本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

タグ : チューイング

怖い過食症人生

女性 自由業 33歳 B型 栃木県

18歳後半、食べることが止められない、母は再婚した父を嫌う(でも心の中ではとても必要としていた)私のために、父と別れることを真剣に考え、父に相談していた。
ずっと部屋に閉じこもりきりの生活。
薬屋になんどか通い、思い切り眠くなる頭痛薬を買ってきて、一気に20錠飲み、うつらうつらとしてくるが1時間くらいして気持ち悪くなり部屋から這い出してきた。
「助けてー、見捨てないで。」と、朦朧とした中で言った記憶。
血のつながらない父が抱きかかえてくれた。胃袋が爆発しそう、気持ち悪い気持ち悪い。
傍で母が「この子をもうどうしてよいか分からない、手に負えない」
「馬鹿!なに言ってるんだ。自分で産んだ娘だろう、今まで一生懸命にやってきた娘だろう」
という会話が少し聞こえたことは覚えている。
父の腕の中でたくさん吐いた。母はかかりつけの医者に電話していたような。
この頃、夜中2時に家を出て、近くのスーパーのゴミ捨て場、残り物のお惣菜が捨ててあるのを毎晩拾ってくるのが日課。
チューイングをするが物足りない、ならちょっとだけ吐いてみようか、食べ吐きが始まる。

19歳のころ、浪人生活、予備校はほとんど行かず、毎日家で食べて吐く生活。
一度吐きすぎて貧血で意識がなくなりかけるがそのまま続ける。
20歳のころ、このままではいけないのかな、とふと思うようになり、何気なく専門学校の広告を見つけ、通うことにする。
21歳のころ、埼玉の専門学校に通うため、一人暮らし。毎日学校にまじめに通うが、夜は過食嘔吐、時間的に1回しかできなかったが、習慣になっている。
土曜日だけ「解禁の日」をつくった。好きなものを自分が安心して食べられるものから少しずつ食べ、おなかいっぱい食べても吐かない日。
酒を大量にのみ、そのまま眠る。夜中に起きたときは気持ち悪く、顔は倍くらいにむくんでいる。日曜の夜までうつらうつら眠り夜は過食嘔吐、土曜の夜に食べたものがまだ胃にのこっていて、気持ち悪いものまで吐き出していた。
そのうち、解禁の日も、普通の過食嘔吐になり、土日はずっと過食嘔吐をする日となる。
ある夏休みのある日、母と電話で口論になり、大量にアルコールをのみ久々の「解禁の日」を実行。急性アルコール中毒になりかける。
電話のやりとりを心配していた母が3時間かけて向かっており、アパートで倒れ掛かっていた私を発見し、事なきを得る。

そのまま学校を卒業、実家のほうにもどり、就職するが、やはり過食嘔吐を両親に気兼ねなく思う存分するために実家をでて、一人暮らしをする。

この頃、過食嘔吐、毎晩1~2回、休みの日はずっと。
途中、仕事を辞めたり資格を取ったりするあいだ、休みの日の過食嘔吐は減ったり増えたり。
ただ、今まで一日も休むことなく、毎晩の日課となる。

ここまで書いて、そのときの気持ちってあまりない。
ただ、25歳のときカウンセリングを受けたりして、私の中のインナーチャイルドが叫んでいる、ってことは分かった。

ガメラの卵みたいな中に入っているインナーチャイルドが出てこれなくて中でうずくまっている。ぶるぶる震えていて、怖いよ怖いよっていっている。

催眠療法、ワークなどもやったけど、途中で体が動かなくなり中断。

過食嘔吐が癖になっているところもあってタバコのように止められればと思うが難しい。

ダンナは11歳も上のひと、父親をかぶせているのかな。ダンナと付き合うとき、なんでも話を聞いてくれて「甘えられる人だ」って心が満たされた感じがあったこと、覚えている。
でも、結局男の人は甘えんぼ、私は甘えられず、過食嘔吐は続いている。

5万が10万、30万。

女性 主婦 38歳 A型 愛知県
12年前は過食のみ 嘔吐を始めるも食べ過ぎた時だけ 
それからどんどん進み 
3~4年前からは 過食チューイング嘔吐になり
1年前からは毎日3回チューニング お酒を飲みすぎた時は嘔吐
始めは5万が10万
そのうち15万があたりまえになり
終いには月に30万円になりました。
電話相談後 朝は半分食べれます 嫌な事があると過食をしたくなります

間違いなく増えてる。

女性 学生 21歳 AB型 神奈川県
摂食障害当初→チューイング
学校の帰りに食べ物を買う、もしくは万引きをしてチューイングしながら道端に吐いたりして帰宅。夕飯も噛み吐き。
半年後→過食嘔吐へ
毎日学校から帰ってきたら夕飯まで食べ続け、夕飯も食べた後嘔吐。1日1回。
5年目の現在
毎日2~4回。
自分の予定がない時は、彼氏が出勤して帰宅するまでほぼずーっと1日中食べる→吐く→買いに行くの繰り返し。
間違いなく増えています。
1回やれば気が済んでいたのに、今は暇さえあれば、という感じです。
お金がホントについていかないです。。。
まだ症状が軽い人は一刻も早く完治させる事が大切です!!

私の過食嘔吐、チューイング暦

5990 私の過食嘔吐、チューイング暦 2005/05/27 07:06
女性 無職 26歳 O型 香川県
18歳 友達から、過食したら嘔吐するということを知る。それから食べ過ぎてすごく苦しい時だけ、ごくたまに嘔吐。
22歳 父が会社を退職し、もともと会社勤めと実家の農業とを両立していた、お仕事マシンのような父は精神的なストレスから母に当たりだす。リビングの真上の私の部屋は、話し合いをしようとがんばっている、諭すような、すがりつくような母の声と父の怒鳴り声が、毎日二階の私の部屋にまできこえてきていた。
    

このころから、過食嘔吐が日常になってくる。

私も、会社を退職し、プチアルバイト&引き篭もりの日々が続く。
その後、半年間、職業訓練学校に通う。
このころから、不眠症がはじまり、生理もストップ。

23歳 過食嘔吐の悪化と、家庭のゴタゴタから抜け出したい。
このままでは、いけないと思い独り暮らしを始める。
しかし、人目を気にせず過食嘔吐できてしまうこと、再就職先の社長が機嫌の悪い時、大声で怒鳴り散らすことが、父と重なり1月半位で、実家に戻る。
同時に会社も退職。

24歳 1,2ヶ月家に引き篭もる。
その後、徳島の母方の実家にお世話になる。
喫茶店で半年ほどアルバイト。
過食嘔吐は少しマシになるが、水道費が異常に高いこと、トイレが詰まったことで嘔吐が治っていないことが、祖母にばれる。
厳しく注意を受ける。
このころから、チューイングが同時に始まる。
その後、総合病院で派遣社員として就職する。
いつの間にか過食嘔吐より、チューイングのほうが大半になってくる。
会社では派遣社員同士の派閥といじめ、家庭では超生真面目な祖母という環境でストレスは相変わらず。
チューイングが日常となり嘔吐回数も少し増える。

26歳 父母の離婚後1年経ち、実家も落ち着いたようで、周りの勧めもあり、実家に帰る。
同時に、近くの病院に就職。
しかし、人間関係のストレスから、ひどい不眠症なり、退職。
現在に至る。
現在はチューイングが大半で時間がある限りほぼ常時。
過食嘔吐は3、4日に一度くらい。