本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

カテゴリ : 30代

毎日の過食嘔吐で全ての歯が無くなり、総入れ歯、インプラントに。

女性 主婦 34歳 O型 長野県

私は17歳で過食嘔吐を発症し34歳の今まで17年間毎日過食嘔吐をし続けています。

止めたのは17年間の間で一週間のみです。

17歳から27歳くらいにかけては一日10回以上の過食嘔吐も当たり前でした。

その結果、今歯は全てなくなり、総入れ歯、インプラントを入れています。親にも誰にも言えていません。

過食嘔吐が酷かったときは頭に栄養がいかないせいか、うつ病にもなり、学校の勉強も疎かになり、進学も諦めました。

腎右炎や膀胱炎にもなり、今は逆流性食道炎をわずらっています。背中が原因不明で痒くて痒くてたまらないこともありましたが、こちらのブログを読み、それも過食嘔吐からきていることを知りました。
今までの病気の全ての原因が過食嘔吐だと知り驚いています。

いつか止めなくてはと思いながらも、なかなか止められませんでした。まさか、自分がこんなに長い間し続けるとは思ってもいませんでした。

過食嘔吐に酷いときは1ヶ月に30万以上使ったこともあります。
今まで過食嘔吐に使ったお金があれば、何が出来ただろうと思います。

長年続けているせいか、徐々に体に色々な症状が出始めました。
この相談センターのおかげで、過食嘔吐が難病であることも知りました。

いつかではなくて、今、このセンターに巡りあえた事をきっかけになんとかして過食嘔吐を止めたいです。

たとえ病気になっても太らなければいいと思っていた

女性 会社員 38歳 AB型 東京都

19歳~21歳 拒食 体重20キロ台になる
このままでは死んでしまうかもと思い病院受診をした 食べることを始めると今度は止まらなくなりリバウンド 仕事をかわるなど忙ししているうちに症状は落ち着いて体型についても諦めもあり気にならなくなっていった

24歳 付き合っていただき人から痩せろと言われ 拒食再発
チューイングと痩せ薬を乱用し10キロ減量した 結婚してからも体型について言われ続け 食べではいけない 悪いことだと思うようになった 体重は少しずつ増えていた 結婚5年で離婚 相手から離婚の申し出があった
痩せた体でいられなかったことが原因だと思った 離婚してからも太らないようにチューイングと下剤乱用を続けるていた
固形のものは食べずアルコールや水分でごまかして たまに過食嘔吐をしていた
生活環境が変わり忙しくなると前ほど体型が気にならなくなり症状は少なくなったが
太らない食べ方を考えて基本あまり食べないように気をつけて病気になってでも太らなければいいと思っていた

19歳の頃の状況に比べると良くはなったけど 食べることには罪悪感があり ひとりになるとチューイングや過食嘔吐をする生活になった
太るくらいならこのままでもいいと思っていた
痩せて周りに心配されても自分が良ければそれで良かった
人の話を聞かないようになっていった
自分のルールの中でしか生活できなくなってしまっていた
センターに相談する前までこんなことの繰り返しです

摂食障害による体への影響

女性 主婦 33歳 A型

摂食障害になって色々困ったことはありましたが、それを簡単に箇条書きにしますと
・身体が動かない、何も出来ない
・身体的な病気になる
・約束が出来なくなる、苦手になる
・普通の一人前では満足できなくなる
・ほどほどの食事が出来なくなる
・家族と同じ食事が出来なくなる
・人が出来ていることが出来ないことに劣等感を感じる
・同じく過去の自分への劣等感を感じる
・焦りと落ち込みの無限ループ(悪化の螺旋状)
・痩せていた時の人に会えない

などのことです。
多分この病気の方に共通したことだと自覚しています。
中でも10年以上になると精神的症状より肉体的症状の方が辛くなってきました。
身体的な病気は、私は糖尿にはなってはいませんが食物アレルギーになりました。
バケツの水が溢れるように特定の物を食べ続けているとなることがあるみたいです。

それに対して自分がどうなりたいのかというと

・食べても寝込まない身体
・普通の量を普通に食べて満足が出来るようになる
・家族と同じ食事をとることが出来るようになる

どうしても目先の体型の事を考えてしまうこともあるのですが、
最終的に考えるとこの3つかな、と。
一生生きている限りこの病気と付き合わなければならないかなと思っていましたが、頑張って治せるように努力したいと思っています。

過食をしない普通の人間になりたいです

女性 主婦 34歳 B型 東京都

私のこの病気の始まりは、今から10年前の23歳の時でした。
社会人になって、アパレル業界に勤め、体のラインを気にするようになったのがダイエットの始まりでした。

性格の問題なのか、決めたことをキチンとやらないと気が済まない事もあり、夕食を抜き、毎日体重計に乗り、半身浴をする事でみるみる痩せて行くことができました、周りからも「綺麗になったね、痩せたね、羨ましい」などと言われ、その言葉にとても喜びました、もっと痩せたいと思うようになり、当時52キロあった体重は42キロまで落ちました、

勿論生理も止まってしまいましたが、当時の私は生理が来なくても痩せていたい気持ちに支配されていました。
しかし、42キロからは落とす事が出来ず、食べたいものを我慢してるのに、痩せれないストレス、1日1時間ぐらいの半身浴をしても何故痩せれないのかと、どんどんストレスが増え、それが過食につながりました、過食でプラスになった分、翌日は絶食にし、半身浴は2時間、3時間と増やし体重をキープすることが多くなりました。

過食してる時は食べる幸せで満たされますが、その後、後悔と自己嫌悪が襲ってきます、増えてしまった分を落とす為に、泣きながら半身浴をしていた事もありました。過食をして膨らんだお腹を自分で殴るよぅな事もありました。食べたいのに、太りたくないという矛盾の太る恐怖がありました。

その内に、過食が頻度が増え、体重キープをするのが身心ともに難しくなり、太った自分を受け入れたくない気持ち、周りに太った自分を見られたくない気持ちが頭を支配し、仕事を辞め、引きこもりました。過食が抑えきれず、一日中食べている生活になってしまったので、体重は一気に増えました。

その後、家族の支えもあり、なんとか社会復帰ができました、
しかし、社会人にもどると体型が気になり、ダイエットをしよう言う気持ちになりました。
ただ、引きこもりになった時と同じではなく、無理なくウォーキングと食事制限をしようとやり方をかえました。
しかし、夕食は抜き、朝と夜に1時間のウォーキングを毎日取り入れ1日のカロリーは大体800前後と言うものでした。
このダイエットを今まで続けて来ましたが、前回と同様、我慢しているぶん休みの日に過食をして、その後5時間~8時間ウォーキングをすると言う生活になってしまいました。休みの日の予定は過食して歩くと言う体が悲鳴をあげるよぅな休日です。
最近、結婚をする事が出来ました、私を選んでくれた旦那様の為にもこんな生活から抜け出したいです。

旦那様の為に夕食を作るのに、自分は食べれずウォーキングをする、そのため疲れてしまって夫婦の時間を満足に旦那様に作ってあげれていません。夕食は太るからと、旦那様の友人のお誘いもお断りをしたり、親戚付き合いも私は行かなかったり、参加したら過食を止められない、その後に後悔、自己嫌悪がくるからと、本当は参加したいのに我慢しなければならないこの生活に疲れています。
みんなで普通に食事を楽しめる、普通の人間になりたいです。

人でも、趣味でも、仕事でもない。過食だけが一番早い心の落ち着かせ方だった。

女性 会社員 35歳 A型 海外

私自身、過食が先か負の感情が先かわからないのですが
この2つはどちらも常に付いて回っています。どちらかだけという事は20年一度もないです。

寂しさや、辛さ、悲しさ、悔しさ、情けなさの負の感情が発生した場合(と言っても基本的に生きている限りこういった負の感情であるストレスは常にあると思いますが)
過食です、過食しか埋めてくれるものはありません。
人でもない、趣味でもない、仕事でもない、何もないんです。

過食だけが誰も傷つけず、一番簡単で一番早い心の落ち着かせ方です。だけど、過食し終わった後にくる自責の念、死んでしまいたい、消えてしまいたい程の後悔。これによって更に鬱状態などの精神状態が悪化します。

食べ物でしか埋められない情けない自分、消えたい、生きてる意味があるのか
これでODが何度かあり 病院のICUに入院しました、3回目になった時 またこの患者か、というような対応をされました。

過食を無理やり抑えようとすると、ストレスのはけ口や感情のはけ口がないので
リストカットに走りました。おかげで腕は傷だらけ、日本では周りが空気を読んでそっとしてくれましたが、海外に出てからは必ず傷の理由を聞かれます、仕事を始めても傷跡を隠してと上司に言われ、ありのままの自分を否定された気がしました、両思いになった男性でさえ 手の傷跡が怖いと言われました。

私の生きた証なのに、世間はそんな目で見るんだなと思いました、手は人から見えるのでそれからは足を切るようになりました、でも夏にスカートなどを履くと聞かれます。
とにかく過食をするとホッとする反面、精神状態が悪くなっていきます。
今は一番ひどかった時よりは心が落ち着いたので冷静に振り返る事ができますが、精神を病むと本当に怖いです。あの時の自分はどうかしていたと思います。周りからしたら本当に気が狂ってると思われていたと思います。

過食と心は密接してるので、同じように辛い思いをしてる人には勇気を出して治療を受けてほしいなと思います。
合併症と思われるほどの大きな病気にはまだなっていませんが、このままでは体はボロボロになり 取り返しのつかない病気になるのではないかと不安で仕方ありません。

すべてを失う過食症

女性 無職 35歳 B型 東京都

過食症、
大切な友達を失う
丈夫な歯を失う
万引き、窃盗をするようになる。
職場を失う。
青春、人生の節目にあたるお祝い事ができずに過ぎていく。
自信、希望、前向きな姿勢、信頼すべてを失う。
嫌なこと、失ったものがあまりにも多すぎて喪失感しか感じられない。それでも過食おう吐はいなくならない。
なんで、どうしてだろう。
ただ私は普通に生きたかっただけなのに。普通にご飯を食べて普通に仕事して、普通に楽しいことをして、普通に人と接することがしたいと思っていたのに。
ただただ悲しい。

一度無くなった歯は2度と戻らない。

女性 主婦 36歳 A型 大阪府

発症してからとにかく歯がボロボロになった。
1日何度も吐き続けた歯は、発症前の笑顔で映っていた自分の写真と見比べると形も大きさも全く違っていた。
歯が小さくなるだけで、昔と顔が変わって見えた。もちろん顔もむくんでパンパンのせいもあるだろう。

写真で歯を見せて笑わなくなった。
吐き続けて溶けてしまった自分の歯は2度と戻らない。

自分よりも子供への影響が心配で。

女性 主婦 34歳 A型

摂食障害になって…もう19年目で、どこか自分の一部という感覚もあって。例えば「世の中完璧な人なんかいない、自分のマイナスな部分の1つに摂食障害がある」くらいに考えていました。
それは、幸い打ち明けた友人や恋人が皆肯定的に捉えて親身になって考えてくれた事や、私自身がカウンセラーになる為に自分にずっと向き合って生きてきて、止まる時期も多くあったからかもしれません。

治したいと本気で思った事も何度かあったとは思うけれど、私の人生にとってそこはそんなに重要ではないという感覚でした。この病を抱えて生きていこうという覚悟みたいなものが逆にありましたね。

その考えが変わったのが妊娠・出産。
自分より大切な存在ができた事で、自分の為には本気で治す気になれなかった摂食障害を本気で治さなければならないという気になりました。「いつ死んでもいいや」くらいで生きていたけど、「自分にこの子から親を奪う権利は無い」と感じた時に元気で居なければならない義務感を強く感じました。

妊娠・出産期も一時的なストップだったんだと思います。毎日幸せな気持ちで、自分の過去にも素直に向き合え素直に泣けて、心に澱が溜まっていない、そんな感覚が強かったです。
お腹の子どもを失わない為に、もちろん食べ吐きはほとんどしませんでしたし、胎盤を伝って栄養を吸収する子どもの事を思って、元々料理が好きなのもあるので栄養士さん顔負けくらいの食事を日々心がけていました。

子どもが産まれてからも、授乳があるので食べる物にはとても気を遣っていました。
おっぱいが出なくなって、ずっと我慢していたお酒を飲み始めてから過食嘔吐がかなりのペースで出るようになり、最近では頻度も増えて自分でもちょっと怖くなっています。

「歯止めが効かない」今はこの感覚がとても強いです。そのせいで自信をなくしたり、不安になる事が増えました。
1番思うのは、そんな自分を娘に見せたくないという事です。

私は摂食障害になってから今まで失ってきたものに対しては自己責任だし仕方がないと思っています。完璧に生きていける人なんて居ないんだし。

ただ、これから先の人生で摂食障害によって何かを失うのは嫌だと強く思うようになりました。それは私自身が失うのではなく、娘が未来を失うという事だから。。。

19年で1番、調子乗らないで本気で頑張ります!!

若い時は、痩せたいから治したかった。年を重ねた今は違う。

女性 会社員 35歳 A型 海外

浮腫みは常にあり、血流が悪く、血流が悪いという事は体の全てに影響がでます。
短期間で大幅に、増減する体重のせいで腰痛。痩せるために極端な食事制限をするとピルを飲んでいるにもかかわらず生理が止まります、原因不明の不正出血、婦人科の病気にもかかるリスクがあがります。

また下剤乱用のせいで 自然排便ができなくなりました、いつか大腸ガンなどになるかもしれません。夜中に無意識で過食をした後は歯磨きは当然していないので、歯は虫歯が出来やすく黄ばみやすい。いつも体がだるく動くことがしんどいです。糖尿病にもなるんじゃないかなど、若い時はとにかく痩せたい、だから過食を治したいというのが一番でしたが、年を重ねるにつれてこのままだと病気の危険性がある という更にストレスの原因が増えてしまいました。

早く過食から抜け出したいです。もうこれで終わりにしたい、この先の人生は過食なしで生きていきたい。
そのために今やれる事をやれる範囲で頑張るしかないです。

過食嘔吐の治療

女性 無職 35歳 B型 東京都

大学病院(2ヵ所)心療内科にて通院治療及び入院治療
精神病院閉鎖病棟にて過食おう吐を無理矢理止める治療
内観療法
催眠療法
カウンセラーによる心理療法
精神病院にてデイナイトケアー
心療内科クリニック通院
一般病院心療内科通院
自助グループ参加
カウンセラーによるサイコセラピー

これでも過食おう吐は治りませんでした。情けないです。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。