本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

私の過食がどうやって増えたか

女性 自由業 30歳 A型 埼玉県

◎増えた経緯◎
1年前、知人の一人もいない土地へ引っ越しました。新しく仕事をはじめて、慣れない土地・仕事ながら最初は楽しく新生活を満喫していました。ところが、男性からはセクハラを受け、女性からは動機は不明ですが陰湿な嫌がらせを受けるようになり、だんだんと心を閉ざすようになっていきました。誰にも相談も愚痴も弱音もしないで、日常会話すらしないように務めて、業務上必要なことだけ話す1年間。たまに、前に居たところの友達と会ったり連絡はしていたものの、あんなに話さず、笑わず、人の目も見ない(怖くて見ることができない)1年間はありませんでした。

◎発症当時の意識◎
当初は、「ストレス発散のためのバカ食い」程度の意識でした。寂しさから甘いものが欲しくなり、仕事後にコンビニでチョコ菓子を買う。甘いのとしょっぱいのをセットで食べると飽きないからという理由でしょっぱいものも一緒に買う。
食べるとスッキリした気がして、「これは自分への愛、優しさで励ましだ」くらいに思っていました。
月に2~3回だったバカ食いは、週3くらいのペースになり、そうなると、すこしぷっくりしたため中断。見た目をもとに戻して、またバカ食いをして、だんだんそれが習慣になっていきました。

発症当初は食べるとスッキリしていたのに、だんだんと罪悪感・後悔の念を感じるようになり、買いにでかけるか止めるかを1時間くらい悩んだあと出掛けて(悩んでいる間は床に座って全く動かない状態。)、食べたあと罪悪感で動けない時間が30分~1時間。
ぴかぴかだった肌も荒れ、常にできものがあるようになり、また過食をやめて、でも再発する。ということを1年繰り返していました。

発症時、月2~3回だった過食は、1年後には1日4回程度に増えていました。

それでも自分が「摂食障害」だということは気づかず、止められるはずなのに止められない自分の意思の弱さをひたすら責めていました。

食べ過ぎでやめられないことを不思議に思いインターネットで検索しても、「摂食障害」という単語は出てきませんでした。

食欲を押さえるコツ意識を強くもつコツを検索したので「歯磨きする」等の情報とは出会えましたが、そんなものでは止められず、ただ自分の意思の弱さを責めていました。
「摂食障害」という単語は、本当にたまたま、病気とは何も関係のないサイトで見かけて。気になり調べて、自覚して、こちらのセンターさんと出会えました。

カロリーと体重に縛られ続けた半生

女性 会社員 27歳 AB型 愛媛県

13歳、身長151㎝体重45㎏、痩せたい願望は、小学生の時からずっとあったが、その時は普通に食事ができていた。
14歳、中学2年の春、所属していたバレーボール部を辞めたことをきっかけにダイエットを始めた。
中学2年の5月には49㎏あった体重が、中学2年の2月には36㎏まで落ちた。
その時の食事は、お菓子は一切食べないのは当たり前。

朝→昨日の夕食、昼→給食の小さいおかず+大きいおかず少し(牛乳は飲まない)、夜→夕食のおかず少し。
停滞期になるとさらに食事量を減らしていき、最終的には一日700kcal目安の食事を半年は続けていた。
中学2年の2月、バレンタインでクラスの仲良し6人でお菓子を交換し合った。

私は、自分でクッキーを作ったが試食もしなかった。
友人にクッキーやチョコをもらったが、太りたくなくて全部捨てた。
私は、他の人と違って太りやすいんだから、普通の人と同じ食事をしたらダメだと思い込んでいた。
私は、元々恵まれていない体型なんだから、人一倍努力しないと皆と同じ体型にならないと思っていた。

中学3年になると、担任の先生が変わった。最悪なことに給食を残してはいけない先生だった。
給食は800kcalあるから、朝と夕食をほとんど食べないようになければならなかった。
自分で食事を決められないのが苦痛だった。このころから過食が始まった。

給食は、中学3年の夏ごろまではよく残した。「好きじゃないから。体調が悪いから。」と嘘をついた。
毎日言い訳を考えたり、先生にわがままだと思われるのが嫌だったから、給食を口に詰め込んだ後すぐにトイレに行き、出すようになった。
授業が終わり、15時ごろ家に帰ると、過食衝動が爆発した。
一度食べ始めると止められない。美味しいというより、カロリーを食べている感覚。すごい勢いで、よく噛まずに食べる。自分じゃないみたいに、家にあるもの全部食べる。夕食がいつも18時ごろ。帰宅してから18時の夕食が終わるまで過食衝動が続いた。
どうせ家に帰って食べてしまうなら、給食をちゃんと食べた方がよかったと後悔。
衝動が落ち着いたらうつになり後悔。過食した翌日は、絶食して体重を減らした。

過食と絶食を繰り返すのも辛かったため、過食した後、外を1、2時間ジョギングするようになった。
そうして中学3年の夏までは過食しても体重38㎏をキープできた。中学3年は受験勉強をしないといけないのに過食で時間を取られて勉強に集中できなかった。
受験勉強のせいで運動する時間もなくなり、秋ごろから体重がどんどん増えた。すると、もうどうでもよくなり、毎日家に帰ったら過食。行き詰った。そして42㎏の時、心療内科に行くと、「そんな痩せてないよ、そんなに食べてたら太るよ。」と言われた。
「そんなの分かってる。」と思った。薬をもらった。薬を飲んでも全く効かなかった。
これ以上痩せたいとは思っていなかった。少しダイエットを休憩したかった。
少しくらい体重が増えてもいいから普通に食べたい。
例えば、クッキー10枚あるうちの2枚だけ食べようと思ってもそれができなくて、全部食べるか全く食べないかになる。
過食衝動が怖い。拒食症の時の方が良かった。辛いのは過食。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

発症して、日々の過食の中で。

女性 学生 21歳 B型 岡山県

一人暮らしを始めると、すべてが自己管理になるということもあり、本格的に過食が始まりました。
食べ物のことばかり1日中考えていることもあります。
イライラや精神的に辛い時などに特に過食します。
食べている時は気持ちが落ち着くのですが、過食後に罪悪感と現実が襲ってきます。
それをわかっていても毎回毎回食べ続けてしまいます。
また、吐くことができないため、ただ太っていくのだと怖く感じてまた精神が追い詰められる悪循環に陥ります。
自分が嫌いです。
食べることが好きだったはずなのに、怖くてバイキングにももう行けません。
外に出かけても、常に食べ物のお店が目に付いてしまいます。
自分の食生活が本当に恥ずかしくて情けない。
思い通りに食べられないとイライラします。
普通の食べ方で、美味しく食べたい。食事を元に戻したい。

同じ経験ありませんか?過食嘔吐の影響

女性 主婦 29歳 B型 岡山県

体重が減る一方で,顔がむくんでパンパンに。
胃の中を空っぽにしようと,ひたすら吐き,苦しくても吐き,なかなか出てこないせいで力を入れてしまい,目の血管が切れてとても痛かった。
休みの日は,1日中食べては吐いての繰り返し。
食べ物を買わなかったら服など好きなものをもっと買えるだろうにと思いながらも食べ物に消費されていくお金。
吐き終わったらやってくる倦怠感。
それでも食べずにはいられない。
自分が嫌になる。
誰か助けてと叫びたい。
でも,できない。
痩せたい が支配していく。
いったい自分のベスト体重は何キロなんだろう。
いったいどれだけ食べるのが普通なんだろう。
わからない。
なにもかもわからなくて,ぐるぐるぐるぐる。
太るぐらいなら死んでしまいたいと思った。
全然幸せじゃない毎日を過ごしていた。

見て見ぬふりで、時間だけが経ってしまった

女性 会社員 23歳 A型 東京都

過食症の自覚は比較的はやくからありましたが
ここ数年見てみぬふりをしていたので
改めて9年目とはぞっとしています

過食症の怖さについて書こうと思います(私の場合ですが)

嘔吐はないので食べれば食べるほど
体重は増えて、最大では元の1.9倍までなりました
拒食症からではなく通常の体重からです

急激に体重が増えていくので体中に肉割れができます
できる過程は皮膚が痛いし、何より見た目が汚いです
(妊娠線は汚いと思いません)
異常な状態なのに過食をとめられず、どんどん肉割れができました
ここ一年ほどは肉割れは増えていませんが、
一年中長袖しか着られないし
誰にも肌は晒せません、出来るだけ自分でも見たくありません

過食をするまで肌荒れに悩んだことがありませんでした
(年齢的なこともあるかもしれませんが)過食をはじめてから
年中無休で肌荒れです
肌に悪いものを食べ過ぎてる自覚があるので当たり前ですね

心理的なことではなく、事実?現状?のみかいてみました
過食がはじまったばかりの人に
こうはなりたくない、止めたいと思ってほしいです

過食とは長い付き合いになっていますが、
一生の付き合いにはしたくないし、克服したいです

食べ物が頭に染み付く様になった。食べ物にずっと支配されるようになった。

女性 会社員 25歳 A型 神奈川県

彼氏や家族の見ていないところで、ここぞとばかりに食べるようになった。
彼氏と一緒にいると食べられないので、一緒じゃないときにその反動でたくさん食べてしまう。
今まで、生理前だけ症状が出ていると思っていたが、無料相談を受けたりこのサイトをくまなく読んで症状を知れば知るほど、ずっと症状は多かれ少なかれ出ている状態だったことに気づいた。
思い返せば、気づくと食べ物のことを考えている。
帰りにスーパーで何を買うか。夕飯は何を食べるか。
チラシで特売の食材があると全て買わないといけないという焦燥感に駆られ、必要ない食材も買い込み、消費してしまう。
帰り道スーパーに寄れば、ずっと考えていた買うものリストに必ずプラスαで食材を買っていた。
家について夕飯をつくり完成するまでの繋ぎとしてのお菓子を買って食べていた。
料理は趣味だが、それを差し引いても常に食べ物やメニュー、食材調達について考えすぎていると思う。

友人と食事に行っても、他に頼みたいもの、食べてみたいものが出てきてしまい、別れてすぐに似たものを買うか、自分で作れそうなら食材を買って帰り一食食べたあとなのにまたさらに食べてしまうこともある。
彼氏と外食に行っても、居酒屋や回転寿しだと最初に気持ちの向くままに一度に食べきれなそうな量を一気に注文してしまう。それを食べたあとも更にお菓子など食べたい衝動に駆られる。
痩せたい気持ちが大きいのにそれに反する行動をとってしまう自分に嫌気がさす。

最近は自分の稼ぎで賄えない間食の費用を、親が「いざという時に使うように」と渡してくれた、普段なら保険として持っているだけのクレジットカードを使い一回で5000円近く支払ってしまった。
今までいくら衝動が強くてもそういうことはしなかったのに、親の優しさを無下にするような使い方をしてしまった自分に罪悪感しか湧かない。

また過食衝動がくることが不安でたまらない。
そのとき自分がどう行動すれば良いのかとても悩むし不安になる。

どんなに病歴が長い人がいても、自分だけは意志で治せると考えていた

女性 会社員 25歳 B型 長野県

気が付けば早4年、これが病気だと知った当時は、病歴××年という方々が世の中に大勢いることを知っても、自分は数ヵ月で、自分の意志で治せると考えていました。過食嘔吐が病気だということを受け入れるまでに相当な時間がかかり、その後は、意思でコントロール出来ないのだということを自分に言い聞かせるのにかなり苦労しているという感じです。
未だに、自分が甘えているだけなのだという考えと、いや、病気だからコントロールは出来ないんだ、を行ったり来たりしています。
過食嘔吐になって失ったものは健康と時間とお金。そのかわり、親との関係性や抑圧されていた自分自身のことに気付けたり、その他得たものもありました。
ただ、もう必要なことには気付けたのだから、今度は失ったものを取り返していかなければと感じます。
過食に引きずり込まれて私のかけがえのない未来まで失いたくないと強く思います。

過食症の影響について

女性 会社員 27歳 A型 東京都

まず、体型と体重の急激な変動があります。
短期間に太ったり痩せたり、太れば当然見苦しいし、痩せたからといって綺麗になるわけではありません。
顔色悪くやつれるだけです。当然、周りからは変な目で見られます。
その上、体力が落ちて日常生活の何事もない事がとても体に響いて辛くなります。
そんなことが毎日続いて、心身共に疲弊してきいます。

次に、金銭と時間的な損失です。
有り金を全て過食に費やしてしまう為、食べる以外に何もできなくなります。
平日は深夜を過ぎても、休日は一日中。起きている時はとかく食べ物を胃に詰め込んでは戻すだけ……。

お金はなくなって、見た目はぐちゃぐちゃで、休日も心休まらない。
酷い自己嫌悪ばかりが募って更に症状を悪化させる。どうしようもない悪循環に嵌まってしまいました。

私は過食嘔吐するだけの機械なんじゃないか。吐瀉物まみれの汚れた床に倒れこんだまま、ずっとそんな風に考えていました。そこに尊厳はありません。ただひたすら惨めなだけです。

さびしいから食べてる。穴が開いている心

女性 自由業 30歳 A型 埼玉県

自分がこの病気だと認識したのが最近なので、いつからこの病気なのか分かりません。
お菓子をつまむことは普通のひとにもあることだし、じぶんの「食」がどこまで正常でどこから異常なのか分かりないからです。ただ、「おかしい」とはっきり認識したのは去年。

孤独感から、コンビニスナックを3晩連続で4~5袋(箱)食べたとき。翌朝胃がべったりと張り付いているような不快感があったのに、止められずに食べている自分に「からだの不調を無視して食べるなんてなんか変」と感じました。
インターネットでたまたま「摂食障害」という言葉を見つけて、気になり調べて、自分はその病気ではないかと思って怖くなりました。

もともとカフェ通い(外食)が好きで、多いときは月に2万円~3万円以上使っていました。(食事なので、過食なのかわかりません。)いま訳あって仕事をしておらず、お金をかなり節約していますが、食べ物への出費を押さえられたらもっと本当にじぶんのこころが喜ぶことに使えるのに…。といつも思います。

寂しいから、食べるんだと思います。母が太っていて、本人に自覚はないけどこの病気ではないかと思います。母が憎かったです。でも、それももうやめたいです。自己責任で生きたい。食べたあとの罪悪感。自尊心をじぶんで傷つけることが1番嫌です。この苦しみから解き放たれて、自分を許して、本当の意味で愛したい。だから過食していても、OKを出してあげたいけど、なかなか難しいジレンマがあります。
どんな自分も受け入れられるようになりたいです。愛をもらっても、こころに穴が空いていたら貯まらない。人からもらっても、自分からもらっても、穴があるといつまでも貯まらない。だから、過去傷ついたことを見つめて、穴を直してあげることをしたいです。普通の生活ができなくなるなんていやです。生きてるけど、苦しみしかないなんてそんな世界は嫌だ。センターと出会えたことをきっかけに、治したいし治りたいです。

過食をコントロールできると思う幻想

女性 会社員 27歳 AB型 愛媛県

コントロール幻想の話は、とても実感する。
私も、大学生になったらダイエットして痩せよう、働き始めたら痩せよう、と何度も決意しダイエットに成功したり挫折したりしてきた。

一人暮らしを始めたら家に食べ物が置いてないから過食が止まって痩せるはずだと1年前、一人暮らしを始めた。
最初の1か月は過食しなかった。食事を自分で自由に決められたから、気持ちが楽だった。食べる量はコントロールできた。4kgくらい痩せられた。

でも、やっぱり長くは続かなくて、過食衝動が起こったときコンビニで菓子パンをひとつ買ってしまった日がきっかけで、買って家で食べる習慣がついてしまった。
1度食べ始めるとその習慣がついてしまって食べる。一人暮らしは親にも見られないから、余計外でケーキやドーナツを大量に買ってきて食べた。過食した次の日は絶食して体重をコントロールできた。でも、過食一人暮らしの生活は無理だった。