本当は怖い。過食症と過食嘔吐

過食症の体験談がまとめられたブログです。

*

自分が摂食障害のはずがない・・・と思っていた。

女性 学生 21歳 O型

高校生まで運動部に入っていて食べる量は多いものの太っていませんでした。
部活を引退し食べる量はほとんど変わらず、少しずつ太りはじめました。
このままでは・・・と思い食べる量を減らしたのを原因に体重が7キロ減りました。
その頃はほとんどお菓子も食べていません。食べてもチューイングをしていました。
半年ほどたったある日の夜、お菓子を口にしたら食べるのをやめられなくなりました。
お腹はいっぱいなはずなのに食べることがやめられませんでした。
苦しさから吐くと楽になりまた食べてしまいました。
そして食べたことに自己嫌悪に陥っていました。
もうお菓子は食べないと何度も思いましたが、それからも減るどころか、夜中起きていれば起きているほど過食嘔吐の繰り返しでした。
学校の勉強もあるのに過食していることで勉強に集中できず、かといっても食べていないと落ち着かない、悪循環になっていました。
自分が摂食障害のはずがない。なんとかできる。そう思っていました。
こんな自分を知られたくない、周りが知ったらどう思うのだろうと誰にも相談できませんでした。
なんとかしないと、と思い接食障害について調べ、沢山の人のブログを読み、センターの事を知り、勇気を出してメールしました。
今でも治るのだろうか、今後の自分はどうなるのだろうかと不安です。
ですが治したい気持ちからメールしました。治ることを信じて相談を続けようと思います。