本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

タグ : 合併症

アルコールで気が大きくなり過食嘔吐も悪化。

女性 主婦 40歳 A型 沖縄県

高校3年生の夏休み最後の日。塾から帰宅後無性に食べたくなった。
その日以来、食べ物のことが頭から離れない。朝から晩まで食べ物で頭の中はいっぱい。登校する自転車を運転しながら食べていた。
3ヵ月で体重が8kg増えていた。そのうち嘔吐することを覚えた。

高校卒業後から親元を離れた。仕送り、バイト代全て食べ物に消えていった。
20代殆ど過食嘔吐とお酒に注ぎ込んだ。お金も時間も。

20代後半から30代は結婚、出産、育児で二人の子供を育てることになる。常に食べる時間の確保の心配。子供の小さいうちは隠れて食べ吐きしたり、早く寝かせてお酒を飲めたが、徐々に出来なくたってきた。

34歳頃に、毎日飲酒が欠かせないことに気がついた。恐らくもっと前からだろう。
今では毎日夕方からお酒を飲む。その姿をみて子供が嫌な顔をする。お酒を飲むと気が大きくなり、過食嘔吐することをためらう気持ちが無くなり、また隠れて吐く。本当に悪い連鎖ばかりが続く。

今年、初期の乳癌がみつかり入院手術。
心身ボロボロ。でも依存症行動は抑えられない。
23年もの日々が、身体が、心が、摂食障害に奪われた。

最近、こちらのセンターに巡り合えた。
もうこれ以上、自分も家族も傷つけたくない。
依存症に苦しんでいる人みんな一緒に開放されたい。
もう誰も依存症の犠牲になって欲しくない。

前向きに取り組んでいこうと思っています。

湧いてくる自殺願望。それでも生きたい。

女性 無職 30歳 A型 東京都

16歳から過食嘔吐をするようになって、14年になりました。当時芸事をしていて、先生に痩せなさいと毎日怒られていました。あと、3キロが痩せられず、吐くようになりました。

無事にその芸事を仕事にできたものの、過食嘔吐は止まるどころか、徐々に酷くなっていきました。20歳のころ、コントロールがきかなくなり、毎日2回の過食と嘔吐が止められませんでした。喉から血を出しながら手を突っ込んで吐いていました。上手く吐けないこともあり、体重は、どんどん増えていきました。
それなりに綺麗にしていなきゃいけないのに、顔は浮腫んで、目はうまく開かず、そんな日に写真を撮らなければならず、絶望しました。写真撮影の直後からは、記憶が曖昧です。仕事場に行けなくなり、休職。それでも家では過食嘔吐。
死にたくて海外のダイエット薬をボトルひとつ分飲んだけれど、心臓がバクバクとしてから意識が朦朧としただけで、死ぬことなんてできませんでした。

実家に戻り療養していましたが、復職は出来ずに辞めました。
心配してくれていた友達とは、私から繋がりを絶ってしまいました。

整形手術もしています。18歳で鼻、20歳の時に脂肪吸引、26歳で鼻を元に戻して、30歳で顔面の骨を切りました。理性なんてありませんでした。醜いのが辛すぎて、やらずにはいられませんでした。
波のある過食嘔吐は1日1~2回、連続一週間の時が、私の場合一番危険です。自殺願望が湧いてくるからです。衝動的に自殺するかもと感じています。

28歳のころに自殺願望がもっとも強く、和室の鴨居に首を吊って死ぬところを毎晩シミュレーションしていました。
愚か者ですが、イメージしていると出来るような気がしてくるんです。紐も自分で編んで、荷物は整理してアルバムも処分しました。
過食嘔吐をしているときはまるで自分じゃなく、もう一人の違う自分がいるように感じるので、その人が100%自殺を実行しないとは言い切れません。しかし、今の私はこれからの困難を覚悟して生きていくつもりですので、自殺は絶対にしません。

なぜ存在しているのか、なぜ生まれて苦しんでいろんな経験をして死んでいくのか、これからどう生きていったらいいのか、なんとなくわかった今、過食嘔吐の症状を根絶することが今一番にやることです。そうして、もっと情熱的に人生を生きたいです。

結婚しても止まらなかった過食嘔吐

女性 主婦 39歳 A型 埼玉県

摂食障害になって22年。初めは高校時代痩せ願望から始まりました。どれだけ食べても吐けば太らない。それどころか逆に痩せて行く。お腹いっぱい食べて痩せれる!なんて簡単なんだと思っていました。
20代になり周りから少し痩せ過ぎと言われたけど自分ではこれが普通だと思っていました。就職し会社の健康診断でいつも尿検査でひっかかり精密検査を受けて下さいと記載されてましたが気にもしませんでした。
働いたお金は全て過食嘔吐につぎ込み貯蓄は全くできず、家族からは何にそんなお金を使っているのか?不思議がられていました。

20代後半から摂食障害という病気を知り自分は病気なんだと自覚しました。
それでも毎日過食嘔吐は続き喉が切れ血を吐いて辛くても続け
30代からは異常な自分に生活し辛いと思い始め摂食障害について調べ病院をさがし通院しました。

母や夫にも話し病院へも同行してもらいました。母は一緒にカウンセリングを受け家族として出来る事を先生から指示されましたが心の病は自分の問題と先生からの指示は受け流し、さほど重く受け止めてくれませんでした。
この病気は母親との関係が影響しているようなのと、やはり最後に頼りたいのは母親と言うのもあり理解してもらえないのは悲しかったです。夫は腫れ物を触る感じで遠くから見守っている感じですが夫の稼ぎで過食しているのでこれ以上何も言えません。
カウンセリングは全16回、40分15000円これも夫の稼ぎからです。
結局自分で治すしかないと思いました。

30代後半、何とか少しでも過食嘔吐をしない日を作ろうと頑張り、1ヶ月は過食嘔吐せずに過ごしたことはありますが毎日カロリー計算をし、カロリーの低いものばかり同じメニューを食べていました。結局食べることに囚われ続かず過食嘔吐に戻ってしまいました。
長年の過食嘔吐で腎臓機能に問題もでてきて、記憶力や考える事が劣ってきている気もします。
22年もの間自分を大切にして来れなかった。残りの人生は大切にしてあげたいです。

唾液腺が腫れて太って見えてしまう

女性 主婦 34歳 O型 神奈川県

過食嘔吐を患うようになり一番変わったのがフェイスラインです。
体重や体脂肪率が減っても顎下腺のあたりが何となく腫れていて、太って見えてしまい、目標体重を迎えてもまだ足りない!まだ足りない!と焦燥感に駆られました。
結果ファスティングと過食嘔吐を繰り返し、頑張りが水の泡…あっという間にリバウンドしてしまいました。

去年、症状が今より酷かった頃に受けた健康診断では血中脂肪高く、要観察の診断を受けました。
家族は、痩せてるのになんで?と疑問に思っていましたが、私には過食嘔吐が原因なのだとすぐにわかりました。
そこで初めて健康も害するのだなと気付きました。

唾液腺の腫れは今もまだありますが、毎日のように繰り返していた時に比べると落ち着いてきている気がします。
また腫らしてしまわない様に気をつけたいなと願うばかりです。

そして、私の場合、心にも悪影響を及ぼしている気がします。
痩せると高揚感。太る、吐く、食べると絶望的な気持ちになり一気に落ち込みます。
この繰り返しで自分についていけません。
普通に振る舞うのが精一杯で、食事に誘わたり、主人からお酒を飲もうと誘われると憂鬱になり、断る理由を考えてしまったり、いかに太らずに食べれるか、飲めるか、どんなお店なら大丈夫か…
そんな思いに支配されてしまいます。

このままではうつ病になりそうで怖いと思うこの頃です。

無関心、無感情・・・『こころ』を失う過食症

女性 主婦 49歳 A型 神奈川県

合併症、色々出てます。
経過年数による身体の不調や原因不明のあらゆる症状。
起き上がれないほどの激しい頭痛や止まらない下痢。
いずれもあらゆる検査を受けたが結果は異常なし。

嘔吐による虫歯と口の中の荒れ。
歯は入れ歯になり口内は常にヒリヒリとしたやけど状態。

足の爪も変色し裸足になれない。
皮膚もがさがさ、色も悪く張りがない。まるで老人のような身体。

体力も他人には気付かれないよう元気に振る舞う分反動で帰宅後グッタリ。
でも家事をやらなければいけないので酷使してるから家族には常に不機嫌。当たる。

たまにくるふらつきや気が遠くなるような症状。
胸が焼けるように痛く締め付けられる症状。
価値観の歪み。自分でも分かっているが歪んでます。

何事にも興味がなくなってしまったこと、楽しみがなくなってしまったこと、関心が持てない、好き嫌いがフラットになってしまったこと。
精神的には廃人のよう。

感情が無。
無関心無感情。

筋肉の衰え、軟骨の減少からくる身体の痛み。全て合併症だと思います。分かってます。自分でも分かってます。医師は首を傾げますが自分が一番分かってます。

過食嘔吐で2回の離婚。半分が入れ歯に。

女性 自由業 50歳 O型 神奈川県

私は32才から
18年もの間過食嘔吐
拒食も1度しています。

まず
息子が8才の時から
その姿を見せ
それだけが原因じゃないかもしれませんが
登校拒否
引きこもり
転職ばかりの現在です。

そして2度目の結婚から8年で
拒食になり
気持ち悪いからと
離婚してほしいと言われ
40才から
息子と二人。

私の体は
半分が入歯になり

仕事はフルタイム出来ず
転々とし
週2から3日が限界。

息子の大切な時期に
ちゃんと向き合えず
息子の人生狂わせてしまった事。

配偶者をはじめ
外出時食事がとれず
旅行も行けず
友人を、失い
妹二人から
疎遠になったこと。

精神的病気も抱え
お金も多額に
かかっていること。

何もかも
無くなる
失う事だらけです。

過食嘔吐により、多くの合併症を引き起こした

女性 自由業 30歳 O型 岐阜県

・浮腫み(ほんの短期間で2~3kg増えます)
・無月経(19~24歳くらいまでは不順、それから来ていません)
・目眩(頻繁では無いけれど、一瞬 天地が逆転する様な感覚があります)
・産毛が増える(顔剃りに行くと必ず多いと言われます。)
・歯(前歯の1/3は透き通っていて、一番目立つ所が欠けています。他にも沢山の歯が即治療レベルです。)
・食道炎(たまに喉の奥から胸にかけてしばらくキリキリと痛みます。)

他にも、
・すぐに疲れる・低体温・低血圧・顔色が悪い・皮膚の乾燥・爪が脆い など

予防接種とかインフルエンザ以外で病院へかかったことが無いので分からないけれど、今、検査をしたとして、とても普通の結果が出るとは思えません。

心の病気とも隣り合わせです。
インターネットで調べてみると、症状が当てはまる病気がいくつかあります。

人工肛門にもなりかねない下剤常用

女性 主婦 30歳 長野県
8年位下剤常用を繰り返した結果、直腸脱という腸が肛門から出る病気になりました。

手術の麻酔はとても痛く、繰り返さないって決めたのに月日が流れ痛さも忘れると、又下剤を使用しはじめました。

今相談を受けて下剤では痩せない事、体に大きなリスクを与えていること、将来人工肛門に成りかねない事を知り、辛いけど使用を止めようと思いました。