何をしていても常に頭の中は食の事ばかり。辛い。しんどい。

やりたくないのにしてしまった過食。翌日は後悔と自己嫌悪。鬱状態になり仕事もはかどらず、子供に余裕を持って接する事ができずに八つ当たり。増える体重、脂肪に苛立ち、焦りばかりで自分にも余裕がなくなり悪循環。
毎回毎回、もうしない!したくない!これで止める!
…何度思い、誓い、破ってきたか。

私がこんなだから子供が約束を破っても、表上では叱るけど、私には言う資格ないと実感している。
過食は負のループ。分かっているのに抜け出せない。とても怖くて、恐怖でしかない。
だって、過食している時の自分は自分じゃない、もう1人の違う自分が出て来る。
”過食”という悪魔に囁かれて流された自分。
食べたい食べたいしかない愚かな自分。

太っている自分が本当に嫌です

女性 会社員 27歳 A型 神奈川県

私は昔から太っていて、いじめられたこと、陰口を叩かれたことが沢山あり、人に気を使い、嫌われないように嫌われないように生きてきました。嫌われるのが怖くて不安で仕方なくてどんどん過食は増加していきました。

ある日、過食した後に吐くということを覚えました。煙草を覚えました。お酒も覚えました。人にも依存しました。
嫌われないように嫌われないないように、すればするほど止まらない。太っている自分が本当に嫌。全部太っているせい。

訳がわからないまま今も過ごしています。

過食で太った醜い自分が嫌で仕方ない

女性 学生 22歳 AB型 福岡県

過食症状が出始めてから、自分が醜くて嫌で仕方がないです。
過食中の自分は本当に気持ち悪いです。それでも止まらない。
過食の後は心臓がばくばくして、なんでまたやってしまったんだろうって自分を責めて、とても辛いです。
太るのが怖くて、次の日極端に食事を気にして、またその衝動で過食して…
一日中本当に食べ物のことと体重、体型のことばかり考えてしまいます。
過食のせいで次の日学校をズル休みしてしまったり、友達とご飯に行く予定をドタキャンしてしまったり、本当に自分が嫌になります。
過食が始まってから今まで、普通の生活が送れませんでした。周りに変に思われたこともたくさんありました。
もうこれ以上大事な時間、お金、信頼を失いたくない。

過食症でいる限り、心休まる時はない

女性 会社員 27歳 A型 東京都

摂食障害の合併症として思い当たる事がいくつかあります。

ますば体力の減退。日常のなんでもない事でもしんどくなります。
そして体調はいつも悪くなり、一日中グロッキーな状態が続きます。

次に体型の変動。
太って痩せて太って痩せてを繰り返し、最終的には疲労と睡眠不足で常に顔色悪く、むくんでパンパンの酷い姿に落ち着きます。

また、自己嫌悪からうつ病を発症し、仕事や人間関係にも支障が出ました。
仕事は能率が落ちて全然進捗しなくなり、職場での信用を失いました。
仕事場では孤立して、いつも独りぼっち。毎日泣いてばかりいました。
健常者から見ると、私のように物を食べるのも食べないのも極端な行動を取る者は、物凄く異様に見えるようで、端から見ても正常でない人間だと思われていたようです。

私は日々の辛さから自傷行為を繰り返し、遂には自殺未遂まで至りました。
後遺症を残さずに仕事に復帰できた事が幸福だったのか不幸だったのかは分かりません。

摂食障害を患って、失うものはあっても得るものは何もありません。
お金も時間も無駄にして、遂には命まで絶ってしまうところでした。
私はとりあえず生きていますが、この病気をしている限り、決して心休まる時はないのだと思っています。

たくさんの大切なものを失ってしまう過食症

女性 会社員 35歳 O型 埼玉県

18歳の頃、初めて彼氏が出来ました。恐らくその頃からだったと思います。
今まで成功したことのなかったダイエットが成功したかな見えたのは…

幼い頃から太っていることでいじめられたりすることも少なくなかった私ですが、はたから見れば、何を言っても傷付かないような明るい子供だった、そう装ってた自分がいました。本当は人から言われること、人の思っていること…普通の子より敏感に感じ取っていたはずでした。それは愛されたい、ただその一心だったように思えます。嫌われたくない、そんな気持ちから自分の本当の気持ちを表に出すのが怖くなっていたのだと思います。

中学生の頃から、心に問題は抱えていました。リストカットもその頃からしていました。嘔吐はなかったにしても、過食の症状は少なからずありました。
18歳、痩せると色々なことが変わりました。
好きな服が着れる、褒められる、彼氏ができる…プラスなことがたくさんありました。
太ることは今後あり得ないと思いました。

痩せて、まずは脈が少なくなりました。
やる気や気力がなくなり、ぼーっとすることも多くなりました。

母が心配し、循環器内科や色々な病院へ行き、色々な検査をしました。しかし、どこへ行っても原因不明。
症状が酷くなるにつれ、最初は心配していた母も、軽蔑するようになりました。
意志が弱いだけと…父や兄には理解はなく、居場所がなくなった私は家を出ました。それから水商売を始めました。痩せているからお客さんからチヤホヤされ、それが心地よかったのかもしれません。そこでお酒を覚えました。男に依存するような時期もありました。

幸い数人の親友とは今でも付き合いはありますが、人との関わりを絶った時期があり、多くの友達を失いました。それと同時に、人を大事にする心も失った気がします。人を信用したら頼ったり…それが今も出来ずにいます。仕事もながく続かず、それが仇になり、今も転職活動がうまくいきません。何より自信がありません。自分に何ができるのか、また過食に翻弄され、逃げ出したくなるのではないか怖くてたまりません。

失ったものは、友達や大切な時間、青春、親や親戚との関係。一番リアルなのはお金です。1日1万円使うことも少なくありません。それが18年…考えただけで恐ろしいです。万引きこそ経験はありませんが、それに近い感情がないわけではありません。むしろあって抑えるのがやっとなくらいです。お金を稼ぐために風俗でも働きました。この病気になって、失ったものしかありません。自分の本当の気持ちすらもうよくわからなくなってしまっています。これが最後のチャンスという気持ちで、今回は本気で治したいと強く思っています。

私の過食がどうやって増えたか

女性 自由業 30歳 A型 埼玉県

◎増えた経緯◎
1年前、知人の一人もいない土地へ引っ越しました。新しく仕事をはじめて、慣れない土地・仕事ながら最初は楽しく新生活を満喫していました。ところが、男性からはセクハラを受け、女性からは動機は不明ですが陰湿な嫌がらせを受けるようになり、だんだんと心を閉ざすようになっていきました。誰にも相談も愚痴も弱音もしないで、日常会話すらしないように務めて、業務上必要なことだけ話す1年間。たまに、前に居たところの友達と会ったり連絡はしていたものの、あんなに話さず、笑わず、人の目も見ない(怖くて見ることができない)1年間はありませんでした。

◎発症当時の意識◎
当初は、「ストレス発散のためのバカ食い」程度の意識でした。寂しさから甘いものが欲しくなり、仕事後にコンビニでチョコ菓子を買う。甘いのとしょっぱいのをセットで食べると飽きないからという理由でしょっぱいものも一緒に買う。
食べるとスッキリした気がして、「これは自分への愛、優しさで励ましだ」くらいに思っていました。
月に2~3回だったバカ食いは、週3くらいのペースになり、そうなると、すこしぷっくりしたため中断。見た目をもとに戻して、またバカ食いをして、だんだんそれが習慣になっていきました。

発症当初は食べるとスッキリしていたのに、だんだんと罪悪感・後悔の念を感じるようになり、買いにでかけるか止めるかを1時間くらい悩んだあと出掛けて(悩んでいる間は床に座って全く動かない状態。)、食べたあと罪悪感で動けない時間が30分~1時間。
ぴかぴかだった肌も荒れ、常にできものがあるようになり、また過食をやめて、でも再発する。ということを1年繰り返していました。

発症時、月2~3回だった過食は、1年後には1日4回程度に増えていました。

それでも自分が「摂食障害」だということは気づかず、止められるはずなのに止められない自分の意思の弱さをひたすら責めていました。

食べ過ぎでやめられないことを不思議に思いインターネットで検索しても、「摂食障害」という単語は出てきませんでした。

食欲を押さえるコツ意識を強くもつコツを検索したので「歯磨きする」等の情報とは出会えましたが、そんなものでは止められず、ただ自分の意思の弱さを責めていました。
「摂食障害」という単語は、本当にたまたま、病気とは何も関係のないサイトで見かけて。気になり調べて、自覚して、こちらのセンターさんと出会えました。