本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

タグ : チューイング

私の過食嘔吐、チューイング暦

5990 私の過食嘔吐、チューイング暦 2005/05/27 07:06
女性 無職 26歳 O型 香川県
18歳 友達から、過食したら嘔吐するということを知る。それから食べ過ぎてすごく苦しい時だけ、ごくたまに嘔吐。
22歳 父が会社を退職し、もともと会社勤めと実家の農業とを両立していた、お仕事マシンのような父は精神的なストレスから母に当たりだす。リビングの真上の私の部屋は、話し合いをしようとがんばっている、諭すような、すがりつくような母の声と父の怒鳴り声が、毎日二階の私の部屋にまできこえてきていた。
    

このころから、過食嘔吐が日常になってくる。

私も、会社を退職し、プチアルバイト&引き篭もりの日々が続く。
その後、半年間、職業訓練学校に通う。
このころから、不眠症がはじまり、生理もストップ。

23歳 過食嘔吐の悪化と、家庭のゴタゴタから抜け出したい。
このままでは、いけないと思い独り暮らしを始める。
しかし、人目を気にせず過食嘔吐できてしまうこと、再就職先の社長が機嫌の悪い時、大声で怒鳴り散らすことが、父と重なり1月半位で、実家に戻る。
同時に会社も退職。

24歳 1,2ヶ月家に引き篭もる。
その後、徳島の母方の実家にお世話になる。
喫茶店で半年ほどアルバイト。
過食嘔吐は少しマシになるが、水道費が異常に高いこと、トイレが詰まったことで嘔吐が治っていないことが、祖母にばれる。
厳しく注意を受ける。
このころから、チューイングが同時に始まる。
その後、総合病院で派遣社員として就職する。
いつの間にか過食嘔吐より、チューイングのほうが大半になってくる。
会社では派遣社員同士の派閥といじめ、家庭では超生真面目な祖母という環境でストレスは相変わらず。
チューイングが日常となり嘔吐回数も少し増える。

26歳 父母の離婚後1年経ち、実家も落ち着いたようで、周りの勧めもあり、実家に帰る。
同時に、近くの病院に就職。
しかし、人間関係のストレスから、ひどい不眠症なり、退職。
現在に至る。
現在はチューイングが大半で時間がある限りほぼ常時。
過食嘔吐は3、4日に一度くらい。