本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

カテゴリ : 40代

ただ普通の生活が欲しいだけ

女性 自由業 41歳 O型 埼玉県

体重が増え続けることに落ち込んでしまい、無気力になった
痩せればうそのように心も軽くなって活動的になれるのに、体重増加の事実を知った瞬間から活動スイッチがOFFになってしまう やせ願望が無ければただの大食いで笑って入られたのに…

やせたいのに食べたい願望に思考をハイジャックされ続けてもうかれこれ20年以上。
休日ゆっくり家にいたり、掃除したり衣類を片付けたり、それすら出来なくなった。
別にすごいことをしたいわけじゃない ただ普通 の衣食住が欲しい。

過食症で失くしたもの、、お金、時間、何よりも自分自身。

女性 主婦 45歳 B型 滋賀県

摂食障害になって、、、、私は、どうだっただろう

どんな思いをしてきただろう

何を失くし、何を得てきただろう

今ある私の状況。私の周りには嫌いな人はいない。

私を責めてる人もいない。(私が摂食障害であり、借金をしてまで、過食嘔吐をしていることを打ち明けていない家族以外)

でも、家族以外は、所詮他人でもあり、密に関わることはない分、責めることはないだろう

私が摂食障害になって、得たものは、今の関わっている人でもある

でも、失くしたもの、、お金、時間、何よりも自分自身。

食べ物に振り回され、自分の感情、思い、行動を思うようには出来なかった

公衆トイレに、食べ物を持ち込んで、過食嘔吐していた時は物凄く情けなくて、悲しかった

嘔吐出来る公衆トイレをチェックする自分が嫌で、悲しかった

夫や子達が心を込めて作ってくれた料理さえも辛かった

友達の為、家族の為にと思って焼いたケーキやスイーツも過食嘔吐に消えてしまったことも辛かった

もともと、美味しく食べることが大好きなのに、料理も、好きなのに、過食嘔吐のために

作ってる料理が悲しかった

もう、、、金輪際終わりにしたい

衝動に振り回される生活は、終わりにしたい

繋がりたい人、やってみたいこと、たくさんある

たくさんある

その為に、時間も、お金も、自分の労力も使いたい

何よりも、自分を大切にしたい

そう思います

自分の中に、治す力は備わっているはず

もう、自分で、自分を壊したくないです。

明日は止めようと毎晩何度誓って眠りについたか…ずっとこんな事の繰り返しです。

女性 主婦 49歳 A型 神奈川県

摂食障害になって早30年近くなります。長い付き合いです。
その間鬱も煩い何度自暴自棄になり死を考えたか…
鬱の症状は無くなりましたが相変わらず過食嘔吐は止まりません。
この状態を続けていったら人生の半分以上を過食に費やして終わることになってしまうでしょう。
難病とはつゆ知らず只の自分への甘えと意思の弱さから抜け出せないと思ってました。
明日は止めようと毎晩何度誓って眠りについたか…ずっとこんな事の繰り返しです。
最近ではその気持ちも次第に麻痺してきて儀式の如くなくてはならない日常の一部になってしまいました。
家族をも巻き込んで自分の居場所を自分から無くしてます。
注ぎ込んだお金も何千万円ともなるでしょうに。
家が一件買えてしまう金額です。
夢は有りました。今も有ります。夢の実現の為にどうしても決別しなくては…皆の幸せの為にも。
現実から目を反らさず向き合う勇気が今の私の課題です。
失敗しても負けません。
何度でも挑戦してきちんと私を受け止めてみたいと思います。