過食症と過食嘔吐 心の声を聞いて

食べたいけど食べたくない。普通に食べられない。
過食症になってからのみなさんの体験談をまとめました。

軽い過食嘔吐だと思っていた1年前・・・あっという間に毎食吐くように・・・

女性 無職 23歳 A型

過食によって体重が増えていった。
体重が増えたことによって、自分の自信がなくなっていった。
そしてダイエットをした。
その中でも過食はあり、時々嘔吐も始まった。
この1年で、あっという間に吐く頻度は増えている。
ひどいときは3食毎食吐くようになっていた。
このペースで増えると、間違いなく毎日大量に過食嘔吐をすることになる。
過食費も、今は家にあるものを食べているが、どんどん膨大になっていく。
まさに経年増加だ。

正直、自分ではあまり過食嘔吐が習慣になっている自覚はなかった。
今まで話に聞いていた過食の人は、自分よりもっとひどい状況の人ばかりだった。
だが、ここ最近毎晩深夜に過食嘔吐をするようになり、怖くなって、「過食 治し方」でネット検索し、相談センターのページにたどりついた。

相談を受けているうちに自分の病気について自覚した。
私の過食の程度は、思ったよりもずっと重いようだ。

過食嘔吐で一番つらかったことは、トイレで吐いているときの罪悪感と今自分はどれだけ醜いのだろうという感覚。
すべてのものに罪悪感を感じる。
食べ物にももちろんそうだし、作ってくれた人にも。
他の、一見関係のないように思えることにも罪悪感を感じる。

ひどいときは、吐いたあとまた食べる。このときの罪悪感はもっとひどい。
「お前は吐いたのにまた食べるの?」と自分が自分を責める。

このままいけば、健康に悪影響を及ぼす太り方をするだろう。
歯もぼろぼろになり、逆流性食道炎にもなるのも時間の問題だ。
心や体もぼろぼろ。

幸いなことに、母は理解してくれているが、私の過食がこのまま治らなかったら、母をも苦しめることになる。経済的にもつらくなる。
過食がこのまま続けば、つらく暗い将来しか見えない。