本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

カテゴリ : 経年増加

1週間に1度嘔吐するくらいから1日3回の過食嘔吐へ

女性 自由業 23歳 大阪府

始まりは高校生の時のダイエットです。
その頃は一週間に1度吐くかくらいでした。
目的はダイエットだから体重が減ると食に対する欲もなかったです。
目標体重達成して食を戻して見る見るうちにリバウンド。
そのころからいつも食の事が頭にありました。
ずっと考えていました。

食に興味がない子が羨ましかった。
そして大学は短大で食物学科でした。
調理実習で他の人のご飯ももらい、トイレで吐きました。
誰にも見つかってないけど、授業中吐いて鼻水と涙が止まらなくてつらかった。
その時は1日1回に増えていました。

それから毎日1日1回くらいのペース。
自分の意思が弱い、毎日辞めよう辞めようと思っても異常な量を食べては吐いてスッキリしました。
どうせ吐くしと思い高カロリーなものばかり食べました。

少し記憶力が悪くなったのは今思うと過食嘔吐のせいなんだ…
ゾッとします。

1年前に一人暮らしを始めました。
それからは1日3回の過食嘔吐に増えました。
食費も1日2千円くらいは使いました。
吐くからお腹が減って普通の量をたべるつもりでも、普通の量を食べると罪悪感が出てきて、どうせ吐くならもっと食べてはけばいい。
そんなことばかり考えていました。

仕事しているときも、友達といるときも、家族といる時も1人の時間も夢の中も、食の事ばかり考えていました。
ずっとイライラして、浮腫みもひどかったです。
当時より体重は10キロ以上増えました。
久しぶりの友達に会うのはどうしても嫌でいつも断ります。

そして、本当にたまたまこの相談電話をネット見つけてから3回目の相談が終わり4日目に入ります。
昨日も過食嘔吐は止まっていました。
たった2日かもしれない。

だけど、こんなに幸せなことはありません。
今は蓋が出来ているだけなのを理解してしっかり治療をしたいです。

本当に食は大切で毎日のこと。
それが当たり前にできるようになりたいです。

過食する為にキッチンにこもり、嘔吐する為にトイレにこもる母親に…

女性 主婦 34歳 O型 神奈川県

現在1歳半になろうとしている娘の子育て真っ最中です。

娘がお腹にいる時から特に臨月を迎える頃に過食嘔吐が酷くなり、産後2カ月頃までは週5日過食嘔吐は当たり前の生活でした。

その頃は勤めていたので今より自分の小遣いも多く、退職後は減るのがわかっていたのもあり、お金があるうちに、自由がきくうちに沢山美味しいもの食べたい!
食べた後の罪悪感が和らぐし、体重も増えずに済むという安易な考えから過食嘔吐が悪化していきました。

娘を抱っこしたまま嘔吐したり、貪り食べているお菓子が娘の頭の上に落ちたり、娘を抱っこ紐から下ろした時に自分の食べたものの食べカスがポロリと落ちるのを見るたび胸が痛くなりました。

何をしているんだろう?
なぜこんなことをしてしまうんだろう?

私の異常行動、異常心理を察してなのか娘は抱っこじゃないと寝てくれません。
未だにです。
いつも私のおっぱいを触っています。
過食する為にキッチンにこもり、嘔吐する為にトイレにこもる母親。
きっとそういった行動の繰り返しが娘を不安にさせている。

赤ちゃんは感じ取っているとはこの事なのかもしれないと思います。

センターに相談するようになり、過食嘔吐の症状が止まっています。改めて娘と全面的に向き合いたいし、もっともっと手をかけてやりたい…
そう思い実行するようになってからは、自分の気持ちも落ち着きますし、娘の為にすべきことが出来ているという自信がついてきました。
毎日娘の笑顔に触れるとたまらなく愛おしく感じます。

今ここで克服できたら、娘の今と未来、笑顔が守れるかもしれない!
そう思います。

母になったのだから、私には責任があります。
自分を認め、好きになる。全てが未来につながっている。

世代間連鎖…
絶対に阻止したいです。

四六時中食べ物が頭を支配している

女性 自由業 29歳 A型 東京都

中学生の頃、身長が伸び始めたと同時に体重が僅かに増え、
バレエの先生に大勢の前で体重を測らされ、みんなに笑われ、食事制限をされました。
野菜、フルーツ…それ以外はほぼ食べてはいけないと。
高校辺りまで続き、先生の仕打ちが耐えきれなくなりバレエを辞めました。

その後、みんなみたいに食べてもいいんだ…というとこから過食が始まっていた気がします。

普通の食事でも、ちょっとしたお菓子でも、食べていいんだ!
という解放感、幸福感、満足感、、、
そのあとに来る激しい罪悪感…
罪悪感が来ると分かっているのに、食べてもいいんだ!
という気持ちを求めてしまい、食べることに異常な意識があった気がします。

また、バレエを諦める代わりに声楽を勉強したら、今度は太れと…

食べていいことに拍車がかかり、好きなだけ食べるという習慣がつきました。

だんだん罪悪感が酷くなり、常に家族、友達、周りの人にいつもだらしない、情けないと思われてる気がして、みんなの前ではダイエットしてるフリをして、1人になって解放されてから食べ続けるようになりました。

先生のいじめ、家庭の問題、友達の病気、彼の浮気、、、
問題が辛くなればなるほど自分が悪い、自分が情けないからと責め続け、過食をしてなんとかまともで正常な自分、頑張り続けてる自分になれるよう突き動かしてきました。
こんなに辛い気持ち、食べたら忘れて頑張らなきゃ、という感じかな…

最近になって、四六時中食べ物が頭を支配してることに気づきました。
成長しなきゃ、頑張らなきゃ…
その容量が越えると、早く何か食べたい、何を食べよう、たくさん食べようか我慢できそうか、何を食べたら満足できる?
楽になれる???
たくさん食べて頭が真っ白になったらリセットしてまた頑張れる、、、と。

食べ続けて食べ過ぎて、気持ち悪いのと頭がクラクラするのとで、その場で寝てしまうこともしょっ中でした。
どこかで、私って異常だな、と思いながらただのやけ食いだと思ってました。

今またバレエダンサーになりたいと1から修行し直していて、本気でこの食生活を改めたいと思いネットを見ていてここにたどり着きました。

とても驚きました。
自分は苦しかったんだと改めて気づきました。

今まで、食べる事でしか逃げ道を作ってあげられなかったんだと思うようにして、今ここにたどり着けたことに感謝し、みなさんと一緒に前進していきたいです。

主旨とずれていたらすみません;;

過食して子供を抱っこしたまま吐くのは常になっていた

女性 主婦 34歳 O型 神奈川県

妊娠前は過食嘔吐の頻度はそれほど多くなく、時々食べ過ぎたなと感じると嘔吐する位の症状でした。

妊娠し、9ヶ月を迎えるまでは悪阻が酷く入院するほどの状態でしたし、立ち仕事が影響しお腹の張りから切迫早産にもなりましたので過食嘔吐の影は全くちらつきませんでした。
この頃までは自分が過食嘔吐だという自覚さえもなかったので、症状が出ていないことに喜びも何もありませんでした。
しかし、悪阻で痩せてしまってからなかなか体重が増えなかったせいもあり医師から体重が増えていないのはワタシがダイエットをしているせいじゃないのか?
もっと増えないと子供が低体重で生まれると脅かされ、怖くなり、言われた日の夕方から苦しいのに無理矢理食べるようになりました。
ここが過食嘔吐が再発し、頻度も大幅にアップするきっかけになったのでは?
と思っています。

あっという間にに二週間で2キロ増え、それでも見た目に太くなった感じも無かったのと、ちょうど悪阻が一旦落ち着いた時期とも重なり食べ物がとにかく美味しく、産後はゆっくり好きなものを食べられなくなるし…などという思いもあり、好きなものを好きなだけ食べるようになりました。
いつも食べることばかり考えていました。

そのうち、体重はそれ程急激に増えませんでしたが、明らかに見た目に太ってきたのもわかり、今度は産後太りを気にし始めました。
更に奇しくも後期悪阻が始まり、食べたい欲と気持ち悪く吐きたい欲、痩せたい欲の3つが重なってしまいました。

そこからはあっと言う間に過食嘔吐の回数が増え、赤ちゃんのために良いものを食べたい反面、ジャンクフードばかり食べたくなり家族の目を盗んでは過食嘔吐を繰り返すようになりました。
臨月になり、出産が近づくにつれ過食嘔吐の自覚が芽生えるようになりました。
その時は出産して育児をするようになれば自然と食欲も収まるだろうとしか思っていませんでした。

臨月の頃には毎日体重計にのり、過食嘔吐すると体重が増えず、むしろ減ることに安心するようになりました。
そのせいで産後の体重は産前からプラス7㎏。ホッとしていました。

しかし現実は甘くなく…
出産直前から産後二週間までは体の方が辛かった為また一時的に収まった過食嘔吐でしたが、突然物凄く食べたい!
それに折角増加を抑えられたのだから早く元の体重に戻したい!
そう強く思うようになり食欲と吐きたい欲が異常爆発…

そこからは、主人が仕事に行くとコンビニへ行き、新生児の娘を抱っこしたまま苦しくなるまで食べ続け、寝たのを見計らってベッドに寝かせてから思い切り吐く…
抱っこしたままでないと寝ない娘でしたので、なんとかしてベッドで寝るまで粘りながら過食嘔吐。
寝たと思いトイレに駆け込むと泣き声がし、慌てて戻る。
しまいには抱っこして出かけ、出先で美味しいものをたくさん食べてはそのトイレに駆け込み過食嘔吐。
子供を抱っこしたまま吐くのは常になり、大きくなるにつれ抱っこしたまま吐くことに更に罪悪感を感じるようになり、出先では過食嘔吐しなくなる代わり、自宅での過食嘔吐。
遊びに夢中になっている隙にトイレに駆け込むようになりました。

あともう少しで寝てくれるかな?
起きちゃうかな?
寝てて…起きないで…

幸い娘に当たる事はありませんが、心の中でイライラしていたので娘には伝わってしまっているかと思うと怖いですし申し訳ないと思います。

ある頃からむくみがとても気になるようになり、また体重が減るどころか増えるようになりました。
怖くなりネットで調べていくうちに、自分が過食嘔吐を患っていることに気づき、むくみも、太るのも、なんとなく唾液腺のあたりが腫れた感じがするのも過食嘔吐のせいだと知りショックを受けました。

更にこちらのサイトに出会い、世代間連鎖や過食嘔吐が摂食障害であり、心の病、難病である事にも気づき、放っておいたところで治るものではないのだと知りました。

ずっと相談を迷っていましたが、悩みが深くなり、自分自身では解決できないだろう、家族に知られてしまう前に治したい。
そう思い思い切って相談させて頂き現在です。

まだ相談は3回ですが、擬似停止とはいえ過食嘔吐は一気に少なくなりました。
娘の今と将来を思い、過食嘔吐を克服したいと思います。

そのためにできることは何でもしようと心に誓い頑張っています。
娘のために笑顔の素敵なママになりたいです。

寂しさは食べ物で埋めても埋めても埋まらない

女性 会社員 39歳 O型 福岡県

私がこの病気になって19年が経ちます。
最初は拒食症からはじまりました。
それから2~3年して過食嘔吐がはじまりました。

一年一年、過食量、時間増加して身体が悲鳴をあげているのに、どうにかしたいのに、止まらない過食嘔吐…
すがる思いで電話相談に連絡をしました。

過食症、自分の知らなかった病気の真実が沢山ありました。
改めて自分の病気について危機感を感じています。

ずっとずっと寂しかった…ちゃんと愛されたいといつも思っていました。
心の穴は食べ物では埋めても埋めても埋まらない。

自分を愛する事がその穴を埋める事、自分の心を助ける事が出来るのは自分だけだと思います。
ここに相談してその一歩が踏み出せたように思います。

本気でこの病気と闘って勝ちたいと、10年後に笑っていたいと思います。

1日1~2回(週に2~3回)普通食を嘔吐から1日2~最大1日中(週7回)過食嘔吐へ

女性 自由業 30歳 O型 岐阜県

始めの頃→1日1~2回(週に2~3回)普通食を嘔吐。

相談前→1日2~最大1日中(週7回)具体的に言うと多い時では、菓子パンをいくつか食べてから店に入って大盛りざる蕎麦と大盛ネギトロ丼と天ぷら盛り合わせ!とかです。

始めはお腹の不快感で吐いてしまっていたのが、どんどん、食べても食べても足りなくなっていきました。
始めの頃は、吐く度に体調も気持ち的にも辛くてしばらく動けなかったと思うのだけど、最近では何度も吐いて辛いのに
「さぁ次は何食べよう?」
と妙にテンションが上がっていたりもしました。

吐く前提で食べる、という感じです。

精神科に行っても良くならない過食嘔吐は発症して21年目

会社員 35歳 A型 神奈川県

幼い頃から高校まで家族との思い出では悲しく苦しいものがほとんどで、人と比べるとあまりに幼少期の記憶に乏しく自分で驚きました。
悲しい記憶は心の奥底で眠っているのでしょうか。
唯一嬉しかったのが、幼い私がこたつの上に乗り、父と母が笑顔で掃除機をかけている記憶です。

今は亡き父に肩車をしてもらっている写真を見るのも好きでした。

中学2~3年からダイエットで過食嘔吐が始まり、母には
「汚い」
「あほ食いするな」
「あんたが入った風呂は汚い」
等々罵倒されますます孤独になりました。

勉強がままならず専門学校を一浪しました。
過食嘔吐しながらの専門学校は非常に過酷で、涙を流し取り組みましたが留年し同級生とは一緒に卒業できませんでした。

就職してからは更に毎日涙・涙。
どこの精神科に行っても良くならない。

もし母が摂食障害を理解して、スプーンひとさじずつお粥を口に入れてくれたら良くなるかなあ…と妄想して涙して。
自分がうつ病なのか発達障害なのかなんなのか、生きてて意味があるのか葛藤し、自暴自棄になり、金のためならどんなバイトでもいくつも掛け持ちし、いつ死んでもいいと自分を粗末に扱っていました。
血が出るまで吐いてました。
今は、天から授かった命をこんなに乱暴にしてきて申し訳ない気持ちです。

発症して21年…情けないと自分を責めた年月もありましたが、家族ができた今は過去にとらわれたままではいられません。
トラウマを理由に現実から逃げず、これからの人生が笑顔いっぱいになるように一歩一歩進みます。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。

1ヶ月に数回だった過食嘔吐が1日1回~2回へ

女性 自営業 38歳 A型 福岡県

私の過食嘔吐の始まりは19歳の頃
付き合っていた男性によく見られたくて
沢山食べ過ぎた時だけ吐くという行為を1ヶ月に数回。
吐くという行為がとてもキツかった。

その後22歳になる頃は、仕事のストレスや経済的なストレスから
過食嘔吐を毎日1回~2回繰り返すようになる。

その時は吐く行為がキツくなくなり、
すんなり食べたものを吐き出すやり方を覚えていた。
しかし、
顔中ブツブツ、肌あれ、浮腫みがすごく顔がパンパン。
肩こり頭痛の日々を過ごす。

27歳
新しい仕事を始めたこと、色々とプライベートで整理できたこともあり
過食嘔吐は一週間に2~3回に減る。

32歳頃
体調崩して入院したり結婚を機に
過食嘔吐は1年ぐらいほぼ治っていた気がします。

その後現在に至るまで、過食嘔吐を週に2~3回に
繰り返す人生を繰り返してる。
考え方を変えることで前向きな人生を
過ごす努力をしていますが
慢性の酷い冷え性
肌あれ
慢性便秘
浮腫み
感情の浮き沈み
無気力
身体の疲れ
集中力低下
物忘れ

こんな症状と付き合っています。

過食嘔吐は2~3ヶ月で7倍に増加

女性 会社員 34歳 A型 兵庫県

再相談を受けたとき、一度擬似停止していた過食嘔吐は、1週間に2~3日、1日2回程に増えていました。
1回にかける時間は1時間ほどで、主に菓子パンを沢山食べて吐いています。
スーパーで割引きになったパンを見つけては買わずにはいられませんでいた。
なので1日2000円程を過食のために費やしています。

以前の増え方だと2~3ヶ月で7倍になっていたので、今回も経年増加していくと症状は毎日起こり1日14回程症状がでると思います。
考えただけで恐ろしい数字です。

14回ということは起きている間中ずっと食べ物を貪り吐き続けているということです。
仕事もできるはずがありません。
家に引きこもり、食に取り憑かれた姿となっているでしょう。
合併症の不整脈により突然死しているかもしれません。

過食衝動を止めるため病者としての行動を取っていこうと再度感じました。
今度はコントロール幻想に打ち勝ちたいと思います。

過食衝動のせいで身体も心もボロボロ、生き地獄

会社員 26歳 AB型 大阪府

過食衝動が出始めてから2年経ちますが、本当に生き地獄のようです。
見た目の醜さはもちろん、です。

色んなものを失いましたし、色んなチャンスもたくさん逃してきたと思います。
大切な友人、恋人、家族でさえも、こんな私を好きになってくれるわけがない。
笑われる、嫌われる、それが恐くて恐くて仕方ありません。
だからできるだけ会わないでいいように、たくさん嘘をつきました。

どうしてこんなに平気で嘘をつけるんだろうって、悩みました。
本当は会いたいし話したいし、楽しい事もいっぱいしたのに。
嫌われるのが嫌だから、傍にいてくれなくなるのが嫌だからついた嘘なのに、結局付き合いが無くなって皆いなくなります。

大好きだったオシャレもしたくなくなりました。
今まで持ってた洋服を着ても、醜い体のラインがでてしまうものばかり。
新しく大きいサイズの洋服を買う気にもならず、いつも同じ服を着まわしています。
唯一自慢だったオシャレ好きな自分も失ってしまって、何の楽しみもありません。

一人暮らしのぎりぎりで生活しているにも関わらず、過食費用でどれだけのお金を使ったのかを考えるとぞっとします。
貯金もありません。
借金もしました。
これだけのお金をかけていても、得るものは絶望感、罪悪感、虚無感。
そして醜い自分。
色んな負の感情に押しつぶされそうになるだけ。
こんなものが欲しくて、頑張って毎日働いてるんじゃないのに。

全部全部わかってるのに、繰り返してしまう自分。
どんな工夫をしても、どんなきっかけを作っても、繰り返してしまいます。
そんな自分に絶望して、消えてしまいたいと思った事は数え切れないくらいあります。
今もできる事ならと、思ってしまいます。

昔は毎日が楽しかったです。

あの頃に戻りたい、あの頃を取り戻したい。
幸せに楽しく生きていきたいです。