過食症と過食嘔吐 心の声を聞いて

食べたいけど食べたくない。普通に食べられない。
過食症になってからのみなさんの体験談をまとめました。

「絶望」

女性 会社員 32歳 B型 北海道

初めて喉に指を突っ込んだのは15歳の頃でした。
部活をやめてから急激に太り、痩せたいけれど親に相談すれば笑われそうで、安易に「吐こう」と思ってしまいました。

忘れもしない、食べたのはカロリーメイト。
全く吐けず一度は諦めました。その少し前には、自傷行為も始まっていました。

暫くは、腕を傷つけ気持ちを保っていましたが、
16歳の頃、ひとり暮らしの為上京し、
ホームシックと先輩方に対し容姿への劣等感が強まり、食べることができなくなりました。

自傷行為も酷くなり、益々悲観的になり、絶望感でいっぱいでした。

バイトで忙しくしているうちに体重が減り、
初めて彼氏もできましたが、自傷行為は治まらない上、
もっと痩せたいと思う気持ちから、また過食嘔吐が始まり、薬の過剰摂取もありました。

別れてから、過食嘔吐は止まってたと思いますが、
その後も人間関係のゴタゴタがあれば過食嘔吐・自傷行為を繰り返し、
18歳くらいの頃には、今思えば、SEX依存症だったのだと思います。

売春、危険運転、自傷行為、過食嘔吐、自殺願望、などが入り乱れ、酷い生活でした。

22、3歳くらいからだったと思いますが、ひきこもり生活へと変わりました。
つるんでいた人達とは、一切の関わりを断ちましたが、
過食嘔吐、軽い解離状態、自傷行為、自殺願望、対人恐怖などがありました。

29歳で社会復帰したものの、きれいさっぱり止めることはできず、
忘年会や送別会では必ず過食嘔吐をしてました。

今月に入り今までにない連続日数で過食嘔吐し続けていました。

焦りました。

動揺し、パニックになりそうでした。

孤独と倦怠感、罪悪感や苛立ち…目の前が真っ暗でした。

摂食障害で得られるものは、「絶望」だけです。

体の健康だけでなく、信用も時間もお金も失う一方で、決して戻ってくることはありません。
こういった障害は、言葉ばかりがひとり歩きします。
テレビの情報だけで偏見を持たれることもあります。
身近な人の理解を得るのは先ず無理です。

専門知識を持った人でなければ、悪化の一途を辿るのは間違いないです。