本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

子供は泣きもせず笑いもせず自分の過食姿を見てる

女性 主婦 35歳 B型 長野県

過食歴11年目です。

去年出産しました。
子供は一歳一ヶ月です。

妊娠前は不妊治療のストレスで過食。
数ヵ月7キロ太りました。
妊娠してからは、つわりが長引いたこと、体重増加に異常に神経質になったことで過食は疑似停止。
このまま抜け出せたと思いました。

息子を出産後、母乳が出すぎて乳腺炎を繰り返したため、半年間食事制限。
おかゆ、もやし、葉物野菜、鶏肉、、まるで修行僧のような食事をしていました。
それでも乳腺炎になるよりはマシでした。
今思えば、拒食症に近かったかもしれません。

食べると乳腺炎になる=食べるのが怖い。
体重は妊娠前から11キロ落ち、体力もなくなりフラフラ。
子供を抱っこして階段も登れないくらい衰弱していました。
さすがにこれでは育児どころか日常生活に支障をきたすと思い、婦人科で母乳を止める薬をもらい生後半年で段乳しました。

段乳した途端、なんでも食べれる解放感から食欲大爆発。
またしても過食へ。
量も時間もどんどんエスカレートし、子供が泣いているのに食べることを優先してしまう。
全部食べ切らないと子供を抱っこしない。
食べてるところを見られたくないのに、子供の前で過食してしまう。
過食の最中は子供と目を合わせない。
とても辛かったです。

自分が太るとか痩せるとか、そんなことではなく、自分の子供をなぜ一番に考えてあげられないのか。
食べたい欲求はすさまじく、あれを食べよう、と考えるだけでヨダレが出てくる自分、、、、。
恥ずかしい。

過食の最中、子供はじーーっとこっちを見ているようになりました。
泣きもせず、笑いもせず。
サイレントベビーになってしまったのかもしれません。
もう親としてどうしたらいいのか、本当に苦しい。

妊娠や出産という人生の大イベントを経験しようが、過食は治まりません。
そんな簡単じゃないみたいです。

絶対に治します。
この子に精一杯の愛を与えてやりたい。