本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

体重や食べ物に振り回され、絶望を生きる毎日

女性 自由業 41歳 A型 東京都

毎日毎日、デブになりたくない。デブは醜い。
どんなに何を装っても本性は結局だらしない。雑。適当。汚い。臭い。嫌だ嫌だ。自分にも人にもそう感じる。見たくない。近寄りたくもない。こんな状態でいる自分が我慢できない。許せない。本来の姿になりたい。痩せたい。綺麗な時に戻りたい。
そうやってずっとムチを打ち続け、吐いて、辛い下剤を飲んで、痩せて。
でも、自然体には戻れない。自然に健やかな元気で明るい美人にはなれない。チヤホヤしてくる人は見た目が好きだから来てるだけだとつまらなく思っているので話は決まり切った展開だけ。勇敢で健全な人には何話してイイか判らない。そのままコミュニケーションが判らない不完全な大人になってしまった。
家を建て貯金して子育てしている安定した穏やかな家族が別世界の人達の様だ。毎日ダイエットできないのを焦り食べ物我慢しているので、失恋や環境の変化が怖い。ストレスを感じた瞬間食べずにはいられないだろうから。
友達や人と食べると食べた気がしないから、一人でいる。さみしい時は、食べ物とダイエットを考えたら吹っ飛んでしまうので安心だ。そうなると人といることすらもストレスになっていった。食べないで生きていけることばかり考えてそういう本を読む。食べ物にとらわれてるから自然になんて続かない。絶望を生きる。常に絶望の潜む毎日。