本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

タグ : 過食嘔吐

体重、ダイエット、カロリーに縛られ続ける人生

女性 無職 29歳 O型 和歌山県

きっかけは当時付き合っていた彼氏の一言でした。
彼氏が細い人で、ちょっと太った私にお肉付いて来たね。と言った事からダイエットをしました。
カロリー制限、運動をしてダイエットをしていたのですが、神経質なので多分もうこの時には拒食だったと今では思っています。

ダイエットをしていた私ですが、彼氏と喧嘩した時に、デブ!と罵られ拒食になり、8kg痩せました。
それから彼氏と別れて、新しい仕事に就き(飲食)普通に食事出来ていました。
でも飲食業に就いたのが間違いでした。
新作を食べたり、売れ残った物を食べたりで5kgも太りました。
一緒に働いている人は細いのに。
それでまたダイエットを始めました。
仕事で食べるのは仕方ないので、仕事が終わってから食べないでいようと思いました。

最初は元の体重に戻す事が目標でした。
ネットでゼロカロリーの物を買い漁ったり、カロリー制限、運動をまた始めました。
でも甘い物が食べたい!となって近くのスーパーに行ってしまったんです。
沢山食べたい物を買って、それを目の前にどうしようと悩みました。
その時に食べても吐いたら良いのじゃないか?と思ってネットで吐き方を調べました。

最初は苦労しました。
吐きやすい物、吐きにくい物。
食べたい物が甘い物だったのでまだ当時は良かったです。
今では吐きにくいとされる物まで食べたい衝動になります。
そして今は食べたい物がわからないのにスーパーで見切り品になる時間に行って食べたくもない物を買い漁ってまで食べて吐きます。
味も良くわからないのに食べるのを止めれません。
吐きたいが為に食べてる時もあります。
1日に何度も体重計に乗り、一喜一憂。
そして家族にバレました。
病院に連れて行かれました。
でも治す気はない!と言って母親は呆れていました。
それからは家族にバレたからもう良いや!と思って開き直って過食嘔吐していました。

母親は口を聞かず、同じ家にいるのに顔も合わさない日もありました。
吐いても体重が戻らなかったりしたら八つ当たりをしたり。
母親もストレスでかなり疲れていたと思います。
そして私も一体自分は何キロになりたいのかわからなくなりました。
目標体重より5kg以上下回っているのに。
椅子に長時間座る事も痛くなり、立ち眩み、脱力感、痺れがあります。
でも食べて吐くのが日常の一部なので止めれません。
食べる事は吐く事。
もう食べたくない、吐くのが面倒臭いと思って明日から過食嘔吐しない!と思っても暫くすると明日は何を食べて吐こうか考えてしまうんです。

吐いているのに浮腫みで太って見える

女性 自由業 22歳 AB型 大阪府

私が過食嘔吐を始めたのは7年前のダイエットがキッカケです。

知らないうちに7年すぎて、ずっと自分の意思の弱さを攻め続けましたが酷くなる一方でした。
そのことによって、身体に変化がありました。

吐くけれど、塩分の取りすぎでいつも浮腫んでいます。身体の中からジンジンするくらい浮腫みます。

あと、奥歯は虫歯になり歯は黄色くなりました。

胃もキリキリ痛くなるときがあります。

それでもやめれなかった。
そんなに深刻に考えると怖いし、そんなことより食べ物のことばかり考えていました。

今相談電話を受けて3日以上過食嘔吐が止まっています。
今は蓋をしているだけなのでまた始まったら、自分の身体がこの先どうなるか。。本当に怖いです。これから出来るかもしれない子供にまで大きく影響を与える。。
必ず治したいです。
ご飯の事を今まで考えていた時間は病気について考える時間に自然と変わっています。

普通の生活を失ってしまった

女性 会社員 40歳 O型

食べる事を普通にできないので、友達と外食したい気持ちがなくなりました。会っていても、食べ始めると吐く事で頭がいっぱいになり、楽しめないのです。
子供が小さい時は、寝てる間に吐いていましたが、起きてしまって中断されるとイライラしました。テレビをつけ、食べ物を与えている間に吐きました。
過食費が生活を圧迫し、見切り品を買いあさります。
吐くために食べている自分を棚に上げ、子供がご飯を残すと、腹立たしい気持ちになります。
子供に親として、注意した後は1番ダメなのは私だけどと後ろめたい気持ちになります。

普通の生活を、失ってしまいました。
もっとどこかに連れて行ったり一緒に、あそんだりできたのに。
手作りのご飯を一緒に食べて、今日あったたわいもない話をすることも。当たり前のことができなくなりました。

これをこのさきも続けていたら、わたしはきっと罪悪感、自己嫌悪にたえられず、最悪の結果になる可能性がたかいと思います。
この病気は怖い。自分だけじゃなく、家族にとっても。

無償の愛でわたしを見つめる我が子のために、この病気と向き合いおだやかで平凡であったかい家庭を育てていきたい。

拒食で30キロ以下に。いつからか過食嘔吐へ。

女性 会社員 22歳 O型 埼玉県

私はこの3年で拒食と過食を経験しました。
そして、この3年(特に拒食の約6ヶ月)の記憶を
思い出そうとしても細かく思い出せません。
頑張って思い出してみます。

当時付き合っていた彼にデブと言われ
頑張って頑張って痩せました。
痩せた姿を見た彼は「気持ちわりーよ」と言ってきました。
その彼とはその後別れましたが、もっと痩せようと思い、
体重が30kg以下になった頃、売春を経験しました。
お金はなかったけど、困っていた訳ではなかったです。
街を歩けばすれ違った人に「細っ!」と言われ
それが嬉しかったのかもしれないです。

その頃は歩いていれば何もないところで転び、
階段も登るのに苦労して、スーパーに行けば疲れて
家に着くと車から降りる前に車で爆睡していました。
それから親に病院に行けと強く言われ、行ったものの
自分には合わず、行くことを辞めました。

きっかけは覚えてないのですが、
いつからか過食嘔吐になっていました。
過食嘔吐は2年以上続いています。
嘔吐しているのに全部吐き切れていないのか
体重も17キロくらい増えました。
親にも迷惑を沢山かけています。
それがわかっているのにやめられない。
やめたらどれだけ人生楽しめるか。

気持ちに余裕もなくなりますし、時間、お金
全て無駄遣いです。
性格も変わったと思います。
1日でも早く治したいなと思っています。

一度無くなった歯は2度と戻らない。

女性 主婦 36歳 A型 大阪府

発症してからとにかく歯がボロボロになった。
1日何度も吐き続けた歯は、発症前の笑顔で映っていた自分の写真と見比べると形も大きさも全く違っていた。
歯が小さくなるだけで、昔と顔が変わって見えた。もちろん顔もむくんでパンパンのせいもあるだろう。

写真で歯を見せて笑わなくなった。
吐き続けて溶けてしまった自分の歯は2度と戻らない。

自分よりも子供への影響が心配で。

女性 主婦 34歳 A型

摂食障害になって…もう19年目で、どこか自分の一部という感覚もあって。例えば「世の中完璧な人なんかいない、自分のマイナスな部分の1つに摂食障害がある」くらいに考えていました。
それは、幸い打ち明けた友人や恋人が皆肯定的に捉えて親身になって考えてくれた事や、私自身がカウンセラーになる為に自分にずっと向き合って生きてきて、止まる時期も多くあったからかもしれません。

治したいと本気で思った事も何度かあったとは思うけれど、私の人生にとってそこはそんなに重要ではないという感覚でした。この病を抱えて生きていこうという覚悟みたいなものが逆にありましたね。

その考えが変わったのが妊娠・出産。
自分より大切な存在ができた事で、自分の為には本気で治す気になれなかった摂食障害を本気で治さなければならないという気になりました。「いつ死んでもいいや」くらいで生きていたけど、「自分にこの子から親を奪う権利は無い」と感じた時に元気で居なければならない義務感を強く感じました。

妊娠・出産期も一時的なストップだったんだと思います。毎日幸せな気持ちで、自分の過去にも素直に向き合え素直に泣けて、心に澱が溜まっていない、そんな感覚が強かったです。
お腹の子どもを失わない為に、もちろん食べ吐きはほとんどしませんでしたし、胎盤を伝って栄養を吸収する子どもの事を思って、元々料理が好きなのもあるので栄養士さん顔負けくらいの食事を日々心がけていました。

子どもが産まれてからも、授乳があるので食べる物にはとても気を遣っていました。
おっぱいが出なくなって、ずっと我慢していたお酒を飲み始めてから過食嘔吐がかなりのペースで出るようになり、最近では頻度も増えて自分でもちょっと怖くなっています。

「歯止めが効かない」今はこの感覚がとても強いです。そのせいで自信をなくしたり、不安になる事が増えました。
1番思うのは、そんな自分を娘に見せたくないという事です。

私は摂食障害になってから今まで失ってきたものに対しては自己責任だし仕方がないと思っています。完璧に生きていける人なんて居ないんだし。

ただ、これから先の人生で摂食障害によって何かを失うのは嫌だと強く思うようになりました。それは私自身が失うのではなく、娘が未来を失うという事だから。。。

19年で1番、調子乗らないで本気で頑張ります!!

生きている以外 何もない

女性 44歳 O型 東京都

摂食障害になって失ったもの
辛うじて生きているだけ以外は…全て失ってます

摂食障害で辛かったこと
何もしてあげられない、笑ってもあげられない
トイレが詰まったこと

何が楽しくて、外に出るのすら楽しくなくって
食べるの我慢すれば買い物ばかりしてしまい

心から楽しく思えるものが、何もない

治さなければ何もない

過食嘔吐の治療

女性 無職 35歳 B型 東京都

大学病院(2ヵ所)心療内科にて通院治療及び入院治療
精神病院閉鎖病棟にて過食おう吐を無理矢理止める治療
内観療法
催眠療法
カウンセラーによる心理療法
精神病院にてデイナイトケアー
心療内科クリニック通院
一般病院心療内科通院
自助グループ参加
カウンセラーによるサイコセラピー

これでも過食おう吐は治りませんでした。情けないです。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

太っている私は相手にされない

女性 会社員 33歳 A型 兵庫県

摂食障害の初めは拒食症でした。
小さい時からポッチャリしてて…家族みんなで食卓を囲むような環境ではなかった為か、楽しさ、美味しさを感じなかったし好きな食べ物も特になかったですね。食に興味はなかったけど…きっと過食ぎみだったと思います。

太ってた私は、痩せてるね、可愛いね、チヤホヤされたい…
太ってるから私は相手にされない。醜い。だから学校生活が楽しいとも思っていなくて早く大人になりたい、家を出たいと思ってました。

家に居ても兄からデブだのブタなど言われて、母が対処してくれていたらこれ程の痩せの執着はなかったと思いますが…高校2年のクラブを初めてから極度に体重が減り生理が止まり、寒がりになり、体力が落ちました。
だけど痩せた事で自信がつき世界が変わった様に明るい私になりました、痩せれば自分らしくいられる気がしてた。
でもそれは、勘違いです拒食症は歪んだ考えになって行きます。あるキッカケで過食が始まり…今まで食べた事のない量、抑えようのない欲求に恐くなり吐き出す行為をしてしまいました。

私は過食という期間はありません、痩せてる自分が私だと決めつけては、痩せてなければ私でいられなかった。
体重が増えるのを見ると死にたくなる程の恐怖感になるんです。
これまで何度涙を流したか、お金と楽しいはずの時間、嘘をつき、好きな人に優しくする事も出来なかった、自分の歪んだ考えは大切な人達を傷つけてきた、そして自分自身さえも荒んだ心にしていく。
生きる為の食事に今だに拒み続けてしまう、摂食障害が根づいてる以上、私は幸せになれないんだ。
。今更、戻れない取り戻せない…なら先を見るしかない将来を幸せに過ごす為に治したい、心から笑っていたい、大切な人達をも幸せにしてあげたい。

吐くのが当たり前

女性 公務員 28歳 O型 宮城県

私が摂食障害になって失ったものはたくさんあります

過食している時間、お金、辞めたいのに止められない衝動、こういう行為が当たり前になっている自分

きっかけは些細なことだったハズなのに、食べる行為が怖いはずなのに、嘔吐をするとどこかスッキリする感覚を感じたくてしてしまいます

早く病気を治して、ご飯を美味しく食べたい
太るとか何とか気にしないで生活がしたい
戻れるなら過食嘔吐する前に戻りたい