本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

タグ : 普通食嘔吐

毎日の過食嘔吐でお金も時間も親との関係…たくさんのものを失った

女性 会社員 26歳 B型 秋田県

私は6年間摂食障害に悩んでいます。
まさか6年間も毎日過食嘔吐するとは思っていませんでした。
気づいたら過食嘔吐をしていて、毎日何度も繰り返してお金も時間も親との関係も…
沢山の大切なものを失い…
傷付けてしまいました。

なぜ始まったかも不思議で、どうして辞められないかも分かりません。
でもどうにか辞めたい自分がいて、私はこちらの無料相談にたどり着きました。

過食嘔吐はホントにまれな人なのだと、私は変なんだと思っていました。
しかし、こちらのサイトから沢山の事を学び、知り、とても恐い病気なんだと分かりました。

誰も分かってもらえないと、いつも思っていた摂食障害について、何も言わなくても分かってくれる相談員さんが、とても私の力になって頂いています。

私は過食嘔吐の回数が多くて、重度の診断がされていて期間がかかってしまうかもしれないですが、諦めず、頑張って変わりたいです!!

食べ過ぎたら吐けばいいと思ってたらあっという間に20年経った

女性 会社員 42歳 A型 愛知県

今となっては、始まりがいつだったのかも詳しく覚えていません。
なんとなくな記憶になりますが、20くらいの時の失恋が原因だったのかもしれません。
スタイルが良くて可愛くて憧れていた親友が、私の彼と付き合うことになり、
自分を否定されたような気持ちになったのかもしれません。

今の自分をかえれば、彼が戻ってくるに違いないと、それこそ、幻想なのに、無理なダイエットをはじめ、反動で過食になり、食べ過ぎたんだから、吐けばいいと簡単に嘔吐が始まり、あっと言う間に気がつけば20年。

この20年の間、過食嘔吐を繰り返しながら、自分の苦しいことや悲しいことを受け止めるのをごまかし続け、親から見たらいい子、友達からもいい子、誰が見てもいい子を続けてきました。

過食嘔吐がひどくなった今、お金はギリギリ、心もギリギリを保ち仕事をしたり、周りの人との関係を保っています。
でも、もう、これが長く続かないこと、崩れるのは時間の問題だということがわかります。

コントロールできると思っていた幻想は崩れ、コントロールできない感覚を確信しています。
それくらい、この病気は精神もダメにしてしまうものなのだと感じています。

自分のこれからをあきらめたくなくて治そうとしているのに、紙一重で、人生をあきらめてしまいそうになる自分もいます。
それくらい心を侵されてしまっているんだと思います。
ただただ怖いです。

吐くために食べるようになった

女性 会社員 44歳 O型 愛媛県

27歳の時、友人の結婚式のためダイエットをしようと思い、運動と食事制限を行った。
炭水化物やたんぱく質、脂肪を極端に減らしてカロリーの少ないものばかり食べていた。
途中で制御できない食欲に負け、我慢していたお菓子や菓子パンなどを大量に食べるようになり、誰に教わったのでもなかったが、そのうち吐くようになった。
それが過食嘔吐の始まりだった。

最初のころは、食べても吐けばリセットできると軽く考えていたが、そのうち吐くために食べるようになっていた。
満腹感もなくおいしいという味も感じない。
いったんスイッチが入ると、冷蔵庫や家の中の食糧庫の中をあさり、手あたり次第食べ吐いていた。

30代のころはほとんど毎日、ひどい時は1日2~3回していた。
これではいけないと吐かないように我慢しても、いただきもののお菓子や、食事会でのカロリーのある料理、揚げ物のおかずなど自分が食べては太ってしまうと思うものは食べたら吐いてしまう。

吐こうと思うと冷蔵庫などからいろいろなものをあさって食べてしまう。
仕事などでストレスがたまっているときにもスイッチが入ってしまう。
甘いもの(チョコレートやアイス、ケーキなど)への強い執着があり食べだしたら止まらない。

多量の下剤を服用した時期もあった。
無理なダイエットで筋肉が削げ落ち、30歳で腰椎間板ヘルニアを発症、手術もしたが経過が悪く2年ほどは入退院を繰り返し、ほとんど寝たきりの状態だった。
その頃は生理も止まっていた。

失業し、鬱症状、被害妄想から友達も離れていった。
その後も何度かやめようとしたがしばらくすると再発してしまった。
恥ずかしくて過食嘔吐のことは誰にも相談できなかった。

心療内科でうつ病と診断され投薬治療を受けるが、症状が改善することはなく年々悪くなっていった。

30代半ばから頭痛、めまい、体が重くて起きていられない、集中力の低下、考えがまとまらない、好きだった読書、映画鑑賞も頭に入っていかなくなった、極度の体の冷え、被害妄想、鬱症状、死にたいという願望、感情が制御できないなどの症状が出てきた。

現在は、胃潰瘍を発症しており嘔吐後のめまい、頭痛が特にひどい。
嘔吐時の痰に血が混じることもあり、嘔吐後数日は喉が詰まったような感じがして息が苦しく、頭痛、めまいのため起き上がれなくなる。

このままではいけないとセンターの無料相談を受け現在は2週間ほど嘔吐をしていない。
頭痛、めまいは軽減してきており、相談で気持ちも少しずつ軽くなっていると思う。

心配をかけた家族のためにもこの機会を生かして回復につなげたい。

過食嘔吐30年、娘は児童相談所へ

女性 自営業 45歳 A型 青森県

私が過食嘔吐を繰り返すようになって、30年が過ぎました。
最初は、中学三年生の頃で、それよりもずっと前、生まれる前から家庭が崩壊していました。

父はギャンブルと女性関係をずっと続けては、たまに帰ってきてケンカばかりでした。
父がいない間、母親はずっと機嫌がわるかったり、辛そうだったり、私に父がどんな酷い人間かをずっと話していました。
母親は、毎日私とたくさん食べては、後からビニール袋に吐いていました。
そのうち、母親と夜中にたくさん食べてストレスを解消した気分になり、でも太ることも恐怖になって嘔吐するようになりました。
食べてから、大量の水を飲んで簡単に吐けるようになり、吐いた後はスッキリした気分になっていました。

高校受験の前日、私は父が転がり込んでいた女性の自宅に、1人で行きました。
「これからどうするの?」
という質問に、父は
「もう帰らないと思う。」
と答えました。その時、私はホッとしました。
もうこれ以上、発狂したような母親を見たくなかったから。
次の日の受験を頑張ろうと思いました。

無事、高校に合格し、入学して間も無く、学校から帰宅すると父が帰ってきていました。
あんなに離婚すると言っていた母親が、また父を受け入れることに嫌悪感を感じ、本当に家に居たくなくて、その頃リストカットをして病院に運ばれて傷を6針縫いました。
もう人生を終わらせたいと思っていました。
でも、父は何ごともなかったように家族旅行を計画しました。
幼い頃から、修羅場のようなケンカの後は必ずドライブや旅行に連れて行かれました。
ずっとずっと、楽しそうなフリをしてきました。
母親の為です。
そのリストカットの後は、この家を出たいと、受験勉強を頑張ろうと思っていましたが、毎晩過食嘔吐を続けて、家にある余ったごはん、パン、お菓子、なんでも食べて吐くを繰り返して毎日疲れていました。
受験の直前は、東京で予備校の直前講習を受けていたのですが、ほんの1、2か月は過食嘔吐が止まり、実家を離れてストレスが減って治ったのだと思いました。

けれども、大学に合格して1、2か月過ぎた頃から、大量に食べることが楽しくなり、また嘔吐する日々が始まりました。
彼が出来ても、余りにたくさん食べるので、おかしいと思われていたと思います。

そのような日々を過ごし、就職する時期になり、大手企業に就職が決まって、新たな気持ちで生活しようとしましたが、毎晩の過食嘔吐は全く治らず、それどころか、外でお昼を食べても吐くようになり、だるく、疲れやすく、そのうち会社に行くのがおっくうになり、とうとう辞表を出して退職しました。
その頃は、貯金を切り崩しながら一日中過食嘔吐を繰り返して、途中喘息発作で入院しました。
その後は、アルバイトを転々とし、知り合った人と結婚し、相手がうちの家業を継ぐと希望した為に、実家に帰ることになりました。

でも、私が高校生の頃と全く現状は変わらず、そのうち妊娠したのですが、つわりが酷く、人のかすかな体臭にも吐き気がし、吐いていました。
旦那は、私が嫌っていると思い、暴力をふるうようになり、身体中アザだらけになり、切迫流産で入院することになりました。
入院中、自宅に戻ることが恐怖になり、大きなお腹の中の子供を守りたいと思って、離婚を決意したのです。
その頃は、つわりが治り、過食嘔吐もしばらく出産まではなかったです。
どちらかというと、拒食に近く、赤ちゃんの為に無理やりほんの少し食べている状態でした。
出産してすぐに、東京に日帰りで調停を行い、2回で離婚が成立しました。

それから、実家を出てアパートで子育てと仕事をして生活してきました。
その間も、子供が寝てから、過食嘔吐を毎晩繰り返していました。
娘が高校受験の時、今迄余り感じなかった感情が湧いてきたのを覚えています。
私も、娘のように応援されたり、心配されながら受験の日を迎えたかったと、いろいろな感情が浮かびました。
その後も、過食嘔吐は続き、高校に入学した途端、娘の成績が音を立てて崩れるように落ちていき、2年生に上がる頃は最下位になりました。
べつに非行に走ったわけでも、すごく反抗したわけでもなく、ただ、勉強が出来なくなっているようでした。
私は、娘が良くない方向へと向かって落ちて行ってると思い込み、暴力をふるうようになりました。
常に先が不安で、酷いことをたくさん言って叩きました。
その頃、過食嘔吐は一日中になっていました。
そして、本人の希望で、学校から児童相談所の一時保護所に保護されました。
私に殺されるかもしれないと思ったそうです。
児童相談所から、娘が精神病院で診察を受けるので、娘に会わずに私も病院で面談を受けることになりました。
娘の診察が終わり、私が診察室に入ると精神科のお医者さんは、
「長く摂食障害で苦しかったね。娘さんが、治療して欲しいって望んでいますよ。」
とおっしゃいました。

保護されてから一度も娘に会っていませんが、娘は自分が生まれてからずっと、私が過食嘔吐を繰り返して毎日を過ごしてきたことに、心を痛め、私が暴言や叩いたり酷いことをしても、病気なのだと思っているということに初めて気づきました。

娘は、兄夫婦の住む東京へ、今日旅立ちます。
私が過食嘔吐を克服できるまで、私は彼女の母親ではありません。
どんなことがあっても、過食嘔吐を治したいと思って、こちらの相談センターの方のご指導を受けながら、頑張ろうと思っています。

胃が焼けるように痛いのは辛かった

女性 会社員 30歳 B型 東京都

ご飯屋さんをはしごしてごはんを食べる、
コンビニで菓子パンを買い込んでたべる、
そして吐く生活でした。

どれくらいの金額や時間を使っているかは怖くて考えないようにしていました。

特に辛かったのは妊娠中で、胃が上に上がったためか食道が焼けるように熱かった時期がありました。
嘔吐による合併症を意識し出したのはこのころからです。
痛みで夜は寝られませんでした。
めまいも多くてビタミン剤を飲むようになりました。

虫歯はずっと多くて、今行っている歯科医で嘔吐を指摘されました。
自分のことを客観視するのがとてもこわくなりました。

子供を産んでからは気付かれないようにトイレでかくれて吐きました。
でもトイレまでハイハイしてやってきたりして、辛かったです。

難病は、全てを蝕む

女性 主婦 41歳 O型 岐阜県

18年間、過食嘔吐。下剤使用。
今年で8歳になる1人息子について書きます。

今回、このタイトル、なかなか書くことが出来なかった
自分の中で色々な感情が溢れ
憤り、後悔、不安などがいっぱいになったからだ、でもありのままを書くことにします

妊娠中も、もちろん毎日のように過食嘔吐。
3700g、よく無事に産まれてきてくれた
奇跡だと思う。
私は、その後、2回自然妊娠し、早期流産している。
もちろん、原因は私の生活にある。

1人産まれたから、別に過食嘔吐ぐらい大したことない。
ちゃんと、産まれたくれるから大丈夫だと、たかをくくり、過食嘔吐しまくり、下剤も増やしていた。
流産して当たり前。

息子が産まれた時、難産で疲れた。可愛いとすぐに思えなかった。
幸い丈夫な子ではあったが、ひどく神経質、抱っこしてないと泣く、夜泣きは7歳まで続いた。

子育て…
私が彼にしてきたこと
叩く、蹴る、部屋に閉じ込める、水を頭からかける、
泣いても、わめいても止めない、
泣いて追いかけてくる子をひっぱたく、
小さい時は布団の上に投げ飛ばした、
子に向かってクッションなどを投げつける、
羽交い締めにして
「文句あるなら言え!」
と怒鳴りちらす
「あなたは、私を苦しめるためにいる!」
もう嫌だ、なにもかも終わりにしたい、
子なんて居なくなればいい。
何度叫んだことか。

私は、過食嘔吐で常にイライラ。
怒りのマグマが噴き出す
それを全て、子にぶつける
尚も収まらず、執拗に責め立てた

私は正しい育児の本を買いあさり、自分の間違いを
直そうとした
自己啓発、スピリチャル、何でもセミナーに通い出口を探した、変わらない自己

マクロビ、菜食に没頭して、食べものは調味料からこだわり、全手作り。
市販のものは、添加物が怖くて与えられない。
オヤツも手作り。
その影で、私はジャンクフードを過食嘔吐。

テレビは悪影響だから無し、砂糖無し、肉無し、無し無し、色々な物を必死に排除してきた

それが子供のためと信じている

その結果、
今子供は、イライラ、怒りっぽく、気に入らないと暴れ、物を投げつける
ヒステリーは、私と同じことをして、しっかり真似している
染み付いてしまった

まだ、間に合うのか?
8歳、この期間を取り戻したい
私の中にも、少しは存在する母性を
愛を与えたい

難病は、全てを蝕む
こんなはずではなかった

完治して、本来の私でいたいと思います

食べ吐きしている時間はとても辛い

女性 会社員 22歳 A型 大阪府

私が摂食障害になって3年が経ちます。

それはとても早い3年でしたが失ったものはとても多く感じます。
まず時間を多く失いました。
食べてる時間。
吐いてる時間。
しんどくて友達に逢えなかった時間など色々な時間を失ったと思います。

食べてる時間や吐いてる時間はとても辛かったです。

食べ物の為に毎日大暴走する

女性 主婦 28歳 O型 愛知県

24歳の時に拒食→過食症→過食嘔吐になりました。

拒食の時は痩せていない自分なんて醜くてたまらない!
とカロリー計算ばかりしてた。

過食になってからは、暴走する食欲と後悔で死にたいと泣く日が続きました。
嘔吐するようになってからは、今まで我慢してきた高カロリーの物をいくら食べても無かった事にできる!
と魔法が使えるような感覚でした。
しかし、毎日毎日過食嘔吐の事しか考えれなくなりクシャクシャの生活になってしまいました。

食べ物の為に大暴走する自分、
お金をいくら稼いでも消えていき、
周りに平気で嘘をつくようになり、
普通の生活がままならなくなりました。

明け方や深夜にコンビニに走ったり、雪の日に車で買出しに行き事故したり。

心の余裕のある生活がしたいです。

過食嘔吐をしながら、子育てするのはとても大変

女性 会社員 40歳 O型 北海道

1人目の産後太りを経験し、2年かけてようやく元にもどった頃2人目を妊娠しました。

食べづわりのため、常に食べてしまう事がとても嫌でした。
この頃に過食嘔吐を知り、初めて口の中に手を入れ吐きました。
吐くのは辛かったけど、抑えられない食欲と太りたくない思いから過食嘔吐を繰り返すようになっていきました。

その時は、食べづわりがおさまるまでと思っていました。
でも、それから今まで15年が経ちましたが、止められていません。
食べ始めると、寝たら吐こうと考えます。
寝てくれなかったら、吐く事を邪魔する存在に思え、望んで産んだ愛しい我が子をうっとおしいとさえ思うのです。
吐き終わり、寝ている子どもがを見て、もうやめようと自分に言い聞かせますが、それでもやめられないのです。

過食嘔吐をしながら、子育てするのはとても大変です。
家事をする時間がなくなり、毎日寝不足になります。
子どもの話にじっくり付き合う事もなくなり、食事も簡単にできるもので済ますことも多くなります。
外に行く事も面倒になります。
過食費もかかり、子どもにかけてあげられる事も少なくなります。
私の病気のせいで、子どもを傷付け、いろんな我慢をさせてしまっています。

産後の入院、仕事を始める、引っ越しをするなど、一時的に止められた時もありましたが、治りません。
本当に怖い病気です。

今、私は私のできる事をしっかりやろうと思います。
そして、いつか忘れてしまった普通の生活をつかみたい。
本当に心から笑いたい。そんな母親になりたい。

嘔吐のあとは頭痛もするし嫌なことばかり

女性 学生 18歳 B型 茨城県

私は今は高校3年生です。
最初は中学3年生のときのダイエットが今考えてみると拒食の発端でした。
たしか、プールの授業が始まるから痩せたいと思って炭水化物を抜くようになって、朝と夜はほとんど野菜と白滝でした。
給食はたべてないと友達から心配されるので、少なめにもってもらってちょっと食べて、特に揚げ物は男子にあけてました。
そんな感じで52kgから45kgくらいになり中学を卒業しました。

その時から無月経になりました。
今考えてみるとネガティブ思考や自傷行為などの原因は無理なダイエットだと思います。

高校に入学してすぐ部活に入ったので忙しさと高校生活に慣れないストレスが重なりピークで41kgにまで減りました。
でもモデルさんもそんな感じだし大丈夫でしょ。
と思ってて男子の先輩からも好かれたりして、
『大丈夫?』
って親とかに心配されても、やっぱり痩せている自分が好きでした。
(もともと中学の時いじめでテニス部を止めて美術部に入ったことで、また太っていくことで劣等感を抱いていました。)

高校は中学と違い、休み時間いつでもお菓子などを食べることができます。
それまで全くお菓子を食べませんでしたが友達から貰って、個包装してあるものは家に持って帰っていましたが手渡しで貰うものは流石に食べないと悪いなと思って食べるようになりました。
お返しをするのに自分でもお菓子を買うようになりました。
そしたら今まで我慢していたお菓子を食べて、すごく美味しいし私も普通に食べていいんだって思って、そこから普通にお菓子を食べるようになりました。
その後だんだん食欲が増えて行き、友達や親も
『もっと食べろーもっと太っても平気だよー』
という感じでしたので、そっかー食べていいんだ!
って思ってどんどん太っていきました。
それで50kgくらいになってやばいと思い出しました。

初めて嘔吐したのは、食べ放題で食べ過ぎて気持ち悪くなって吐いたことです。
それから
『あ、吐けばいいのか』
と思いついてしまい太りたくないので食べ過ぎた時は吐くというようになりました。
最初は週1かもっと少なかったです。

お菓子とかいっぱいもらった時腐っちゃうし勿体無いから、申し訳ないけど味わないで捨てるよりはいいと自分に言い聞かせ吐いてました。

それが最近では週に3回くらい、だいたい1日置のペースになってしまいました。
吐いたあとは頭痛するし罪悪感でいっぱいだし、何もしたくなくなるし、お腹痛いし、食べ物が怖くなるし、嫌なことばかりです。
今考えると胃の痛み、虫歯が増えたこと、生理不順、ネガティブ、体重増加、頭痛、浮腫み、など私の全ての悩みは摂食障害から始まったんだと思います。
早く治したいー!と思ってます。
ここでの皆さんの掲示板を見ると励まされます。
ありがとうございます。
自分も頑張ろうと思えます。