本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

タグ : 普通食嘔吐

体重や食べ物に振り回され、絶望を生きる毎日

女性 自由業 41歳 A型 東京都

毎日毎日、デブになりたくない。デブは醜い。
どんなに何を装っても本性は結局だらしない。雑。適当。汚い。臭い。嫌だ嫌だ。自分にも人にもそう感じる。見たくない。近寄りたくもない。こんな状態でいる自分が我慢できない。許せない。本来の姿になりたい。痩せたい。綺麗な時に戻りたい。
そうやってずっとムチを打ち続け、吐いて、辛い下剤を飲んで、痩せて。
でも、自然体には戻れない。自然に健やかな元気で明るい美人にはなれない。チヤホヤしてくる人は見た目が好きだから来てるだけだとつまらなく思っているので話は決まり切った展開だけ。勇敢で健全な人には何話してイイか判らない。そのままコミュニケーションが判らない不完全な大人になってしまった。
家を建て貯金して子育てしている安定した穏やかな家族が別世界の人達の様だ。毎日ダイエットできないのを焦り食べ物我慢しているので、失恋や環境の変化が怖い。ストレスを感じた瞬間食べずにはいられないだろうから。
友達や人と食べると食べた気がしないから、一人でいる。さみしい時は、食べ物とダイエットを考えたら吹っ飛んでしまうので安心だ。そうなると人といることすらもストレスになっていった。食べないで生きていけることばかり考えてそういう本を読む。食べ物にとらわれてるから自然になんて続かない。絶望を生きる。常に絶望の潜む毎日。

過食症によって希望を失い、「普通」から遠ざかる人生になった

女性 自由業 41歳 A型 東京都

拒食症・過食症の怖さ、大変さ、辛さを経験した人はそのすべてを詳しく書いてください。
とあるが、あまりに長い暴露話で、本がかけそうだったので途中で断念した。
やめたくても止められない。もうダメなんだというもがくだけの繰り返し。蟻地獄。食い散らかしてブヨブヨと醜い姿で生き続けて行く。これが何より嫌なこと。

悲しくて辛いのは、2年前から私はすでに、様々な希望が目の前にあっても幻想だと思ってしまい、自分から壊していく癖がつきつつある、ということ。
結局どう真面目に生きても惨めな人生に戻るんだと思ってしまう。人の為に尽くして働き、思いやり、わがままを堪えても搾取され奴隷にされ、死ねと言われ、殴り焼かれて虐げられ、辱められ、それを隠してきた16年の惨めな人生から解放してくれた食べない世界に行った挙句が続かず、こうして貪るクソ豚に戻される。普通の幸せそうな人達の世界から遥か彼方に遠ざかる。いや、とうの昔に遠ざかっている。

治さなければどれだけ大変な人生を送ることになるか。将来の不安。
ダイエットなんか明日でいい。今日は我慢しても無理だ。明日から…明日から…と繰り返し、ダメなら死ねばいい。ずっとずっとずっとずっとそう思っているのに。実は死ねないと知る頃には、歯は無くなり、お金もなくなり、肌もくすみ、体はむくみ、髪は薄くなり、目はクマがあり、雰囲気は陰気で、反応も変で、姿勢も悪く、病気だらけで、行く場所も帰る場所もなくさまよい、いつもブラブラしてるかんじの、ゴミになる。
それを意識したく無いので現実逃避して虚ろな視点。

43年間の過食嘔吐、人の人生も奪ってしまった

女性 無職 62歳 A型 東京都

18歳から過食嘔吐になった。最初は、食べても痩せられる!と、喜んで自分から意識してやっていたが、止めようとしても止められなくなっていた。

家の事情で結婚、一男をもうけた。
しかし、酒と食べ吐きで毎日が地獄の日々が続いた。
妊娠中は、飲まなかったし吐かなかったのを思い出し、再度の妊娠を計画し、すがる思いで病院に薬を注射する為に毎日通った。
薬代は高く生活は大変だった。
しかし、もう過食嘔吐はしたくなかった。10ヶ月でもいい、過食嘔吐を止めたかった。
考えてみれば冷めた夫婦間で、妊娠なんて出来る訳がなかった。
私の酒と食べ吐きに、耐えきれなくなった夫は、借金を残して蒸発した。

私24歳子供と2人の生活が始まったが、このころから、考え方がおかしくなっていった。
子供への虐待が始まった。
酒や食べ吐きと同様に、虐待も止めようとしたが、止められなかった。
子供を殺さないだけ良かった。
酒と食べ物を買うお金をどんな事をしても作ろうとして、危ない事もやった。
酒を飲んで、食べ吐きして、子供を虐待する15年余りつづいた。
子供が大きくなり、家を出てからが大変だった。
酷い酒と嘔吐の毎日が続いた。
立つことも出来ないぐらいに、吐きまくった。
食べて吐かずにいられなかった。
そのうちに、吐く為に食べるようになった。
頭は狂っていった。
善悪もつかなくなった。
酒は、止まる事が出来たが食べ吐きは止まらず入退院も繰り返したが、食べ吐きはどうすることも出来なかった。
そして、地獄の43年が経ち嘔吐が止まって1年経った。
よく今まで生きていたと思う。
私人生は、酒と食べ吐きに始まり、青春、育児、結婚生活、などお金で買えないものを失った。
子供は、今どこでどうしているのか分からない。
酒と食べ吐きの為に自分の物を失うのはいいが、人(夫、子供)の人生を奪った事は、立派な罪になると思う。

私には、生きて行くのに、過食嘔吐が必要だったのかもしれない…
それを手放す時、新しい生き方が出来ると思う。