本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

授乳しながら過食

女性 会社員 30歳 B型 神奈川県

妊娠中も過食の症状は出ていたが、妊婦健診があったり、里帰りしていたので、少し症状は抑えられていた。

赤ちゃんに良くないと思いつつ、過食したい時は冷蔵系の洋菓子やお菓子など食べてしまっていた。

産後は生活の変化に心身がついていけず、産後うつのような感じで、よく泣いていた。

里帰りから帰って娘と二人で過ごす時間が増えて、トイレに行けない、食べたくても食べれない、寝れないなど生理的欲求が満たされない時にストレスから授乳しながら待てなくて過食。

産休中に痩せたくて何度かダイエットに挑戦してはリバウンドする度過食も酷くなった。

食べ物のこと考えてる時や過食後の罪悪感の時は娘が泣いていてもうわの空だったり、イライラしたり、向きあってあげれてなかった。

あやしたり遊んであげる余裕がないときなど授乳してしまう事が多く、私の食事内容もあってか、娘は1歳ですでに13キロとかなり大きく育っており、世代間連鎖をなくしたいのにもうすでに影響していると思うと申し訳ないし怖い。

今から治して連鎖を断ち切り、ちゃんと娘に向きあってあげたい。