本当は怖い。過食症と過食嘔吐ブログ

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

投薬ばかりで改善しなかった病院治療

28歳 B型 香川県

私は18歳の時、バイクで交通事故に合い、生死をさまよいました。
何とか一命をとりとめたものの、酷い後遺症に悩まされる日々が始まりました。

激しい頭痛、首の痛み、肩の痛み、が激しく一日20錠ぐらい薬の力を借りて
体調を何とかコントロールしています。

社会復帰もして、普通に生活して行く中で
痛みのコントロールをする目的で初めて精神科を受診しました。

一年前に不幸にも高速道路で追突事故に合い持病の後遺症が悪化したのが原因で
去年の5月、6月に岡山大学附属病院に入院。

今思い返せば、入院中、ダイエット目的でほとんど食事を取りませんでした、
約二週間の入院を二回繰り返し、最後の3-4日ぐらいから、夜中に過食をするようになりました。

退院後毎日ではありませんが、不定期に過食が始まりました。

痛みのコントロール目的の為に、香川県さぬき市のずしメンタルクリニックへ大学病院から紹介がいき、最初は不適な過食の為、過食の相談はしませんでしたが、不定期きな過食が毎日になり

これではダメになる!と思いずしメンタルクリニックで相談しましたが、『過食を止める薬はない』
と言われました。

何回も過食を止めたい!と相談しましたが、『過食を止める薬はないんです。』と
言われどうする事も出来ませんでした。先生は物腰の柔らかい優しい先生ですが、投薬ばかりで
治る事はありません。

治らないし、鬱症状が激しくなってきて病院には行かなくなりました。

痛みのコントロールの関係で定期的に痛みを取る主治医に『最近過食が酷く困っている』と相談したら
大学生病院の先生がいいかな!って事で
香川大学医学部附属病院、精神科を紹介されました。

精神科の主治医に横井医師が決まり一回目の受診で
私は全く気が合いませんでした。

過食が酷くて困っています、どうにかなりませんか?
と訪ねても、「過食を止める薬はない、絶食なら治した事あるけど」と冷たく言われ
悲しさと、怒りを覚えました。

それから診察で、この過食の症状は何でなんですか?と
訪ねると、鬱病だね!と言われ薬を処方され
病院に行くのが嫌になり、父親に薬だけもらってきてもらったり、しましたが、本人が行かないと薬はもらえないので、父親に付き添ってもらい
何とか受診するものの、ほとんど会話はしませんでした。

確かに鬱症状も合併していたし、友人、家族の支えで何とか鬱症状も多少楽になり
薬を貰いに行く日々が数ヶ月経ち、過食の症状だけは変わらず酷いのでこのままでは確実に病院になるし、何とか治したいと思いここにたどり着きました。

無料相談では症状が止まらなくて、在宅治療に切り替え
過食率が減るにつれて、鬱症状も楽になり
病院の受診前に、香川医大に『精神科の横井医師とは気が合わないから、先生を代えて下さい』
と電話し、クレームを言いました。

香大は医師を代える事は出来ませんか、医師にうまく話しますので!
といった対応で、電話してから受診すると明らかに医師の態度が違います。
まぁ、先生の対応が良くなったので良いのですが、過食の相談は今後一切する事はありません。

あまりいろいろ書きたくなかったのですが、同じ症状の方が香川に居て辛い思いをして
香川で病院を探されているなら、ほんの少しですが参考になればと思い
勇気を出して書きました。

県内の同じ苦しみを持っている人に、病院でのトラブルでまた辛い思いをしてほしくないので
もし宜しければ参考にしてみて下さい。

※摂食障害の患者さんは良い治療を受けてもマイナスな受け取りをする傾向があります。
あくまで参加者の感想であり、センターの立場とは一切関係ありません。