本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

タグ : 下剤常用

私の過食歴

女性 会社員 31歳 A型 東京都
もう少し詳しく書くように先生からご指導を受けました。

中学生まで…ヤセ気味。

高校生になり食に目覚める!(家系も大食い体質カモ)
高校二年・・・膝を痛めたの(手術1回目)を機に10㌔太る
大学時代・・・ダイエットとリバウンドの繰り返しで最終的に65㌔↑くらいまで増えた。
この頃は、あまり吐いたりすることはなかった(というか出来なかった)
大学三年・・・何度目かのダイエット失敗と人間不信からプチ引籠り(一週間くらい)自殺しようと遺書を用意し、市販の精神安定剤を買いためていた。
寸での所で母親に止められ、心の思いもぶちまける事が出来て復活。

大学四年・・・就職活動をしていたら少し体重が減ってきた。
精神的に安定し彼も出来たのを機にダイエットし、最終的には48㌔まで落ちる。
この頃から維持をしようと嘔吐が始まる。

25歳くらいまで・・・仕事を続けながら、過食嘔吐をくりかえす毎日。
時にはお店(職場)の食品を盗んで過食することもあった。
嘔吐が原因で実家にも辛くなり、家出状態。
そんなある日膝をまた痛めて近くの病院で再手術。
(2回目)
25歳のとき・・・・交際相手が変わり、彼の家で暮らす様になったこともあり病状が安定。

26歳のとき・・・・スロットにはまり、過食嘔吐は全くなくなる。

29歳のころ・・・・転勤先の上司と合わず、大学卒業から続けていた会社を辞める。
ネットゲームにはまる、この頃は過食嘔吐は過去の出来事と思っていた。
下剤も1週間に1度飲む程度。
  
1年半前・・・・ネットゲームで知り合った今の彼と付き合い始める。
田舎から上京し東京で同棲を始めるが喧嘩ばかり、時には暴力も受けた→適応障害、パニック障害気味。
喧嘩が始まると、自分を守ろうと包丁を持ったりするようになるが、過食嘔吐はまだ収まっていた・・・

1年前・・・・・東京で派遣社員として勤めを始める。
対人ストレス増加。
入社一ヶ月後に、不注意から膝の古傷を痛める。
仕事始めたばかりで、また手術となると困るので、辛かったが病院にも行かず痛みを堪え仕事を続けた。
しかし古傷再発のショック+職場のストレス+彼と性格の不一致など、私の我慢もついに限界に達し、過食嘔吐がまた始まる。

去年の6月・・心療内科で過食症の相談をする。
彼も1度付き添いをしてくれた。
5.6回通った。
ルボックス、デパス、リタリンなど処方されるが、最初こそ効いた気がしたものの、やはり治まらなかった。
自殺願望も強くなる。
最終的に先生に「あなたは元々ガマンの器が小さいから…根本的治療は薬では難しい…」のような事を言われた。

去年の8月・・病院も当てにならない。
と思ったら薬に頼るのもなくなり安定剤全く飲まなくなる。
お盆やすみ実家に一度帰る。
(気分転換)一人暮らしをはじめる為に貯金をしようと、仕事の休みの日もアルバイトを始める。
このとき最低体重は45.8㌔ 過食嘔吐は数日ガマンしてまた再発。。とか

      
去年の11月・・悪循環を続ける日々、また膝を痛めてアルバイトができなくなる。
今回は病院に行った。
絶望的になって、ありったけの薬を手当たり次第飲んだり自殺未遂ぽい事もした

     
今年1月・・・・一人暮らしをはじめる。
彼と別居することで安心できる時間を得る事はできた。
しかしその自由な時間があるからこそ、誰の目を気にせずに過食できてしまう環境となり、買い食い+嘔吐がひどくなる一方。

今年2月・・・・下剤の乱用+食中毒で救急車に運ばれる。

一昨日まで・・・毎日3000円くらい買い込みをして、大食い選手並みに過食→嘔吐。
十二指腸まで詰まるほど食べるため、全て吐けず太り始める。
現在50㌔くらいかなぁ。
このままでは破産すると思い、毎日死ぬ事ばかりを考える・・・センターに出会う

怖い過食症人生

女性 学生 20歳 O型 神奈川県
おはようございます。

わたしの過食は、今考えてみると中学生頃から始まっていたと思います。
わたしは中学受験をし、中高一貫の進学校に入学しました。
当時、バスケットボール部に所属しながらも あまり部活には出ず 家に帰って 誰もいないときには必ず何か食べていました。
そんな私はみるみる太っていき、中学校入学当初より8キロも体重が増えたのです。
これはマズイ!!と思った時に【下剤】に出会いました。
下剤は食べたものを全て流してくれると思っていました。
それから、わたしは食べては、下剤を飲むというのが習慣になっていました。

高校生になっても8キロ太ったときと大して変わらない自分が大嫌いで、わたしはダイエットを始めました。
1日2食をダイエットフフードに変えるというダイエットでした。
そのダイエットを始めてから、わたしは1日1食しか食べれない【普通の食事】のことで頭がいっぱいになっていました。
そして、だんだんその【普通の食事】は普通ではなくなっていきました。

結局そのダイエットは失敗し、逆に過食は酷くなって家族に隠れて夜中に色々なものを食べるようになりました。
パン、アイス、お菓子、夕飯の残りのシチューetc.. いくら食べても満たされることはなくて 食べつづけました。
 そして、食べたあと10錠~20錠くらい下剤を飲み、現実逃避するかのように寝ました。

わたしの体重は減ることはなく、また5キロ増えました。

過食をした翌日の気分は最悪でした。

死にたいと、ほんとう毎日考えていました。
朝リストカットをして、何もなかったような顔をして学校に行く。
けれど、わたしは毎日、今日帰り何処で死のう・・とか考えていました。
世界が灰色に見えていました。

そんな生活をつづけながら、わたしは高校2年生になりました。
わたしは、精神的にも辛すぎて どうしてわたしはこんなに辛い気持ちになるんだろうと考えていました。
精神科の本を読んだりして自分なりに勉強しました。
そのときに、わたしは【過食症】だと気づきました。
このときの気持ちは、ショックと言うより自分が辛かった原因が分かって安心したことを覚えています。

高校2年生が終るころ、わたしに彼が出来ました。
同じ学校の同じ学年の男の子です。
こんな醜いわたしを好きになってくれる人はいないと思っていたので、とても驚きました。
彼はとても優しい人で、たくさんの愛情をわたしにくれました。
すると、わたしの過食は少しづつなくなっていき、体重もみるみる落ちてきました。
周りからも痩せたねと言われて、とても嬉しかったです。

そして受験期を向かえました。
受験で体力を消耗したせいか、わたしの体重は中学入学当初と同じか、少し少ないくらいまで落ちました。
しかし受験の結果は、彼だけ大学生になり、わたしは予備校に通うことななったのです。

予備校に入って2ヶ月ほど、私は彼の近くに行きたくて勉強を頑張りました。
しかし、彼との別れが来ました。
それから、わたしの過食はまたはじまり、体重は7キロ増えました。

そして、また受験期。
わたしの体重は7キロ落ちて元に戻りました。

晴れて大学生になり、ひとり暮らしが始まりました。
それから、わたしの過食がまた始まりました。

今月の2日に、身体測定がありました。
去年の4月から6キロ増えてました。
体重を量ってくれる人が、「普段からこの体重ですか?」と聞いたほどです。

2日の夕方、わたしはまた過食をしてしまいました。
その後に、このセンターの存在を知りました。
センターにメールをし、相談をしてから もうすぐ2週間になります。
一昨日、以前より少ない量ですが過食をしてしまい、下剤を10錠飲んでしまいました。

しかし、過食する間隔が明らかに開いてきています。
以前は週に2、3回程度でしたが、今は2週間に1回の間隔になりつつあります。
このまま良くなっていきたいです。

長くてごめんなさい↓

私と下剤

女性 会社員 39歳 A型 大阪府
おはようございます。皆様。
昨日は、尻切れの書き込みで去ってごめんなさい。あれから思いっきり泣いた。
どうせ1人やし、だーれも居ないので声だして
「わーん、わーん」子供の時の泣き方やなーあれは・・・でもスッキリしたわ。うん。
今まで書いて無かったけど、勇気を出して・・聞いて下さい。
私の身長は155cm体重は29㎏から30㎏の間をうろうろしてる。
想像つきますよね?そうガリガリ「まさにガイコツ」です。
だから本当は、下剤なんか必要ない。身につけなあかん
「死」との背中合わせです。
一時は27㎏ぐらいまで落ちた。手、足は冷たく仮死状態です。
そして、出先で倒れた。大きな病院に運ばれ、血圧をはかりながら点滴を受ける。
あがらなければ・・・きっと死んでた。その後、大きな病院の心療内科など転々とした。
どこも受け入れてくれない。たらいまわし状態。ようやく大阪市大が受け入れてくれた。
暫くは通院したものの、嫌になっていかなくなる。たまに「親と一緒にこい」といわれ
父親と一緒に行ったこともある。そのときお医者さんが「このままやったら、あきらめてください」と言ったらしい。(後で聞いた、ぞっとする)
でも、そのときは、最悪の状態だったので1日中喰い吐きして、下剤も大量にのんでたし
「死んだらえーねん」そう思ったときもあったし・・・
この体型ではただのカゼも危険な状態。先日(ここに来る前です)もカゼひいただけで
肺に陰ができて呼吸困難をおこす。
そのとき、夜、突然、胸が苦しくなって息ができなくなった。
真剣、死ぬかと思った。
そして、ここをしり 「今の私。」
本当に、過食嘔吐、下剤乱用、激やせ。この病気は怖い。と改めて思う。
ここにきて私は、過食は止まったものの、下剤は、はなせない。
昨日の夜は、飲んでしまったけど、昨日の母との件もあり、さすがに今朝は飲めなかったそしてポーチに入れてる下剤を、朝から入れたり、出したり・・自分でも妙な行動やと思う 。