本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

食べたくないのに食べたい、過食衝動に縛られる苦しさ

女性 自由業 25歳 O型 神奈川県

糖質制限と筋トレを合わせたダイエットをして、1ヶ月で6kg以上落としていました。友達との食事会で1度タガが外れ、それから反動のようにひどい過食衝動が出始めました。そしてそれからは毎日ひどい腹痛と吐き気を催しながら胃と口にものをつめこんでいました。
苦しくて食べたくないのに食べたい、食べないと不安という葛藤と、食べても食べてもなくならない過食衝動が四六時中あり、本来の生活が食べ物のことで埋めつくされていました。
もちろん食べたあとは自己嫌悪に襲われましたが、その中でもまだ衝動がおさまらず、胃に物が入らないため、せめて口の中に何か入れようとチューイングが始まってしまいました。さすがに何かがおかしいと思いながらも私は嘔吐をしていなかったため、このときは過食の自覚はありませんでした。
ネットで食欲や満腹中枢などについて調べていたときに過食のチェックリストにたどりつき、軽い気持ちで試しにやってみたら自分にあてはまっていて、ここでやっと「もしかして」と思い始めました。

それからいろいろ思い返してみると、私の過食は恐らく10年くらい前から始まっていたのではないかと思います。もともと家族が不仲で問題が多く、中学生頃からそのストレスを無意識に食べもので発散していました。食べている間は嫌なことは忘れていられました。嘔吐をしなかった私の体重は急増していき、この頃身長はもう伸びていなかったのに年に7,8kgの体重増加がありました。

それでも過食の自覚はずっとありませんでした。「過食」は病的な食べ吐きで私のはただの大食い、くらいの認識でした。
そしてそれがどんどん過食を悪化させていたのだと今はつくづく感じます。
体型がコンプレックスでダイエットをし、反動とストレスでさらに食べる、でもそれが嫌で今度は食べないように試みる、そして前にも増して食べる…。

精神的にも身体的にも辛かったです。私は友達とルームシェアをしているので、その子がいない時間にとにかく食べられるだけ食べ、不審に思われてしまう大量のゴミはバッグに入れて翌日外出した際にゴミ箱を探して捨てていました。
その子がいる間は怪しまれないように自炊したものを少量食べるなど偽装をしていましたが、内心では過食ができないことにイライラしていました。そのため外に出てコンビニでお菓子やパンなどを買いこみ歩きながら道で食べたことも何度かあります。
雨に濡れようがバイトで疲れていようが、食べることが最優先でした。
そして胃が食べ物でいっぱいになると私は何をしているんだろうと我に返り、そんなことをしている自分が恥ずかしく情けなくなり、ご飯すら普通に食べられないことに惨めな気持ちになることもありました。いつも過食がバレることを恐れていて、その緊張感もまたストレスでした。そしてこの間、食費は以前の7~8倍にまで膨れあがっていました。
過食はたくさん食べてしまうというだけの単純な病気ではない、こんな風に精神的・身体的・経済的に追いつめられてどんどん身動きが取れなくなる、根性論や希望的観測ではどうにもならない難病なのだと、きちんと自覚することが回復への大きな1歩なのだと今は思っています。