本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

タグ : 合併症

過食嘔吐で2回の離婚。半分が入れ歯に。

女性 自由業 50歳 O型 神奈川県

私は32才から
18年もの間過食嘔吐
拒食も1度しています。

まず
息子が8才の時から
その姿を見せ
それだけが原因じゃないかもしれませんが
登校拒否
引きこもり
転職ばかりの現在です。

そして2度目の結婚から8年で
拒食になり
気持ち悪いからと
離婚してほしいと言われ
40才から
息子と二人。

私の体は
半分が入歯になり

仕事はフルタイム出来ず
転々とし
週2から3日が限界。

息子の大切な時期に
ちゃんと向き合えず
息子の人生狂わせてしまった事。

配偶者をはじめ
外出時食事がとれず
旅行も行けず
友人を、失い
妹二人から
疎遠になったこと。

精神的病気も抱え
お金も多額に
かかっていること。

何もかも
無くなる
失う事だらけです。

過食嘔吐により、多くの合併症を引き起こした

女性 自由業 30歳 O型 岐阜県

・浮腫み(ほんの短期間で2~3kg増えます)
・無月経(19~24歳くらいまでは不順、それから来ていません)
・目眩(頻繁では無いけれど、一瞬 天地が逆転する様な感覚があります)
・産毛が増える(顔剃りに行くと必ず多いと言われます。)
・歯(前歯の1/3は透き通っていて、一番目立つ所が欠けています。他にも沢山の歯が即治療レベルです。)
・食道炎(たまに喉の奥から胸にかけてしばらくキリキリと痛みます。)

他にも、
・すぐに疲れる・低体温・低血圧・顔色が悪い・皮膚の乾燥・爪が脆い など

予防接種とかインフルエンザ以外で病院へかかったことが無いので分からないけれど、今、検査をしたとして、とても普通の結果が出るとは思えません。

心の病気とも隣り合わせです。
インターネットで調べてみると、症状が当てはまる病気がいくつかあります。

人工肛門にもなりかねない下剤常用

女性 主婦 30歳 長野県
8年位下剤常用を繰り返した結果、直腸脱という腸が肛門から出る病気になりました。

手術の麻酔はとても痛く、繰り返さないって決めたのに月日が流れ痛さも忘れると、又下剤を使用しはじめました。

今相談を受けて下剤では痩せない事、体に大きなリスクを与えていること、将来人工肛門に成りかねない事を知り、辛いけど使用を止めようと思いました。