本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

カテゴリ : 経年増加

生きる喜びは全て食に侵食されていった

女性 主婦 24歳 O型 大阪府

初めて吐いた日を覚えている。
今思えばその時すでに過食はあった。

満たされない心を過食でみたし、家族とも折り合いがあわず喧嘩ばかりで家にも帰らず、ずっと遊びまわして荒れていた。

そんな日の高校2年生のクリスマスに友達の言った一言がきっかけだった。
『なんで食べて飲んでも太らんの?』
『飲んだら気分悪なって自分で指いれて吐くから太らんのちゃう。』
その一言は衝撃的だったけど、いっぱい食べても吐いたらチャラ!
画期的なダイエットに思えた!
最初は痩せの大食いの仲間入りできたみたいで嬉しかった。

親との関係はどんどん悪化。
自分のルックスへのコンプレックスは酷くなるばかり、それと比例するように過食嘔吐も酷くなっていった。
気づけは1日3回過食嘔吐し、体のダルさで高校すら行けなくなった。
留年するでちゃんと学校おいで!
って心配してくれる友達に、だって学校おもんないしダルいもん。
って強気な嘘をつくしかなかった。
心配してくれてるのに申し訳ない気持ちになった。

このころには完璧に過食嘔吐のコントロールを失ってスランプがきて吐けなくなったり、体力的に限界がくるので食べることが怖くなった。
家に帰らないくらい常に友達と一緒だったのに、友達と遊ぶ=外食飲み=過食嘔吐。
吐く場所を気にしバレることが怖くて、友達の誘いを断ることが増えた。
何とか誘いを受けて行こうとするけど、過食嘔吐のダルさ鬱のせいで約束の遅刻ドタキャンが増えた。

大好きな友達から、ホンマ時間約束にルーズと言われるようになった。
辛かった。

友達と遊びに行くこともできなくなると家にいる機会が増えもっと地獄だった。
過食嘔吐に気づきキチガイ扱いされてお前の意思が弱いんやっと責められる日々。
本当にそのとうりだから、これで最後これで最後と思うのに酷くなる過食嘔吐。
毎日食べて吐いて自己嫌悪。

生きている意味はあるのか?
死にたい気持ちでいっぱいだった。
まさに生き地獄。

このころ付き合っていた彼氏が過食嘔吐を受け入れてくれ心がすこし落ち着いた。
その人と結婚し赤ちゃんを産み今は4人家族。

離れて暮らすようになった両親とも今はいい関係。
妊娠中も可愛いざかりの子供の成長も全て過食嘔吐が優先でそんな自分に自己嫌悪の日々の方が多い毎日を送っている。

過食嘔吐になってから大切なものをいっぱい失った。
友達との時間。
楽しい学校生活。
夢。
食べる喜び。
遊ぶ楽しさ。
楽しいはずのマタニティライフ。
子供とのキラキラした時間。
全て食に縛られるようになってしまった。
私の生きる喜びは全て食に侵食されていった。

この世に食べ物がなくなれば食べることも吐くこともないのにって何回も思った。

食に縛られなければやりたいこと、できること、家族で行きたい場所いっぱいあるのに、子供達に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

このまま死ぬまで過食嘔吐と付き合わないといけないのか、諦めていた時にセンターと出会えた。私にとっての希望。

過食嘔吐しても太り始めた

女性 会社員 27歳 O型 埼玉県

この記事も実は過食最中。
吐くことを考えながら書いてる。

14歳から拒食、19歳から過食嘔吐。
何より苦しいのは、22歳から過食嘔吐しても太り始めたこと。
何故か。
それは、過食にかかる時間と量が増えすぎてるから。

若い時はバーって1時間で食べてすぐ吐いてたし、スーパーのトイレとかで吐くことも多々だったからそんなに時間も量もなかった。
でも今は、働いたお金を使ってコンビニをハシゴして買いまくり、家で過食するのだが、お酒も飲むから酔っ払いながらダラダラ20時から夜中の1時位まで食べて、吐く気力無くなり寝ちゃう事も多い。
だからもちろん体重増える。
そして毎朝死にたくなるし、仕事行きたくなる。

経年増加。
体力が無くなるからこそ体重増える。
ストレスでまた過食。
太ってまたパニック起こしてまたアルコールと過食。

そのうち嫌でも死が近くなるのではないかと。
死にたいとか言っといて、結局は怖い。
本当は死にたいんじゃない。

「生きたい」んです。
笑って、好きな人と好きな所行って好きな物食べたい…

食欲を抑える薬を服用したが、頭から食のことは離れないし治らなかった

女性 主婦 22歳 AB型 大阪府

こんにちは。
今日は3回目の相談が終わり5日経過しています。
5日過食嘔吐は止まって身体も気持ちも凄く楽です。

私は七年前のダイエットがキッカケで過食嘔吐がスタートしました。
年々増えて経年増加しました。

一人暮らしをはじめたとき、1日3回くらいに増えたので精神内科に行きました。
食欲を抑える薬を服用しましたが、毎日食のことを考える日々は続き全く治らずまた1人で悩みました。

友達と会っても、親といても、会社でも、彼氏といても、食べては吐きバレないように涙と鼻水を拭いました。

自然と病院にはいかず、自分の意思の弱さを責めて、身体が病気に蝕まれていたころ、この無料電話に出会いました。

今までの過食嘔吐がうそみたいにピタッと止まっています。
ただ今は蓋をしているだけ。
ちゃんと完治させたいです。

これから産まれるかもしれない子供や家族、自分の健康の為に…

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

6年前は1カ月に2.3回だった嘔吐が毎日に

女性 自由業 27歳 A型 新潟県

21歳くらいの時に食べたい物を一ヶ月に2、3回出していた。

それからずっと吐くことはなくて、
25歳の10月から週に2、3回吐くようになった。

26歳の2月頃から毎日過食嘔吐するようになった。
生理も止まった。
吐くことで顔も丸くなって浮腫んで目がいつもより開けにくくて周りにも顔が丸くなったとか目が小さいとか言われるようになった。

26歳10月あたりに吐血
それから12月くらいまで食べること、吐くことが怖かったからしなかった。

27歳1月からまた毎日のように吐くようになった。
そしてこのサイトに繋がりました。

この1年ちょっとで毎日のように過食嘔吐するようになり、普通食も吐くようになりました。
過食嘔吐に拍車がかかったのはその時付き合っていた男性との別れが1番のきっかけだと思う。
寂しさや認められないこと、ぶつけようのない気持ちとかそうゆうの。

あとは食べたら太っちゃう恐怖。
スナックにいる以上、異性に見られるからキレイでいなければならない。
そのストレスが重なって吐くようになった。
本当に初めは少ない回数だったけど、毎日のようになってそれが当たり前になってて。

今はこのサイトに出会って6日間、過食嘔吐してません。
チョコレートとキャラメルが大好きだから食べてしまうけど…
だけどもう辛いのは嫌だし、過食する時間も嘔吐する時間もお金も体力も本当に無駄だと思う。

過食嘔吐に使うんじゃなくて、もっと自分が笑顔でいるために使わないといけないって思ってます。

今過食嘔吐を止めないと、3年後には多分毎日1日に3回は過食嘔吐をしていそう。
仕事も出来なくなるなんていや。

欲しいものはいっぱいあるし、これから登山したりウォーキングしたりやりたいことはいっぱいあるから身体に対して優しくしなくちゃいけない。

このまま過食嘔吐しないようにちょっとずつ前に進んで行きます。

生活が食べ物に支配されている

24歳 A型 北海道

私は摂食障害になってから食べることを幸せだと思う心や仕事を休んでしまうようになってしまいました。

満腹感がないから食べ続けてしまう、食べ過ぎたから吐かなければいけないという考えに支配されています。

気が付けば友達と外食に行っても以前のように楽しく食事をすることができなくなっていました。

最近ではカロリーばかり気になって自分の好きなものを食べることも出来ません。

食べたら止まらない、でも太りたくない、食べた分を吐き出せば大丈夫…という悪循環に日々悩まされています。

母の作ってくれる料理も摂食障害になる前はなにを思って食べていたのか思い出せないです。

そして過食嘔吐の翌日は体調が悪いと仕事を休んで再び過食してしまうこともあります。

少しずつ過食嘔吐によって今までの生活が崩れていることを改めて実感しています。
このまま症状が悪化していくと仕事を辞め、友達と外食はおろか会うこともなくなると思います。
生活が完全に食べ物に支配されて全てのものを失うかもしれません。

摂食障害になって失ってからでは取り返せない、失って後悔する前にしっかりこの病気と向き合って治したいです。

過食嘔吐で顔がむくむから人と会いたくなくなった

女性 学生 21歳 A型 岡山県

私は三年前から過食症です。

習慣的になり週2~3回するようになったのはここ4ヶ月なのですが、
明らかに顔が大きくなり、
お腹だけがぽっこり出るようになりました。

バイトの服が着物なのでお腹が出ると見た目で
すぐに分かってしまい、
好きだったバイトも行くのが嫌になるようになりました。

バイトの前日はなんとか過食しないようにしていたのですが、
してしまった時は下剤を飲んで無理やり
出すようにしていました。

友達と予定を入れても前の日に過食してしまうと
嘔吐したせいで顔がむくみ、またお腹が出ているので、
会うのが怖くて、嫌になりドタキャンするようになりました。

人と関わるのが好きで遊んだり、バイトは接客業
を選んだのに、今では過食してしまうと、
自分に自信が持てなくて、人前に出るのがつらくなったことが、本当につらいです。

子供は泣きもせず笑いもせず自分の過食姿を見てる

女性 主婦 35歳 B型 長野県

過食歴11年目です。

去年出産しました。
子供は一歳一ヶ月です。

妊娠前は不妊治療のストレスで過食。
数ヵ月7キロ太りました。
妊娠してからは、つわりが長引いたこと、体重増加に異常に神経質になったことで過食は疑似停止。
このまま抜け出せたと思いました。

息子を出産後、母乳が出すぎて乳腺炎を繰り返したため、半年間食事制限。
おかゆ、もやし、葉物野菜、鶏肉、、まるで修行僧のような食事をしていました。
それでも乳腺炎になるよりはマシでした。
今思えば、拒食症に近かったかもしれません。

食べると乳腺炎になる=食べるのが怖い。
体重は妊娠前から11キロ落ち、体力もなくなりフラフラ。
子供を抱っこして階段も登れないくらい衰弱していました。
さすがにこれでは育児どころか日常生活に支障をきたすと思い、婦人科で母乳を止める薬をもらい生後半年で段乳しました。

段乳した途端、なんでも食べれる解放感から食欲大爆発。
またしても過食へ。
量も時間もどんどんエスカレートし、子供が泣いているのに食べることを優先してしまう。
全部食べ切らないと子供を抱っこしない。
食べてるところを見られたくないのに、子供の前で過食してしまう。
過食の最中は子供と目を合わせない。
とても辛かったです。

自分が太るとか痩せるとか、そんなことではなく、自分の子供をなぜ一番に考えてあげられないのか。
食べたい欲求はすさまじく、あれを食べよう、と考えるだけでヨダレが出てくる自分、、、、。
恥ずかしい。

過食の最中、子供はじーーっとこっちを見ているようになりました。
泣きもせず、笑いもせず。
サイレントベビーになってしまったのかもしれません。
もう親としてどうしたらいいのか、本当に苦しい。

妊娠や出産という人生の大イベントを経験しようが、過食は治まりません。
そんな簡単じゃないみたいです。

絶対に治します。
この子に精一杯の愛を与えてやりたい。

過食代は1日500円から1万円へ

会社員 34歳 A型 大阪府

12歳から過食嘔吐して22年
初めは普通食で晩御飯だけの一回を週一回嘔吐する程度でした。

それが、毎日晩御飯は食べたら吐くようになり、
吐くんだったら食べたいだけ食べで吐こ。
と思うようになり、その時から過食代を使うようになりました。

金額も小さい時はお金がなかったので1日500円からスタートし今では多い時にでは一日1万いくときもあります

過食回数も嘔吐も、金額もめちゃクチャ増えました。
過食は年月を経るにしたがって、増えるのは間違いないと思います。

過食も一日一回では満足できなくなり、コンビニからコンビニのはしご、その道中もパンをかじりながらコンビニに向かってました。

そしてお腹が張り裂けそうになるまで食べて吐き、でも吐いたらまたコンビニやスーパーに行ってる自分がいます。

一体何が満たされてなくて食べる事に逃げてるんだろう。。。

2年半で過食嘔吐は1日2~4回に増えた

女性 会社員 30歳 A型 東京都

過食嘔吐をし始めてから2年と半年が過ぎました。
先日の電話相談では4段階中の4番目の極度と言われました。
2年半でここまでくると大変だと言われました。
毎日2回~4回などしていて、
習慣みたいになっています。
しない日があった頃が不思議で仕方ないです。

幸せなことに家族の夫だけが理解をしめして応援してくれています。
両親や姉には理解してもらえず、辛いことも言われました。

それにネットでは過食嘔吐をする方をかなりキツく言っており
外に出るのも怖くなることがあります。

過食嘔吐もなく細くきれいで、食に興味がないなど
羨ましく時には妬ましく、どんどん醜い心がでてきて
顔まで醜くなっていくような気がします。

結婚前は過食費が高くつくため、水商売もしてきました。
でも水商売こそが外見を重視し、少しでも太れば太ったねや
ママには痩せなさい、周りのお姉さん方はとても細い。

食べることより美容やブランドや男にしか興味がなく
人生を謳歌している人も少なくなく、辛かったです。

今は夫が支えてくれ、私もできるだけお金をかけないよう
気遣うようになりました。

常に人目を気にして、でもそんな人間が会社でも嘔吐したり
理解できない自分が嫌いです。

病院に入院しても過食嘔吐は止まらなかった

女性 20歳 O型 神奈川県

毎日食事のことを考えて疲れます。

外食も楽しめません。
むしろ不安しかありません。
食べだしたら止まらず、外食してもトイレで吐いたこともあります。

死ぬ夢を見ました。
家族に嘘ばかりついていた為、とても怖かったです。
「いつかこうなると思ってたよ」
と夢で言われました。
死にたくなかったです。
その内容は今でも鮮明に覚えています。
目が覚めて、親を呼んで何時間も号泣しました。

それでも治らず、筋肉がなくなり自分では立ち上がれなくなりました。
首も上がりません。

そこで栄養不足で意識を失い、救急車で運ばれました。
救急病棟後、精神科へ。
閉鎖病棟は窓もなく地獄でした。
体力が少し戻っても自分ではトイレへも行かせてもらえませんでした。
面会は先生付きで10分です。
とてつもなくつらかったです。
二度と入りたくはありません。
開放へ移ると、体重が上がるたびに少しずつ制限が減っていきました。

体重が戻り退院。
今まで我慢していた分が爆発し、過食嘔吐が悪化しました。
再び体はボロボロに。
その時に肺炎にかかり病院へ。
同じ病院へは死んでも行きたくなく、泣きながら訴えて違う病院の内科へ。
そこではたくさんの素敵な患者さん、看護師さんに救われました。

退院後、午後のみの高校へ。
そこで出会った友達のおかげで大分回復しました。
なにを見ても、何をしても笑えなかったのですが自然に笑えるようになりました。しかし、過食嘔吐、食べ物のことをずっと考えてしまうのは治らず。

卒業後、大学へ進学しましたが半年で中退。
行くのがつらかったです。
その後、バイトを2つやり、今は3つ目です。
今のバイトは1年以上続いています。
バイト先で恋人もできました。

その時に一時過食嘔吐は止まりましたが、再び出てきました。
1日1回です。

朝、昼は食べたいものを我慢して少しの量を食べています。
夜に爆発し、過食嘔吐をしています。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。