本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

カテゴリ : 10代

『これが最後』の繰り返し

女性 学生 18歳 長野県

最初は、少し食べ過ぎたと思った時に吐いていた普通食嘔吐。
でも、だんだん「食べすぎたら吐けばいいや」がエスカレートし、過食嘔吐に。

病気だとわかっていながらも、心の中では信じたくなくて否定してた。

吐くたびに自己嫌悪になり、『これが最後』って思う。
思うのに、体がついていかなくてまた繰り返し。

無料相談を受けて、病気の怖さを知って治したいって今までで1番強く思いました。
自分の体をいっぱい傷つけていたんだね。
自分の体なのにごめんね。

過食との生活

過食症は、年数を重ねるごとに量、回数が増える傾向のある病気です。
そして、それに伴い日常生活にも大きな影響が出てしまっている人達が、たくさんセンターに相談してきます。

時間、お金、友達・・・たくさん犠牲にする前に摂食障害を回復させたいですね。

*——* *——* *——* *——* *——*

女性 学生 B型 大阪府

高校1年生、入学した頃から、可愛くなりたい!細くなりたい!その一心でダイエット。
夏にはマイナス8キロ位になっていました。
気がつけば、食べることが怖くて怖くて、お弁当も友達と食べることが怖くて一人で食べていました。

最初は拒食症で、大学病院に通っていました。
病院に行った時、私よりも細くて見るからに衰弱した人がいて「このままではダメだ」と思い食べるようになりましたが、食べ方がわからず過食になりました。

毎日毎日寝る前に、ベッドで過食してしまう。

過食になって、周りには”元気になったね!”って言ってもらえるようになったけど、自分の中では太りたくないし、この自分はダメで、醜い。
そう思っていて前向きになれないし、いつも時間に追われている気がして過食中心で毎日が過ぎていて・・・。

友達に遊びに誘われても、過食したい気持ちが強くて断ったり、あるいは早めに帰宅。

もっともっと、アルバイトのお給料を大好きなジャニーズに使いたいのに過食にお金がかかる。
常に貧乏で、CDも買えなくなったしコンサートにも沢山行きたいのに行けない。

家族とも壁を作ってしまって、過食しなかった時は、すごい明るくしゃべるのに、過食してしまった時、衝動が来ているときは部屋に閉じこもったり、わざと寝たりしてご飯も食べなかったり。

もっともっとお友達と時間も気にせず遊びたい。
もっともっと大好きなジャニーズにお金を使いたい。
もっともっと家族と心から仲良くなりたい。
誰よりも家族が大好きだから。

摂食障害になって、お友達も減ったし家族も大好きなのに、自分から壁を作ったりして何にもいいことはなかった。

でも、一ついいことあったよ。
センターに相談して、ここのみんなに出会えたこと。
みんなと治したいです。

今日だけ、のつもりが

過食が一時的に止まることもあります。

治ったわけではないのに、その状態に甘んじていると、
後でとんでもないしっぺ返しが起こることがよくあります。
(以下相談者の方の体験談です)
*——* *——* *——* *——* *——* *——*
女性 学生 19歳 A型 長野県

私は一年前の大学受験当日の1、2ヶ月前に過食が治まったことがあります。
受験2ヶ月前まで私はなんにも勉強してなかったのですが、このままではまずい、これで人生が決まると思い過食症を無理やり止めて勉強に集中しました。

受験勉強中は過食をしたい、しようとは全然思いませんでした。
過食のスイッチがオフになってたのです。
でも過食症が治ったとは思いませんでした。

しかし合格したその日の夜はお祝いでご馳走でした。
私は今日だけならいいかとおもい、過食をしました。

しかし、過食はその日だけは通用せず、その日以来過食を毎日してしまいました。

だから大学入学後のこの一年間は勉強、部活集中出来ませんでした。
毎朝泣いてました。
子供みたいに学校やだ、死にたい、退学したいなどと。

もっとはやくここへ相談していれば、この一年楽しく生活してたとおもいます。

過食症が一定期間止まることがありますがそれは治ったんではなく、スイッチがオフになっただけです。

私は中途半端ではなく完璧に取り除かなければ今までと同じ辛い毎日を送ることになるんだとおもいました。

過食で失ったものは、勉強、部活、友達、周りからの信用、評判、お金、自分の長所、家族との関係の悪化、本当は体、精神が成長するためにあったこの二年間。

私はもうこんな二年間のような無駄で辛い生活を送らないために、病気の根本部分を全部取り除いて、過食症という言葉を忘れられるよう絶対完治させます。

普通の女の子になりたい

女性 無職 19歳 O型 福島県

小さい頃から太っていて、祖母や親戚に「体格いいね」幼稚園の時は男の子に「デブ」と言われてきました。

だんだんと月日は過ぎ、小学生になってさすがに面と向かって言われることは少なくなりましたが、
周りの女の子を見て、自分はデブだから痩せなくちゃと思うようになりました。

まず初めに夕食の炭水化物を抜くようになりました。それからおかずも少なくしました。
お母さんはもっと食べな、と言ってくれましたが、痩せることで頭がいっぱいで、量を減らすばかりでした。

学校が休みの日はほんの少ししか食べなかったり、一日中食べませんでした。
見た目は変化していきました。一気に18キロほど痩せました。

しかし自分はまだまだとしか思えず、常に動いていました。
毎日、ダイエットのサプリを飲んでいました。

ある日、学校の担任に痩せすぎだよ、どうしたの?と言われました。
私は今までの事を話したら、精神科をすすめられました。

母と一緒に、行くことになりました。
精神科の先生は、とにかく食べないと死んじゃうから食べて、と言いました。

そこから、張り詰めてた糸が切れました。
一口、チョコスコーンを食べたら止まらなくなりました。

お母さんは、頑張って食べられたね、と褒めてくれました。

「食べたらお母さんが褒めてくれる。先生にも食べなって言われたし、もう食べていいんだ。」

それから、毎日異常な量を食べるようになりました。

でも、太っていく自分が嫌でした。

太った自分を見て死にたくなってお母さんに、
死にたい、何で私なんか産んだの!私なんかいらないからお父さんは私を捨てたんでしょ!と泣き叫びました。

お母さんは、泣いていました。

私は過食に耐えられなくなって、違う病院の心療内科に通うようになりました。

約半年カウンセリングを受けましたが、お金がかかってお母さんに悪いのと、
学校を早退しなくてはいけなくて、理由をしらないみんなの視線が痛く、自分からやめました。

過食は一向に治りません。
嘔吐はしませんが、食べた後の自分が本当に大嫌いです。

当然太ってしまい、ダイエットしようと思っても続かず、むしろ体重は増えています。
そして、現在に至ります。

神様、助けて下さい。
私は、本当に過食治して普通の女の子になりたいんです。

鏡も見たくないから

女性 学生 19歳 新潟県

私はダイエットがきっかけで今年の4月からなりました。
今考えると私のダイエットの目的はとてもおかしかったです。

とにかく、ガリガリになりたい。誰よりもガリガリになりたい。
きれいになりたいとか、かわいくなりたいとかあまり思ってませんでした。

ダイエットの目的がおかしかったんですよね。

高校時代までの拒食から過食に移行して。
毎日が地獄でした。

冷蔵庫は何回も開け、家じゅう探し回り、買い出しのためにバイト代を使い。
歩いてる時も、電車に乗ってるときも何かを食べてないと落ち着きませんでした。

一番怖かったのが体重の増加。
吐きたくても吐けないので、体重は7カ月で15キロ以上増えました。

鏡を見たくないから、お風呂に入らないこともありました。
大学も休学するはめに。

バイトもいけなくなり。
友達とも遊ばなくなりました。

自傷行為もしました。

大事な最後の10代の半分は過食に費やしてしまいました。

躁鬱病にもなってしまいました。
あと半分の10代は絶対笑いたい。

辛かったこと大変だったこと

好きな人と食事をする。
大好きな料理を自分で味見する。

今まで普通にやっていた日常の何気ないこと。

できなくなったことはどれだけありますか。

(以下相談者の方の体験談です)
*——* *——* *——* *——* *——* *——*
女性 学生 16歳 B型 兵庫県

辛かったこと
好きな人と食事ができない
大好きな料理を自分で味見が出来ない
友達とご飯食べれない
食べてもすぐトイレに行かなきゃいけない

大変だったこと
食べたあとにトイレに行くこと
過食するために食べ物を買いに行くこと
何度も何度も吐くこと

過食嘔吐に負けた。

あなたの大事な体も心も過食症は蝕んでいませんか?

(以下相談者の体験談です)
*——* *——* *——* *——* *——* *——*
女性 学生 17歳 北海道

中学2年生からテレビで知った過食嘔吐。
それから嫌なことがあるたびに過食嘔吐で気持ちを紛らわす毎日が始まりました。
学校では明るく元気に過ごしても、帰宅するとすぐ過食嘔吐。
友達と深く関わらないよおにして、毎日の過食嘔吐がストレス発散でした。

こんな自分誰にも言えない、自分なんて生きてる価値ない、そんなことばかり考えて自分自身でストレス溜めてました。

親には八つ当たりで、
何で生んだの?生まなくてよかったのに。
生まれてきたくなかった。
早く死ねたらいいのに。
そんなことばかり言ってました。

過食嘔吐はイライラさせたり、うつ気味にさせたり、自分の性格まで最悪にしてしまいます。

あとホルモンの異常で生理も半年こないこともありました。
冷たいものが歯にしみやすくもなりました。
それに低体温、低血圧です。
不整脈にひっかかったこともあります。

過食嘔吐は私の体も蝕んでます。

こんな状態でも高校生になり、彼氏が出来ました。
彼氏のためにもやめよう終わらせよう。
そう思っていても嫌なことがあるたびにストレス発散で我慢できずに過食嘔吐。
もうやめたい、何してんの、馬鹿ぢゃないの、泣きながら過食嘔吐してました。

またまた過食嘔吐する習慣が戻ってきて彼氏より過食嘔吐を優先するようになりました。
彼氏が毎日連絡をとりたい人だったので過食の時間がなかなかとれず、イライラして彼氏にきつくあたったり、わがままばかり言ったり、うざがったり、最終的にはシカトしたり、最悪なことばかりしてました。

ある時、彼氏から「俺のこと好きぢゃないんだよ。何かもう疲れた、別れよう」と言われ、そのときになってやっと彼氏の優しさや大切さに気づきました。
後から彼氏に気持ちを伝えても「もうより戻すのは無理」とハッキリ言われました。

今でも彼氏が忘れられないです。
後悔しても悪いのは自分です。
自分が弱かったんです、甘かったんです。
過食嘔吐に負けたんです。

今は、過食嘔吐を断ち切って健康になって綺麗になって、新しい恋、したいな。
過食嘔吐は人格まで変えて、大切な人まで奪ってしまう、体も蝕んでいく、本当に恐い病気だと思います。

正直に生きられない

幸せに生きるために、大切なことってなんでしょうか。

こころが病めば、どんなに物質的に、環境的にめぐまれていても、
幸せを感じるのは難しいのではないでしょうか。

(以下相談者の体験談です)
*——* *——* *——* *——* *——*
女性 学生 17歳 山口県
過食症になってまず影響が出たのは、こころです。

なにかを貪っている自分を家族でさえにも見られたくなくて、家の中なのにコソコソすることが増えた。
学校に行くと、まだ太ってなかったのに太った気がして、太ってない振りをする。

格好悪い。
今思いおこしてみるとこんな格好悪くなってたんじゃ自分;;

次に、過食症になってあたしは体重が1年で10キロ増えた。
ちなみに16歳のときと比べて10キロ増えただけで、もっと言うと、最小だった15歳の時と比べて14キロ増えました。

嘘じゃありません。

本当はもっと増えていたかも知れない。
過食症になったばかりの頃は嘔吐もしていたから。嘔吐していたから14キロで止まってると思うと、心底恐ろしくなります。

もし過食のみだったら、20キロ近く増えてたかもしれない。
自分で書いていて恐いです。情けないです。悲しいです。でも真実です。

以前は「細いね~」って羨ましがられる自分の体に自信があった。
でも今は、、、標準を上回る体重。

体重が増えた所為で運動する気力もなくなった。悪循環でさらに体重増加。
毎日腹回りのスカートの感覚が気になる。窮屈に感じる。

ガラス窓に映る自分の姿を見て自己暗示的に細いと思う。
自分の目からみたわたしと、他人の目からみたわたしは果たして同じだろうか?
もしかすると他人の目から見たら全然細くないかも知れない。
「●●ちゃん、前はあんなに細かったのに、今なんかそうでもなくない?」
そう思われるのが嫌だ。

足が細いとか、そうゆうことばっかり気にする周りの友達がすごく嫌に感じる。
(今も嫌悪感があります)
姿を見られたくなくて、過食の翌日は口実を作って学校を休むようになった。
中学のときは皆勤賞を狙うような人間だったのに。
(今も一応は皆勤賞をとりたいって気持ちはある)

でも、休んだら過食しなくなるわけじゃなかった。
休んだその日ずっと過食する。どんどん学校に行けなくなる。

親も友達も先生も、みんなを騙して学校を休む。
今すごく辛くなりました。

正直に生きられなくなっている自分に気づいた。

いやだ。そんなのいやだ。いやだ。
なのに自分では止められないし、それどころかどんどん深みにはまっていく。
麻痺してる感覚にも陥った。

あーもう何もしたくない。無気力人間になる。
食べるのは楽しいけど、見返りは辛いことばかり。

決して明るい未来なんかじゃない。
何度もトイレで「助けて」て泣きながら叫んだ。
泣きながら「お母さん」て仕事で家に居ないお母さんを呼んだ。

もうあんな辛いこと繰り返したくないです。

過食症になって、わたしは自分への自信を一気に失いました。

人には話せない

過食症の方は、周りに助けを求めず一人でがんばってしまう傾向があります。

過食症という病気に対しても、一人で抱え込んでしまう人が多いのです。

一人で何とかできるものではないことを理解し、専門家に相談してください。

(以下相談者の体験談)
*——* *——* *——* *——* *——* *——*
女性 学生 19歳 大阪府

過食症になってよかったことなんて、何一つありませんでした。
もともと体型や体重のことを常々気にしてしまう傾向があったのだけれど、何がきっかけでこれほどまでに食べ物に執着するようになったのか・・・
もうそれさえよく分かりません。
ただの食べ過ぎではなく、自分が「過食症」という病気だと知っても、
やめたい、やめたい、という気持ちだけが空回りして、
一向によくなることはありませんでした。
それどころか、発症して約1年ですでに量・回数ともに重傷化する経年増加が出ています。
恐ろしいことです。
このペースで増え続けていったらどんなに暗い将来が待っていることでしょう。
病気と向き合わなければならないのに、一人で闘っていくのかと思うと、とてもとてもつらかったです。
どうしてみんなふつうに生活できているのか、それが信じられなくなりました。
友達がお菓子を買って食べているのを見ても、衝動が襲ってきたらどうしよう…そんなことばかり不安でした。
本当は一緒に美味しいものを食べたいのに、どうせ家に帰ったらまた過食してしまう。
ここでお金を使うのを我慢しなくちゃ、という義務感のようなものもありました。
今まで認めたくなかったけど、私は寂しがりやみたいです。大学生になって、一人暮らしを始めただけでも寂しさやストレスになることがたくさんあったのに、過食を繰り返して、さらにストレスの原因を増やしていました。
でも、親や友人には絶対に話せないと思いました。
今までの行動や発言からしても、理解してもらえないだろうと思ってしからです。
嘘をついてきたわけではないけれど、本当のことを話していたわけでもなく、いつもどこか上の空でした。
この異常な思考回路から抜け出したいです。
他にやらなくちゃいけないことがたくさんあるはずです。
義務感で自分を追い立てるのではなく、自然に行動にうつしたいのです。

過食と拒食を繰り返し、リバウンドしやすい身体になった

女性 無職 石川県
わたしは過食症になって約1年です。
全ての始まりは高3のとき…
ダイエットと人間関係のストレスで拒食症になりました。
ガリガリに痩せて体力もないし精神的に不安定で
入院もしました。
卒業してから自動車学校に通い始めました。
ガリガリなのに難しいMTに乗り、周りの人にも交わる
ことができずに凄く孤独を感じ不安定でした。
精神的な部分と慣れない運転での疲れからか今まで
避けていたコンビニで菓子パンを何個も買って
食べてしまいました。
そのあとは罪悪感に襲われ悩みました。
だんだんと自動車学校にも行かなくなりました。
また過食することが怖かったのです。
それからはご飯1合とか食べたり、
冷蔵庫の中を漁ったり…家族に迷惑をかけました。
食べたいから祖父の家に行って買ってもらったりして
とても意地汚かったです…
体重は2週間で4キロ増という早さでしたが、
周りは今まで食べてなかったから…というくらいにしか
考えていませんでした。
つい最近までは過食→太る→食事制限→軽く拒食→
ストレス→過食の繰り返しです。
だからちょっと痩せても短期間でリバウンドして
しまいます。過食ってこわいです。