本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

バケツを横に置いていつでも嘔吐できるようにしていた

女性 無職 26歳 A型

過食嘔吐が始まってから7年になろうとしています。きっかけは、浮気した彼氏を見返してやろうと一念発起した食事制限ダイエット。
結局食事制限は持続できず、普通食嘔吐が日課に。

気が付けばダイエットにはまり、
毎日4,5回体重計に乗り、
100g増えただけで鏡に映る自分を罵倒し、暴れ、発狂するようになりました。
その後1年半ほどあまり記憶がありません。

覚えているのは、
毎日バケツを横に置いていつでも嘔吐できるようにしていたこと、
世間に自分の醜い体と顔を晒さないよう外出時は長袖・長ズボン・マスク・帽子で全身を覆い、肌の露出を異常に恐れていたこと、
一日中食べ物のことが頭から離れず仕事も勉強も一切手につかなくなっていたこと。

将来の目標や生きる意味を完全に失い、自分の存在価値に疑問を抱き、死にたいと何度も思いました。
しかし、自殺は出来ず、自分の存在価値は「女性として美しくいること」と意識転換し、さらにダイエットと美への執着が強まりました。

そして、見た目を褒めてくれて、自分を必要としてくれる人と触れられる環境を求めて、水商売、風俗の世界に身を置きました。
そして気づけば、お金に困っているわけでもないのに無意識のうちに万引きを繰り返すように。
盗んだもの自体には興味がなく、家に帰ってほぼ捨てていました。ある日、警察に捕まって初めて目が覚めました。

現在はOLを経て、実家で静かな生活を送っています。
家にいる時間はほとんど過食嘔吐しています。食事会もありますが、吐きたい衝動で会話に集中できません。また、顔がむくんでいることが嫌でドタキャンすることもあり、友人には迷惑をかけています。

摂食障害は本当に怖いです。
目の前の欲求にしか興味がなくなります。
一過性の欲望だけのために生きるので、何をしていたか一日を振り返る作業ができなくなり、気がつけば本来の自分の意思とは真逆のことを行っていたりします。
ふと我に返ったとき「こんなの自分じゃない」と一気に自己嫌悪に陥り、現実逃避のためにまた過食嘔吐を繰り返すのです。

とにかく、普通の生活が送りたいです。
本能と理性のジレンマから解放されたいです。
情緒を整えて、自分の本能中心の生活ではなく、人の幸せに寄り添えるような人間になりたいです。
どうか、この相談が改善への一歩になりますように。