本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

体重や食事に支配される出産・育児

女性 主婦 32歳 A型 東京都

私は15歳の時に過食症(嘔吐なし、下剤乱用)になり17年目です。
1ヶ月半前(7月末)に出産しました。
過食症での妊娠、出産、育児について書き込みます。

まず、妊娠が分かった時、単純に嬉しい気持ちと別に不安がありました。
病院で体重増加は7キロから10キロくらいと言われ、やせ願望が異常に強い私は今から7キロも増えるなんて有り得ないと思いました。
既に太っているのだから、出産まで1キロも増やすまいと思いました。今ある脂肪で胎児に栄養が行くはずだと勝手に思いました。
しかし、つわりが終わると徐々に体重が増えてゆき焦り始めました。食生活は妊娠前と変わらず、食べないか甘いものをたくさん食べるかの2パターンを繰り返していました。
ただ下剤だけは飲むのを止めました。流産するのではと思ったからです。

臨月のときの血液検査でに妊娠糖尿病の可能性があると言われ非常に焦り、そこから出産までの1ヶ月はほぼ過食症状は出ませんでした。結果、臨月までに増えた体重は6キロくらいで、赤ちゃんは3000グラムと標準でしたが食事内容はめちゃくちゃでした。
無事、出産を終えれたことは、本当に良かったですが、自分の体重や食事に対する歪んだ考えはそのままです。
まず、産婦人科で同じ年齢の赤ちゃをん見て自分の赤ちゃんのほうが大きいと心配になります。赤ちゃんは普通ぷくぷくしているものだし、体重が増加するのは良いことなのに凄く気になります。
もちろん自分の体型も気になり、出産後も細いママを見るととても羨ましく思います。

育児に関してはまだ1ヶ月半なのですが、家にこもっているせいか過食症状が頻繁に出てきました。このままではまた太ってしまうと恐怖です。世代間連鎖も怖いです。娘には摂食障害になってほしくありません。