本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

「私は摂食障害になんて、ならない」と思っていました。

女性 学生 21歳 O型 新潟県

大学生3年になったある時、友達とビュッフェに行くことになりました。
痩せなくてはと焦っていたのですが、いきなり何かのスイッチが入って、沢山食べたりお酒を飲んでしまいました。お酒を沢山飲んだこともあり、気持ち悪くなりました。

アパートに帰り、沢山食べた後悔もあり、以前から興味があった摂食障害について、知った自発嘔吐の方法を思い出して、怖かったけど自発嘔吐してみました。その時から、「沢山食べたら吐けばいいんだ」「私は摂食障害になんて、ならない」と思っていました。それからはまだ、過食嘔吐はありませんでした。

その年の夏に、成人式が控えていたので、もっと痩せなくてはと思いました。1日1食鶏肉だけ食べ、毎日ウォーキングを欠かしませんでした。そして、体重は52㎏になり、成人式では1番綺麗だと言われました。しかし、成人式が終わり自分の中でも目標がなくなりました。
そして、実習もはじまり、今までの反動とストレスで、過食嘔吐がやめられなくなってしまいました。

酷い時は、コンビニやスーパーを4軒はしごしました。過食してるときは、快感と同時に自分が自分じゃ無くなり、すごく滑稽だと思います。嘔吐すると、声は枯れるし、吐きダコはや喉は痛いし、首は太くなるしで、最悪でした。
何度も何度もやめようと思いましたが、自分ではどうすることもできず、半年で8㎏太り、現在に至ります。

大好きな姉との食事も楽しめず、吐いてしまうと申し訳なさと後悔でいっぱいになります。
痩せたいのに、もうどんな食事普通で、1人分はどのくらいか分かりません。でも、痩せたくて痩せたくて、友達に太ったと言われる夢を何度もみます。辞めたくても止めれない、痩せたくてもうどうすればいいかわからず、本当に辛いです。
家族には言えません。家族には大食いだと、思われ食べないと心配して、「食べろ」と言われます。それも凄くストレスです。私は父が、怖くてしかたがありません。母とも、あまり仲が良くありません。姉だけが大好きです。

しかし、姉との、関係性が壊れることが怖くていえません。健康な食事と運動で、ダイエットできていたらと何度も思います。過食嘔吐をやめたくて、今回相談しました。過食嘔吐をやめることができるのか、痩せることができるのか不安でいっぱいです。
長文すみませんでした。