本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

感覚も麻痺してしまう過食嘔吐

女性 無職 29歳 B型 埼玉県

16歳の時に拒食症になり、体重30kgになりました。
毎日フラフラで体育の授業もまともに受けられない状態でした。脂肪がないため常に寒くて、真冬は本当にしんどかったです。
その2年後に今まで抑えていた欲求が爆発し、過食嘔吐をするようになりました。
現在11年目ですが、年々悪化し、過食して吐いてまた過食して…の繰り返しで、今では1日1万円を使うことも少なくありません。
食べ物に関してだけはお金の感覚がおかしくなり、貯金もほとんど残っていないのに買うことを止められない…そんな日々が続いています。
むくみや倦怠感もひどく、人と会うことも極力避けるようになりました。
お金を払って不健康を買っている…そんな異常な日常から抜け出せず、毎日のように「辛い」「苦しい」と感じ、涙が止まらなくなることもあります。

いくら後悔しても、いくら「止めよう」と決心しても、止められない…
何のために生きているのか分からなくなることもよくあります。

このセンターと出会い、
この病気の本当の恐ろしさを知ることができ、
悩みを共有できる温かい仲間の存在を知ることができ、
「治したい」という思いが強くなりました。

この病気ときちんと向き合い、がんばって克服したいと思います。