本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

タグ : エステ

体重が気になって止められない

女性 主婦 27歳 東京都
過食嘔吐をするようになっておそらく3年位経ちますが、私が病気だと自覚したのは最近です。
最初は仕事のストレスが原因で過食のみしていました。
今思えば過食だったという感じで、そのときはほとんど寝る暇もなく働いていたので、寝る直前にもかかわらず、たくさん動いているんだし・・・という感覚で過食していました。
当時体重計には乗っていませんでした。
職場で太ったと言われても「今日はむくんでる」と現実逃避していました。
次第にズボンがきつくなり、真剣にやせようと思い、エステに通い始めました。
そのときに自分の体重を知り、痩せなきゃ!!と思いました。
エステに行くと1回で1キロは痩せました。
厳しい体重管理を言われ続け、施術後は喉がカラカラなのに30分は水分を取らないようにと言われる(吸収しやすいらしい)。
ストレスになっていました。
この頃私にはいわゆる「パパ」という存在がいました。
もちろん実父ではありません。
なので、お金にも余裕がありました。
そしてこの人は毎週私にデパチカで大量の惣菜やスイーツを買ってくれました。
エステに行ってまで痩せようとしているのに目の前には大量のおいしい食料。
最初は捨てていましたが、次第に食べ吐きするようになりました。
吐くことを思い立ったのは、その2年~3年くらい前に親友がやっていたから。
彼女はもともとぽっちゃりとしていたのに突然やせていきました。
カミングアウトしてくれましたが、そのとき私は彼女の病気に気づいてあげられなかった事を悲しく思う反面、やせたことをうらやましくも思っていました。
そしてそのことを思い出し、私も嘔吐をするように。。
嘔吐を始めた頃は食料をもらったときだけでした。
それが友達と飲みに行ったときにお店のトイレでひっそり吐くようになり、仕事の帰りにスーパーで大量に食料を買い込んで吐くようになり、休みの日はピザのデリバリーをしたり何回もコンビニへ行くようになりました。
それでも自分が病気だと思うことはありませんでした。
なぜなら、友人のようにがりがりになったわけでもなく、体に何の異常もなかったから。
むしろ食べたいだけ食べて太らないことに楽しみと優越感さえ感じていました。
その後仕事を変え、過食嘔吐の回数は激減しましたが、食べ過ぎたな・・と思うときは吐いてました。
それから妊娠し、過食嘔吐はしなくなりました。
産後、食べても食べても体重は減っていき、エステに通っていたときの目標体重にまで落ちました。
これを維持しなければ!!と思ったことと、育児のストレスから過食嘔吐が再発。
子供の昼寝の時間は必ずしていました。
今は自由に使えるお金もない、吐いているときに子供が泣いても駆けつけてあげられない、はき終わって子供の顔を見ると後悔でいっぱい。
なんとかしたいと思ってインターネットで調べ始め、自分が病気なんだと初めて知りました。
子供の検診のときに保健士さんに打ち明けました。
涙が止まりませんでした。
子供のためになんとかしなければ。
こんなことのために子供を悲しませたくない。
子供が産まれて初めて過食嘔吐ということがつらく感じています。

貯金もなくなり買い物依存になって・・・

女性 会社員 25歳 大阪府
過食症になって5年目。
予備校に通っていた頃(高校2年の夏頃)、
学校帰りに行っていたので、夕食の食費を節約するため、
夕食を食べなかったり、お弁当を昼と夜に分けて
食べたりしていた。
次第に食事量は減っていき、体重も減っていった。
中肉中背な体系だった私は、痩せていくのが嬉しく、
いつしか食べることが恐くなっていた。
専門学校に入学し、実習が大変になったのと、
口うるさい親から離れたいという思いから
(ただの反抗期だったように思うが)、
2年生から寮生活を始めた。
3年生の夏頃から、急に食欲が出てきて、
痩せているという過信もあったのかもしれない。
それから、過食へ移行した。
どうしても、食欲を抑えることが出来なかった。
元々太りやすかった私は、4ヶ月くらいで10?くらい
太った。
こんな姿を見せたくないと、高校や中学の友人の誘いを
何かに理由をつけて断った。
そして5年前、なぜ過食嘔吐へ移行したのかは
よく覚えていないが、気付けば食べた分を吐こうと
していた。
でも、吐き方がよく分からず、どんどん太って
いきました。
親からも何で?と聞かれるくらい短期間での激太り、
そこからよくあの頃は、あの頃は、と痩せていた頃と
比べられた。
私自身、痩せたいという思いはあり、このままでは
いけないと思っていましたが、どうしてもやめられ
なかった。
働いた給料は食費へと消え…、最初は貯金もしてい
ましたが、エステやダイエット食品に手を出し
(過食嘔吐をやめられないのに、これらに頼っても
痩せられる訳はなく…)、貯金もなくなりました。
吐く事に慣れたのか、少し体重は減り、普通体系に
なりました。
しかし、金銭感覚が鈍ったのか、今まで入らなかった
服が着れるようになり、おしゃれも好きだったことも
あり、買い物依存症みたいな状態に…。
毎月カード払いの請求に追われるようになりました。
全てにおいて、限度というものを見失ったような
気がします。
時間、洋服代、食費…、もっと違う、有効な時間と
お金の遣い方があったような気がします。
もっと出来たことがあったような気がします。
長々とすみません。

過食症と男性依存

女性 学生 21歳 宮城県
過食になって始めは別に気にしていなかった。
好きなものをたくさん食べて、ストレスを発散して。
「食べてる姿が一番かわいい」
「本当においしそうに食べるよね」などと言われ悪い気はしなかった。
よく食べる女の子としてご飯によく誘ってもらえる。
だけどやっぱり外見に表れて、失恋によってダイエット。
炭水化物抜きを半年。でも週1は爆発していた。
慣れないネットにはまり、男性に会ってしまい、初体験の人に一日で去られた。
それからネガティブ思考が悪化し、
自分でひきこもっているくせに寂しくて仕方なくなった。
前に遊ばれたのは悲しかったが、出会いを求めてまたネットへ。
それからは別にすぐ消えられようが気にならなかった。
なのに初めて本気で付き合ってくれているような人が現れた。
でも彼女と長い喧嘩中なだけだったのでさよなら。
それからは男性を信じないようにして何人もの男性と会うようになった。
社会人は高級な料理をおごってくれる。
男性達は去らなくなったが、スタイルは悪いままだった。
「女の体じゃない」とまでいわれた。
街中でエステに勧誘され契約。
同じ日にデリヘルにスカウトされた。
女として自信をなくしていたから、女としての仕事ができて嬉しかった。
寂しさも紛らわせるし、お金ももらえる。
だけど他の子はルックスで売られているのに
自分は学歴とのギャップを売りにされ悲しくなった。
実際自分でも自分の二面性に悩んでいたから。
学校よりバイトを優先させてしまう自分が怖かった。
「やせたらもっといい女になる」と言われ
カロリー制限のダイエットに励んだが、野菜や水分を過食した。
同じ大学の彼氏が出来たことで自分も本気になり、
セフレとの別れ・デリヘルをやめることができた。
純粋な恋愛経験は少なかったため、かなり食事制限をしてダイエットに成功できた。
しかしその彼氏ともうまく行かなくなり、過食再発。
買い溜めした健康食品をむさぼり、毎日2千円以上の過食。
自己嫌悪がひどくなった。
そのままフラれた。
そしてせっかくやめたデリヘルに戻ろうとしたり、
ネットで彼氏を探すのに戻ってしまった。
男性依存は全然治らない。
うつも悪化し、引きこもり、前の二倍以上も過食するようになった。

付いた10キロの脂肪と捨てた大切なもの

女性 無職 30歳 B型 大阪府
私はたくさんの「時間&お金」を無駄にしました。
過食の10年間に得たものは「10キロの脂肪&セルライト」だけです。
ダイエットに燃えるほど、過食が止まりませんでした。
リバウンドが止まりませんでした。
美容器具、エステ代金50回以上、ジム料金、フィットネスDVD・・・
そして過食費。
振り返れば500万は軽く超えてる気がします。
私は「500万&20代の青春」を捨てたのかもしれません。
10キロの脂肪と引き換えに・・・。
そうだ!!無理なダイエットをするからだめなんだ!!
普通の人間として、普通の生活するだけでいいのでは?
とにかく普通の人になりたいです。
「痩せなければならない。もっと可愛く若くいなければならない。
お菓子を食べたらいけない。運動をしなくてはいけない。」
もっと自分に自信が持ちたい。ナルシストになりたいです^^

人の思考を歪ませ、狂わせる(岐阜県21歳)

44790 過食症になって 2007/06/06 02:20
女性 学生 21歳 AB型 岐阜県
私が過食症になったのは、思い返してみれば中学校のときだと思います。
別に太っていたわけではありませんが、痩せたい、という思いが芽生え、それと同時に食べたいという思いにも苛まれるようになりました。
学校帰りにはわざわざ遠回りしてパン、お菓子を買っては歩きながら食べつくしました。
そういえばダイエットにいいという薬や食品にもこの頃から手を出し始めました。
もらったお小遣いがなくなると家のお金を抜き取りました。
実際にやったことはありませんが近所の家にお金を盗みに入ろうか・・・と考えたこともあります。
そして、そんなふうに自分の欲求を満たすために周りの人を思いやることができなくなる自分は、なんて傲慢で醜い人間なんだろうと思
われました。
私は人が生きていくうえで一番大切なことは「思いやり」であると今も昔も変わらずに思っているので、なおさら自分が信じられず、
情けなく、恐ろしくさえあります。
皆さんに出会い、この私の最低な行動が病気からきていると知ってもなお自分が許せないし、病気のせいにするなんて甘えているのではと考えてしまいます。
高校の時にはわりと食欲も痩身願望も治まっていた気がします。
でも波があって、ものすごく食べていた時もありました。
大学に入り一人暮らしを始めた頃は本当に寂しくて不安で、それが引き金になったのか過食が再発しました。2、3ヶ月で6kg太りました。
これ以降私は常に食べることと痩せることで頭がいっぱいです。
どんなにお腹いっぱいでもまだまだ食べたいという底なしの食欲と、食べたら太るという恐怖の板ばさみです。
嘔吐を始めたのは昨年9月。確実に実習によるストレスがきっかけでした。
吐くことは絶対に身体によくないことだとは分かっていたので、最初は食べ過ぎてしまった時に吐くという感じだったのですが、
案外簡単に吐けてしまい、聞くほど歯や肌がボロボロになるという実感がなかったため、別に吐いても大したことないじゃん、
と感じるようになり吐くことを前提に好きなものを食べるようになりました。
吐くことができない人と一緒の食事のときには、吸収阻害系のダイエット薬が欠かせませんでした。
過食嘔吐が始まり本格的に経済観念が狂ったのか、エステに通うようになりました。50万もかけてしまい、まだ返済中です。
その他のエステにも何度か行ったことがあるし、これまでに買った薬代も含めたら過食費は相当な額になります。
痩せることができたときは、自分は頑張ってダイエットをしている気でいましたが、今考えるとあれは拒食症に移行していただけでした。
異常なほど摂取エネルギーを抑え動きまくっていました。
本当に少しでも体重が増えることが恐怖だったのです。
痩せたい!と思うあまり健康や美容に関する知識は専門家も驚くほど身につけたので、これほどに意識は高く持っているのに、
食べまくる、吐いてしまう、という不摂生を繰り返す自分に自己嫌悪する毎日でした。
過食症は人の思考を歪ませ、狂わせる本当に恐ろしい病気です。

過食症の治療

女性 学生 21歳 A型 福島県

入院:過食が止まらないから入院してみたけど、周りに知らない人ばかりでも、すぐに慣れてくると戻ってしまった。
病院抜け出して買い食いもできたし、意味なかったな。

カウンセリング:話は聞いてもらえたけど、これが何の役に立っているのかよく分からなかった。効果もない感じ。薬も処方してもらったけど、効いてる感じがしなかった。

催眠療法:2回目行ったとき、すごく嫌で、なんだか分からないけど、すごくその場にいたくなくて、話したくなくて、話を聞きたくなくて逃げだしたくなった。
だから、それきり。「あなたは、プライドが高くて、高校に入って周りが頭がいい人たちばかりで気に入らなかったのでしょう。顔を見ただけであなたが今どう思っているのか私には分かります。」
こんな感じで言われて気に入らなかったのかも。過食ができなくなるのが嫌だったのかもしれない。

エステ:痩せたら過食が止まるようになるかなと思って、大金はたいてエステに行ってみた。最初は効果あり、50kgまでは自力で痩せた。
でもリバウンド。過食が止まらなくなって、エステの効果もむなしく、増加。摂食量減らさなきゃ痩せないよなぁ。

栄養療法:現在治療中。これが高いんだなぁ。保険が利かないからなんだけど。菓子パンとお菓子、ご飯系しかここ何年も食べてなかったから、ひどいタンパク質不足、栄養不足。だからたくさんの栄養入れないと体が機能しなくて痩せないんだって。
信じてサプリメントのみ続けてる。3ヶ月後、痩せてるといいな。もし、効果あったら、また皆に報告するね~♪

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

過食症がどんなに怖い病気か 

女性 主婦 30歳 A型 群馬県
14歳のときに拒食症になりました。当時身長154センチ体重25キロという死の直前の状態になりました。
15歳になってようやく食べられるようになりました。でも食べ方が異常でした。この時点で過食に移行していました。でも医師は「体重を増やす為に必要な事だから問題はないよ」とおっしゃりました。

でも標準体重になっても過食は止まりませんでした。ただ拒食症は治癒したと診断され通院は終了しました。
そのまま16歳の時には身長156センチ体重が72キロまで達しました。これは嘔吐なしの過食のみの症状なので当然の結果です。
このままでは成人病になると思いダイエットをはじめました。
◎この時点で太っている醜い自分がとっても嫌いになっていました。
◎そしてここまで放置した医師と両親を呪いました。
◎太っているコンプレックスで何事も消極的で人に対して壁をつくり、常に孤立感と孤独感を感じる様になりました。
母親の協力のもとダイエットを始めましたが過食でリバウンド。全く成功しませんでした。
大学進学とともに一人暮らしを始めると、ダイエットは更にエスカレートし、一時期1ヶ月で10キロほど減らせましたがまた過食が再発し減量も思うようにできなくなりました。
両親の仕送りだけではダイエットと過食の費用がまかなえなくなりバイトを始めましたがそれでも足りずローンを組み間始めました。
この頃やっていたダイエットはエステと健康食品です。ローンは社会人になってさらにエスカレートし、最長の返済計画なのに合計で月々8万近く返済に迫られるほど何社ともローンを組んでいました。
◎ダイエットと過食の繰り返しで減量できない自分に「なんて意志の弱い人間なんだ」と年々自己評価が落ちました。
◎ダイエット依存になり数百万円の借金をかかえることになりました。
◎多額の借金と治らない過食の恐怖から将来が見えなくなり自暴自棄になりました。
会社ではこれらの不安を少しでも考えない為に、そして世の中で一番下等な自分が犠牲になることで安心感を得る為に睡眠時間3~4時間で15時間労働の責任ある仕事を6年間続けました。
◎当然心身共にボロボロになりました。でもおかげで少し痩せました(やつれましたが正しいかな)
◎週末になると張り詰めていた気持ちがほどけ、結局過食をしていました。過食後は酷い自己嫌悪となりそんな人生がもう嫌になっていました。
◎「いつ死んでも良い」と思ってはいても両親に迷惑をかけたくない、どうせ死ぬ勇気なんか無い事がわかっていてそんな自分を情けなく思い更に自己嫌悪になり最終的には「世の中で自分が一番最低な人間だ」と考えるようになりました。
だからどんなに評判の悪い人にも優しく接する外面的には「誰にも優しい人」と言われる様になりました。
◎おかげで絶対弱みを見せられない立場の上司(役員)にまで悩み相談をされ、不倫関係となりドロヌマの結末を経験しました。
私にとってこの病気で一番怖いと感じたのは過食の症状からきた「心のゆがみ」でした。
きっとこのセンターに出会えなければ命を絶っていた危険性があったと思います。
本当にこのセンターに、みんなに出逢えて良かったよ!
みんな本当にありがとう☆