過食症と過食嘔吐 心の声を聞いて

食べたいけど食べたくない。普通に食べられない。
過食症になってからのみなさんの体験談をまとめました。

タグ : 投薬治療

薬をやめれば吐かなくなると思っていた

最初はすぐにおさまると思っていました。でも、1ヶ月経っても治らなくて、産婦人科の先生に薬を中止してもらいました。その時はまだ副作用のせいだと思っていたので、薬をやめれば吐かなくなると思っていました。                                                                                                                                                       でも、止まりませんでした。朝は吐かないけど、お昼ご飯の後と夜ご飯のあとに吐いていました。職場でも何度も吐きました。我慢できない自分が嫌になりました。病院以外では誰にも言えませんでした。                        吐く事は悪いことだと思っているし、食べ物を無駄にしているし、止められない自分が悪いんだと思っています。外出先でも、ランチの後に吐き気がして、我慢することで精一杯で楽しめないのが辛いです。毎日、吐き気を気にしている状態も辛いです。
胃カメラを飲むまでは、どこかで身体の病気にしたいと思っていたのもあってか、異常がないと分かった時は、嬉しさはあまりなく、『自分が悪いんだ』と思いました。自分が悪いんだから我慢すれば止められるかもしれないと思ったけど、1週間全く症状が出ないというのはまだ無理です。我慢した分、過食して嘔吐する時もあります。                                                                                                                                                                            嘔吐するとスッキリすることもあるけど、罪悪感でいっぱいになることが辛いです。最近、むし歯ができました。吐くのをやめないと、歯がもっとボロボロになってしまうのではないかと不安です。