本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

拒食と過食を繰り返すたびにひどくなる病気

女性 会社員 26歳 B型 福岡県
私は、19歳の時に拒食症になりました。
毎日水しか摂らず、52キロあった体重は38キロまで落ちました。
階段も登れず、学校にも行けず、学校を中退しました。
それから1年くらいは48キロを保ち、過食も出ていなかったのですが、
21歳の時に過食が出始めました。
夜中にコンビニに行き、当時同棲していた彼氏の食料も漁る日々。
体重はあっという間に52キロに戻りました。
それから半年。実家に戻っても過食は増加していき、
夜中にご飯を食べたり冷凍のパンをそのまま食べたりする日々。
体重は58キロになりました。
そして25歳の時。過敏性腸症候群になりました。
そして拒食に戻りました。
体重は46キロまで1ヶ月で落ち、私は幸せでした。
体重が減るなら、お腹が痛くても構いませんでした。
しかし仕事を辞めたらまた過食の症状が出て、
それから短期間で拒食に戻り、
そして今、過食と下剤乱用、チューイングの症状が出ています。
体重は53キロになりました。
正直、このまま増えて行くのが怖くてたまりません。
1日に多い時で職場のロスのパンを10個、食パン一斤、ごはんを丼一杯噛んで吐きます。
二週間前から症状が出始めましたが、量は2倍近くになっていると思います。