本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる無料相談」も行っています。

*

カテゴリ : 30代

怖い過食症 

女性 自由業 34歳 A型 東京都

過食症が始まってから、もう16年経ちます。
過食症は治さないとこれだけの時間を浪費することになります。
私の人生のほぽ半分が過食だったということです。
もともと食べ物に好き嫌いが多くて、小食でした。
体もすごく痩せていました。
でも母が、糖尿病の危険があるとかで、ダイエットを始めた時にそのダイエットに付き合うことになりました。
高校1年生でした。
ご飯を減らして、毎日のウォーキング。
もともと46キロしかなかったのに、さらに3キロ痩せました。
その時の「ご飯は太るもの」「運動は毎日」という固定観念が今もなかなか抜けません。
その後に受験のストレスから、過食が始まりました。
最初はクッキー一箱。
(マクビティーのダイジェスティブビスケットにクリームの挟まったやつでした)その時のことはよく覚えています。
食べた後に「あ、全部たべちゃった」って思ったのも覚えてます。
それから、デッサンの研究所の帰りに母に見つからない様に、お菓子を食べてました。

それから、どんどん過食の量は増えました。
お菓子一箱なんかでは済みません。
仕事を始めてからは、ほぼ毎日、仕事帰りにお貸しやパンを買って、実家の時は家で過食できないので、外で過食してから帰宅するような始末。

ひとり暮らしを始めたら、自宅で仕事が終わってから、仕事場で残ったパンを沢山もらってきて、本当に何個も食べました。
私は嘔吐がないので、体重もあっというまに

60キロ近くまで増えました。
これは経年増加です。
過食の量は減る事はなく確実に量が増え続けます。
外食で過食することも増えました。
お昼ご飯に2軒3軒と廻ることもありました。
お金もとてもかかっていたと思います。
それから、過食が、例えば仕事場の移動、引っ越しなんかがあると軽い初期停止みたいな感じで何ヶ月も止まることも何回かありました。
でも必ず、再発。

一番長く止まったのは、妊娠中の時でした。
一度も出ませんでした。
でも産まれてからはまたすぐ始まって、その時も体重は60キロ近くになったと思います。

過食は本当にきちんと治さないと、こうして再発を繰り返します。
そして、病気ときちんと認識しないと人生の半分もの時間をこうして、無駄に浪費して心をすり減らしていくことになって、そして食べ物のことしか考えられなくなって、楽しい幸せな生活からどんどん遠くなって行きます。

過食の次の日は、必ず顔とか体がむくんだりします。
偏った種類の食べ物を沢山摂取する事は本当に体によくないって頭でわかっていても、コントロールできないのが、この病気です。

過食で太った時に、周りから「たくましくなったね。
」上司からは「デブ」と言われたこともあります。
だから、周りから褒められる様に仕事を本当に頑張りました。
自分自身の体がそうして評価されないのであれば、仕事で評価してもらうしかなかったからです。
5年間、月に3回や4回の休みでほとんど働き続けました。
立ち仕事と若いのに年上の人を使う仕事だったので、精神的にはもうぎりぎりでした。
そして仕事を辞めると決めて、結婚した後、重度の鬱になったのです。
頑張る事で自分をなんとか保てるこの病気の私には、鬱になるのは地獄です。
やりたいと思っても体が動かない、朝起きられず掃除も洗濯もできない、ご飯も作れない、当然働きたくたって働けない。
そんな体なのに、アルバイトの面接に行ったことだってありました。
それで、どんどん鬱はひどくなって行きました。
寝た生活は2年続きました。
その間、電車も乗れない自分に、「死にたい」と思って溜めていた抗鬱剤を沢山飲んだりしたこともありました。
鬱の間ももちろん過食です。
こうなるともう二重苦です。
過食症になると鬱を併発することが、本当に多いようです。
精神科の先生もそうおっしゃっています。

<編集後記>

鬱と過食を併発した時本当に生きることの意味なんてあるのだろうかと、思いました。
だから、病気を完治させて、本当に生きるということを私は味わってみたいと思う。
自分の為に生きるっていうこと。
自分の人生は一回しかありません。
そしてみんな致死率100%です。
その中に、「過食の完治の為の最大限の努力」の時間がほんの少しあっても私はいいなって思いました。
だから、今、 大好きなみんなといます。
そしてここに来るみんなと一緒に病気を完治させたいと強く思います。
そして、過食症はれっきとした心の病であること、死に至る(それは体の病気での死ということだけでなく、精神的な死、心が死ぬという意味も含めて)病気であることを、はじめましてのお友達たちにも認識して欲しいと思います。

過食嘔吐がどれだけ残酷な病気か 

女性 主婦 39歳 O型 京都府

私がどれだけ過食嘔吐で苦しんできたかを知ってください。
私は今、39歳、小学生の娘2人をもつ母親で、夫も入れて4人の核家族です。
7月中に仕事は辞めますが、今はまだ働いています。

私がダイエットを始めたのは高校2年生のころです。
小さいときからぽっちゃりしていて、体型に軽いコンプレックスがありましたが、高2の時に一念発起して、ダイエットを始めました。
体重はみるみるへり、165センチなのに50キロを切るところまでいきました。

ところが高3になって受験期になると、関心事がダイエットから勉強に移りました。
また親の希望(医学部)に沿わない進路を選んだため「医学部に行かないなら○○大ぐらい入ってもらわないと困る」と言われ、それがものすごい重圧となり、食べて勉強し、食べて勉強しで、あっという間に10キロ太りました。

精神的には親のロボット、いや奴隷であった私は、とりあえず親の指定した大学に進学したものの、心は空虚でした。
しかし小さいときから「他人よりいい成績である」ことに最大の価値を置く母親、それから常に父親の顔色をうかがう生活、親が気に入らないことがあれば、さとすよりまず殴る・たたく、そんな家庭から離れて下宿を始めたときには本当にせいせいして嬉しかったです。
一人暮らしがさみしいという友人が信じられませんでした。
今でも親のことは嫌いです。

下宿を始めてとりあえず再びダイエットをして5キロぐらいやせたものの、その後にはすぐ過食し、嘔吐するようになりました。
嘔吐することをどうやって知ったのかは覚えていません。
多分やってみたらすぐ吐けたのかな?最初は1週間に2回ぐらいだったし、「食べ過ぎちゃったなー」ぐらいで、まさかこれが長く苦しい過食嘔吐の入口だとは思っていませんでした。

3年生になると、過食嘔吐を1日に最低1回はするようになりました。
友達が誘ってくれても、なんだかんだと理由をつけて断り、頭の中は今日の食べ物はどこで買うか、ということでいっぱいでした。

4年生になると、卒論を書くことが主な作業となり、時間に融通がきくようになったこともあり、過食嘔吐はエスカレート。
1日に3回、4回と過食嘔吐を繰り返し、食べ物がなければ卵とバターと小麦粉を混ぜてあっという間にクッキーのようなものをオーブントースターで焼いて食べるようにさえなりました。
当然勉強は進まず。
集中力も低下。
ものを口に詰めこみながら、無意味に本やノートを机に広げ、夜明けまでただただぼんやり眺めていただけの日も数知れず。
「ヘーゼルさんの論はおんなじところを回っているばかりで全然進んでいない」と指導教官にも怒られ、ものすごく焦りは覚えたものの、下宿に帰ればやっぱり過食嘔吐の連続で、「助けて、私はどうなるの」と半狂人のように感じていました。

それでも何とか卒業し、過食嘔吐も誰にも知られず、会社に就職しました。
その部署で初の女性総合職として採用され、気持ちだけは「私が頑張らないと後が続かない」「やらなくちゃ、やらなくちゃ」というものでしたが、やはり寮に帰れば過食嘔吐、休日も同僚の目を盗んでトイレで嘔吐、という悲惨な毎日で、仕事中も集中力が続きませんでした。

23歳の時今の夫に出合い、24歳で結婚しました。
夫がすぐに海外に赴任したため、新婚生活は海外で始まりました。
生活が激変したこと、また実家の戸籍からも名を抜き、完全に法的に親から離れたことで、ぴたりと過食嘔吐が止まりました。
海外からは1年少々で帰国したのですが、結婚後11年間、全く症状が出ませんでした。
この間妊娠・出産で2人の娘を授かりましたが、その間も平穏に過ごすことができ、「あの苦しい過食嘔吐の時代は何だったのだろう」と思うくらいでした。

ところが何と11年もたってから再発。
スポーツを始めて少しやせたところ、「この体重をキープしたい」と思い始めたのがきっかけです。
我ながら本当に信じられませんでした。
どうしてまたこの病気が出てきてしまったんだろう。
まるで壁に塗り込められた死体から怨霊が抜け出し、私の血の中を巡り始めた、そんな恐怖をおぼえました。

「どうしよう、どうしよう」と思っているうちに、それまで晩ご飯の後にしか過食嘔吐していなかったのが、ある休日午前11時ごろからしてしまったのです。
これはまったく、学生のころ、たどったのと同じ経過です。
ということは、一日に3回、4回と過食嘔吐し、食べ物のこと以外は何も考えられない日が再び来るのか…この考えが頭の中をよぎったとき、すでに経年増加の経験が一度ある私が感じた恐怖心は並大抵のものではありません。
嘔吐したとたん、次の食べ物のことを考える…、目の前にやらないといけないことはたまっているのに、食べることばかり考えて動けない…、すべてのことが面倒になり、まるで引きこもり状態で食べ続ける…、なんと恐ろしいことか。
人間であって人間でない。
そう、覚せい剤の常用者と同じです。
ボール玉になって、その坂を転がり始めた自分が自覚できました。
そしてすがるような思いでセンターにやってきました。

11年間も止まっていたのはなんだったのだろう…。
結局、環境の変化でマグマを封じ込めていただけなんですね。
母は私を肉体的・精神的に追いつめ、私は過食嘔吐、では私の宝物である二人の娘はどうなるのか!? それを考えると、絶対に完治しなければならないと思います。

私には男の人に走るとか、借金をしてまで食べ物を買う、とかの経験はありません。
だからちょっとインパクトに欠けるかもしれないけど、この病気の恐ろしさはまさに「心とからだをむしばむ」という一言に尽きると思います。

最近掲示板に来られたお友達、初期停止しても、多分また再発します。
この病気は一度は自分の心に深く深く向き合わなければ絶対に治りません。
11年の停止を経験した私が保証します。
(保証などされたくないですけどネ!)一度しかない人生を無駄にしないよう、いっしょに完治をめざしましょう。

本当に怖いこの病気について

女性 主婦 36歳 B型 兵庫県
私は過食嘔吐22年です。
22年ってみんなに想像できますか?あり得ない・・・と思う人もいると思う。

私自身、22年もこの病気でいるなんて思えなかったし、どうして22年の間に治せなかったのか?また22年も体を酷使してきてよくこれまで生きてこれたなとも思っています。

嘔吐を知ったのは友達からでした。
痩せたい願望が強かった私は吐くことがそんなに怖いとも思わなかった。
家族(特に母)からどんどん女らしくなっていく体型をジロジロ見られることに耐えられなくて、痩せて自分を変えてしまいたかった。

ずっとこの病気になったのは家族や友達のせいだと思っていました。

行きたくなかった進学校に行かなければ、友達から吐くことを聞かなければ、この病気にはならなかったのに。
ずっとそう思っていた。

でも、ここにやってきて、‘なるべくしてなった病気だな’と思うようになりました。
過食嘔吐のきっかけは友達からの一言だったけれど、私の育ち方、生き方は過食嘔吐で紛わさなければやっていけなかったと思うのです。

私の家庭は物心ついた時には父母、嫁姑関係は最悪でした。
母は自分が一番不幸な人だと思う人でした。
「あの人(父のこと)と結婚しなければ」「この家の中で自分だけがよそ者だ」「子供なんて産まなければ」「一人ならもっと自由に楽に生きられたのに」と、私は自分の存在を否定されるような言葉をずっと聞かされてきました。
とても辛かった。

でも、自分のことよりも母のことを可愛そうだと思ってあげなくてはいけないと思ってきました。
家族がみんな仲良くなってほしかった。
祖母の悪口を言う母と母のことを認めてあげない祖母との間に立って、どちらにも肩入れせずに中立を取ろうとしていました。

子供のままではやっていけなかった。
感情なんて持たない大人になりたいと思っていました。
そのつけが中学生になった頃に出てきたのだと思います。

最初は拒食でした。
中学2年の頃に過食嘔吐を知りました。
経年増加は正直なところよく分かりません。
最初から毎日過食嘔吐していたから。

一人暮らしを始めて家族から開放されたときが一番症状としては酷かったと思うけれど、心は楽だったような気もするし。

22年も経て、今だから母との関係も自分の病気のこともようやく認めていける年齢になってきたのかなと思います。
なるべくしてなってしまったこの病気。

危険は承知の上でも私にとっては生きるためには必要だった。
でも、その反面、この病気になったことで失ったものも多いです。

楽しめるはずのものも感情鈍磨のせいで、私にとっては虚しいだけだった。

今までまともに生理がきたことはありません。
排卵が自力では起こせないのです。
生理がこないことが、これからの人生においてどんな影響を及ぼすのかは分かりませんが、きっと何かのつけは来ると思っています。

これまでの人生でもとても辛い思いをしました。
私の子供は不妊治療でようやく出来た子です。
結婚して子供が欲しいと思っても出来ない苦しみ、それは自分がやってきた過食嘔吐のせいかもしれないということが、更に自分を追い込ませました。

私は22年もかかってしまったけれど、それでもこの病気の怖さを今ごろ真剣に考えることが出来て、良かったと思っています。

でも、22年は本当は長すぎる。
22年も皆には苦しんで欲しくないのです。
放っておいたらあっという間に22年も30年も(一生も)あっという間です。

みんなが‘今’気付けたことが救いです。
簡単には治らない病気。

でも私のように病気と長く付き合わないうちにサヨナラしてほしいなと本当に思います。

22年なんて簡単には言い尽くせられない。
でもこれまでを無駄にはしたくないです。
自分とみんなの完治を心から願います。