本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

タグ : 歯

命にかかわる合併症を患っても、過食嘔吐は止まりませんでした。

女性 主婦 50歳 O型

過食嘔吐による身体への負担は、大変なものです。
過食嘔吐の行為が辛く苦しいことがわかっていてもやめられません。食べたい欲求、嘔吐しないといられない気持ちは、矛盾していると思われるかもしれませんが、やめられません。
胃酸の影響で、虫歯も増え、奥歯は殆どの歯の神経をとり、折れた歯はブリッジという状態で治療しています。
前歯の差し歯もよく取れてしまい、治してもらう時も自己嫌悪に陥ります。
現在は、背中や腰など身体中が痛く、食事の飲み込む時の違和感は、逆流性食道炎の影響でもあります。
咽頭部を嘔吐する時に傷つけて大量出血したことも、何回もあります。
痛くても食べたい欲求が抑えられず、胃薬や炎症剤、鎮痛剤などに頼りながらも、過食嘔吐がやめられません。
肺にも負担がかかって気胸にもなりました。肺に直接管を通す治療は、とても辛いものです。
下剤の大量服用も、胃腸にはもちろんダメージが大きく、胃炎の症状や、大腸ポリープでは手術と入院が必要となりました。

センターの存在を知り、自分と同じように苦しんでいる人がこんなにたくさんいるのだと知りました。
多い時は、1日10回も嘔吐してしまい、上手く吐けた時にはスッキリしますが、必ず鬱々とした気分ですごしています。
身体はとても疲れているのに、夜寝る前には安定剤を服用しないと眠れない状態です。

このように、過食嘔吐の合併症によって命を落とす危険がかなり高いことがわかっていてもやめられず、自分を責めます。

今は、家事も疎かで食事も作れなくなり、家族にも出来合いの惣菜を購入してきたり、まともな生活を送ることができていません。
家族の幸せを思うと、一刻も早く治したいです。

センターに出会い、このような自分にも未来の生活の希望が湧いてきました。
少しずつですが、前向きな自分がいることに気づくことができました。

過食嘔吐ですが、37歳で糖尿病になりかけているようです・・・

女性 会社員 37歳

摂食障害になって失なったもの・・・
時間
お金
健康
人間関係
・・・

肌の状態が悪い。
虫歯が絶えない。
排水口が詰まって困った。
トイレが臭い。
ゴミが多い。
過食嘔吐が止まらず、約束の時間を守れない。

夢や希望より過食嘔吐にとらわれている。
常に嘘をついている罪悪感と嫌悪感。
買い食いや食べ歩きなど、過食の為なら下品なことも平気でする。

病院で、糖尿病になりかけている、と言われました。それが一番怖かったです。

とにかく疲れた。

背中が痛い。

心も体もボロボロです。

20年間、過食嘔吐を病気だと思っていませんでした。

女性 主婦 46歳 B型

過食嘔吐を20年程前から発症し、時折症状が出ない時もありましたがほぼずっと続いています。

過食は病気かな?となんとなく思っていましたが、嘔吐は精神力の弱さだけかと思っており、自己鍛錬していればおさまると思っていました。
相談を受けて病気と気づき、しかも難病であると教えてもらいましたが、初めは受け止められませんでした。

振り返って過食の怖さをつづると、
●食べている時から吐き出す事を考え、味わって食べることはなく、味覚も衰えています。
食材本来の味や繊細な出汁の奥行きに特に鈍くなった感じです。
美味しいお店に連れて行ってもらっても、一緒に行った友達と同じように味わえなくなっている事に気づき、悲しかったです。
吐き続けていたからしょうがないか、とあきらめの気持ちになりました。
●疲れやすくなりました。
同じように行動している同世代の人よりも すぐ疲れが出てしまいます。
やりたい気持ちはあるのに体がしんどくてできない、やりたくない、と、ぐっと動けなくなりました。

大変だった事は、
●食べ物がたくさんないと不安で、夜中にコンビニのはしごをした。
常に過食できるだけのお菓子・パンやご飯がないと夜中でもコンビニへ買いに行きました。
ひどい時は同じコンビニで1日何回も買うのは怪しまれると思い、違うコンビニでまた買う、の繰り返しを一晩でしていました。
いくら安いものを買っても数が多いので、お給料がすぐなくなっていきました。
たくさん食べて吐いても、さらに5キロ太っていきました。
●吐きすぎて会社のトイレが詰まって、私の吐いた物があふれた事がありました。
恥ずかしくて会社で言ってませんでしたが、そのトイレを使っているのは殆ど私だったので、バレていたのではないでしょうか。

辛かった事は、
●過食嘔吐の後は自己嫌悪に陥り、鬱っぽくなります。
今思えば鬱病で診察受けていたのは過食症の合併症だったのかもしれません。
●隠れて嘔吐しているので、夫に隠し事をしていて辛いです。
●夫が頑張って稼いでくれたお金で美味しい食事を作ってくれても吐き出してしまうので、申し訳なくて罪悪感で辛いです。
「ああ、これは吐き出すために食べてるんだなぁ、またか、いけないなぁ、精神力が弱くて人としてアカンなぁ~、生きてる資格ないんちゃうん?」と責めています。それでも繰り返される過食嘔吐は止まることはありません。

嫌だったことは、
●口臭が気になります。
●すぐにしんどくなるので、仕事にヤル気がないように見られるのが嫌でした。

悲しかったことは、
●トイレで嘔吐するのが悲しいです。
食べてすぐ吐き出したくなるので、美味しい食材や高級な食材を使った料理を自ら体に入れられない自分が悲しいです。

今治さなかったら、
●もっと疲れやすくなり、若くして寝たきりになりそうです。
歯も溶けて入れ歯になり(今は奥歯が虫歯の原因で入れ歯)ますます美味しく食べられなくなるでしょう。
●寝たきりになってしまったら夫に負担をかけるし経済的にも医療費で圧迫されるでしょう。
●自暴自棄の期間が増えて、常に鬱状態になります。
●過食症が周囲に知られ、軽蔑されそうです。

家族の無理解について。
怒られたり軽蔑されそうで、家族には誰一人として打ち明けていません。

不倫について。
今思えば過食嘔吐が引き金になったのかもしれません。

症状も少なく病気だとも思っていなかった20年前から、あっという間でした。

ボロボロの歯。過食費はキャバクラで稼いだお金。母親失格です・・・

女性 主婦 28歳 AB型

10年過食嘔吐をしているせいで歯がボロボロになった。
前歯は高価なインプラントをいれ、奥歯はほぼ銀歯。
甘いものを大量に食べるため絶えず虫歯があり、子供と食器が共有出来ない。

外食のときは飲食店のトイレで吐くが、人が来ないかソワソワしながら吐く。
トイレの時間が長いから店員の目も気になる。
私が出たあと店員がトイレを確認しに行ったこともある。
バレたくないのでそそくさと店を出る。
どこか隠れるように生活し、堂々と出来ない。
常にある、バレたくない見つかりたくないという気持ちが、行動を不審にさせる。

お金がほしくてキャバクラで働き、稼ぎの半分を食費に使った。
同伴アフターで客からもらったお金で、親にプレゼントを買ったりした。
自分の子供にはされたくない。

義母と同居しているとき、共有の食費は全て私が使い込んだ。
全く子供の見本になれない行動ばかり。
素晴らしい親にはなれなくても、せめて私のもとに生まれてきた事を後悔させたくないと思っているのに、生まれてきた事が素晴らしいということすら伝えてあげられない親。

子供の頃常にあった、自分の子供には絶対にこんな思いはさせないであげよう!という行動をしてしまっている。
あんな親にはなりたくないと思った親になってしまっている。
私と同じ思いを可愛い子供にもさせてしまっている。親失格だと思う。
子供だけは守りたい。

気づいたらこんなにも増えていた、過食症の合併症

女性 会社員 31歳 O型 東京都

過食による弊害は、自分の想像をはるかに超えていました。

《見た目の面》

髪の毛が異様に抜けます。

歯は虫歯だらけ。その上、一本一本がすり減り、エナメル質は全て剥がれ落ち、通常の三分の一ほどの薄さになりました。

顔はパンパンにむくみます。

身体中の皮膚が粉をふき、かゆくてかゆくてイライラします。

《心の面》

様々な時に、すぐにイライラしてしまう。

夜中、いびきや歯ぎしりが異常で、周りが眠れないほどです。

体が気持ちについていかず、友達との約束にうまく対応できません。

《身体の面》

朝起きる時、だるすぎてしょうがない。

視力は、両目1.5だったのが、今や0.02。極端に落ちました。

偏頭痛がひどい。

手足の異常な冷え。

口が渇くから大量に水分が欲しくなる。

尿に糖や蛋白が当たり前に出て、クレアチニンの値が高く、カリウム不足で、心臓が異様にドキドキします。

他にも書ききれていませんが、この三倍くらいいろいろなことが過食症に併発していると思います。
いいことなんて何一つありません・・・。

摂食障害の合併症・・・子宮の萎縮・ボロボロの歯・抜け毛・腎臓機能低下・・・

女性 会社員 31歳

摂食障害になってからの合併症について書きます。

◆初めての生理は14歳。その後17歳を最後に生理が来なくなった。
ピルの力を頼らないと来なくなった。

ずいぶん治療を怠り、また再度行くとかなり子宮が萎縮して小さくなっていると言われた。

◆歯は虫歯ゼロで歯医者さんいらずだったのに、
社会人になってから、染みるし、痛いし、歯医者にかかりはじめたころにはボロボロで、
今は前歯がほとんどすり減り、薄くて空気を数だけで染みる。

◆血液検査ではいつもクレアチニンの値が高い。
腎臓の機能が弱ってしまっているとのこと。

◆髪の毛は毎日おかしいほど抜ける。

◆イライラが常に留まらずなかなか笑えなくなる。小さなことに腹がたつ。

◆二年前には、大腸ポリープがかなり大きくなっている、と言われ、入院して切除した。

◆体中かゆく、蕁麻疹が地図上に広がること、しばしば。

◆疲れやすく、嘔吐すれば倒れこんで死んだようにねむる。

◆夜中に両足がつり長いこと戻らない。

◆身の回りのことがどうでもよくなる。

◆でも人の目がいつも以上に気になる。

摂食障害の合併症。
あげていけばきりがない。
マイナスだけしかない。

増えていく症状、蝕まれる身体

女性 会社員 36歳 O型 東京都
はじめて意識して吐いたのは、膵臓の手術で入院しているときでした。
腸閉塞をおこして再手術をした後、
水分を摂取すると胃袋に水が溜まり体調が悪くなります。
水が溜まると腸に落ちていかなくなり、
最終的には自分で吐くか鼻から胃袋にチューブを入れて吸い取ってもらうしか有りません。
この頃から、胃に一度入ったものを吐くという行為が癖になったように思えます。
退院してからも手術の影響で胃袋が小さくなり
以前よりも食べられなくなっていました。
また消化力も落ちている為、胃の中の食べ物がいつまでも胃袋に残っています。
それが気持ち悪いのと、小さくなってしまった胃袋のキャパはすぐにいっぱいになるのとで、
我慢が出来なくなりました。
吐いたら気持ち悪いのが取れる、そこから私の嘔吐が癖になって行きました。
また、退院当初は46kgだった体重は回復とともに段々増加していきました。
それは当たり前のことなのですが、
増え方が急激だったのと50kgを越えたあたりから不安でいっぱいになり、
以前は食べすぎてしまったときにげっぷするとこみ上げてくるものがある程度から、
無理矢理指を突っ込んで吐くようになり、
それが1週間に2,3回くらいから毎晩になっていったのは、2年前くらいからだったと思います。
いったん胃袋に入ったものを下腹を拳で殴りながら指をのどまで突っ込んで嘔吐する。
そんな時ただただ、胃の中をからっぽにしたいという気持ちでいっぱいでした。
そんなふうな状況が続いて、まずはじめに異変に気づいたのは
歯医者でいくら治療しても全然虫歯が治らないこと。
虫歯ではない歯がないくらいで治療が全く追いつきません。
神経をどんどんとられています。治療費も大変な額になっています。
次に気になりだしたのは髪の毛。
昔は1本に結ぶとゴムがはちきれるくらい髪の毛の量は多かったのに、
最近は1本1本が細くなり抜け毛も気になって仕方なく見た目にも髪の毛の量が激減しました。
そして、嘔吐と一緒にずっと続いているのが下剤の乱用。
下剤を飲まないとまったくお通じがありません。
また中途半端な量を飲んでも出ないため、規定値をどんどん越えていってしまいます。
1箱はあっという間になくなり、薬局で大量購入しています。

気がつくと40歳

女性 主婦 40歳 B型 京都府

過食嘔吐が20年目になりました。

今までに何度も止めようと誓い、実際何年か食べ吐きせずに過ごせていた時期もありましたが、結局心が不安定になると過食へ逆戻りの繰り返しでした。

20年間も治らないことが最も恐ろしいですが、
長引くごとに食べる量も回数も増えていくこと、
虫歯だらけになること、
胃がんや咽頭ガンのリスクが増すこと、
痩せるわけではない上に栄養不足で肌も髪の毛もボロボロになり老けてしまうこと、
体力がなくなり年中だるいこと、
喉がどうにからなっちゃって息苦しいことなど、

身体が蝕まれていくのがこの病気の怖さの一つですが、
それ以外にも、いつまでも吐き続けることへの後ろめたさや自信喪失、身体がおかしくなってゆく恐怖や、食べることに支配され常にイライラした精神状態など精神的にも大きなダメージをこうむり、そしてそれがコントロール不可能になってしまうことが本当に恐ろしいことです。

過食嘔吐のために失った膨大な時間も戻ってきません。

人生のかなりの部分を台無しにして気がついたら40歳です。

きちんと治さなければ60歳のおばあさんになっても止まらなかったかもしれないし、
その前に寝たきりになってたかもしれない。

咽頭ガンになって死んでたかもしれない。

ほんとに怖いことだらけです。

今回ここに辿り着いたことを無駄にはできないです。

過食嘔吐の行き着く末

女性 無職 24歳 京都府

大学を卒業してからもまともに仕事なんて出来ず、1日中過食嘔吐に明け暮れ、転々と仕事をしては止め、寝る間も惜しんで過食嘔吐をする日々でした。

そんなことを続けているものだから貯金なんて全く出来ず、次から次にクレジットカードを作り、借金に借金を重ね、遂には風俗で働くようになりました。

風俗は短時間で高額なお金が入ります。‥それが良くなかった。
借金は減りましたが、自由に使えるお金が増えたので過食嘔吐は更に悪化していきました。

しかし、こんな精神状態でまともに接客なんて出来ません。ストレスや身体の心配だって確実に増えます。
とうとうその仕事も、休まざるを得なくなりました。

そんな中でも過食だけは休まらないのです。
お金を自由に使えることで悪化していた過食は、更に悲惨な状況を生みました。

仕事が出来ないのだから収入はありません。そう‥カード借金地獄です。
カードで借金したお金は、また別のカードで借りて返す、またその借金を別のカードで返す‥恐ろしいことです。

結局私が辿り着いたのは、仕事はできない、お金はなく借金地獄、頼れる人はいない、昼夜逆転生活・睡眠不足・過食嘔吐での体調不良、寝て食べての繰り返しで終わる1日、全て虫歯で既に無くなった歯には仮歯・差し歯・詰め物、対人恐怖、人目を避けて食べ物を買いに行く時のみ脅えながら外に出る‥もう自分が置かれている状態をリアルに感じとることすら出来ず、頭の中は異次元の世界で生活していました。

こんな自分の将来‥目に見えてますよね。
と、相当長々と書きましたが、センターに辿り着くまでの私は大体こんな感じです。

さらけ出す方が良いのだろうと書きたくなかった内容もかなり書いているので、読んだ皆さんがどう感じるのだろうか‥落ち着いて考えると自分でも理解し難い内容なので、理解して下さいとは正直言いにくいのですが‥

センターに出会ってまだ間がありませんが、借金のことは祖母に全て話し、少しずつですが教えて頂いた回復の為の具体的な行動をし、祖母と父に告知もしました。

どうなるでしょうか‥上手くいくのでしょうか‥怖いです。
でも悠長なことは言ってられない状態だと、やっと自分のこととして分かってきたので実行します。
治療は始まったばかり。まだまだこれから。
完治したい強い気持ちを無くさないで、治療に取り組みたいです。
長々と読んでくれてありがとう。頑張ります。

好きなものを奪われる摂食障害

女性 会社員 29歳 O型 東京都
過食が始まったのは19歳だったかな。
それまで拒食症だったけど、大学に入って、食べることが怖くなくなって、どんどん食べるようになった。
その頃はいくら食べても標準体重以下で、まだ痩せていたから嘔吐はなく、拒食症のときには怖くて食べられなかった菓子パンやご飯、パスタ等を食べるようになった。
彼氏と別れたこともあって、大学に行かなくなり、家にこもって過食をすることが増えた。
21歳位のときには完全に大学に行かなくなって、3年まで通った大学を中退して、ずっとやっていたバレエも行かなくなり、ひたすら家にこもって過食。
気づいたら60kgを超えていて、食べたいけど痩せたいから嘔吐するようになって、下剤も使うようになった。
それからは、何か新しく仕事を始めると最初の2か月位は症状が出ないけど、症状が出ると止められなくなって、仕事に行けなくなり、仕事を止めて、家にこもって過食の日々を数ヶ月過ごし、また新たに仕事を始めて、擬似停止をして、再発して・・・の繰り返し。
バレエをまたやり始めて、発表会があるときには先生に止められるほど痩せたけど、発表会が終わると同時に過食を始めて、またバレエにも行かなくなる。
海外に行ったときも同じ、数ヶ月症状が出ない時期を過ごして、やっぱり再発して。
初めて過食を始めたころに比べると、その量は今では70倍程。
完治しなければいつでも再発して、症状は重くなるばかり。
前歯にも虫歯ができて、顔はむくんでいるし、肌荒れもひどい。
下剤を使いすぎだからか、痔にもなっているが、それでも下剤を使わずにはいられない。
この病気のために、大学を辞めて、大好きだったバレエをやめて、いくつも仕事をやめて、何人か彼氏とも別れて、友達の誘いを何度もドタキャンしてきた。
莫大なお金や時間を食べることや治療に費やしてきた。
もっと人間らしい生活がしたい。
笑顔で楽しんで食事がしたい。
だから今できることをして、完治したい。