本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

カテゴリ : 40代

家族も巻き込む摂食障害

女性 会社員 46歳 O型 神奈川県

過食症になったのは、およそ16年程前の30歳の時?ハッキリいつからとはあまり覚えてないです。
小学生の頃は暗くてあまり喋る事も出来ず、いじめられていました。
短大は出たけど学力も無く、特技や資格も無いし、これといって将来の目標も無くて自分に自信が持てず、仕事に行っても毎日同じことの繰り返ししで、ただ何となく生きているだけでした。

20代の時に彼氏ができてダイエットに興味を持ち、食事制限したり運動したら痩せることができました。
周りからは「痩せたね」とか、「キレイになったね」と言われるようになり、生まれて初めて自信が持てるようになりました。
結婚したのは29歳の時で、夫と二人で暮らしてもダイエットしてはリバウンドの繰り返しで、年々痩せるのが難しくなってきました。
リバウンドする時も段々食べる量が増え、スーパーからお菓子を沢山買い置きして暇さえあるといつも食べていました。この時はまだ過食症という感じではなかったのですが、ある時炊いてあったお釜いっぱいのご飯を貪り食べたのです。その後胃がムカムカして吐き気が止まらなかったので病院に行きました。先生から「暴食した?」と聞かれ、ドキッとしてつい、「いいえ」と答えてしまいました。
今思えば、あれが過食症の始まりだったのかもしれません。

色々あって5年後に離婚し実家に戻りました。
36歳の時に外国人と再婚しました。夫との2人暮らしは、そこでもやはりダイエットしながら過食していました。
夫は優しく、夫の分のパンやお昼のお弁当のために作ったおかずを食べてもあまり怒りませんでした。そんな夫に甘えていたのでしょう。過食して気分が落ち込むと、何か注意されてイライラして喧嘩になってしまうのです。そんな生活が7年間続き、夫が私に見兼ねてついに別居を言い渡されてしまいました。

そしてまた実家に戻り、ショックと寂しさから、母の目を盗んではお菓子やおかず、パンなどを母の分まで食べていました。母はパン教室を開いていて、パン作りに使う材料としてクルミやアーモンド、チョコチップがあるのですが、食べるものが無くなると、材料にまで手を出し初めて無くなるまで食べてしまうのです。

パン教室で使う材料が無い、とひどく怒られました。いつも申し訳ない気持ち、後悔、母に対する後ろめたさがあるのに、過食には歯止めが効かず、太っていく一方でストレスになり、夜も眠れませんでした。そして夜中の2時、3時頃起きて家中の食べ物を貪り食べるようになり、母に気付かれて起きてしまうのではないかとビクビクしていました。

それからは、ある程度台所で食べてから、自分の部屋に持ち込んで食べるようになりました。
布団の上で隠れるようにコソコソと、およそ普通の人が食べるとは思えないようなものを。
パンの材料の業務用の餡子1kg、アーモンドプードル、胡麻やレーズンなど全て袋ごと、あるいは冷凍したパンをそのままかじったり。
そんな私を見て母はとても悲しそうでした。

過食の頻度は3日に一度程度でしたが、翌日は胃もたれがひどく、むくみで顔がパンパンに膨れ上がり、だるくてとにかく辛い。かといって会社を休むわけにはいかず、辛い身体を引きずって会社に行く日がしばしばありました。このまま太るのは嫌で、一日一食にしたり、何日か断食したこともありました。
自分の中では「痩せてる人でなきゃいけない、少しでも太ったら会社にも行かれない」という思い込みがあり、過食しては断食の繰り返しでした。

一番過食がひどかったのは今から4年前、断食の反動でほぼ毎日会社帰りに外食してお腹いっぱいにも関わらず、お店を3、4件はしごして苦しくなるまで食べ続けていました。
貯金も全く出来ませんでした。
心療内科に行きましたが、あまり効果がありませんでした。
カウンセリングを受けて、先生に過食出来ない環境作りを教えてもらい、母に協力してもらって食べ物を隠したり、台所のドアに鍵を付けたり、台所へ行かれないように塀を作った時には、半年程過食が治まっていました。
三食食べるようにして、それからは以前程ひどくはないが、また過食するようにはなっていきました。

今年の4月に離婚し、マンションを購入して一人暮らしを始めました。お菓子は本当は大好きだけれども一切買わず、食事も作り置きはしません。今は家には調理しないと食べられない材料が少しあるだけです。それでも土日や平日の夜中に起きて電子レンジで加熱して食べてしまいます。

人生の半分以上を過食症で。

女性 会社員 40歳 O型 埼玉県

過食症になって、22年経ちました。
数字にして表すと、人生の半分は過食に苦しみ続けてきたことに気づき、愕然としています。

心療内科などを受診しようと思ったこともありますが、自分の意思が強ければ治せる、人より少し大食いなだけかもしれないと、病気とは認めたくない自分がいました。
もともと人づきあいが苦手で、友達も少ない私でしたが、過食の症状がひどくなるのに比例して、ますます人と接するのが嫌になりました。イライラすることが増え、当時付き合っていた彼に当たり散らし、最終的には振られてしまいました。とても理解のある、優しい彼だったのに、ひどいことをしてしまいました。

また、私は長時間ダラダラと過食してしまうので、何か趣味を楽しんだりすることがありませんでした。
食べることが何よりも好きで、それを超えるほどの趣味があるとは思えませんでした。
休みの日は前日の夜から過食して、翌朝後悔するのに、その夜にはまた過食して、自己嫌悪に陥る…。この繰り返しです。
私の場合は過食のみなので、みるみるうちに太り、周りの人に太ったと言われるのが本当に辛かったです。

思えば、過食症発症のきっかけは、軽い気持ちで始めたダイエットだったと思います。
その時は絶食に近い状態だったので、かなり体重を落とせました。でも、すぐにリバウンドしました。

それから、あらゆるダイエットに挑戦しては失敗し、過食症もひどくなっていったように思います。
今までエステに二回通い、総額100万近くは使いました。
でも結局リバウンドしてるので、このお金はすべてムダになりました。

そして現在、一番症状がひどかった22年前の自分に戻りつつあります。健康診断では腎機能の低下と、高コレステロールが判明し、何としても過食症を完治させたいと思っています。もう、大切な人やお金、時間を失いたくありません。

発症して28年。子供にも気になる兆候が

女性 会社員 44歳 A型 東京都

はじめて過食嘔吐したのは16歳の時だったと思います。
食べることが大好きだったわたしは、よくお小遣いでおやつを買って全部使ってしまうことも。。

子供時代から人間関係が苦手でいつも悩みが尽きなかったので、甘いものを食べることで自分を慰めていました。
ある時食べ過ぎてしまって、胃が苦しくなった時に吐いてしまえば気持ち悪いのが治るかも・・・という軽い気持ちで吐きました。
それからは時々気晴らしに嘔吐するようになりました。

たまにトイレを長時間使用することが難しそうな場合は、お風呂で吐いたこともあります。
マンションの排水管清掃の後、母に「うちが一番汚れていた、と業者さんに言われたよ!」と言われたので、母も知っていたのかもしれません。

過食嘔吐がピタッと止まる時があります。
それは真剣な恋愛をした時です。
アドレナリンがでるのか、その時は食べなくても平気になりました。
結婚後も一度好きな人ができ、不倫関係になってしまいました。
このときは、主人より、子供より、食べることより、夢中になってしまい、破局を迎えてからあっという間に12キロ太りました。

ダイエットも何度も何度も試しては失敗しています。
いったい いくら使ったのか・・・。
高校生の頃からサプリメントを飲んだり、マイクロダイエット、耳つぼ、精神科への通院、カウンセリング、スポーツジム、ダイエット講座、エステ・・・。
全てある程度結果が出てくると途中で「今日だけ食べて吐こう。そしてまた明日から頑張ろう」と思って一気に過食。
そしてコントロールできるはずもなく、また毎日過食嘔吐の日々でした。

どうして自分はこんなに意思が弱いんだろう、最後までやりきれない自分はダメだ・・・と、ダイエットを繰り返すたびに失敗するのでどんどん自分の評価を下げています。
もともと自己肯定感が低かったのに、さらに低くなっていきました。

今は、思春期の子供たちへの対応で苦労しています。
高校生の子供は、毎日のように体調が悪い、と言っています。
学校は休むわけではないので、本当に具合が悪いのかはわかりません。
万引きしていることもわかりました。
表向き進学校に通っていて、明るく人間関係も良好な子です。
中学生の子供は、何に対してもやる気がなく、世の中を斜めから見ているようなところがあり、まったく前向きなところがありません。

わたしは本当の子供のことをわかっていなかったのです。
わたしのせいでこんな子供たちに育ってしまったのか、と後悔でいっぱいです。
小さなころもっとかまってあげればよかった、向き合えばよかった、と本気で思います。

今から間に合うかはわかりませんが、努力して信頼を取り戻したいです。

もう自分を下げることはやめたい。
自分の心も体も大切にしたい。
そういう気持ちです。

家族の協力があっても、隙間を見つけて出てくる過食衝動。

女性 会社員 46歳 O型 神奈川県

以前、母が過食出来ないように色々と協力してくれました。
すぐに食べられるお菓子やパンを箱に入れて毎晩母の寝室に置いたり、台所のドアに鍵を付けたり、台所に行くまでの通路に突っ張り棒を何本も張って行けなくしたり。毎日毎日寝る前に箱に詰めたり突っ張り棒を張る作業を行っていました。
半年間続き、その間は過食が嘘のようにピタリと止まっていました。

もちろん台所には行かれないし、食べるものにも手が出せないという安心感もありますが、一番の理由は、母が協力してくれたことが嬉しかったからだと思います。
母の「助けてやりたい」という気持ちが伝わり、勇気が出て、前向きな気持ちになれました。
その時自分は、「もう大丈夫。過食は治ったんだ。」とか「これからも毎日これを続けていけば過食しなくて済む」と思い込んでいました。

ところが半年を過ぎた頃、治ったと思っていた過食症が再発したのです。
お正月実家に姉夫婦が来た時のことです。
おせち、その他のおかず、お菓子など久しぶりに見る色とりどりのご馳走が並べられ、それを食べている時何かが音を立てて崩れ始めました。頭の中で「こんなに美味しいのすごく久しぶり!たまにだから、今日ぐらいいいか。」という思いがよぎりました。

姉達がいる前では皆と同じくらいの量しか食べませんでした。
夜中は台所に鍵を掛け、突っ張り棒も張って過食はしなかったのですが、朝は母が太極拳に行く為その間に冷蔵庫を開けてお正月料理の残り物を物色していました。ちょっとぐらいならいいかなと、お皿に少し乗せて食べてしまいました。

そして美味しくて2つ、3つ・・・と止められなくなり、全部食べたらマズいので残ったお菓子にも手を出し始めてしまいました。そろそろ母が太極拳から帰って来る頃なので、お菓子は部屋に持って行って食べました。

お正月休みの期間と土日の休みの朝は、母のいない間に食べてしまうということが続きました。
治ったと思っていたのにどうして?!とショックで目の前が真っ暗になりました。

半年間過食が止まっていた時は、根本から治っていたわけではなく、過食の元となるエネルギーがまだある状態にも関わらず、過食のスイッチが一時的にOFFになっているだけでした。

そして過食が治ったんだという思い込みをし、このまま自力で止められるという大きな勘違いをしていました。
根本が治っていなかった為に、お正月で気が大きくなり、再発を免れなかったのです。
その後はもう治す手立てを失いどうすることもできず、半ば諦めていました。もう過食症を治すことは出来ないんだ・・・と。

無関心、無感情・・・『こころ』を失う過食症

女性 主婦 49歳 A型 神奈川県

合併症、色々出てます。
経過年数による身体の不調や原因不明のあらゆる症状。
起き上がれないほどの激しい頭痛や止まらない下痢。
いずれもあらゆる検査を受けたが結果は異常なし。

嘔吐による虫歯と口の中の荒れ。
歯は入れ歯になり口内は常にヒリヒリとしたやけど状態。

足の爪も変色し裸足になれない。
皮膚もがさがさ、色も悪く張りがない。まるで老人のような身体。

体力も他人には気付かれないよう元気に振る舞う分反動で帰宅後グッタリ。
でも家事をやらなければいけないので酷使してるから家族には常に不機嫌。当たる。

たまにくるふらつきや気が遠くなるような症状。
胸が焼けるように痛く締め付けられる症状。
価値観の歪み。自分でも分かっているが歪んでます。

何事にも興味がなくなってしまったこと、楽しみがなくなってしまったこと、関心が持てない、好き嫌いがフラットになってしまったこと。
精神的には廃人のよう。

感情が無。
無関心無感情。

筋肉の衰え、軟骨の減少からくる身体の痛み。全て合併症だと思います。分かってます。自分でも分かってます。医師は首を傾げますが自分が一番分かってます。

常に「痩せたい願望」と「過食衝動」に支配される

女性 自由業 41歳 A型 東京都

拒食で痩せた状態から、内面はそんなに変わっていない。食べたくないといつも思えていると極端なデブにはならないだろうとたかをくくっている。ところが、安心して住める環境がなく、対人不安や鬱による収入不安定があり、就職の際にはそれを隠さないと前に進めないので無理やり空元気を装う。そういう時は食べてしまい、太れば未来が消えると思っているので吐いていた。ルーティンが安定し出すと鬱や苛々などが浮上してジャンクを食べる習慣。体調が悪くなり行きたくもないのに、食べて醜くなって働き続けるストレスまで加わり、限界が爆発して理由をつけ退社。食べない拒食になりデートで食べて不安に。失恋や就活になると過食衝動の嵐。ダイエットばかり考えてるので、ダイエットすら考えられなくなる時は過食衝動に飲まれているということです。

体重や食べ物に振り回され、絶望を生きる毎日

女性 自由業 41歳 A型 東京都

毎日毎日、デブになりたくない。デブは醜い。
どんなに何を装っても本性は結局だらしない。雑。適当。汚い。臭い。嫌だ嫌だ。自分にも人にもそう感じる。見たくない。近寄りたくもない。こんな状態でいる自分が我慢できない。許せない。本来の姿になりたい。痩せたい。綺麗な時に戻りたい。
そうやってずっとムチを打ち続け、吐いて、辛い下剤を飲んで、痩せて。
でも、自然体には戻れない。自然に健やかな元気で明るい美人にはなれない。チヤホヤしてくる人は見た目が好きだから来てるだけだとつまらなく思っているので話は決まり切った展開だけ。勇敢で健全な人には何話してイイか判らない。そのままコミュニケーションが判らない不完全な大人になってしまった。
家を建て貯金して子育てしている安定した穏やかな家族が別世界の人達の様だ。毎日ダイエットできないのを焦り食べ物我慢しているので、失恋や環境の変化が怖い。ストレスを感じた瞬間食べずにはいられないだろうから。
友達や人と食べると食べた気がしないから、一人でいる。さみしい時は、食べ物とダイエットを考えたら吹っ飛んでしまうので安心だ。そうなると人といることすらもストレスになっていった。食べないで生きていけることばかり考えてそういう本を読む。食べ物にとらわれてるから自然になんて続かない。絶望を生きる。常に絶望の潜む毎日。

過食症によって希望を失い、「普通」から遠ざかる人生になった

女性 自由業 41歳 A型 東京都

拒食症・過食症の怖さ、大変さ、辛さを経験した人はそのすべてを詳しく書いてください。
とあるが、あまりに長い暴露話で、本がかけそうだったので途中で断念した。
やめたくても止められない。もうダメなんだというもがくだけの繰り返し。蟻地獄。食い散らかしてブヨブヨと醜い姿で生き続けて行く。これが何より嫌なこと。

悲しくて辛いのは、2年前から私はすでに、様々な希望が目の前にあっても幻想だと思ってしまい、自分から壊していく癖がつきつつある、ということ。
結局どう真面目に生きても惨めな人生に戻るんだと思ってしまう。人の為に尽くして働き、思いやり、わがままを堪えても搾取され奴隷にされ、死ねと言われ、殴り焼かれて虐げられ、辱められ、それを隠してきた16年の惨めな人生から解放してくれた食べない世界に行った挙句が続かず、こうして貪るクソ豚に戻される。普通の幸せそうな人達の世界から遥か彼方に遠ざかる。いや、とうの昔に遠ざかっている。

治さなければどれだけ大変な人生を送ることになるか。将来の不安。
ダイエットなんか明日でいい。今日は我慢しても無理だ。明日から…明日から…と繰り返し、ダメなら死ねばいい。ずっとずっとずっとずっとそう思っているのに。実は死ねないと知る頃には、歯は無くなり、お金もなくなり、肌もくすみ、体はむくみ、髪は薄くなり、目はクマがあり、雰囲気は陰気で、反応も変で、姿勢も悪く、病気だらけで、行く場所も帰る場所もなくさまよい、いつもブラブラしてるかんじの、ゴミになる。
それを意識したく無いので現実逃避して虚ろな視点。

過食が引き起こす多くの合併症

女性 主婦 49歳 B型 大阪府

去年の12月に過食症を発症してから体とこころの不調(合併症)も出ています。

まず体の方は、
・過食で胃がもたれて苦しく、しんどくなる。
・ゲップが頻繁に出る。
・血液検査で肝機能の数値が異常に高くなっていた。
・時々背中(肝臓のあたり?)に痛みが出てくる。
・歯の痛み。
など。

こころの方は、
・抑うつ状態
・過食が気になって人に会いたくない。
・外にあまり出たくない。
・やる気がでない。
・ご飯を作るのが億劫。
・とにかく過食症のことで不安になる。
・落ち着かない。物事を楽しめない。
など。

過食症になってから、心身ともかなりの負担が出ています。
過食による合併症はもっとたくさんあると思いますが
私の現状を書いてみました。

過食が止められず糖尿病に

女性 主婦 47歳 O型 千葉県

今までダイエットをしてきて、婦人科内科の先生に境界型糖尿病と言われていて、痩せたら治る!今、爆弾を抱えてるんだよ。と言われました。
両親も糖尿病だったので、この病気の恐ろしさは痛いほどわかっていました。
でも、分かってはいたけど、食べることはどうしても止められなかった。

それで、不妊症ということもあり、痩せないと出来ないよ!不正出血も太ってるせいもあるかも!と言われました。
赤ちゃんが欲しくて欲しくて…
それでまたダイエットを頑張って18キロ痩せました。
糖尿の数値もよくなり、体重、糖尿の数値も安定していましたが、
なかなか赤ちゃんができない焦り、治療によってお金がドンドンなくなっていく、 薬によって、太っていく…

それで、また食べ始めてしまい、いつもの過食へ…
そして、とうとう、内科の医師から「糖尿病ですね。」と病名が確定されました。
自分でも、やっぱりな、と思いました。
両親が糖尿病という遺伝もあるかもしれないけど、結局は過食が原因だと思う。
分かっていても、過食をやめられない。

医者から「糖尿になりますよ、このままじゃ!」と言われても過食を止められない。
やめられないどころか、量がドンドン増えていく。
辛かった。

過食症を治して、糖尿病をやっつけたい!
糖尿病はもう、一度なってしまうと治らない病気です。
一生付き合っていかないといけない病気です。
視力と同じで、暗いところで本を読んでたらまた視力が落ちるのと同じで、元には戻らないけど、
過食をしたら数値が悪くなる、と気を付けながらやってくしかないですね。

まずは、何よりも過食症を治さないと先には進めない。