本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

タグ : 吐きダコ

過食の増加。後悔した五年。

女性 会社員 24歳 A型 滋賀県
私は最初食べすぎた時だけ、、
ビッグマックなどハイカロリーなジャンクフードを食べた時だけと、
一時的で金額も特に多くはなかったです。、
それ二年後には月に六万の仕送りがギリギリになるくらいになり、
今では7.8万くらいかかってます。
おかねを使うのがわかってるので、先に貯金して使わないようにしても
今にも下ろして食べ物を買ってしまいそうです。
毎日2、、3回たべはきして、、、はきだこもできて、、
こんどは吐きだこができないようにラップばきを覚えて、、
外出先でもラップを、もらい吐くようになり、、
今ではコンビニの袋をまいて履いています。
普通の指では嘔吐反射が出ないようになりました。そんなことあるんですね。
はきだこはなおっても唾液腺はパンパンで痛いし、、
顔はむくむし、どんどん悪い方向に進んでいます。
19から24若くて楽しい時期です、お洒落もして、、友達とはしゃぎたい時期に
こんなことにお金をかけている自分が辛いです。
時間もかけている自分が辛いです。
なんであの時もうちょっと違うダイエットにしなかったのか、
私は人に迷惑をかけずにストレスを発散したかっただけなのに
どうして五年後こんな私になっているのか、、わかりません。
後悔してます。
でも治したいです。
彼氏も欲しい、結婚して、、子供も欲しい。
夢もあります。そっちにお金と時間を費やしたいです。
後悔した五年。未来の五年はこうはしたくないです

短い歳月で15~20倍

女性 学生 23歳 A型 神奈川県
私の過食は20歳のころにはじまったと思う。
元々18歳から拒食で、食べる量がものすごく少なかった。
しかし、友達との付き合いでたまにビュッフェに行くようになった。
ずっと我慢していたケーキやパン、クッキーそれら全てが食べ放題だった時に、
つい、食べてしまい、美味しいと思ったら後の祭りでぱくぱくと食べて、
気づいたとき、これはまずいと思って、吐いてしまった。
まだこの時は友達とのお出かけで食べ放題に行くのは2,3ヶ月に1度だったので、
私自身の過食嘔吐もそれだけで済んでいました。
でも、だんだんと美味しいもの、我慢していた物の味を思い出してくると、自分で買ってくるようになって、
クッキー、甘い菓子パン、シュークリーム、チョコレート…
たまに、買っては食べ、吐き、たまに買って、吐き。
味がおいしくて、でも太りたくなくて、食べないようにしなきゃいけないのに、食べてしまって。
2,3ヶ月に一回が月一回になり、月一回が2週間に1回になり。
どうしても抑えられない衝動と、太ってはいけない恐怖と、
吐いた後の快感が混ざってしまい、止まらなくなっていきました。
喉の奥が焼けて、大学に行くのも吐いてしまうとできなくなって遅刻。
手には吐きダコ、胃酸で焼けてガサガサの手。
ほんの少しの間、過食嘔吐が止まったことがあったのですが、そんな簡単に止まることもなく。
また始まると今度は週3,4日の過食嘔吐、ひどいときには1日2回。
気力も体力もお金も無くなっていくのに、止まらない。
友達がいても、家族がいても衝動が出るとトイレに駆け込んで。
私の過食嘔吐は量は変わらなくても、回数がどんどん増えていっていました。
電話相談で聞いて、驚いたのは2年半の短い歳月で
15~20倍も私は食べる量が増えていました。
体重もそれは増えるし、体の重さだるさも増えていくのも納得です。
自分の普通の量で、普通に美味しく、楽しく、食事がしたいです。
治して、行かなければいけないと再確認しています。

普通、食事の後って吐かないよね。

太りたくないのに食べ過ぎてしまう、
吐きたくないのに吐いてしまう、
食べ物のことを考えたくないのに考えてしまう

「どうせ吐くのに何で食べているんだろう。」
「太りたくないならこんな食べなきゃ良いのに。」

頭では分かっているのに、心は食べたい気持ちでいっぱい。

過食症は、そんな病気です。

*——* *——* *——* *——* *——*

女性 会社員 28歳 B型 東京都

過食嘔吐をするようになって約2年です。

もともとイライラしたりストレスが溜まると食に走る傾向はあったけど、
ちょっと食べ過ぎてしまったときに吐く程度でした。
とにかく太りたくなかったんです。

でも、吐くことに抵抗がなくなってしまい、
この2年の間に吐く前提で食べるようになりました。
食べる量は発症当時に比べたら3倍くらいになっていたと思います。

初めて吐きダコが出来たとき、ちょっとやりすぎかなと思ったことはありましたが過食嘔吐は止められませんでした。

発症から1年半経過した頃です。
モーニングを2食分食べて出勤して、
通勤途中でコンビニでパンとか買って会社に着いてまた食べて、吐く。
ランチでボリュームがあるものを食べて吐く。
外回りがある仕事なので、外出している間・移動途中などにコンビニに
寄ってはおにぎりやパンを買って食べる。会社に戻って吐く。
仕事が終わって家に帰るまでの間にまたコンビニやスーパーでお菓子・パン・
おにぎりを買って食べる。
それとは別に夕食(食材やお惣菜、お弁当)を買って家で食べる。そして吐く。
一番症状が多いときで、1日に3回~4回食べて吐いてを繰り返していました。

相談前は週4~5回くらいのペースで過食嘔吐していました。
1日の回数はだいたい1回。多くて2回。

家族や友人ではないのですがたまたま過食嘔吐をしていることを話せた人に、
「普通、食事のあとって吐かないよね。それ病気だよ。真面目に病院に行った方がいいよ。」
と言われました。

自分の中では過食嘔吐はただの習慣みたいなもので「病気」という認識がなかった
ので、このままではダメだと思って相談をしようと思いました。

死ぬ思いをしたのに

拒食状態から体重が戻ったとしても、
今度は症状が変化し、摂食障害は続く可能性があります。

あなたは過食症を『怖い病気』だと認識出来ていますか?

(以下相談者の方の体験談です)
*——* *——* *——* *——* *——* *——*
女性 主婦 30歳 O型 和歌山県

拒食症になったのは、10歳の時、痩せたくて食べなかった。
出された食事も内緒でトイレに捨てていた。
親が仲悪くって愛されてないと感じたからかな・・・

理由はハッキリ解らないけど、小さくなれば愛されると思った。
赤ちゃんに返れば愛されるような気がした。

その頃はあんまり摂食障害って知られてなかったせいか、脳に異常があるんじゃないかって、大学病院で高額な検査したり、精神科やカウンセリングや色々受けに行ったなぁ~ 
ただ愛されたかっただけの単純な心に幾らお金かけてきたんだろう・・・私も親も愚か、愚かすぎる。
入院もした、入院中脱走もした、きっと精神的におかしかったんだろうなぁ

本当に、拒食症の時は骨と皮だけになってるのに、まだ太りすぎだっていつも思ってて、病院の点滴も 絶対拒否してた。
このままだと死ぬって、親が泣いてた。

カウンセリングのお蔭だったのかなぁ、あまりちゃんと覚えてないけど少しマシになって食事もできるようになって、学校も少しは行けるようになった。

19歳の時ダイエットがきっかけで過食嘔吐するようになった。
人間関係も上手くいってなかったからストレスも原因だったと思う。
食べたいけど痩せたいから、食べたことを無かったことにすれば良いと思った。
軽い気持ちで・・・

今になって、こんな治らないものかって後悔しても遅いね。
本当に麻薬みたい、依存してる。

吐きダコは出来るし、喉は腫れるし、浮腫みはひどいし、疲れやすく体力はなくなっていくし、かといって痩せないし、やせにくくなる。

子供には悪影響、時間も体力もお金も使って、何も残らない病気。

本当に怖いです。
軽い気持ちで自覚なく幸せを捨てました。

これから取り戻せるかなぁ・・・不安の中彷徨ってます。

お風呂も入れず・・・

何かのきっかけで止まった過食。

それは簡単に再発してしまうものです。

治ったという喜びが大きいほど、再発した時のショックは大きいということは
皆さんも想像できるのではないでしょうか。

(以下相談者の方の体験談です)
*——* *——* *——* *——* *——* *——*

女性 会社員 43歳 O型 東京都

過食の始まりは1年前。

その時は2週間に1回程度、多くても週1回。
1回1~2時間程度、食費千円程度。
それが8ヶ月近く続きました。

その時、カウンセリングを受けてピタリと止まりました。
「あ、完治した!」と思ってウキウキ、キラキラしていました。
何でもやる気満々。

ところが、そのカウンセラーと揉め事があり、それを機会に再発。
再発の時は週に1回、1~2時間程度、食費千円程度。

再発2ヵ月後には週に2回になり、再発3ヶ月目には2日に1回になり、とうとう毎日になりました。
特に最後の1ヶ月で加速しました。
その3ヶ月の間に地震があり、それに関連して精神的にショックなことも続いたのがよりマグマにスイッチを入れたんだと思います。

とてもハイペースな経年増加です。
自分でもビックリしました。

今思うと「完治幻想」だったんだと思います。
だけどカウンセラーに「治った」と言われ、本当にその通り止ったので疑うこともありませんでした。
なのに、そのカウンセラーによりまた再発。
信じるものもなくなり、過食は増えて、うつ状態になり、お風呂も入れず・・・。

最後には1日2回、3時間、食費1.5千円~2千円。
もう口に食べ物を運ぶことしか考えられない。
近くのコンビニをはしごして、家に帰るまで待てなくて歩きながらお菓子を食べる。
そして吐いてスッキリした・・・と思ったら、また過食と嘔吐。

あっという間に手には吐きダコが出来ました。
段々と吐くコツを覚える一方、吐けなくなってもきたので、もっともっと手を突っ込んで益々吐きダコが出来る。
唾液腺も腫れました。
これは全部1ヶ月間の出来事です。

元々、節約生活をしていたのに、どんどん生活は厳しくなり、水道光熱費も払えず、親からお金をもらったりしたけど、それも使っちゃって。
でも、親には理由は話せませんでした。

一時の快感が狂わせた7年間

女性 公務員 30歳 高知県
7年前、5年間付き合った彼氏と別れたことをきっかけに、仕事のストレスも相まって、夜中にお菓子を食べるようになりました。
食べている時は満腹感が得られるので気持ち良く、嫌なことが忘れられました。
その後、歯止めがきかなくなり、味もわからずパン(多い時で1斤や1袋)、米(3合)、ピザ(2枚)、ラーメン(インスタント3杯)、スナック菓子(2袋)、アイス(1箱)等々…とにかく何でも食べ、吐き続けました。
2日や3日、冷蔵庫や戸棚に食材を置いておくことがなくなり、買ってきたものはその日のうちに全て食べ、吐きました。
県外に旅行へ行き、職場や家族に買ってきたおみあげのお菓子すらも夜中にあけて全部食べました。
運転中も口寂しくて危険なのに食べながら運転しました。
唯一過食が出ない、誰かと一緒の食事でも、その後一人になった時、倍以上食べました。
吐く前は、胃が下腹部よりかなり膨れて突出し、破裂するかと思うくらい苦しくなって、見た目でわかる異様な体型を見ながら、トイレで吐きます。
初めの頃は、お腹を押して少しだけ吐いていましたが、そのうち左手を喉に突っ込み、胃の中にある食材が全て出るまで吐きました。
その回の過食で最初の方に食べた食材が口から出るまで吐き続けました。
食べている時の何も考えずにいれる『気持ち良さ』と、吐いた後の『爽快感』を覚えました。
トイレは何回も詰まらせ、業者にも来てもらいました。
吐けない時だけ下剤を飲んで、自分を落ち着けさせていたのに、いつのまにか毎日下剤を飲んで精神を安定させていました。
太りたくない、不安な気持ちを押さえたい…そんな気持ちでした。
下剤は次の日に影響が出るので、職場で何度もトイレを往復し、仕事に影響も出ました。
7年経った今、左手甲に吐きダコがくっきりあります。
こうして徐々に『異常』に慣れていきました。

過食症じゃなかったら、どんな人生

過食症じゃなかったら、自分の人生はどうなっていただろうと
考えたことはありませんか。

失った友人、恋人、夢、時間

過去は取り戻すことはできませんが
過食症を回復させていけば、幸せな未来がきっとあるはずです。

*——* *——* *——* *——* *——* *——*

女性 主婦 42歳 AB型 東京都
18歳の時大好きだった人に「お前食べ過ぎたときに吐かないの?だから太るんだよ」と言われてから24年も続いた過食症。

20歳前後の頃、唇の端はいつも赤くて、ひどいときは切れて腫れ、手には一目で分かる吐きダコがあった。
胃の調子もいつも悪くて胃薬ばかり飲んでお酒を飲めばすぐに倒れてしまうような体調。

友達と約束しても歯医者さんを予約しても、吐いて動けなくなるとキャンセルしてしまう。
既に体も心もボロボロだった。

そんな生活だったのに、彼ができた。
彼は私の事をとても大事にしてくれたけど私が過食症のことを告白してから関係が変わってしまった。

会って最初の挨拶や電話の一言目が「今日は大丈夫?過食何回した?」になって、恋人というより先生と患者みたいな関係。
でも親身になって一生懸命治そうとしてくれた。

私も頑張って1週間、2週間と止められることもあったけど、また元に戻ってしまう。
お前がガマンするなら俺もと、自分も禁煙してくれてた彼だけど、私が失敗すると不機嫌になるようになっていった。

そして私も責められるのが嫌で嘘をつくようになり・・・次第に彼の心は離れて「もう信用できない」と別れを切り出された。
過食症になってこれが私が初めて失った形のある大切なものだった。

大事な彼を失い、私の過食は更に悪化してしまい、うつ病のようになってしまった私が得た結論は、「もう過食症のことは誰にも言わない」ということ。
それから何人もの人と付き合ったけど、過食の事は内緒にしていた。

彼の家に泊まると彼がお風呂に入ってるときに隠れて吐く。
なかなかお風呂に入ってくれないと吐けないからイライラして喧嘩になる。

お前が泊まった後は下水が匂うとか言われて、ばれたかも・・と余計イライラし逆切れする。
そんな付き合い方だから誰とも長続きしないですぐに別れてしまう。

一体どれだけの出会いを無駄にし、どれだけ人の心を踏みにじったかわからない。

旦那を紹介され結婚した。
私は専業主婦で旦那は真面目に一生懸命働いてくれる。

でも隠れて過食は続いた。
つい3日前まで休むことなく毎日続いた。

旦那が稼いでくれるお金を私は過食のための食べ物にかえてしまう。
お金を捨てているのと同じこと・・・いつも罪悪感でいっぱいで、だからせめていつも明るく家事を一生懸命やらなくちゃと思う。

体がつらくても熱を出しても体調が悪くても一生懸命やってしまう・・今度は歯止めが効かないのだ。
吐かなくても済むようにジョギングや色々な運動をしても同じ。

とにかくやりすぎてしまい、それで体をこわしたり怪我をしてしまったり。
丁度いいというさじ加減が何事にもわからなくなっている。

夢もあったけど、こんな体じゃできっこない。

吐きすぎて血圧が下がり体温も下がり、関節も弱くなり、歯も沢山失った。
歯は子供の頃から弱くて磨いても磨いても虫歯ができるような歯質だったから人より大事にしなきゃいけなかったのに、吐き続けたせいで殆ど駄目になって・・とうとう入れ歯を使わなくちゃいけない。

婦人科系の手術をした後、術後の回復が人よりはるかに遅い。
傷の治りも悪く沢山の薬に副作用が出てしまう。

栄養とってないから内臓が弱ってしまったらしい。

見た目も。丸顔でずっと若く見えると言われていたけど、この3年くらいでごまかしが効かなくなった。
どんどん老けていく。

失ったもの、山ほどありすぎて書ききれない。
体の若さも強さも大事な人も時間もお金も・・・・。

過食症じゃなかったら、どんな人生だったんだろうと悲しくなったり自分を責めてしまったりする。
でも、もうここに来たから、済んだこと、失ったものは振り返らずこれからの楽しい未来をイメージしていきたいと思う。

こうして思い出して書き連ねる作業はつらかったけど、改めて治そうという気持ちが強くなりました。
最後まで読んでくださった方ありがとう

過食嘔吐の体と心への悪影響

女性 主婦 24歳 千葉県

過食嘔吐の症状がでると

*精神的に
沢山食べて吐きたいという気持ちと、もう止めたいという気持ちが葛藤しイライラ。
イライラが溜まると歯止めがきかなくなる。
終わった後自己嫌悪に陥り、うつ状態になる。

*身体的に
右手を喉に、左手を胃に押し付けているため右手には吐きだこが出来る。
胃の辺りに痣が出来る。
爪が喉にあたり喉から血が出る。
口を大きく開け続けるため唇の端が切れる。
胃液で歯が溶け、虫歯になりやすくなった。
吐ききると手足が冷たくなりめまいがする
貧血状態になりひどいときは立っていられなくなる。
耳の下辺りに丸いしこりのようなものが出来る。
生理不順になり、私の場合は2週間に1度くらい不正出血があった。
基礎体温をとってもバラバラでいつ排卵しているのかわからない。

過食症は食べて吐く…と言うだけでなく色々な部分で体に悪影響が出てくる。
ただ太りたくない・ダイエットしたい、ストレスを吐き出したいという気持ちだけでこんなにも体をダメにしてしまった事にすごく後悔している。
心身ともに、健康的な状態を目指したい!

他人に言えないダイエット

太らない手段にと安易に始めた嘔吐。

その異常さに気がついた時には、
自分ではどうしようもない状態になっている人が多いのです。

(以下相談者の体験談です。)
*——* *——* *——* *——* *——* *——*
女性 学生 20歳 茨城県

3年前、高校生の時にダイエットのために始めた嘔吐。
止めようと思えば簡単に止められたし、病気だなんてこれっぽっちも思いませんでした。
お金もかからない、我慢もしなくていい手軽なダイエットを発見できた自分に誇らしささえ感じているほどでした。

でも私は気づけませんでした。
「どうやって痩せたの?」と聞く友人に話すことのできないこの“ダイエット”の異常さに。

始めは普通食嘔吐でした。
それも2ヶ月~3ヶ月に1度症状は出て、夕ご飯後1回1週間程で止められるものでした。

それがだんだん嘔吐する頻度は増し、ダイエットの他にストレス発散のための手段にもなりました。

そして食欲がどんどん増していきました。
食べている間は無心になることができたので、ひたすら食べました。
お腹が痛くなるくらい食べると次にくるのが自己嫌悪、罪悪感。
吐きたい衝動にかられ、涙を流しながら便器に向かって吐きました。
辛いはずなのに、嘔吐することで安心感に包まれました。

胃の中に何もなくなるとどうなるか??…
またどうしようもない食欲が沸いて来るのです。理性で抑えようとしてもどうにもなりません。
どんなに辛くても苦しくても手と口が勝手に動いてしまうのです。

自分が病気だと自覚した頃にはだいぶひどかったです。
手には吐きダコができ、唾液腺は腫れ顔は丸くなり、全身むくみだしました。

友達との飲み会は苦痛で仕方ありませんでした。
みんなが楽しんでる中、いつ・どのタイミングで抜け出してトイレで吐こうかと延々と考えていました。

本当に辛くて苦しくて…
助けを求めたくてもこんなこと誰にも言えない…
自分のことを自分でコントロールできない…
自分は異常な人間だと何回自分を責めたことか…

医師は教えてくれないこと。

女性 会社員 30歳 北海道

1.吐きだこ
吐き方上達して歯にあたらないようにできるようになって、だいぶ薄くなったけど、完全には消えないだろうな。

2.体力的消耗
仕事してて、いっつも疲れてボロボロだった。

3.鬱病
認知症みたくなったり、体がフリーズしたみたいに動かなくなったり、被害妄想、そして二度の入院。

4.イライラ、集中力低下

5.アトピー悪化

6.唾液腺の腫れ

過食のせいだったとずっと気づけなかったものがほとんど。

なんでこういうこと、お医者さんは教えてくれたり検査したりしないんだろう。

もっともっと、みんなが効果的な治療を受けられればいいのにね!
ここに出会えてよかった、みんな、ここで完治しようね!