本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

カテゴリ : 30代

過食嘔吐と精神的な辛さで何度も死のうと思った

女性 会社員 36歳 A型 東京都

摂食障害になって22年目です。
私は小さい頃からずっといろいろな場面でいじめられ続けてきました。

母方の家系的に太りやすく、小さい頃太めで、姉からチビ、デブ、ブスといつも言われ続け、言われる度に泣いていました。それをみた母親が私と姉を怒り、その後、さらに姉が私をいじめる、その繰り返しでした。小学校でも、中学校でも同級生からいじめられ、中学2年生から過食嘔吐が始まりました。高校でもいじめられました。過食嘔吐は止まらず、体重は54キロから42キロくらいまで落ちました。

大学に進学し、一人暮らしを始めたころから酷くなりました。一番ひどかったのは大学卒業後くらいです。
就職難で就活が上手くいかず、バイトをして暮らしていましたが、現実を受け入れられずストレスがすごかった気がします。
毎日のように、何度も食べては吐くの繰り返しでした。
それから一時期、実家に戻って少し過食嘔吐が止まった時期がありました。少し回復したと思っていました。
でも、仕事が決まりまた一人暮らしを始めると、過食嘔吐が増えました。止まりません。

大学卒業後よりは少ないけど、我慢が全然できません。
歯がボロボロになり、肌もくすみ、かみも抜け、お金もほとんど食べ物に費やして無駄なことばかりしてしまうと自分を責め続け、何度も死のうと思いました。泣いてばかりでした。
仕事は忙しいし、嫌がらせもたくさんあるし、何でこんなことばかり起こるのか、生まれたことを恨みました。どこかいつも孤独で辛かった。
それでも、死ねませんでした。生きたいし、幸せになりたいと思いました。
悲惨な人生だけど、絶対に回復してやり直したい。相談を続けて行きたいです。

毎日の過食嘔吐で全ての歯が無くなり、総入れ歯、インプラントに。

女性 主婦 34歳 O型 長野県

私は17歳で過食嘔吐を発症し34歳の今まで17年間毎日過食嘔吐をし続けています。

止めたのは17年間の間で一週間のみです。

17歳から27歳くらいにかけては一日10回以上の過食嘔吐も当たり前でした。

その結果、今歯は全てなくなり、総入れ歯、インプラントを入れています。親にも誰にも言えていません。

過食嘔吐が酷かったときは頭に栄養がいかないせいか、うつ病にもなり、学校の勉強も疎かになり、進学も諦めました。

腎右炎や膀胱炎にもなり、今は逆流性食道炎をわずらっています。背中が原因不明で痒くて痒くてたまらないこともありましたが、こちらのブログを読み、それも過食嘔吐からきていることを知りました。
今までの病気の全ての原因が過食嘔吐だと知り驚いています。

いつか止めなくてはと思いながらも、なかなか止められませんでした。まさか、自分がこんなに長い間し続けるとは思ってもいませんでした。

過食嘔吐に酷いときは1ヶ月に30万以上使ったこともあります。
今まで過食嘔吐に使ったお金があれば、何が出来ただろうと思います。

長年続けているせいか、徐々に体に色々な症状が出始めました。
この相談センターのおかげで、過食嘔吐が難病であることも知りました。

いつかではなくて、今、このセンターに巡りあえた事をきっかけになんとかして過食嘔吐を止めたいです。

たとえ病気になっても太らなければいいと思っていた

女性 会社員 38歳 AB型 東京都

19歳~21歳 拒食 体重20キロ台になる
このままでは死んでしまうかもと思い病院受診をした 食べることを始めると今度は止まらなくなりリバウンド 仕事をかわるなど忙ししているうちに症状は落ち着いて体型についても諦めもあり気にならなくなっていった

24歳 付き合っていただき人から痩せろと言われ 拒食再発
チューイングと痩せ薬を乱用し10キロ減量した 結婚してからも体型について言われ続け 食べではいけない 悪いことだと思うようになった 体重は少しずつ増えていた 結婚5年で離婚 相手から離婚の申し出があった
痩せた体でいられなかったことが原因だと思った 離婚してからも太らないようにチューイングと下剤乱用を続けるていた
固形のものは食べずアルコールや水分でごまかして たまに過食嘔吐をしていた
生活環境が変わり忙しくなると前ほど体型が気にならなくなり症状は少なくなったが
太らない食べ方を考えて基本あまり食べないように気をつけて病気になってでも太らなければいいと思っていた

19歳の頃の状況に比べると良くはなったけど 食べることには罪悪感があり ひとりになるとチューイングや過食嘔吐をする生活になった
太るくらいならこのままでもいいと思っていた
痩せて周りに心配されても自分が良ければそれで良かった
人の話を聞かないようになっていった
自分のルールの中でしか生活できなくなってしまっていた
センターに相談する前までこんなことの繰り返しです