過食症と過食嘔吐 心の声を聞いて

食べたいけど食べたくない。普通に食べられない。
過食症になってからのみなさんの体験談をまとめました。

過食嘔吐の代償

女性 無職 26歳 A型 愛知県

私は、まず中学2年くらいから軽い気持ちで始めたダイエットから
拒食症になったのが最初。

ちょっと太りだしたかな?と思い、
はじめはお菓子をヘルシーなものにしたり、減らしたり・・
もともと料理が好きだったから、ヘルシー料理を作ったりしてた。

初めてのダイエットで体重はみるみる減っていった。
それがうれしくて、ご飯も「食欲がない」とか「お菓子食べた」とか
嘘ついて減らして、中3~高1くらいになったら何も食べれなくなっちゃって、
体重は最低で37㌔くらいになったかな?

ガリガリなのに、自分は痩せてるのがうれしくて、
太ることが嫌でしょうがなかった。

あんなに細くてテニス部にまで入って体無理に動かして・・
ほんとに気持ち悪かった。そりゃ友達もできないよね。

生理が1年近くとまったこともあって、
親は私を婦人科へ連れていき、毎週ホルモンン注射、メンタルクリニックに通いだした。

そのかいなのか、高2からドスンと過食になって
数ヶ月で58㌔にまでリバウンド。
おこづかいはほぼなかったので、うちにあるものかたっぱしから食べて、
そのまま就寝を毎日してた。

大学に入った頃は55㌔くらいだったかな?
サークルにも入ったので大学生活は忙しく、人目も気になる年頃。
少しずつ食欲も普通に戻ってきたので
ちょっぴり太目な女の子くらいでした。

1年の後半からバイトを始め、帰りが遅くなることが毎日になってからは
ダイエットをかねて夕飯はなし、朝はいつもあまり食べなかったので
またもみるみる体重は減っていく。
2年目で一人暮らしをはじめたらさらに減って43㌔くらいに。
スリムになってすごくうれしくて、友達も彼氏もいたし、
服は好きなの着れるし、みんなうらやましがるし、
しばらくは食が細めの女の子で過ごすことができました。

初めて食べて吐いたのは就職活動を始めた3年の後半。
面接に行くたびなんだかいらいらしちゃって、
たまたまストレスで食べ過ぎたときに「吐きたい」と思ったら
すんなり吐けたのがきっかけ。

ちょうどこのころよく食べるようになってて太り始めてたから、
「これはいいかも」って食べ過ぎちゃったときは吐いてた。

それでも月に数回だったのに、4年になったら週に1~2回に増えてた。
たまにうまく吐けないときもあったから、
気をつけて食べ過ぎて吐くってことをしないようにしてた。

習慣になったのは社会人になってから。
理由は仕事が心身ともにきつかったからだと思ってたけど、
今はそれはただの言い訳かも。

好きなものをたくさん食べて、太りたくないから吐く。
でスッキリ。これが楽しくなってきたんだと思う。

社会人になって実家暮らしになったので、
一人暮らしと違うんだからばれたらまずいと思っていても、やめられなかった。

それどころか回数はどんどん増えて、
会社をさぼってまで過食嘔吐するようになって、会社を辞めた。

今も職を転々としながら過食嘔吐中。
会社を辞めたら、習い事をしたら、ジムに通ったら、
辞められると思いながらここまできてしまいました。

今までで身についたのは吐きだこくらい。