本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

どんなに幸せでも止まらない過食嘔吐

女性 主婦 28歳 O型 千葉県

摂食障害の過食嘔吐を患って、9年になります。
大学2年生の時に初めて症状が出ました。

授業がない時間の枠は、コンビニのパンを紙袋一杯盗んで食べてひたすら吐いて過ごしていました。
過食嘔吐の後の睡魔でまともに、授業は受けられませんでした。

食費を稼ぐために、アルバイトはコンビニ。
廃棄のものを袋いっぱいもらって家に持ち帰って隠れて過食嘔吐。
それだけでは足らず、夜のアルバイトをして、はじめはガールズバー、次にキャバクラ、スナックで働き、アルバイト代はほとんど夜のアルバイト用の服と食費で消えました。

万引きもしてしまい、大学時代に4回万引きGメンにつかまったことがあります。警察を呼ばれました。チョコレート、袋いっぱいの菓子パンを、盗みました
母は4回目には、警察官に、娘を捕まえてくださいと泣きながらお願いしました。そうでもしないと、この子は万引きする癖が治らないと。もう親にも見離されたと絶望しました。それからいかに楽に自殺できるかということしか考えられない日々を過ごしました。

大学卒業後なんとか一社ありつけて就職して、飲食業界で接客をしました。
お店の賄いは必ず過食嘔吐。
仕事が終わっても、独り暮らしの家の近くのコンビニで大量に買って過食嘔吐。
次第に新入社員のためお金が足りず、また食べ物を万引きし、2回警察に捕まり、指紋を録られました。
初めて就職した会社も過食嘔吐で身体がボロボロで疲れきって、精神的に追い詰められて、全身顔まで蕁麻疹がでるようになり、辞めました。また夜のアルバイトに戻りました。

妊娠がわかり、好きな人と結婚しましたが、幸せなはずなのに何故か過食嘔吐は治りませんでした。
妊娠したため辞職させられたので、1日中過食嘔吐と睡眠しかしなかったです。
食費が足りず、でも結婚して万引きして警察に捕まりたくなかったので、小麦粉を大量に買って、ピザみたいなのをひたすら作って吐いていました。

出産して娘が産まれても、幸せなのに、過食嘔吐は止まりませんでした。

娘が大きくなって飲食業でアルバイトを始めて、娘が保育園にいくようになって、そこであったパパ友とお酒の勢いで不倫したり、娘をお姑さんが預かってくれる日は夜の待ちに繰り出し、お酒のせいで意識をいつも失って、朝起きたら知らない人とベッドにいたことが何回もあり、それで旦那とも離婚の話を一年ぐらい続けていました。
知らない人と知らない間に性交して性病にもかかりました。

旦那も私も精神的に、身体的にボロボロでした。

それで寝れなくて肩凝りも酷くて、自殺しか考えられなくて、
旦那に心療内科にいけときつく言われ、行くと、鬱病の中等症と診断され、
毎日飲んでいたお酒は断酒し、坑うつ剤と副作用止めの薬と精神安定剤と睡眠導入剤と睡眠薬というたくさんの薬漬けの毎日が始まりました。

でも過食嘔吐は治らず、自殺願望は止まず苦しみました。

たまたま挙式が当たり、憧れていた挙式ができると決まっても、自殺願望が止まらず、
過食嘔吐はなぜなったのだろうと興味をもち、本を読み漁りました。
読み漁れば読み漁るほど、私の両親を恨むようになり、
鬱病の薬も飲んでも効き目を感じないので飲むのを勝手に止め、
また、お酒を飲んで両親を電話で泣きながら私を産んだことを、家庭環境を責めるようになりました。
そして、家庭内暴力をしていた父の母親(祖母)にも電話をして責めました。
死にたくて死にたくて、本当にくるしい日々でした。

本を読めば家族を責めたい、死んで復讐したい気持ちがでて、気分が落ち込むので、
藁をもすがる気持ちでネットでこの相談を見つけ、
いま無料カウンセリングをさせていただいています。

極度の過食嘔吐患者ですが、治ってきている兆候があります!
毎度絶対治したい!という熱意が高まるし、
治れば明るい未来がある、と希望がぐんぐんわいてきて、

今日、なんと、始めて、過食嘔吐してません!
ますます、希望がわいてきています!!!
本ではまだ書かれていない過食嘔吐の病気の理解が進み、
自己否定感しかなかったのに、
自分を責めないでいられる新しい自分に出会えています。

私は、必ず、治ります!!
楽しみです!!!!