過食症と過食嘔吐 心の声を聞いて

食べたいけど食べたくない。普通に食べられない。
過食症になってからのみなさんの体験談をまとめました。

カテゴリ : 妊娠と出産

本当に早く治すべき病気

大学生の時に過食嘔吐を発症した。その時はこんなに長く付き合うことになる病気と全く思っていなかった。
比較的時間があったので、親の仕送りと別にバイトを始めた。
教科書を買うお金とは別に自由になるお金が増えたが、過食症になってそのほとんどを食べ物を買うのに使った。
20年ほど前のことで都度いくら使ったかは覚えていないけど、と言っても、1日に1-3回。多くても3回。過食がない日もあったかもしれない。

サークルで運動もしていたし、友達と食事に行く日もあったし、今よりもよほどまともな生活だったと思う。
就職して、忙しくなり仕事への充実感もあってか、ほとんど過食しなかった。自分がそういう病気ということもすっかり忘れて過ごした。
ストレスで食べ過ぎることはあっても、おそらく普通の人と同じ感覚だったと思う。


1年前に妊娠しつわりが終わったころから、食べたくて仕方なくなった。当然体重は増えていく。それをおさえたくて、吐くようになった。再発した。妊娠中、切迫早産になり入院したこともあり、過食・嘔吐するといっても限られた環境の中で過食費が極端に増えることはなかったが、普通食も吐くようになった。明らかに病状が以前よりも悪化したと感じた。退院してから、それまで我慢していた反動もあってか、いっきに過食の量が増えた。臨月の大きなお腹を抱えて、ただでさえお腹が苦しいのに、それなのにたくさんたくさん食べた。今思えば、お腹の赤ちゃんはどんなに苦しかっただろうと思う。でも、赤ちゃんは頑張ってくれて、無事予定日近くに産まれた。
出産後、症状は落ち着くかもと思っていたが、結果は全く別だった。子宮が縮んだ分、食べものを入れたくて仕方なくなった。過食量はいままにないくらいに一気に増えた。当然過食費もかさむようになった。回数も増えた。普通食嘔吐もとまらなかった。経年増加という言葉にあてはまることは後から知った。
気持ちの空虚感が強く食べ続けるけど、食べても食べてもうまらない。おなかいっぱいにもならない。このまま増え続けたらどうなるんだろうという不安もある。だけどおさえられない。頭でわかっているのにおさえられない。それがつらい。


早く治したい。せめて減らしたい。でもうまくいかない。病気が治らないだけではなく、明らかに悪化していく。恐ろしいこと。過食・嘔吐に伴う、身体症状も出てきた胃の痛み、胸焼け、たぶん胃も食道も悲鳴をあげている。歯の痛み、齲歯、歯周炎。ストレスによる食いしばりで歯がのたうち回るほど痛くなる。神経をぬくほどの齲歯ができた。今後歯も失うかもしれない。便秘。昔は便秘なんて感じた事なかった。頭痛。片頭痛以外に明らかに緊張性頭痛も悪化している。手のしびれ。電解質の異常だろうか。しばしば低血糖にも陥る。必死に吐くせいだと思う。冷や汗、震え、意識が遠くなる感じ。本当にこわい。


これからの5年、10年、30年、大事に生きたいのに。どうしたらいいんだろう。本当に早く治すべき病気。経年増加すればするほど、治療が難しくなる。気づいた時、治したいと思ったときに早く対応することが大切だと思う。