本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

タグ : 過食のみ

食べ物と体重のことしか考えられない

女性 会社員 24歳 A型 神奈川県
 原因はさておき、4年前のある夜、落花生を一袋あけたのが過食の始まりだったと思います。
 4年前、私は大学3年生で、1人暮らしのおばあちゃんの家に下宿していました。
 おばあちゃんが炒ってくれた大豆をお茶缶1缶分を、自分の部屋でボリボリ一晩で食べたりしていました。
次の日「お腹が重いなあ。」くらいで過食症とも何とも思っていませんでした。
ただ、自分の意志で食べているのではないような、まるでその大豆を敵のように思って食べていました。
1週間に3回くらいだったか、よく覚えていません。
 それから大豆だけでは足りなくなって、仏壇に供えてあるお菓子に手を出すようになりました。数か月で量は確実に増えていました。
 今度は家にあるものでは足りず、また、おばあちゃんの目が気になるので、今度は自分でスーパーやコンビニで買ってきて、やっぱり自分の部屋でやるようになりました。
 始まりから1年くらい経ったころには家に着くまで我慢できず、
自転車に乗りながら食べたり、歩きながら食べたりするようになりました。
でも、太るのは厭で、食べ物と体重のことばかり気にしていました。
 「太るのが嫌だから吐いちゃおう」と思ったことは何回もありましたが、
私はうまく吐けず、かわりに次の日1日絶食したり、ご飯の量を減らしたりしていました。
 恋愛や就職、一人暮らしを始めたなど、ちょっとした環境の変化があるとしばらく収まったけど、1か月~3か月すると、始まっていました。「こんなことしちゃいけない。」と思いながら過食している時は何も考えていません。
 1年くらい前は、仕事の帰りにコンビニをはしごして買って、歩きながら食べたり、会社の裏階段で食べたり、お金がないと廃棄されている食べ物に手を出したり、一緒に働いている人のお菓子をこっそり食べたり、本当に食べ物にとりつかれていました。
1日中食べていた時もありました。体重は2か月くらいで8㎏増えました。
そんな自分が厭で厭で、たまりませんでした。
 それから3カ月ほどして、人の食べ物をとることはしなくなり、体重も4㎏くらい減りましたが、過食しては自分を責める日々。
 過食してやけになりながら立ち上げたPCで見つけたのが、このセンターでした。
 ここでもう過食症暦に終止符を打とう!

気付かないうちに増える量

女性 無職 21歳 O型 千葉県
昔は、凄い勢いで過食することが多かったのですが、
今はダラダラ食いが続いて、考えてみれば前より量が増えていることに気付きました。
どれだけ食糧に費用をかけてきたかも真面目に考えたこと、ありませんでした。
ここに来て、リアルに考えることが出来て良かったんだよね・・・

ただのやけ食いが習慣に

女性 学生 22歳 A型 兵庫県
私の過食暦は今まだ1年ですが、もっと長い年月、経年増加とともに過食症である可能性があります。
私の経験でわかる範囲で書きます。
過食の初期は、食べてしまったと自己嫌悪し、二度としない、これはただのやけ食いだ。と思いました。
しかし罪悪感があったとしても、食べることをやめられず、それは時間とともに増えていったと言う恐ろしい共通点がありました。
種類は、お菓子だけだったのが、ご飯類やパンに手が伸び、調味料や粉末など、直接食用でないものにまでおよび、増えていきました。
量は、最初、多めの間食程度だったのが、衝動とマグマの爆発で、成人男性でも食べられないほどの量を短時間で食べるようになりました。
食べ過ぎて気持ちわるくて何もできず、翌日学校を休むほど食べるようになりました。
学校を休むことを覚え、あまえが出たのだと思います。
頻度は格段に増え、間をおいてあった衝動がこらえきれず、一気に噴出すように毎日過食しました。
マナーを省みる理性もなく、歩きながら、電車に乗りながら、なんと自転車の運転中にまでお菓子をの袋をあけて、食べるようになりました。
自分が浅ましく、なさけなかったです。。。
その結果、たった一年で多くを失いました。体が動かなくなって、学校も休みがちになり、高校生からの夢をあきらめ、就職活動や、部活の選手であることも辞めました。
本当は私も立ち直って前向きに何かがんばって輝きたいのです・・・