本当はこわい。過食症と過食嘔吐ブログ » 軽く考えていた

本当はこわい。過食症と過食嘔吐

センターの相談を受けた方に過去の体験を綴ってもらいました。専門スタッフによる「過食が止まる匿名相談」も行っています。

*

軽く考えていた

女性 学生 18歳 A型 神奈川県
始めは、全然深刻になんて考えていませんでした。
だって自分が「過食症」病気になるなんて思っても見なかったのです。
たくさん食べ過ぎてしまって、気持ち悪くなって、吐くことで治しました。
「うわー食べ過ぎちゃったよ!吐いちゃった!」なんて冗談半分な感じでした。
ダイエットを繰り返す中で、やっぱり太ったり、戻ったり、リバウンドを繰り返していました。
始めは本当に些細なことでした。
食べ放題で気持ち悪くなるほど食べた。吐いた。
今日ぐらいいっか。食べた分がなしになったりラッキーかも。
でも過食嘔吐とかいろいろ体に悪いとか言われてるし、もうやめておこうかな。
本当に軽く考えていたのです。
そのときは、まさか自分が過食嘔吐をやめられないでこんなに苦しむことになるとは思ってもみませんでした。
始めは本当にときどき。ちょっとやってしまった、でも太りたくない…
今日だけいっか。
そのうち過食することが多くなり、体重が増えてくると、それ以上太るのが嫌で吐いてしまいます。
1、2年、気づいたらあっという間に過食はひどくなり、それと同時に嘔吐もおこなうようになりました。
今は一度お菓子やパンを食べ始めると、途中で止めることができず、本当は駄目だとわかっているつもりなのに「どうせ後で吐くんだから、もう食べられるだけ食べてしまえ」と気持ちが悪くなるまで、胃の中に物が入りきらなくなる、おなかが痛くなるまで夢中で食べてしまいます。
だんだんひどくなる、けれど本当に自覚はしていなかったのかもしれません。
今のようになって振り返ってみると、「いつの間にこんなところまで来ちゃったんだろう…」と思わずにはいられません。