本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

過食嘔吐で人生がめちゃくちゃに。

女性 会社員 43歳 AB型 香川県

20歳の時の恋愛で自分の容姿に自信を無くしダイエットを始めました。食べた物を吐くと体重が落ちていく事を知り、過食嘔吐が始まりました。体重が増えるのが不安で過食嘔吐は続いていました。

結婚を期に夫の両親と同居する事で吐けない環境になり、一時的に症状は出なくなりました。出産と育児の為、仕事をセーブしていたのですが、育児も一段落したのでフルで働き始めました。生活のリズムが変わったせいか、夫の両親との関係が悪化。そのストレスから過食嘔吐が再発。久しぶりの嘔吐は上手く出来ず、体重は増加。太った容姿と夫の両親と上手くやっていけない自分に自信を無くし、毎日死にたいと思っていました。結局、関係は修復出来ず、夫と娘の3人で家を出ました。

その頃、人事異動があり、異動した部署に馴染めずに居ました。仕事が上手くいかない事で自信を無くす一方でした。痩せれば自信を取り戻せると思って下剤を飲むようになりました。過食嘔吐と下剤乱用で体重は落ちましたが、仕事中も食べ物の事ばかり考えていました。ミスも増え、仕事に行くのが怖くなり、夜も眠れなくなりました。
心療内科で安定剤と向精神薬、睡眠導入剤の処方をして貰いましたが症状は悪くなるばかりでした。
仕事を辞め自宅療養を始めました。

収入が無くなった事で過食嘔吐が出来ない不安から再就職をしました。今の職場は人間関係も良いのですが、食事に誘われても過食嘔吐が不安で参加出来ません。
家族は私が過食嘔吐している事を知っています。食べ物の事ばかり考えて育児を疎かにしている私に、娘はいつも「大丈夫?」と声をかけてくれます。後悔と罪悪感でいっぱいになります。夫は何も言いません。
過食嘔吐をしたくない気持ちから、食べ始めると過食のスイッチが入るので食事を一緒に摂る事が出来ません。
心配してくれる娘と一緒に普通にご飯を食べたい。過食嘔吐に費やす時間を家族と一緒に過ごす時間にしたい。普通の生活を送れるようになりたいです。

チューイングの弊害

女性 会社員 23歳 B型 東京都

私は17歳からチューイング症になり、およそ6年が経ちました。14歳の時から体型がコンプレックスで、摂食障害になってからもありとあらゆるダイエットを続け、10キロの増減を繰り返していました。
チューイングの症状はひどくなっているのに、それ以上に痩せようと酷な運動やサプリメントの摂取、胃の中に入れるのはひどい時は水だけの生活を送っていました。間違ったことをしているという意識も忘れ、一日中そのことに囚われていて、ただ放心状態になってしまっていたことがとても辛かったです。
また、仕事をしている時、勉強をしている時、友達と遊んでいる時、チューイングができないと頭がぼーっとしてきて何にも機能しない中毒状態もとても苦しかったです。
歯もボロボロになり虫歯だらけ、かるい歯周病にもなり、気づけば口臭もきつくなり顔の表情もくすんできて、今考えると私の身体の不調もほとんどが過食症のせいでした。

拒食症に戻りたい

女性 自由業 24歳 O型 東京都

拒食症と過食症を何度も繰り返していますが、私は過食のほうが辛いです。過食は自己嫌悪になり、身体はむくみ、人前に出られない。自意識過剰になり常に人に見られている気がして外に出るのが怖くなります。お金はなくなる、何も良いことがありません。両親に勇気を出して言っても、金の無駄だ辞めろとしか言われない。自分でも辞めたいと思っているのに辞めることができない。そのイライラでまた過食をする。繰り返してばかりです。
拒食症の時期は生き生きしています。身体も軽いし、活発に動けます。しかし、人前でご飯が食べれないので外食もできなく、友達付き合いが悪くなりました。病的に痩せて周りから指摘されたことにイライラしてますます食べなくなります。でも自分の気持ちとしては拒食症のほうが楽です。戻りたいとも思ってます。摂食障害を治すのが怖いとも思ってます。過食症は治したい。拒食症に戻りたい。こんな気持ちで病気と向き合うことができるのだろうか。